2018年09月30日

続シュミット・ダニエルの致命的ミス

 ベガルタは、敵地三ツ沢でマリノスに2対5で完敗。

 試合の流れはわかりやすかった。
 マリノスが最前線から質が高く厳しいプレスをしかけてくる。ベガルタはそれを抜け出せないことが多く、幾度も有効な攻撃を受ける。それでも、そのプレスを抜け出すのに成功すると、マリノスが前に人数をかけている分、後方は薄いから好機を作れる。
 そのような、流れが継続した前半、奥埜のクリアミスを拾った天野の見事なさばきから、山中に超弩級の左足段を食らい失点。その直後、上記の薄い守備をうまく突き人数をかけたパスワークから自殺点で同点に。しかし、ハーフウェイライン付近の争奪戦で前を向かれた仲川のスピードドリブルに富田がついていけず、大岩も軽い対応で股抜きされて、再度リードを奪われる。。
 後半開始早々、山中と天野の絶妙なワンツーからのクロスに、守備陣が完全にボールウォッチャになり、仲川にファーサイドのゴールエリア内に進出されてヘディングを決められ突き放される。ここまでの3失点は、いずれも連続攻撃で振り回されたと言うことではなく、ジワッと押し込まれ続け、守備時の対応にミスが出てのもの。サポータからすれば、いずれの失点も「もうひと踏ん張りしてよ」と言いたくなるものだったが、マリノスの長時間攻勢に当方守備陣が少しずつ疲労し集中を欠いたと言うことだろう。
 その後は、マリノスは後方を厚めにして速攻をしかけ、その第一波をベガルタがしのぐも、すぐに再度プレスをかけられ、得意の人数をかけてパスワークに持ち込めず、崩し切れない時間帯が継続。そうこうしているうちに、バックパスをシュミットが処理ミスをして、ウーゴ・ヴィエイラに奪われ3点差とされ勝負あり。ただ、以降の時間帯、守備ラインの選手達の押上が遅くなり、チームプレイがまったく機能しなくなったのは残念だった。まあ、選手達も機械ではなく人間だから…
 マリノスには、7月に8点とられて殲滅されたことがあったが、流れとしては同じような展開になってしまった。両チームとも、選手の配置、攻守の重点は異なるが、最近の欧州風の数的優位を確保するサッカーを狙っている。ベガルタとしては、、上記したジワッと押し込まれた影響と、山中、天野、仲川、ウーゴと言った選手の個人能力に、やられたこととなる。まあ、天皇杯は俺達が勝ったから、と強がりを言っておくことにしよう。
 ここに来ての2連敗は痛い。しかし、済んだことを嘆いていもしかたない。次節は難敵レッズ。ACLのためにも、何としても勝ち点3が欲しいところ。渡邉監督の修正に期待しよう。

 さて、本題のシュミット・ダニエル。
 上記4点目の失点場面。大岩からのバックパスを受け、プレスに来るウーゴをかわそうとして、ブロックされた上に、置いてきぼりを食らい、無人のゴールに決められてしまった。前節に続いて、言い訳の余地のないミス。ここで問題だったのは、かわそうとし損ねたボールコントロールのミスではなく、その前のプレイ。ウーゴのプレスはあったが、シュミットには十分時間的余裕があったから、前進してパスを受ければ、まったくフリーでボールを扱うことができる状況だった。グラウンダのパスを受けるために、パスコースに向かって進むのは、サッカーの基本中の基本。ところが、シュミットはこの場面、ウーゴのプレスを読み誤り前進を怠った。バックパスだったので、手で扱うことができないボールなので、ペナルティエリアに止まる優位はないのだから、前進しなかったことに言い訳の余地はない。
 余談ながら、DAZN実況の倉敷氏と福田氏が、このブロックを「間違いなくハンド」と言っていたが、ベガルタサポータの私の目から見ても、これはハンドではないと思う。だって、ウーゴは手を胸にしっかりとつけていたところに、シュミットが蹴ったボールが当たったのだから、どう考えてもウーゴは意図的に手を使っていない。この試合、その他の場面でも両氏の審判団批判、それも何かマリノスに有利な判定をしている趣旨の発言が多かった。しかし、完敗したベガルタサポートの目からみても、これらの批判は疑問だった。たとえば、仲川の3点目をオフサイドの可能性を示唆していたが、映像を見た限り、とてもではないがオフサイドには見えなかった。また主審が、中盤戦でベガルタのファウルを取り過ぎる、インテンシティの高いプレイをするためには不適切との発言も目立った。しかし、この日の主審の笛は、接触プレイにやや厳し目だったたが、基準は明確だった。ベガルタは中盤で激しいプレスをかけるやり方をしているだけに、笛への対応に苦慮していたのは確かだが、それはマリノスも同じこと。マリノスと比較して、ベガルタの選手達の判定基準への対応が下手だっただけだ。もちろん、後半右サイド明らかなベガルタボールのスローインを見損ねたこと、最後のベガルタのPK(笑)はミスジャッジだった思うけれど。もしかしたら、主審の笛にうまく順応できず、いらだつベガルタの選手達を見た、我らが黄金のサポータたちのブーイングなどの不平不満に、両氏は引っ張られたのかもしれないな(笑)。
 実は3点目時にも、目立たないが、シュミットはミスをしている。右サイドを、天野と山中のワンツーで崩され、山中がクロスを上げた場面、シュミットは一度そのクロスを取りに行ったが、取れずと判断してゴールラインに戻りながら対応、結果的に仲川のヘッドへのセーブが間に合わなかった。直接的失点要因は、仲川の進出を放置し誰もマークしなかったベガルタDF陣の対応であり、もしシュミットがクロスを取りに出なくとも、決められていた可能性は高い。しかし、ミスはミスである。
 先ほど、解説の福田氏を批判したが、私が「福田氏の言う通り」と同意したこともあった。前半、ベガルタ陣35mくらいの直接FK、山中が直接狙ってきた低い弾道の一撃が、ポストを掠めた場面。シュートは壁に入った富田と阿部(だったと思った)の間を抜けてしまった、壁が役割を果たさなかったのだ。その時に福田氏は、「これはシュミットは怒らなければいけない」と言っていたが、その通りだ。もっと、守備陣とのコミュニケーションを豊かにしてもらわなければ、よい守備網を築けない。
 と、マリノス戦のシュミットには不平不満山積である。そして、2節続けて決定的なミスで失点に絡んでしまったことは重い。

 けれども。
 上記した場面を除くと、シュミットは再三マリノスの鋭いシュートを押さえてくれた。特に先制される前のウーゴのシュートへの反応などすばらしかった。鋭いシュートを確実にキャッチすること、キャッチできないボールをはじく方向など、いわゆるシュートへの対応は、着実に進歩をしている。大柄なゴールキーパにありがちな、低いシュートへの対応への課題は払拭しつつあると見てよいだろう。だからこそ、持ち味の高さと守備範囲の広さを、もっと活かせる段階にきたはずだ。
 先週も述べたが、2022年に、欧州、南米の列強に我々が打ち勝とうとするためには、守備範囲が広くペナルティエリアを完全に制圧し、最後方から正確な組み立てをするゴールキーパが必要だ。その理想像に、シュミットは近い存在の1人であることは間違いない。そして、そのために、シュミットには日々「前進するプレイ、飛び出すプレイ」を成功できる選手となるように、努力を積み上げて欲しいのだ。先日の日本代表選考で、シュミットはそこに向けての意識を持ってくれたのだろう、それが故の前向きのミスが続いていると、信じている。
posted by 武藤文雄 at 15:18| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする