2016年10月05日

イラク戦を前に2016

 早々にUAEに敗れ、多くの選手が欧州の在籍クラブで控えに甘んじていることもあり、各種マスコミは悲観論が渦巻いている。まあ、負ければ「この世の終わり」、勝てば「ワールドカップ優勝」と、白か黒かのデジタル世界が、我が国のサッカーマスコミの論理なのだから、今さら始まったことではないのだが。
 思うようにならないから、サッカーと言う玩具は堪えられないくらいおもしろいと言うことを、多くのサッカーマスコミが理解する時代が来たとき、我々はワールドカップ制覇に大きく近づくことができるのだろう。その時代が、今56歳の私が生きているうちに訪れるのは、どうやら難しそうだけれども。

 ともあれ、何歳になっても、予選は愉しい。堪えられない人生の愉しみだな。

 もちろん、ハリルホジッチ氏に不安があることは否定しない。
 UAE戦については、逆襲速攻を受けづらい攻めを各選手に徹底しなかったことに失望した。しかし、それについては、タイ戦では明らかに改善が見られ、ボールを奪われた直後の守備はよくなった。「どうせだったら、最初からやれよ、本番のタイトルマッチだぞ」と、言いたくなるけれど。
 タイ戦、香川、長谷部、本田らが、疲労困憊にもかかわらず、交代が遅れたのにも失望した。西川のファインプレイがなければ、勝ち点を失う恐れすらあったのだ。おそらく、氏は、リードされると慌てるが、勝っているときは凍るタイプなのだろう。もちろん、UAE戦でひどかった香川をできるだけひっぱり、よい結果を出してもらい、自信を取り戻させることを狙ったのは理解できなくもない。けれども、それはまったくの裏目となり、香川は疲労困憊、自信喪失状態で、ドルトムントに帰ることになってしまった。
 裏目と言う意味では、UAE戦の交代もそうだった。宇佐美、浅野、原口、それぞれの投入は合理的なもので狙いもよくわかった。けれども、結果論としてはピッチを去った清武、岡崎、大島の不在が、投入された選手たちの活躍以上に、痛いものとなった。まあ、うまく行かないときはこういうものだな。
 また、明らかに欠点がある吉田麻也に拘泥し、新しい選手を試さないのも不安だ。麻也は決して悪い選手ではない。しかし、俊敏な選手との1対1で慌てる、たまに信じ難い大ポカをする、ゴール前の一番危ないところを読み切れないなどの欠点もある。年齢的にも決して若くないのだから、もう少し若い選手を試すのは一案だと思うのだが。果たして、タフな予選の戦いを継続しながら、氏がそのような英断をくだすことができるのかどうか。

 あれこれ、文句を並べたが、そもそも代表選手の責務は、「勝つこと」の次は「国民すべてから文句を言われること」なのだから。
 ただ、この監督は決して無能ではない。例えば、昨年の埼玉シンガポール戦は、トップ下の香川が強引にペナルティエリアに進出し、岡崎の妨害ばかりしていた。しかし、春の埼玉シリア戦では、香川が広範な動きを見せることで、岡崎と的確な連係を見せてくれた。少々時間はかかるが、選手の特長を組み合わせること、そのものはうまい監督なのだ。
 ただ、真剣勝負で細かな守備のディテールを徹底するとか、流れを読んで交代カードを切るのは、少々弱いのかもしれないけれどもね。

 冷静に考えれば、明るい話題は多数ある。
 まずは原口元気である。先日のタイ戦は、先制点はもちろん様々な面で格段の貢献だった。いわゆるウィングハーフとして起用された原口は、精力的にボールを引き出し、縦への突破を幾度も試みる。日本がボールを奪われた直後の守備への切替の早さも格段。
 タイ戦では、原口に引っ張られたかのように、酒井高徳、酒井宏樹の両サイドバックがすばらしかった。幾度も幾度も機会をもらいながら、代表で中々はっきりした活躍をしてくれなかった2人が、90分間安定したプレイを見せてくれたのだ。2人は欧州でも定位置を確保し、好調だと言う。
3人とも決して若いとは言えないが、いわゆるロンドン世代のタレントが、自クラブで中核として活躍し、代表で明確な地位を確保しつつあるのだから、結構なことではないか。
 大島、浅野、植田のリオ五輪メンバへの期待も大きい。大島はUAE戦で守備面でミスが出たが、中盤での展開は中々のものだった。もう少し、最前線に積極的に飛び出して欲しかった思いもあったけれども。浅野は、敵が厚い守備ラインを構成してきてもなお、後方を突くことができるストライカ。タイ戦で腰が引けてしまい、強引にゴールを目指さなかったは残念だったが、それでも点をとった。アーセナルと言うクラブへの選択は、過去ないがしろにされた選手たちを考えると、不安山積だけれども。植田はアントラーズで出場機会を得られていないと言うが、とにかく五輪での守備は見事だった。今の日本のセンタバック陣で、一番不満がある「とにかく敵のロングボールをはね返す能力」は格段のものがあるのだし。五輪の勢いで、一気に代表での定位置確保を目指して欲しいところなのだが。
 言い換えると、リオで示されたように、若く新しいタレントは続々と登場しているのだ。ハリルホジッチ氏は、(観察対象としては)興味深いところがあり、ベテランに拘泥するところもあるが、結構大胆に大島や浅野を抜擢するところもある。今後の氏の選手選択がどうなっていくのか、愉しく見守っていきたい。
 もちろん、自クラブでの出場機会が限られ、コンディションが不十分にせよ、岡崎と長谷部と本田が、常にギリギリまで戦ってくれるのは言うまでもない。

 イラクは、伝統的に判断力とボール扱いに優れた選手を輩出するが、国情からどうしても長期にわたる代表選手強化が難しい環境にある。だから、短期集中の大会は強いが、長期のホームアンドアウエー方式となると、力を発揮しづらい傾向がある。今回も、リオ五輪代表選手を多く含むかなり平均年齢の若いチームで来ているのも、その証左となっている。
 したがって、守備のミスを減らす試合運びを行い、丁寧に攻撃を仕掛ければ、相当高い確率で勝てるはずだ。
 その上で、次に控える敵地豪州戦に向けての準備はどうなっているのか。厳しいタイトルマッチでの勝ち点積み上げと、次に向かっての1つ1つの積み上げ。時にその積み上げがうまく行き、時に失敗する。
 その、あれこれを、たっぷり堪能できる。

 ワールドカップ予選は最高の娯楽なのだ。
posted by 武藤文雄 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする