2017年12月31日

2017年10大ニュース

 ここ数ヶ月、本業の忙しさを言い訳にすっかりブログの更新をサボっていました。
 以前より述べていますが、ブログでサッカーの講釈を垂れるのは、単なる自己満足に過ぎません。その自己満足すら果たせないのですから、何か自分が情けない気持ちがしています。
 一方で、これだけ間を空けてしまうと、以前より愉しんでくださった方々に、申し訳ない思いもあります。2018年は、もう少しちゃんと書いていきたいと思っています。

 ここ数年の傾向として、バブルと言う単語を使うしかないような大量のキャッシュが、欧州を中心に中東や中国のサッカーシーンにまで入り込み、日本サッカー界との経済力差が顕著になってきたことが挙げられます。一方で後述しますが、DAZNマネーの流入があった2017年は、1つの変革の年となるのかもしれません。
 ただ、日本代表は当たり前のようにワールドカップ出場を決め、レッズが堂々とアジアを制覇し、軽く二桁を越える選手が欧州のクラブで定位置を獲得している。日本サッカー界は、過去と比較しても、格段の成果を挙げた年だったように思います。
 そして、ロシア。ハリルホジッチ氏のチームは、存分に伸び代を残しており、あと半年の強化を的確に行えば、「史上最強」のチームを作り、「史上最高」の成績を収めることも可能だと思っています。GK、DF、MF、FW、ここまで穴が少なく経験豊富なチームを所有するのは初めてだと思っているので。
 もちろん、多くの選手が欧州でプレイしていることもあり、2010年以前のように、他国よりも体調をそろえるは容易ではないのは確かです。また、科学的なトレーニング技術が各国に展開され、同じグループのポーランド、コロンビア、セネガルも合理的な準備な準備を進めてくるでしょう。
 だからこそ、今回は勝ちたい。勝ちたいではありませんか。

1.中村憲剛の歓喜
 正直、あのルヴァン決勝を見たときは、もうこの人に栄冠は訪れないのか、サッカーの神様は何てひどいことをするのだ、と思った。とにかく、よかった。
 憲剛のプレイを見たのは2004年だった、当時からスタイルはまったく変わっていない。中盤後方でボールを受け、ゆっくりボールをさばきながら、突然加速し、前線に高精度のパスを通す。あれから13年、スタイルは変わっていない。ただし、精度と緩急は格段に向上したが。
 この稀代のスーパースタアともにフロンターレと言うクラブは大きくなってきた。そしてとうとう、このスーパースタアが元気なうちに、栄冠をつかんだ。これだけのスーパースタアと共にクラブが成長し、苦労を重ねてタイトル獲得。
 素直に羨望する。こんな素敵なドラマを、憲剛と共に演じられるなんて。おめでとう、フロンターレサポータの皆さん。
 でもね、1つだけ、フロンターレサポータの方々には味わえない事があるのです。それは「憲剛の恐怖」を味わうこと。ほかのJ1クラブのサポータは毎シーズン、それを2試合ずつ愉しむことができるのですよ。
 1つ大きな心配がある。「お願いですから、優勝したからと言ってやめないでくれ。」と言うことだ。憲剛よ、まずはロシアワールドカップを目指してくれ。

2.浦和レッズアジア再制覇
 おめでとうございます。そして、ありがとうございます。
 日本のクラブでは、古河(現ジェフ)、読売(現ヴェルディ)、ガンバ、レッズの4クラブが、前身のアジアチャンピオンズカップを含めて、このアジア最高峰のタイトルを獲得していた。この日本いやアジアいや世界屈指の人気クラブが、日本のクラブとしては、初めての2度目の戴冠となる。これは、とても、とても重要なことだ。
 私達別クラブのサポータは、このような目標を持てることの幸せを感じることができる。

3.ワールドカップ予選、豪州に完勝し6回連続出場
 出場権を獲得できたこともめでたい。しかし、重要なことは、埼玉で豪州との「勝負の戦い」で完勝できたことだ。
 いいですか。1993年ドーハで韓国に勝った以降、我々は同格の難敵に、いずれかが出場権獲得前に戦い、勝ち切ったことはなかった。97年、ソウルで韓国に勝ったのは先方が出場権を獲得した後だった。ジョホールバルで、イランには90分では勝てなかった。05年、イランにテヘランでは負け、横浜で勝ったのはお互いが出場権を獲得した後だった。09年と13年、豪州にはホームでも敵地でも勝てなかった。
 あの埼玉での、浅野と井手口の得点(しかも、2人ともリオ五輪代表、売出し中の若手だった!)で勝利した試合がいかに貴重だったことか。
 私は単純な人間なのでね、あの勝利だけで、ハリルホジッチ氏を評価するよ。

4.ワールドユース、堂安律と冨安健洋の登場
 久々に出場権を獲得したワールドユース(U20ワールドカップ)。
 まあ、色々あるけれどさ、堂安律と冨安健洋が、イタリアやウルグアイ相手に、個人能力で格段に輝いたことが嬉しい。この年代の選手への要求は色々あるさ、でもこの2人がこの両古豪のいずれの選手よりも、この時点で魅力ある選手だったのは間違いない。
 彼らの将来はわからない。中山も三好も初瀬も、いやほかの選手もみなすばらしいタレントだ。みな、格段のタレントに成長してくれることを。

5.岡野俊一郎氏逝去
 我々は帰れるところを失った。これまで日本のサッカー界が実り豊かな世界になったことに、ただ、ただ、感謝。ありがとうございました。
 木之本興三氏も、2017年に逝去された。私達にはJリーグがある。ありがとうございました。

6.サンフレッチェ塩谷が中東に移籍
 塩谷が「キャッシュをサンフレッチェに残せる」と語った言葉は重い。
 中東も中国も、悔しいけれど、我々には管理できないキャッシュを扱えるのだ。
 これが、初めてとなるのだろうか。
 
7.DAZNマネーをどう使うべきなのか
 私は中下位クラブのサポータだから、ちょっと嫉妬しているのだけれども。
 成績に応じての配賦は、危険なのだよね。リターンを期待して投資して、はずれたときのリスクが大きいから。まあ、FC東京さんもヴィッセル神戸さんも、親会社やスポンサがしっかりしているから、大丈夫かもしれませんが。
 
8.田島会長、小者振りが輝く
 すべて否定されている、夏開幕、夏閉幕シーズンへの拘泥は何なのだろうか。
 筑波大在学時に代表に選考され、古河に加入しながら、「私は指導者になります」と言って引退してから40年近くが経過した。
 協会ご用達の指導者として若年層指導の失敗、「エリートプログラム」の挫折、幾多の失敗を重ねて、まあ協会会長かよ。
 川渕氏と比較して、明らかに小物であるがゆえ、叩きがいもないのだけれど、頼むから「邪魔をしないでくれ」

9.長崎Vファーレン、J1昇格
 松本山雅に続き、2000年代になった以降強化を初めたクラブが着々と成功を収めている。
 既存のクラブにとって、どんどん厳しい時代が来ているのだ。過酷な競争、日本のサッカー界の発展の礎は着実に築かれている。

10.名波浩と中村俊輔、17年ぶりの再会
 あの、2000年アジアカップは、本当にすばらしかった。それ以来の2人の再会。天才の邂逅。
posted by 武藤文雄 at 23:49| Comment(1) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年ベストイレブン

さて、恒例のベストイレブンです。

GK 川島永嗣(メス)
 2017年に入っての最初のワールドカップ予選、敵地UAE戦でハリルホジッチ氏はGKに川島を起用した。この試合、前半早々に日本が久保の個人能力で先制した直後、DFの不用意な対応から許した1対1の決定的ピンチを、川島が防いだ場面は記憶に新しい。さらに続く埼玉タイ戦では、終盤のPKを、川島は見事に防ぐ。これらの川島の好守もあり、日本は得失点差を含め予選グループのトップに立つことができた。以降も代表で安定したプレイを披露、予選突破の立役者の1人となったのは、ご存知の通り。あのUAE戦まで、自クラブでもほとんど出場機会がなかったと聞くが、難しい環境にもかかわらず、体調を含めた能力を維持し続けた川島自身の努力、それをしっかりと観察し起用したハリルホジッチ氏(正確には、ハリルホジッチ氏のチームと言うべきか)の慧眼と合わせ、正に今回のワールドカップ予選の1つのハイライトだった。

DF 酒井宏樹(マルセイユ)
 距離が出るクロスを蹴ることができて180cmを超える長身と言う特長があるサイドバックが、ようやく本物になった感がある。中でも長足の進歩は、その粘り強い守備。フランスリーグでも親善試合でも、ネイマールと堂々の丁々発止を演じてくれるまでに成長したわけだ。酒井宏樹とネイマールと言えば、この試合を思い出すわけだが、この6年間で酒井は着実にネイマールとの差を詰めてきたことがわかる。これは嬉しい。もちろん、レイソルでプレイしてきた時から有効だったクロスは、これからもっともっと猛威を振るってくれるはず。まずは、大迫、原口、岡崎らとの連携強化を期待したい。

DF 吉田麻也(サウサンプトン)
 吉田麻也も、このワールドカップ予選中に大化けしてくれた。ザッケローニ氏が率いたときから代表の定位置をつかみ、プレミアリーグでも相応の活躍をしながら、敵との1対1の際に(自らの鈍足を考えすぎるのか)慌てる悪癖があった。しかし、16年の敵地豪州戦以降、格段に落ち着きが増し、何かしらの風格も漂うようになってきた。この成長に、ハリルホジッチ氏が相当な関与をしたと考えるのは、私だけだろうか(敵地豪州戦直前の、埼玉イラク戦では、麻也は相変わらず、落ち着きのないプレイを見せていた、この2試合の間の「何か」が麻也を変えたように思うのだ)。だいたい、世界を代表する名DFたちだって、テュラムやカンナバーロやマスケラーノと言った「超人」を除けば、足が遅いとか、後ろを突かれると弱いとか、百点満点の選手は少ないのだから。29歳でロシアに向かう麻也に、期待したいのは、かつて井原正巳や中澤佑二が見せてくれた、格段の予測能力。頼むぞ。

DF 阿部勇樹(浦和レッズ)
 ACL制覇は、結局この男に帰する。ペトロビッチ氏の崩壊の後、指揮権を任された堀氏のヒットは、阿部を中央にした4DFで後方を固めたことだろう。さすがに、往時の強さと速さは失われたが、格段の読みと位置取りは未だ健在、もちろんロングボールの弾道の美しさも全盛期とは変わりない。
 実はこのポジションは、リーグ制覇に強さで貢献した谷口彰悟や、リーグ戦フル出場し天皇杯決勝に進出した中澤佑二と、迷ったのだが、やはりあのACL終盤の超然とした守備を思い出すと、やはり阿部だなと。

MF 槙野智章(浦和レッズ)
 嫌いな選手だった。いわゆる守備の1対1の応対のうまさは国内屈指の能力を持つにもかかわらず、肝心の場面で敵のマークを見失うことが再三。さらには、リードされた試合で、強引に前に位置取りし、チームのバランスを崩す場面を幾度も見せられてきたから。しかし、17年後半から、それらの悪癖が消え、センタバックとしても、左サイドバックとしても、見事なプレイを見せてくれた。不用意な判断ミスががなくなれば、周囲を叱咤激励する発信力の強さもポジティブにはたらく。サンフレッチェ時代から、槙野を甘やかし、上記のミスを犯しても許し続けてきた、ペトロビッチ氏が去ったことも、槙野には幸運だったのだろう。もちろん、槙野が今日の能力を築くためには、ペトロビッチ氏の教育は重要だっただろうが、ここに来ての氏との別離が、この逸材をようやく本物にしてくれつつあると期待したい。

MF 山口蛍(セレッソ大阪)
 ブラジル大会でも準レギュラとして活躍し、将来を嘱望されていた蛍も、ようやく真価を発揮しつつある。元々、球際の強さ、ボール奪取力、常識的だが丁寧な展開、などいわゆる守備的MFとしての能力は折り紙つきだった。何よりすばらしいのは、そのスタミナだ。90分間、最後の最後まで、戦い続けることのできる能力は、必ずやロシアで我々に歓喜を提供してくれることだろう。

MF 井手口陽介(ガンバ大阪)
 底知れぬ潜在力。そのボール奪取力は明神智和のデビュー時をを髣髴させるし、埼玉豪州戦の決勝点に代表される長駆後の継続性は2002年当時の稲本潤一を思い起こさせるし、正確なパスやドリブルは(そのふてぶてしさを含め)J2からJ1に殴り込みをかけてきた当時の中村憲剛の印象すら与えてくれる。もしかしたら、日本サッカー界が生んだ最高の素材ではないか。我々のロシアでの歓喜は、もはや井手口抜きには考えられないが、何かしらそれに留まらない期待を抱かせてくれる。一部に欧州の2部リーグへ移籍すると噂もあるが、才能の安売りだけは避けて欲しいのだが。
 
MF 中村憲剛(川崎フロンターレ)
 詳細は10大ニュースで。

MF 堂安律(FCフローニンゲン)
 あのワールドユース(U20ワールドカップ)での、イタリア戦。ヨハン・クライフの74年ブラジル戦のような1点目、ディエゴ・マラドーナの86年イングランド戦のような2点目。ロシアに間に合って欲しい。

FW 小林悠(川崎フロンターレ)
 縦に飛び出す際のボールの置き方と、敵DFとの間合いの取り方が巧みな、このストライカ。大久保嘉人が去ったクラブで、中村憲剛から腕章を受け継ぎ、Jリーグを初制覇し、得点王となった。そして、主軸のほとんどを欠いた東アジア選手権でも、技巧のみならずエースとしての自覚を発揮、上々のプレイを見せた。好素材が完成に近づきつつある。すばらしいシーズンだった。けれども、小林悠がロシアの23人に残るためには、大迫勇也、岡崎慎司、久保裕也、浅野拓磨、杉本健勇、武藤嘉紀、場合によっては本田圭佑との争いに勝たなければならない。選手層の分厚さは結構なことだが、何とも厳しいものだ。

FW 大迫勇也(1FCケルン)
 大迫はいわゆる万能型のセンタフォワード。格段のキープ力で日本代表の攻撃の中軸を担い、予選突破の立役者の1人となった。ハリルホジッチ氏のチームの攻撃は、大迫の格段のキープ力を軸にしている。そして、先日のブラジル戦でもベルギー戦でも、このやり方はそれなりに通用した。紛れもなく、大迫は日本最高のフォワードになりつつある。しかし、残念ながら、このままでは日本最高のストライカになれるかどうはわからない。ハリルホジッチ氏に要求されているボールキープは重要だが、もう少しシュートに余力を残しておけないものか。この課題をクリアしてくれれば、我々は格段のストライカをも入手できるのだが。1968年に日本がメキシコ五輪で銅メダルを獲得した際、日本には背番号15の万能型ストライカがいた。あれから50年が経った。同じ背番号でプレイする大迫が、どこまで釜本の域に近づけるか。
posted by 武藤文雄 at 21:54| Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする