2015年05月05日

井原正巳監督への期待

 Jリーグには無限の魅力が詰まっている。その全てをしゃぶり、味わい、語り尽くしたいのは山々なのだが、ベガルタの七転八倒を愉しむだけで、ほとんどの時間が過ぎていく。それでも、隙を見て浮気を愉しみたいのは男の常。で、どうせならば、あれこれ手を出さず、唯一の愛人と愉しむのがよかろう。と、言う事で、今シーズンに関しては井原正巳監督が率いるアビスパ福岡だ。いや、もとへ。言い換えよう、ベガルタ以外の時間は、いよいよJの監督に就任した井原正巳氏を見守る事に費やしているのだ。

 私は井原正巳選手が大好きだった。
 88年10月26日の日韓定期戦。筑波大学3年生だった井原が、日本代表の守備の中核として、崔淳鎬を軸とした韓国に対して、ほぼ完璧な守備を見せてくれた。あの晩の興奮は今でも忘れられない。そして、あの晩の期待通り、井原は幾多の喜び(もちろん涙も)を私に与えてくれた。92年の広島ビッグアーチ、93年のドーハ、そして97年のあのジョホールバル、98年のトゥールーズ、ナント、そしてリヨン。
 井原は1988年1月27日、敵地でのUAEとの親善試合に20歳で起用され、すぐに中心選手として活躍を期待され、常にレギュラとして活躍を継続した。つまり122試合の代表戦のほとんどを、いや違う、すべてを中心選手として戦ったのだ。そして、上記のUAE戦以降93年のUSAワールドカップ1次予選タイ戦で退場になるまでに、B、C代表戦を含め88試合、7958分フル出場を継続した。さらに、その後同予選のスリランカ戦に復帰以降、97年の2月11日のキングスカップルーマニア戦にバックアップ(秋田、小村、斉藤の3DF)のテストを行うまで、52試合のA代表戦4,706分(93年10月4日国立のアジアアフリカ選手権、つまりドーハ直前、コートジボワール戦はカズのVゴール勝ちで延長の26分を戦っている)にフル出場している。その後、幾度かバックアップテストで抜ける事があったが、負傷で戦列を離れたのは、98年4月1日ソウルでの日韓戦での途中交代が初めて(この時井原は30歳になっていた)。つまり、20代の10年間、井原は壊れる事すら一切なく、常に日本代表の大黒柱として活躍してくれたのだ。今日のように、A代表戦が年間15〜20試合行われていたならば(たとえば88年のA代表戦は5試合、90年は6試合、91年は何とたったの2試合!、USAワールドカップが行われた94年ですら9試合に止まっている)、代表出場記録はどこまで伸びていたのだろうか。
 しかも、井原が活躍したのは、日本代表戦でもスタンドに閑古鳥が鳴いていた80年代から始まり、全国民がその勝敗に熱狂するあのフランスワールドカップまで続いたのだ。幾度か書いたが、この日本サッカー界が経験した(おそらく日本を除くいずれの国も経験していない)「超右肩上がり」時代のすべてを、井原は経験したのだ。
 現実的に、井原は日本サッカー史上最高の守備者であった事も間違いない。いや、日本代表選手としても、井原は史上最高の存在だと確信している。井原が活躍していた当時と比較し、国際試合における日本代表の相対的地位は間違いなく高くなった。しかし、苦しい試合になればなるほど、「今、ここに井原がいてさえくれれば」と嘆息する経験が増えていく。06年のドイツでも、昨年のブラジルでも、同じ思いを抱いたのは私だけではないのではないか。
 選手、井原正巳には、いくら感謝してもし切れない思いばかりがある。

 その「日本代表史上最高の巨人」であり、「超右肩上がりの全ての体験者」である井原正巳氏が、アビスパ福岡で、とうとうJリーグの監督に就任した。
 輝かしい実績から考慮すると、あまりに遅すぎた感もある。これは2つの要因があると思っている。1つには、レイソルでのコーチ(ネルシーニョ氏の補佐官)が、あまりに板につき過ぎた事があるだろう。ネルシーニョ氏からすれば、かつてのライバルチームの大黒柱が守備組織構築を担当してくれるのは、とてもありがたかったに違いない((95年のJリーグプレイオフではヴェルディのネルシーニョ氏と、マリノスの守備の要井原の虚々実々の駆け引きは実におもしろかった)。今1つには日本においては「名選手必ずしも名監督ならず」が定着しており、名選手の監督登用に、クラブも相当慎重になっている事が挙げられるのではないか。
 そして、井原氏はいきなり開幕戦から3連敗を喫する。このあたりの映像を見ていると、特に守備ラインでの球際の当たりの不安定さが目についた。よい時はよいのだが、90分の中で、何人かの選手が突然当たりが甘くなってしまっていたのだ。けれども、連敗を脱した4節あたりから、そのような不安定さがなくなり、守備ラインの各選手が粘り強く90分間戦いを継続できるようになってきた。守備が安定した試合が続けば、攻撃も安定してくる。前節、フォルランを軸に猛攻を仕掛けるセレッソ戦は、セットプレイから先制すると粘り強く守り、時に効果的な速攻を繰り出し、見事な勝利を収めた。アビスパが、ジュビロ、ジェフ、セレッソ、アルディージャと言ったクラブと、J2の上位争いを完全に争える戦闘能力を持っていることを示す試合となった。
 アビスパのメンバを見ると、中村北斗、堤、濱田、鈴木惇と言った、かつて若年層代表チームに選考されながらも、伸び切れていなかった選手が目につく。彼らは能力は非常に高いのだが、90分間の集中継続、あるいはシーズンを通しての集中継続と言った課題を克服できずに、ここまで来てしまった感がある。そして、序盤の3連敗時代は、彼らもそのようなプレイ、つまり90分間の中で「抜けてしまう」場面が散見されていた。けれども、ここ最近は、特に堤と濱田に関しては、そのような姿をほとんど見なくなってきた。これは井原氏の薫陶が大きいのではないか。
 選手井原は、判断力、ボール扱い、肉体能力と言った他者に見える能力は、もちろん格段のものがあった。けれども、その格段のプレイを常時継続し、10年以上も日本代表の大黒柱として君臨し続ける事ができたのは、そう言った格段の能力を常に発揮する精神力を具備していたからのはずだ。アビスパの序盤低迷からの脱出は、その自らの精神力を、選手達に的確に伝授できたからではないかと思えるのだ。そう考えると、アビスパの選手はベテランを含め、この偉大な監督から学べる事は非常に多いはず。そして、その指導が的確に遂行されれば、J1復帰も現実的な目標となってくるはずだ。
 もちろん、井原氏の監督経歴は始まったばかり、これから艱難辛苦を乗り越えない限り成功はない。そしてJ2からJ1に昇格する難しさは、今さら繰り返すまでもないだろう。
 けれども、上記したような選手として究極の経験を持った井原氏が、アビスパで監督として成功を築いてくれたとしたら、これは日本サッカー界にとっても、非常に重要な事となる。井原氏は手倉森誠氏と同級生。手倉森氏と異なり監督としてはこれからだが、(ベガルタサポータとしてはちょっと悔しいが)井原氏は手倉森氏が現役時代に積む事ができなかった経験を、あふれるほど持っている。そう、何より井原氏は1億3千万国民に歓喜を提供してきたのだ。
 ちょっとは夢を持っても構わないだろう。

 以下余談。
 井原を称える「イハラー、イハラー、イハラー」と言う歌は、私が歌い始めたものだ。個々の選手を称える歌としては、この「イハラー、イハラー、イハラー」は、植田朝日氏が始めた「オー、ナカヤマ」と並び、日本サッカー界で初めてのものだったと自負している。そして、いつか井原が日本代表監督に就任した際に、「イハラー、イハラー、イハラー」を歌うのを密かなる夢としてきた。でも、ちょっと待ちきれない自分がいる。
 で、もしこの文書を読まれたアビスパサポータの方がいれば教えてください。アビスパが勝った時、「イハラー、イハラー、イハラー」を歌ったりしているのでしょうか。もし「Yes」ならば、こっそりと偽アビスパサポータとして、ゴール裏に忍び込み、一緒に歌わせていただきたいのですが。
posted by 武藤文雄 at 01:21| Comment(7) | TrackBack(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

苦闘続くベガルタ

 ベガルタは敵地でサンフレッチェに0-2で敗戦。疲労が溜まっている連戦下、攻守の弱点を森保氏に的確に突かれての完敗となった。4連敗と言うつらい結果に加え、守備の大黒柱鎌田が負傷、さらにCBでコンビを組む渡部が次節出場停止。何とも重苦しい結果となってしまった。

 双方とも連戦のため、身体が重い。そのため、前半は無理をしない手堅い試合を狙ってきた。その中で、サンフレッチェは大きなサイドチェンジでスライドするベガルタのサイドバックの外を狙う。そして、ベガルタのブロックにギャップを作ろうとしてきた。その策にはまり、野津田にミドルシュートのスペースを与え先制を許した。この一撃の前にも、柴崎のミドルシュートがバーに当たり事なきを得た場面もあった。森保氏としては狙い通りと言う事だったのだろう。サンフレッチェの強みの1つは、相手の守備組織がしっかりしている状況でも巧みな位置取りで僅かな隙を逃さずに点を狙える寿人がいる事。したがい、センタバックは寿人との位置関係に相当神経を使う必要があり 、どうしてもバイタルのカバーが遅くなる。この攻撃を防ぐためには、サイドチェンジをさせぬように前線から厳しいプレスを仕掛けるか、ミドルシュートを打たれないように中盤選手が几帳面にスペースを埋める必要がある。しかし、連戦で各選手に疲労が蓄積しているだけに前者はあまり現実的ではない。したがって、後者が重要となり、渡邉氏もそれを考慮して、ボランチにフレッシュな武井を起用したのだろう。ところが、この野津田の一撃時、対応した武井がスリップし野津田を止められなかったのだから皮肉なものだ。
 ベガルタとしては、お互いが慎重に戦った前半に速攻で活路を開きたいところだったが、サンフレッチェの水本と塩谷の2ストッパがウイルソンを押さえる。ウイルソンとこの2人の攻防は見ごたえがあったが、とにかく当方の負け。これはこれで悔しいけれど仕方がない。もう少し、金園がウイルソンの近くでプレイし、サポートを密にしたいところだったが、このあたりの連係の熟成はこれからの課題と言う事か。

 リードされた事もあり、後半は序盤から前線に人数をかけ攻めに出るが、分厚く守るサンフレッチェを崩せない。ちょっとチグハグだったのは交代のタイミング。64分に野沢と茂木の2枚を同時交代して勝負に出た訳だが、そうするならば後半頭からあそこまで前掛かりに出る必要はなかったのではないか。せっかくフレッシュな選手を2枚入れた時間帯にもかかわらず、ベガルタの後方の選手達は後半立ち上がりからの攻勢に一息つく時間帯となってしまった。現実的に、連敗している状況で先制を許したのだ。どの選手も同点を狙いに前に行こうとするはず、それならば後半の最初から、ベテランの梁に代えて若い茂木を入れてグッと攻めに出るのも一手段だと思ったのだが。
 そうこうしているうちに、人数をかけた攻めの精度がちょっと悪くボールを奪われ、青山の鮮やかなロングボールを、(寿人に代わって入った)前進速度豊かな浅野に決められ引導を渡される。完全にサンフレッチェの注文相撲にはまってしまった。その後も、ベガルタはいつものように諦めず丁寧に攻め込んだのだが、崩し切れず。

 今年のチームに始まった事ではないが、ベガルタのサッカーは豊富な運動量と球際の強さを軸にしたものだから、連戦や夏場は苦手としている。そして、このサンフレッチェ戦はその難しさが完全に出た試合となってしまった。ナビスコを含め、ここまでの全試合にフル出場していた鎌田が負傷したのも疲労の蓄積からだろう。
 確かに状況は重苦しい。けれども、私は楽観的だ。丁寧に修正を加え、チームとしての戦闘能力を積んで行けばよいのだ。むしろ、新しいチームが早い段階で問題を明確に把握できたと、考えるべきだろう。
 次節以降、中3日で、ホームに強豪FC東京とレッズを迎える。非常に難しい試合となろうが、調子が悪いときは強豪と当る方がよいのだ。対策が絞り込めるから。鎌田と渡部が不在なのはつらいが、上本と多々良がいるのだから、連係面はさておき陣容としては問題ない。昨シーズンの序盤や連敗時と異なり、控えには若い藤村、山本、金眠泰ら実効的な選手も控えているから、様々なトライも可能だ。序盤に勝ち点を積んでいたから、勝ち点計算で短期的に追い込まれる事もない。
 オロオロ、イライラを堪能しつつ、よいチームに成長していく事をじっくりと愉しみたい。
posted by 武藤文雄 at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

茂木と渡邉氏が若さを露呈

 ベガルタはユアテックでアントラーズに1対2で苦杯。前半こそ好機を多数つかんだものの、40分過ぎ先制されてからは、終始しっかりと引いてボールを回すアントラーズペース。スコアから見ると1点差だが、当方の得点はアディショナルタイム。試合運びと言う意味では完全に圧倒されており、今シーズン最悪の試合内容と言っても過言ではなかった。
 そして、その敗因は、茂木と渡邉監督の若さにあった。

 先制点はCKから、アントラーズ昌子のヘディングを許したもの。これは完全に茂木のミスだった。ベガルタはゴール前のセットプレイをゾーンで守る。セットプレイ守備がゾーンがよいかマンツーマンがよいかの議論は、とても愉しい知的遊戯。ただ、ゾーンを採る以上は常にボールの落下点への出足を怠ってはいけない。今シーズンのベガルタの守備のよさは、正にそこにあり、いずれの選手も格段の集中力でそれを完遂しているところにあった。しかし、この場面茂木は完全に昌子の後手を踏み、昌子に走りながらジャンプせずともよい高さのヘッドを決められてしまった。高さでやられたのではなく出足でやられた(実際出遅れた茂木は弱々しく足を出していたのだが)。流れの中で「消えられた」訳でも、駆け引きでしてやられたのでもない(ゾーンで守っているのだから、なおさらの事だ)。単に集中が切れ、出足で負けたのだ。直前、ゴール前のもみ合いで、昌子は完全に茂木を明らかに押し、茂木のアピールで主審に注意されていた。茂木は若いものの、このようなしたたかさをしっかり身につけている、と思ったら直後にこれだ。主審が昌子を注意した事で、逆に気が抜けてしまった訳だ。これも経験である。経験なのだが、これを繰り返してはいけない。絶対にいけない。このような事をしていたら、リオは夢と消え去ってしまう事を、強く自覚して欲しい。

 前半、4-1-4-1気味の配置でベガルタは攻勢をとり、多くの決定機を掴む事ができた。梁や野沢のシュートが決まっていれば試合展開は全く異なったものになっていたに違いない、と言いたいところだが、そうだったろうか。正直そうは思えないのだ。と、言うのは、後半立ち上がりからはアントラーズに圧倒されたからだ。これは、先制されて後方のリスクヘッジが弱くなったからではない。老獪な小笠原のサポートを受けた柴崎の挙動開始を、ベガルタの中盤選手が押さえ切れなくなったからだ。要は、前半から飛ばし過ぎたのだ。だから、前半で先制できていたとしても、そのまま1点差をしっかり守り、丁寧にクローズする試合に持ち込めたかとなると、相当疑問なのだ。
 2点目は、そうやってアントラーズペースが続いた時間帯だった。富田が見事なインタセプトを見せ前線をルックアップするも出しどころがない、そこで後方の菅井に戻したところ、ミスパスとなりカイオに拾われ、そのまま失点。厳しい連戦で、中盤で止め切れず苦しい時間帯。闘将が中盤で拾ったにもかかわらず、前線の選手が呼応できず、後方の選手が一息ついたところでミスが出た。もちろん一義的な責任は富田と、明らかに集中を欠いていた菅井にある。
 特に菅井には一言言いたい。押し込まれた場面での投入、久々の試合、普通の選手であれば「難しい時間帯、入りづらい時間帯での投入」と言えるかもしれない。けれども、菅井なのだ。菅井なのだから、そのような普通の選手に対するコメントを述べさせないで欲しいものだ。菅井なのだのだから。いや、菅井らしいか。でも違う、菅井ならば、あのようなミスはご愛嬌だが、反対側のゴールに鮮やかな得点を決めてもらわなければ。菅井なのだから。
 話を戻そう。一義的には富田と菅井のミスだが、あのような状況に持ち込んでしまったのは、やはり渡邉氏の采配の拙さが最大要因だ。あれだけ、ペースが落ちているのだから、前々節のフロンターレ戦同様に選手交代で中盤を活性化させるべきだった。このあたり、フロンターレ戦の反省が足りない。ただ、フロンターレ戦とは異なり、敵監督が奇策を弄してきた訳でもなかった。むしろ、連戦下で前半からあそこまで攻勢をとるべきだったのか、と言う議論にさかのぼるべきなのではないか。
 2点差となって金園を投入。一見、押し返したように見えるが、フロンターレ戦や山雅戦同様、敵エンドには入っているが、前半よかった時間帯のようにサイドに起点を作る事ができず。右サイドを起点にウイルソンの妙技から梁がフリーとなた場面と、敵DFのミスを金園が引っ掛けウイルソン経由で金園が掴んだ2つの絶好機を除くと、それ以外の攻撃はアディショナルタイムの金園の得点を含め、偶然から掴んだチャンスに止まった。アントラーズが落ち着いて引いているのだから、まともに行っては好機を多数作るのは難しい。金園投入と前後して、中盤にフレッシュな選手を投入していれば、中盤が活性化し改めてサイドに起点を設け、効果的な遅攻も可能になったと思うのだけれども。ベンチには、独特の技巧を持つ藤村、強さと展開力を具備する金眠泰、経験豊富な武井らが控えていたのだが。そして、この試合の藤村の起用は88分。2点差で負けているのだ、あまりに遅過ぎる。主将の富田、機動力で好機を作れる梁、信じ難いラストパスを操れるの野沢、この3人に拘泥する気持ちはわかるのだが、せっかく良好な控え選手を保有しているのだから。後は決断だ。あるいは、梁や野沢をフレッシュな状態で勝負どころで投入するやり方だってあるはずだ。このあたり、渡邉氏はまだまだ若い、いや青い。
 渡邉氏の手腕に疑いはない。前節の山雅戦での拙攻を反省し、ちょっとしたフォーメーションの切り替えで良好な攻撃を再三見せてくれた。気が付いてみたら、上記の控え選手含め、選手層も相当分厚くなっている。堅牢な守備も、中盤の運動量が落ちなければ健在だ。氏の巧みな指導により、チームの質は日増しに向上しているのだ。ただ、唯一残念な事は、その見事な指導を、本番で活かし切れない事。もっともっとやれるはずなのに、何とも、もどかしい。

 渡邉氏が名監督となるまでの「もどかしさ」と言う最高級のディナーを堪能できるなんて、何と素敵なシーズンだろうか。そこに茂木が大選手となるまでの「経験と苦闘」と言う最上級の葡萄酒まで加わっているのだ。正にサポータ冥利に尽きると言うもの。諸事情で中々現地参戦できない己の愚かしさを反省する毎日である。
posted by 武藤文雄 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。