2016年08月19日

ベガルタ史に残る試合

 8月13日ユアテックスタジアム。ベガルタはレイソルに4対2で快勝。勝ったことも何よりだったが、若手の活躍と言う意味で、ベガルタの歴史に残るような一戦となった。
 実は、自分自身、久々のユアテック詣で。本当に嬉しい夜だった。

 前節に、平岡、石川、梁が負傷。元々、金園、野沢、金久保、蜂須賀も負傷離脱。その結果、ユース出身1年目の小島雅也が左サイドバックで初スタメンとなるなど、相当厳しいメンバ編成となった。もっとも、小島はユース代表の常連、五輪代表のスパーリングパートナとしてリオに帯同したタレント。試合に出るのが当たり前になってくれなければ困るのだが。
 ともあれ、小島の抜擢はチームのバランスを崩していた。(梁の代わりで起用された)左サイドハーフの藤村が、後方の小島を気にし過ぎた感もあり、仕掛けようとせず、球離れを早くするばかりで、攻撃が右サイドに偏る。
 「いかんな」と思っていたら、どうしてどうして。藤村のCKを、ハモン・ロペスが高い打点のヘッドを決めて先制。さらに敵DFのミスパスを藤村が拾い、ウイルソンにラストパス。ウイルソンが、いかにも彼らしい両足使いの特長を存分に発揮する技巧から決め追加点。いきなり藤村の2アシストで、2点差としてしまった。藤村は盛岡商時代から、正確な技術と落ち着いた展開力が評価され、リオ五輪候補にも選ばれたことのある5年目のタレント。昨シーズンから、少しずつ試合出場機会を増やし、今シーズンのベガルタには、不可欠の選手となっている。本来のポジションはボランチだが、FWもサイドバックも攻撃的MFもこなす。その藤村の大活躍でいきなりの2対0。これはこれで、ベガサポとしては涙が出そうな展開である。
 ところが、ベガルタのバランスの悪さはそのまま。2点差になって、引き気味になったところで、藤村と小島の連係ミスを突かれ、PKをとられて2対1とされる。さらに後半。レイソルは、この連係の悪い左サイドを執拗に突いてくる。そして、レイソルの俊足右ウィングの伊東に、小島が突破を許し、同点とされる。
 ここで、ベガルタ渡邉監督は決断する。小島に代えて茂木を起用したのだ。茂木はベガルタユース出身の2年目。ふてぶてしいほどの、ボールキープから色々な仕事ができるタレントで、昨シーズンは新人ながら開幕からスタメンに抜擢された。しかし、敵のマークが厳しくなるにつれ、起用の機会が減り、シーズン途中から、J2のツェーゲンにレンタルされた。ツェーゲンでも、ボールの引き出しに課題があり、中々起用されなかったと聞く。今シーズンオフ、突然アイスランドリーグに挑戦するとの報道があった。欧州とは言え、必ずしもレベルが高いとは思えない欧州極北国のチームに厳寒期にjトライアルと聞き、茂木本人なのか代理人なのかはさておき、相当アレな活動と心配したものだった。そんなこんながあり、今シーズンは序盤からベンチ入りするも少なく心配していた。ただ、前節のアントラーズ戦の終盤に、負傷した梁に代わって起用され、よいプレイを見せてくれていた。
 この交代により、茂木は右サイドMFに。奥埜が左サイドMFに回り、藤村が左サイドバックに。これがうまくいった。茂木は、昨シーズンでは見られなかった質の高い動き出しを再三見せ、ボールをよく引き出し、右からの崩しを演出する。一方、狙われていた左サイドは、奥埜の豊富な運動量と、藤村の落ち着いた位置取りで、攻守ともに大幅に改善された。結果として、ウイルソン、ハモンの2トップを、両翼から奥埜と茂木がサポートする形となり、試合は一気にベガルタペースになった。 
 そして、圧倒的に攻勢をとり、CK崩れからPKを奪い、勝ち越し。反転して攻め込んでくるレイソルの攻撃に耐えながら、速攻から自殺点を誘発し、2点差に、そのまま押し切っての快勝となった

 小島にとっては、ほろ苦い一夜となった。いきなり2失点に絡んでしまったのだ。でも、これも経験だ。とにかく、勝ったのだ。
 もっとも小島自身は、切り替えや押し上げも的確だし、視野も広く絞り開きの位置取りの修正も上々、攻め上がって思い切りよくシュートを放ったし、一度左サイド奥深くに進出し上々の低いクロスも上げた。ただ、DFとして一番肝心な守備で、対面の伊東を止め切れなかったのだ。確かに不合格だった。
 まず目先で改善すべきは、仕掛けてくる相手に対し、もっと勇気を持ち厳しく当たることだろうか。いや違う。そんなこと以上に重要なのは、チームメートからの信頼獲得だ。少なくとも、この日は、藤村、三田、富田、渡部、大岩と周囲を固める選手が、みな小島をカバーしようとしていた。いや、選手達だけではない、サポータも小島が何でもないクリアをする度に「マサヤ!マサヤ!」コールで称える。リーグ戦に起用され、当たり前のプレイをしているだけで、周囲に評価されているうちは、まだまだだ。小島よ、内田篤人はアントラーズ加入直後からスタメンを務めたのだよ。

 ともあれ。この試合はベガルタの歴史に残る試合となった。
 ベガルタは2010年にJ1に復帰したが、それ以降、ほとんど生え抜き(新卒)の選手の育成に成功していなかった。梁、菅井、富田ら生え抜きの選手はみな00年代半ばに加入した選手。そのほかは、上手に獲得した移籍選手をステップアップさせてチーム強化を行ってきた。加入した移籍選手の多くが、ベガルタ加入以降、前所属クラブよりも格段な活躍を見せてくれたことは、サポータとして誇り高いのだが。
 ようやく昨シーズン、ベガルタユース出身の奥埜が、仙台大を経て12年に加入し、Vファーレンへのレンタル経験を加え、中心選手に成長してくれたのが、久々の成功例だった。そのように生え抜きのタレントの育成に苦労してきたベガルタなのだが、このレイソル戦は藤村、茂木、小島が、それぞれ活躍したのだ。
 今シーズン、ベガルタは苦労しながらも、攻撃的なサッカーを指向し、何とか中位から上位をうかがう位置につけている。そこに次々と、前途有為な野心的な若者が多数登場し、結果を出す試合を見せてくれた。しかも、私自身がその試合に参戦できた。忘れ難い一夜だった。
posted by 武藤文雄 at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。