2015年04月26日

ベガルタ渡邉監督が迎えた壁

 アディショナルタイム、少々単調だが強引に攻め込み同点を狙ったベガルタだが、田中隼磨に対しウイルソンがファウル。直前の場面で、何やらもめていたこの2人だが、隼磨の挑発にウイルソンが乗せられてしまったと言う事だろう。そして無意味にボールを失ったこの瞬間、ベガルタの連続攻撃が途切れ敗北が確実となった。
 ベガルタは敵地で山雅に完敗。リーグ戦は前節のホームフロンターレ戦に続き連敗、公式戦としては水曜日のエスパルス戦を含め3連敗、一時期の勢いがすっかり薄れてしまった。まあ、贅沢を言ってはバチが当たるのだが。

 開幕戦から組織的で厳しい当たりを軸にした堅実な守備と、ウイルソンを軸にした速攻で上々の成績を収めていたベガルタがおかしくなったのは、前節フロンターレ戦の後半だった。
 まず前々節の敵地マリノス戦は、アディショナルタイムに追いつかれたものの、今シーズン最高の内容と言っても過言ではなかった。堅実な守備はそのままに攻撃もよかったのだ。ナビスコカップでよいプレイを見せ、マリノス戦で右バックに起用された多々良が前進のたびに丁寧なファーストタッチ、ふてぶてしいボールキープを見せる茂木とよい連係を見せる。そこに梁、ウイルソン、奥埜らが絡み、いわゆる「3人目の動き」で幾度も好機を作った。元々左サイドは石川直樹と野沢の連係で崩す形は昨シーズンより確立しており、両翼から「行ける」状態となったのだから、期待は広がった。
 フロンターレ戦の前半は上々の内容。中村憲剛と大島を軸に高精度のパスを回してくるフロンターレに対し、前節に確立した両翼からの速攻が機能、ウイルソンの先制弾の他にも、好機の数はベガルタの方が多かった。これは、今シーズン序盤より好調な守備に加え、前々節のマリノス戦から機能し始めた右サイドの攻撃がよかったからだ。
 ところが、後半フロンターレが前に選手を増やし攻めかけてきた60分以降、完全に押し込まれ逆襲が全くできなくなった。渡邉氏はその状況を放置し、押されるがままで様子を見ようとした。大変な愚策だった。あれだけ押し込まれたらいつかやられる。あえなく逆転されてしまった。悔しいのは、その後フレッシュな金園を投入し、押し返す事ができた事だ。敵が無理を仕掛けてきたのだから、落ち着いて対応さえしていればよかったのに。
 そして、点の取り合いとなれば、流れはフロンターレのもの、バタバタした内容となり守備へのしつこさがなくなり、さらに押し込まれた時間帯が長かった事で後方の選手の疲労も顕著で、一度同点に追いついたが突き放されて2対3での敗北となった。
 采配ミスは、常に一種の結果論。しかし、あそこまで押し込まれて事態を放置したのだから、この敗戦については、渡邉氏の責任としか言いようがなかった。
 続くナビスコのエスパルス戦は、ゴールデンウィークの過密日程を考慮して、完全なターンオーバ。CBの渡部と鎌田を除き、すべてのメンバを代えて臨んだ。負けたと言う結果、蜂須賀、二見の両サイドバックのボール扱いが不安定だった事、開幕から中盤の控え一番手の杉浦が消極的だった事など残念な事も多かった。一方で、ようやく金園が得点した事、3年目の藤村が独特のボール扱いで変化をつけた事、負傷で出遅れいた金眠泰が強さと展開力を見せた事など、よい内容も多かった。

 そして、迎えた山雅戦。ウイルソンがベストでないとの事で、スタメンは金園。控えにも藤村、金眠泰が入るなど、上記エスパルス戦で好調な選手を重要視する渡邉氏らしい布陣に期待は高まった。
 しかし。全然ダメだった。
 反町氏にしてやられたと言えばそれまでだが、完全に蹴り合いに巻き込まれ、サイドバックが思うように上がれない。最前線で金園がよく頑張るが、中央突破に終始し、上記したサイドからの気の利いた攻撃がほとんど繰り出せない。結果、押し込んでいる時間帯も、攻撃に変化が乏しく、フロンターレ戦の前半やマリノス戦のように好機を作れない。
 失点場面は、山雅の岩上に「恐れ入りました」と言うしかない。渡部も石川も的確に位置取りしていたのだが、スクランブルから見事にターンされてしまった。攻撃は機能しない試合だったが、守備は相変わらず粘り強く丁寧に行われていたのだけれども。
 失点後、ウイルソンを投入したが、反町氏は3DF を固め、梁と富田へのプレスを強化する。だからこそ、多々良と石川を上げてサイドに起点を作らなければならないのだが、中央突破に拘泥し崩せない。「ここは、藤村なり金眠泰の投入か」と思っていたら、多々良に代えて蜂須賀。これはビックリした。おそらく、「富田と梁のベテランボランチはいじりたくない、しかし攻撃を活性化したい」と悩んだ渡邉氏の苦渋の決断だったのではないか。けれども、その決断はうまくはたらかなかった。蜂須賀には一層の努力を期待したい。
 そして冒頭のウイルソンと隼磨の絡みへと続く。反町氏と隼磨だ、大したものですよ。くそぅ。

 渡邉監督のここまでの実績はすばらしい。昨シーズンの残留も見事だったが、今シーズン新しい選手を次々に機能させ、よいチーム作りをしているのは間違いない。我々は、「格段な監督」になり得る最高級の素材を手にしているのだ。
 だからこそ、氏には、フロンターレ戦の失敗、そこから始まった消極性による今日の苦杯を反省して欲しい。幸いに、次節からアントラーズ、サンフレッチェ、FC東京、レッズ、と強豪との対戦が続く。敵が強い以上は、得意の守備の充実と速攻を磨けばよいのだから。

 決して裕福とは言えない愛するクラブが、若い監督の苦闘や失敗と共に成長する。数年前に味わった最高の快感を、また味わえる。何と幸せな事なのか。
posted by 武藤文雄 at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

ホーム2勝、アウェイ2分け、最高のスタートだが

 ベガルタはアディショナルタイムの渡部の劇的ゴールで、エスパルスに勝利。勝ち点を8に積上げる事に成功した。ここまでの4試合、ホーム2勝、アウェイ2分け、理想的な展開だ。

 しかしながら、エスパルス戦の内容は、とてもではないが褒められた内容ではなかった。
 エスパルスの先制点は、見事な速攻からの分厚い攻めにやられたもの。序盤からエスパルスの厳しいプレスに悩まされていたところ、何とかそれを凌いで攻め込もうとしたがパスの精度が悪い。左サイドの攻め込みから中央ウィルソンへのパスを狙われ、速攻を許す。4対5と数的不利になり、かろうじてそれをはね返すものの、野沢が拾いきれず、右サイド村田にえぐられ、ファーサイドから進出された白崎に見事に決められてしまった。その後も試合は完全にエスパルスペース。失点時と同様の速攻はもちろんだが、大前の巧みなポジショニングを押さえ切れず幾度も好機を許す。いくばくかの幸運、六反のファインセーブがなければ、2点差とされ、ホームで痛恨の敗戦を喫していてもおかしくなかった。
 エスパルスもベガルタも、前線から厳しいプレスを仕掛け、敵を自由にさせない激しい守備をベースに戦っている。お互い僅かなスペースを許さなれないため、丹念に身体を入れ、そこにガッチリと当たりが入る。流行り言葉で言えば「インテンシティ」あふれる試合、そう言った中で選手1人1人がアイデアを発揮する。個人的にはこのような戦いは大好きだ。

 後半に入り、エスパルスのプレスが緩むと、ベガルタもそれなりにペースを取り戻す。60分過ぎには、CKから鎌田がすらしたボールを、ウイルソンが「さすが!」としか言いようがない反応で同点に追いつく。
 余談。このオフにベガルタは20周年記念DVDを発売、その表示がベガルタの歴代得点者ベスト6だった。1位は梁、続いてマルコス、赤嶺、菅井(笑)、阿部良則、そして中島裕希だった。「あれ、ウイルソンは?」と思って調べたら(いや、裏表紙に歴代得点者リストが出ているのですが)、4位の菅井が39、5位の阿部が32、6位の中島が31、そしてウイルソンは30で7位だった。つまりだ、ウイルソンは今シーズン3得点。阿部と中島を抜いて、堂々の5位に進出した。是非今シーズンは得点王を獲得し、菅井、いや赤嶺(44点)を抜いて、歴代3位に上がってください。マルコス(55点)を抜いてくれてもよいですが。あ、ちなみに梁は71点です。
 その後もタフな当たり合いが続く。ホームのベガルタとしては、何としても勝ち切りたいところで、同点直前に投入した金園の引き出しと奥埜の豊富な運動量で攻め込もうとするが、野沢の溜めと梁の配球に今一歩噛み合わない。そうこうしているうちに、速攻を仕掛けた奥埜をヤコビッチが引っ掛け、2枚目のイエローで退場。カナダ代表からの帰国直後との事で、疲労が切れを失わせていたのかもしれない。
 10人になったエスパルスに対し、ベガルタは必死に攻め込むが崩し切れない。梁の見事な右サイド進出からのウイルソンのシュートは決定的だったが、五輪予選帰りの櫛引に見事に防がれる。そうこうして、迎えたアディショナルタイム。ヤコビッチ退場に伴い、大前に代わって起用されていた河井が、ウイルソンに対し足裏アタック、一発退場。非常にタフな当たり合いが続く試合、突然起用された事で流れに入らず、魔が差したのだろうか。驚いたのは、エスパルス大榎監督の態度。明らかな一発退場のプレイに対し、主審を口汚く罵るのがテレビ桟敷でもよくわかった。シビアに戦っていたエスパルスの選手達にとって、この監督の場をわきまえない態度はつらいものだったろう。チームメートの明らかな失態を、監督が強引に正当化しようとする姿勢は、選手達を戦いづらくしたはずだ。
 終了間際、ベガルタは逆転に成功した。敵監督の愚行により拾った勝利だった。

 勝つ可能性が非常に低かった試合を幸運にも勝利できた。長いシーズン、このような事もある。
 けれども、内容は悪かった。敵プレスが厳しい際の凌ぎ方、大前のような知的な受けができる選手の押さえ方、終盤点を取りたい時のフォーメーション。理想の勝ち点積上げでよい入りをしたこのシーズンだが、課題はまだまだ多い。大事に大事に戦い続けたい。
posted by 武藤文雄 at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

選手の個人能力で勝ち切った2連戦

 テレビ桟敷で堪能したチュニジア戦は素晴らしかった。ほとんど初顔合わせの意表を突いたスタメンながら、チュニジアにほとんど好機を作らせなかったからだ。前線からの精力的な守備は実に見事。冴え渡る長谷部と蛍には素直に感心しました。一方の攻撃、チュニジアのCBアブデヌールが素晴らしく、中々崩し切れなかったが、これは相手が凄過ぎたと考えるべきだろう。もっとも、後半になれば相手が消耗してくるのは、国内の親善試合の常、そこの時間帯に本田、香川、岡崎、宇佐美を投入する、非常に理に叶った采配で、キッチリと勝利した試合となった。もっとも、公式戦ではこのような采配は不可能なのだが。

 さて久々の代表生観戦となったウズベク戦。初戦のビックリスタメン、スタア交代劇を思い起こせば、初戦起用されなかった大迫、柴崎、太田らが起用されると思っていた。ところが、内田、本田、香川、岡崎の揃い踏み。こうなると「単に意表を突きたいだけなのではないか」とも思えてくるが。そして開始早々に、青山の超弩級弾で先制。5万大観衆の盛り上がりは最高潮に達する(余談、FC東京サポータと一緒に参戦していたのだが、「こんな満員になるなんて、同じ競技場とは思えない」と感動していた、もっとも私にとっては普段と異なる飛田給駅からの大混雑で中々競技場にたどり着けず「キックオフに間に合わないのでは」とオロオロ慌てた悪い記憶が残ったのだが)。
 ところが、その後がいけない。とにかく守備が緩いのだ。本田も香川もサボっている訳ではないが、切れがない。内田もとにかく重い(内田について、起用する意味があったのかが、そもそも疑問だが)。そして、今野が明らかに体調不十分。寄せが甘く中盤で敵を止められない。結果最終ラインでの戦いとなり、森重の奮戦でかろうじて凌ぐ展開となった。まあ、仕方がないよな。チュニジア戦で相応に仕事して安心した本田と香川に、この環境でタフファイトは望めない。終盤腕章を巻いた森重にも、とにかく敵をはね返す能力を見せた昌子にも、よい経験となったのだから、それはそれで結構な事だ。
 試合そのものは、岡崎が仕事して2点差としたところで実質的には勝負あり。国内親善試合の常で、ウズベクの動きが止まってしまった。その後のフエスタは愉しゅうございました。素直に喜ぼう。

 以下雑感を少し。

 ハリルホジッチ氏。実績面を考慮すれば、とてもよい人と契約できたものだと思う。ただ、この2試合については手腕云々を語るのは失礼と言うものだろう。ともあれ、おぼろげながら、幾つか。
 チュニジア戦、中盤に長谷部、蛍、永井、清武、武藤と、真面目な選手を並べて、相応の組織守備を見せてくれたのは間違いない。が、本田と香川が、敵が疲労したチュニジア戦終盤に機能し、敵が元気なウズベク戦序盤では機能しなかった。わかりやすいと言っていまえばそれまでだが、最初の2試合で非常に難しい問題が健在化したと言う事だ。もっとも、早々に問題を健在化する手腕が素晴らしいと言う見方もあろうが。
 水本アンカーが機能した。森重、昌子が後方から、水本が前方から、それぞれ敵2トップを挟み込んで止めて、それが速攻の起点となった。おそらく起用された水本自身が驚いた事だろう。とりあえずは「恐るべき眼力」と感心しておこうか、「相手をワナにはめた」ほど、うまく行ったとはとても言えないが、少なくとも守備は前半よりは安定した。もっとも、「体調が不十分な今野に無理をさせずに、前半からそうしろよ」との思いもあるが。いや、成功させたのですから、文句を言ってはいけませんね。
 このような知的遊戯が愉しめる監督は大好き。うん、期待したい。

 大迫と川又。大迫がピッチ沿いでスタンバイした時、誰もが「岡崎に代わってトップに入る」と思ったに違いない。ところが、交代は本田、そして大迫は不慣れな右サイドMFに、低調な出来だった。そして、その後岡崎に代わってトップに入った川又は得点も奪った。得意のポジションへの起用すらなく、川又や宇佐美に丁寧にパスをする大迫。2試合目にもチャンスをもらい、ものにした川又。うん、仕方がないな。いや、それだけ。うんや、頼むよ、大迫。

 柴崎。確かに3点目は鮮やかだった。でも、それだけ。もっとも、本来の中盤後方ではなく、トップ下に起用され、いかにも窮屈そうだった。今はとにかく、中盤の展開、タイミングと精度両面で格段のラストパス、そしてシュート精度、それぞれを淡々と磨いてほしい。とは言え、あの超ロングシュートを決めるよりも、UAE戦のフリーキックを決める事の方が、ずっと重要だったことを、改めて強調しておきたい。

 宇佐美。ウズベク戦の一撃は、この選手の潜在能力を示すものだった。あれだけ高速ドリブルで前進しながら、ファーサイドにあの速い球足の正確で低いシュートが打てるとは。あんなシュートを打てた日本人は、過去釜本と久保くらいだった。しかし、それだけの能力の持ち主である事は、わかっていた事。問題は、これをいかに継続できるのか。期待は大きいのだ。

 長谷部。素晴らしかった。そして、長谷部不在のウズベク戦の中盤守備の酷い事。改めて、この日本代表史屈指の主将が、負傷で、ブラジル大会にベストに持ってこれなかった不運を呪おうか。遠藤航にとって、極めてレベルの高いライバルがいる事が、これまためでたい。

 そして岡崎。恐れいりました。この2試合、いずれも「消えるプレイ」で隙を見つけ、しっかりと得点できる位置に進出できる能力に感嘆。このスタアを欠いて、アジアカップファイナルで敗退した要因がはっきりわかった。当面、岡崎が充実している間は、日本代表の攻撃の課題は「いかに、岡崎に点をとれせるか?」と言う事になる。その事実を、ハリフホジッチ氏が明確に理解できたのが、この2試合の最大の成果のようにも思える。

 組織云々以前に、個人能力の高さで完勝した訳だ。我々の素材は最高なのだ。だからこそ、新料理人ハリフホジッチ氏の今後の手腕に期待したい。
posted by 武藤文雄 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。