2016年03月19日

ベガルタ、内容はよかっただけに悔しい

 ベガルタは敵地でグランパスに1対2で苦杯。古めかしい言葉だが、「ほろ苦い」勝ち点ゼロの試合となった。

 前半は「敵地」と考えれば上々の展開だった。引き気味に戦うが、3ラインがコンパクトな距離を保ち、グランパスにほとんど決定機を与えない。速攻から有効な攻撃の頻度を上げたいところだったが、敵地で相手も引き気味の前半に無理をする必要もないので、仕方のないところ。
 ところが、前半アディショナルタイムに失点。ハーフウェイライン手前右サイドでボールを奪い、前線に起点を作って中盤戻したところで、ボールを受けた三田が逆サイドに展開を狙う(左右はすべてベガルタから見て)。通っていれば、好機が始まりそうな場面だった。ところが、そこをグランパス田口に狙いすました当たりでボールを奪われる。田口はそのまま前進して、シモビッチに当ててリターンを受けて、左に展開。前進してきた古林が対応した石川が当たりに来る前にアーリークロス。CBの渡部と平岡の間に入ったシモビッチに丁寧なヘディングを決められてしまった。
 この速攻そのものは、田口に「恐れ入りました」としか言いようのないものではあった。また、田口のボール奪取に呼応したグランパス各選手の前進も見事だった。一方で、ベガルタの切り替えも悪くはなく、最初にボールを奪われた三田もすぐに反応していたし(しかし、田口とシモビッチの細工の早さが一枚上だったが)、失点の瞬間も渡部、平岡、富田がペナルティエリア内に戻っていた。
 ただ、渡部の対応は少々残念だった。シモビッチがヘディングした瞬間、その外側には松田が入ってきていたが、平岡はマークについていた。石川が古林に対応もしていて、縦は押さえていた。また、石川が古林に対応していたのだから、えぐられる恐れも少なかった。そうこう考えると、渡部は左サイドのカバーを意識するよりは、シモビッチに付いていて欲しかったところだ。
 まあ、三田も渡部も今ごろ大いにこの場面を悔やんでいることだろうし、このような悔しい場面を丁寧に修正して、シーズンの戦いを積み上げていけばよいのだとは思う。

 後半のベガルタの入りは上々。失点に慌てることなく前半同様に守備的に入り、少しずつ攻めの圧力を増していく。梁の負傷交替はショックだったが(退場後自力で歩いていた、軽傷であることを祈るのみ)、ハモン、水野、野沢を順次投入し、攻勢をとる。65分以降は完全に押し込み、複数回好機を掴み、82分にとうとう追いついた右サイドを水野が突破しクロス(欧州移籍前の往時を思い起こさせてくれる縦突破だった)、そのクロスが流れたところで富田が拾い、左に展開。ハモンが飛び込んで決めてくれた。左右の揺さ振りで完全にグランパスDF陣がマークを見失い、ハモンの他に2人が飛び込んでおり、完全に崩し切ることに成功。嬉しい得点だった。
 ところが、その後がいけない。ホームで追いつかれたグランパスが、前に出てくるのは自明なのだから、しっかりとボールをキープすべきなのに、同点前同様にどの選手も「前に前に」行ってしまった。結果、こぼれ球をドンドン拾われ、完全に押し込まれてしまう。そして、右を崩されてのクロスが左に流れ、それを石川がはね返したこぼれを矢野に拾われてズドン(もしかしたら野田に触られたのか、ベガルタの自殺点かもしれない)。
 試合運びの稚拙さも極まれり。敵地で、同格以上の相手を押し込んでの同点。あと10分。サッカーの常識を考えれば、落ち着かなければいけない時間帯。繰り返すが、敵地で80分過ぎまでリードされていたのだ、どう考えてもまずは同点を目指すべきだろう。しかも、この日ピッチにいたベガルタの選手は、皆20代半ば以上、若手と言える選手は誰もいなかったのに、あまりに残念だった。

 内容はよかったと思う。
 田口の好プレイがなければ、無失点で後半に入り、勝てた可能性もあったかもしれない。好守共に内容はよかった。これは、昨シーズンと比較して、明らかな進歩が見られる。
 渡邉監督が昨季から織り込もうとしているサイドに人数をかける攻撃がかなり機能するようになってきた。渡部と平岡の守備の固さ、特にはね返す力は、ここ2シーズンのベガルタには全くなかったものだ。三田の加入で攻撃は格段に厚くなっている。間違いなく、昨シーズンよりもサッカーの質は上がっている。
 だからこそ、終盤の稚拙さが残念だ。中上位を目指していくからには、常識的な駆け引きを駆使して、少しでも勝ち点を拾っていく必要があるのだ。攻撃や守備の連係は、ある程度戦いながら作り込む必要があるが、勝ち点を少しでも積み上げる努力は、日々怠ってはいけない。
 まあ、このように前向きに嘆くことができるのだから、結構なシーズンの入りと言えるのだろう。
 Jリーグは愉しい。
posted by 武藤文雄 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする