2018年02月25日

Jリーグ2018年開幕

 さあ、Jリーグだ。

 我がベガルタの開幕戦が日曜日と言うこともあり、この土曜日は居住地近辺の平塚BMWスタジアム。ベルマーレ対Vファーレンを、ベルマーレを必死に応援するコーチ仲間の横で、似非サポータとして堪能した。
 ベルマーレは、持ち前のチーム全体の、豊富な運動量と前に出る勇気がしっかりと継続。それに加え、松田天馬の鋭いドリブルと、新韓国人ストライカ李廷記の受けのうまさと、強力な前線の武器が加わった感がある。一方のVファーレンは、高杉を軸にした守備に徳永が加わり一層の堅牢さを増し、ファンマを軸にした速攻は効果的。終盤セットプレイから得点したベルマーレが2対1で振り切ったが、おもしろい試合だった。
 やはり、生観戦は堪えらえない。

 と言うことで、26年目の開幕。いまは、明日のベガルタ対レイソルのDAZN観戦に思いをはせているわけだ。
 今シーズンのベガルタへの期待はおいおい語っていくこととして、26年目のJリーグへの思いを語りたい。

 いつもいつも語っているが、もう最近の日本サッカー界は、いま57歳の私にとって、20代の頃まで夢にすら思わなかった世界だ。毎週末、日本の主要都市で、多くのサポータが応援する中で、リーグ戦が行われる。それも、多くのクラブが、日本人好みの中盤を大事にしたサッカーを狙っている。そして、日本代表は、当たり前のようにワールドカップに連続出場している。
 夢にも思わなかった世界が実現してはいるが、まだまだ私にも欲はある。今以上に、日本代表がもっと強くなって欲しいし、一層充実したリーグ戦を楽しみたい。
 ところが、欧州のトップリーグの各クラブには、(制度上にも道義面にも幾多の疑問にも幾多の疑問はあるものの)ばかばかしいくらいのキャッシュが集まり、Jリーグ各クラブの予算規模との差は開くばかりだ。そのような現状で、我々はどこを目指せばよいのか。

 私にとって、その答えは明確だ。
 ブラジルやアルゼンチンを目指せばよいのだ。
 どんなに、よい選手が欧州に買われて行っても、ブラジルやアルゼンチンのように、それを上回る勢いで、よい選手が供給されればよいのだ。そうなれば、両国の国内リーグのように、常に充実した試合を毎週楽しむことができる。そして、ワールドカップで、もっともっとよい成績も収められるはずだ。
 ブラジルやアルゼンチンを目指すことそのものが、大変な努力を必要とするのは言うまでもないけれど。

 で。グランパスの、ガブリエル・シャビエルを見ていると、その大変な努力が、具体的に可視化されると思うのだ。
 オスカール、もちろんジーコ、レオナルド、ジョルジーニョ、ジーニョ、セサル・サンパイオ、そしてドゥンガ。このようなセレソンの名手ならば、すごいプレイを見せてくれるのは、理解の範疇内だ。また、セレソンまで行かずとも、多数のブラジル人の名手が、これまでのJをいかに実り豊かにしてくれたことか。
 しかし、ガブリエルの魅力は超越している。昨シーズンJ2でガブリエルが見せてくれた様々な好プレイ、技巧と判断の妙、「こんなことができるのか!」と言う魅力の数々。「恐れ入りました」としか言いようがなかった。ちょっと似た記憶として、90年代半ばに、サンフレッチェでプレイした中盤選手のサントスも、そのような魅力があったかなと。
 「どうやったら日本から、このような素敵な選手を輩出できるだろうか」と、ガブリエルの魅力あふれるプレイを見る度に考えてしまうのだ。正に、ガブリエルは、ブラジルと日本のサッカー力を分けている典型的存在なのだ。

 などと考えてながら、今シーズンのJに思いをはせる。
 久保建英(開幕戦でもプレイしたと聞いたが、)は、どのレベルまで行くことができるのか。一方で、久保のようなまだ若いタレントに過大な期待をすることに否定的な考えも少なくない。ただ、ペレとディエゴ・マラドーナはもちろん、ミシェル・プラティニやネイマールのようなタレントは、10代後半から、ほかの選手とはまったく異なる個性の冴えを見せていたのだが。
 そして、このシーズンオフに、我がベガルタに岐阜から移籍したMF,庄司悦大。エスパルスジュニアユース、清水商業と言った若年層育成組織の名門出身のこのタレントは、専修大学、町田、山口、岐阜と、J2、J3のクラブで着実に実力を蓄え、とうとう28歳となった今シーズン、J1に挑戦の機会を得た。
 この2人は、早熟、晩熟、それぞれの典型的なタレントだ。そして、このような、育成の多様性の実現こそ、ブラジルやアルゼンチンに追いつく道だと思うのだ。そして、このような丹念な強化を継続すれば、いつか我々は、ガブリエル・シャビエルを生み出すことができるのではないか。
 それが我々が目指すべき道だと思うのは、私だけだろうか。
posted by 武藤文雄 at 02:05| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする