2016年10月12日

やはり、我々が一番強い

 何より、守備がすばらしかった。相互の連係、前線からの追い込み、セーフティファースト。イラク戦での危なっかしさがほとんどなくなっていた。考えてみれば、UAE戦の守備は残念だったが、タイ戦は格段に改善されていた。今回も同じと言う事かもしれない。約1週間の強化期間が与えられれば、選手のコンディションも揃い(同時にハリルホジッチ氏も各選手の見極めができる)、氏も約束事を徹底できる、と言う事なのだろうか。
 開始早々に、原口が、自らのボール奪取を起点に本田の軽妙なボールさばきを受け先制したことで、完全に日本ペース。一見、攻め込まれているように見えるが、危ない場面はほとんどなく前半終了。ここまで、ハリルホジッチ氏は攻撃の整備や連係については、あれこれ工夫していたが、守備についてはあまり感心しなかったので、これは嬉しい驚きだった。「これだけやれるならば、もっと早くからやってくれ」との野暮は言うまい。
 原口のPK提供は、「我らがエースが、恰好の失敗経験を積んでくれた」と前向きにとらえればよいだろう。それにしても、あの豪州の速攻に、ちゃんとあそこに戻るのだから、大したものだなとも思うが。タイ戦以降のここまでの3試合、「もし原口元気が存在していなければ」と想像するだけで、何とも言えない恐怖感に襲われてしまうではないか。原口には、「自分が日本を支えているのだ」と、いっそうの自覚からの活躍を期待したい。
 ただ、同点にされ、押し込まれる時間が続いたあたりで、ハリルホジッチ氏が動かなかったのは疑問だった。豪州の攻撃は確かに単調だったが、あれだけ押し込まれれば、交通事故のリスクがある。タイ戦でも、疲労したDF陣が裏をとられかけ、西川の好捕に救われたではないか。負傷上がりとのことだが、献身と言う意味ではこれ以上にない岡崎がいるのだから、いくらでもやりようはあったと思うのだが。
 そういう意味では、技巧にすぐれ、中盤の前の方で使える、守備でも計算できるタレントの招集が必要なのではないか。田口、倉田、さらに五輪代表の矢島など。終了間際に、丸山を原口に代えて起用し守備固めを行い、その丸山が最前線に進出し空中戦から好機を作ったのには、笑ったけれども。
 ともあれ、最後まで交通事故になりかけることもなく、無事1対1で試合終了。守備で相当な自信を持つ事ができて、結果も上々。まことにめでたい試合となった。

 交代と言えば、ちょっと残念だったのは浅野。無理をせず引き分けでよい展開で、しっかり守りを固める場面、縦のスピードが格段の浅野を入れるのは、論理的な策に見える。しかし、浅野は2回早く出過ぎてオフサイド。さらに、上記した丸山が作った好機で、敵DFにマークされているのにかかわらず、オーバヘッドで狙いデンジャラスプレイの反則をとられてしまった。これでは、何のために起用されたのか、わからないではないか。いつまでも、このような青いプレイを続けられては困るのだが。

 長谷部以下の選手たちが悔しそうな表情をしているのは、よく理解できた。豪州に許した決定機は皆無。一方、当方は、前半の原口が作った本田のシュート、高徳のクロスからの小林のヘッド、終了間際の原口のクロスを浅野が狙った場面、と相当数回の決定機があった。勝つべき試合を落とした感のあるの試合だったのだから。
 次のサウジ戦だが、早くから集まり、オマーンと準備試合も戦える。しっかりとした準備を行い、完勝することを期待しようではないか。
 少々、感情の露呈が激し過ぎるハリルホジッチ氏だが、しだいに本領を発揮してくれてきたようだ。そして、この豪州戦を見た限り、やはり我々がアジア最強だと確信することができた。日本が、しっかりと組織守備を確立すれば、やはりアジア最強なのだ。まずは、体調が悪い時でも、今日のような守備をそれなりに安定して行えるよう期待したい。その上で、上記のような決定機を作る頻度を高める連係と判断力の向上を。予選段階から、これらを丁寧に積み上げていけば、本大会のベスト8を目指せるはずだ。
posted by 武藤文雄 at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。