2016年10月13日

香川真司の今後

 ここのところ、香川真司は逆風下の状況に置かれている。ドルトムントでのプレイ機会が相当減っている。UAE戦でもタイ戦でも冴えが見られなかった。そして、イラク戦では代わって起用された清武が上々のプレイ。豪州戦でも清武のスタメンが予想されていた。
 しかし、豪州戦、ハリルホジッチ氏の選択は香川だった。両翼の原口と小林悠が相当引き気味に位置取りをする中、ワントップの本田と連係をとりながら、いわゆるファーストディフェンダとして、派手ではないが落ち着いたプレイを見せ、90分間フル出場をした。しかしながら、我々が香川に期待するところの、鮮やかな個人技による好機演出は、ほとんど見せてくれなかった。また、後半半ば、押し込まれた苦しい時間帯に、格段のボール扱いでチームを落ち着けることもできなかった。
 この日の日本の守備は見事なもので、その一員として、香川が機能したことは評価すべきだろう。ハリルホジッチ氏が、清武でなく香川を起用した意図は明確でないが、守備をしっかりと行うねらいの試合において、体調を整えた香川の方が清武より適切と言うことだったのだろうか。
 けれども、このようなプレイを望むのならば、香川よりもっとうまくこなせる選手が他にいるのではないか。例えば、昨日も述べたが、田口、倉田、矢島と言ったタレントならば、もっと巧みに守備もこなすだろうし、押し込まれた時間帯に的確にボールキープしてくれるのではないか。いや、もっと簡単な話で、そのようなシゴトは岡崎ならば完璧にこなすだろう。岡崎はボール扱いと言う面では、香川に遠く及ばないが、激しくファイトし自分に出されたボールを全身でキープする能力は格段なのだから。

 香川真司と言う選手は、これからどうあるべきなのだろうか。

 香川が格段の個人技を持つタレントであるのは言うまでもない。特に、2010年から12年にかけては、ドルトムントでも日本代表でもすばらしかった。トップスピードに乗りながらも正確にボールを扱い、ほんの小さなスペースで加減速や左右の変化を操るドリブルで、敵守備陣を崩し切っていた。
 ところが、マンチェスターユナイテッドに移籍したあたりから、少しずつ往時の切れ味が失われたような印象がある。そして、香川自身が、その往時のプレイを目指すのだが、思うようにならず、いらだっているように見えるのだ。ブラジルワールドカップでも、アジアカップでも、我々は「乗り切らない」香川を見ることになった。
 UAE戦が典型だが、香川は敵陣近くでボールを持つと、敵ペナルティエリアで難しいことを狙い過ぎる。確かに往時の香川は、敵ペナルティエリアに入ってからのわずかスペースから、巧みにボールを動かし、敵を崩していた。しかし、今の香川には、そこまでの切れ味がない。おそらくだが、往時の香川は20歳そこそこだったが、そこから身体が大きくなりバランスが崩れてしまったのではないか。
 しかし、香川は往時の切れ味を追い求め、当時のプレイを目指すが、今一歩うまく行かない状況が続いているのではないか。さらに、わずかなスペースでの細工を狙い過ぎるために、瞬間瞬間の刹那的なプレイの連続になる。もちろん、サッカーの最大の魅力は、トップ選手の瞬間的なヒラメキであることは間違いない。けれども、香川はヒラメキきらずに、難しいことをしてボールを失うか、敵DFを抜き切れないと判断するや外側に逃げるような持ち出しをする結果に陥っているように見えるのだ。

 香川は異なったスタイルを目指すべきなのではないか。たとえば、一枚後方にポジションを移し、いわゆるゲームメークを担当し、中盤でいったん持ちこたえ、時に広範な展開を狙い、時にラストパスを狙うなどできないだろうか、中村憲剛のように。あるいは、今のポジションのままで行くにしても、刹那的なヒラメキを狙うのではなく、事前に計画的に複数考えておいた崩しのいずれかを狙うことはできないだろうか、中村俊輔のように。
 香川はまだ27歳、もう若いとは言えないが、格段の技巧とこれまでの経験を活かし、新境地を開くことはできるはずだ。
 そうすれば、この豪州戦で見せた知的な守備もできるし、元々体幹が強いのだから、従来にはないスケールの大きな中盤選手に転身できるのではないか。
 私は、もっと光り輝く香川を見たい。しかし、今、香川が必死に尽力している方向の延長に、光り輝く香川が見えないように思うのだ。
posted by 武藤文雄 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする