2007年07月09日

爺さん、相手をリスペクトし過ぎです

 非常に残念な引き分け。この悔しい結果は、オシム氏の采配ミスと、失点場面直前まで完璧なプレイを見せていた阿部の経験不足によるものだった。しかし...

 前半からスローテンポの日本だが、気温34度、湿度70%。長期に渡る大会で序盤にピークを合わせる訳にはいかない事情を考えれば、仕方が無いところだろう。しかし、気になったのは上下動を期待されて起用されているはずの加地と山岸までが、中村や遠藤と同じスローテンポのプレイに終始した事。これではパスの受け手がいないのでボールは回らない。しかし、技巧と判断力の差は圧倒的なので終始日本ペースで試合は進む。
 山岸は、大柄な身体を活かして前を向く事が巧く、位置取りがよいのは確かだが、どうしてこうも消極的なのか。これだけ強力なMFが後方でボールを回しているのだ、オフサイドを警戒しつつ敵DFの裏を狙えばいくらでもボールは来るはずなのに。代表チームで期待される役割を理解していないのではないか。山岸の仕事は周囲の芸術家達をサポートし、彼らの芸術を引き出す事なのだ。この程度のプレイならば、太田か水野を右サイドに起用し中村を左に回すか、最初から2トップで戦えばよい。
 加地の消極さも残念。敵守備網が加地を相当警戒していたのは確かだが、その隙を突いて傍若無人にサイドをえぐっての加地ではないか。今野のアシスト、見事な守備振りを考えると、駒野が復帰した場合、ポジションは危ないのではないか。

 後半に入り、憲剛がドリブルで前進するようになり、好機が増え始める。先制点直前は、中村、憲剛、遠藤の技巧が完全に敵を圧倒した時間帯。中村との連携後の憲剛の完璧なスルーパスに、今野が長躯で抜け出しセンタリング(アウトサイドと言うアイデアもよかった)。最後は高原のきめ細かい得点力は流石と言うところ。難しい戦いの中、よい得点だった。そして、このような時間帯を増やせれば、どのような難敵からも得点は奪える可能性が高いのも再認識された。
 その後、日本はゲームをスローテンポに落とし一層確実にボールキープ。さらに運動量がある羽生を投入し敵DFラインを下げ、さらに橋本の起用で守備を固める。カタールの強力FWは阿部、中澤、今野、啓太が見事な対応で完封。着実に時計を進めた。

 やられたのは阿部のスクリーンプレイを主審がファウルに取ったもの。私が見た限りでは、ダイビングで敵FWが警告されるのが妥当。しかし、阿部はあの場面無理なスクリーンプレイをしなくとも、川口は着実にボールを取る事はできたタイミング。変に身体を横に捻った事でファウルを取られてしまった。阿部のアジアのタイトルマッチの経験不足が出た場面とも言えるだろう(もっとも、阿部のファウルは敵FWの進行を妨害したものだから、オブストラクションで間接FKが妥当にも思えたのだが)。その少し前に憲剛が不用意なFKを取られた場面も、明らかな経験不足によるもの。中東の選手は狡猾な倒れ方は得意だが、阿部と憲剛同様にアジアでは新参者の豪州の主審まで簡単に騙されてしまった(また豪州の守備選手には、阿部のような知的な位置取りを見せる選手が少ないのも痛かったかもしれない)。
 阿部も憲剛もこの日はよいプレイを見せていた。特に阿部は最終ラインで見事なカバーリングを再三見せ、この場面以外ではマンオブザマッチと呼んでも過言ではないプレイを見せていた。結局、これが経験なのだ。幸いこの試合はリーグ戦、トーナメントに入ってからでなくてよかった。この手痛いミスを取り返す機会はいくらでもあるのだから。

 しかし、このような不運を生んだのは、オシム爺さんの余りに消極的な采配に要因があった。羽生が起用された以降、疲労したカタール守備陣を羽生は蹂躙していた。もし、遠藤か中村に代えて、太田なり巻なり寿人なり矢野なり、脚力のある攻撃選手を起用していれば、カタールを一層追い込む事ができたはずだ。そして、2点目を取って勝負を決めていた可能性も高かったと思う。そうでなくとも、敵DFラインを押し下げる事で、自陣前のFKとなるリスクを軽減できたはずだ。
 ところが、爺さんは動かなかった。カタールのFWを日本守備陣は完全に止めており、リスクはほとんどなかったにも関わらず、より確実に試合を終わらせるために、遠藤も中村も残しボールキープを確実に行なおうとしたかったからなのだろう。確かに難しい初戦で確実に勝ち点3を取るために、慎重には慎重さを重ねる意図はわからなくもない。

 しかし、カタールはそれほど強いチームではなかったのだ。

 爺さんは、先日発刊された自著「日本人よ!」(とても面白い本だが、この題名は何とかならないものか)で、自らが敵チームに対して再三用いる「リスペクト」と言う言葉を詳説している。「リスペクト」の定義は「すべてを客観的に見通す」と言う事なのだそうだ。敵がブラジルだと過大評価し、敵がイエメンだと過小評価してしまうと例を挙げている。そして、「リスペクトし過ぎて負けてしまう事もある」くらい「真のリスペクト」を知るのは難しいとも述べている。全くおっしゃる通りだと思う。
 そして、この試合は典型的に敵を「リスペクトし過ぎた」失敗例だと思う。アジアの列強に日本は100%勝てる訳ではない。しかし、カタールクラスならば、相当高い確率で勝てるはずだし、今日の試合でわかった通り、個人能力の差は歴然としている。と言う事を認識し、敵を圧倒する事を考える方が「客観的な見通し」であり、勝利の確率は高まったはずなのだ。

 大変、大変失礼な事を申し上げます。爺さんにとっても、この失態は「よい経験」になるのではないでしょうか。所詮1次リーグでの事。アジアのレベルを過大評価し過ぎるべきでない事を爺さんは認識したはずです(さらに主審の異様な判定も)。もう爺さんもヘマはしないでしょう。
 この悔しい引き分けにより、我々は一層3連覇に近づいたのではないか、と。
posted by 武藤文雄 at 23:19| Comment(51) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。