2008年07月05日

田中達也の復活

 レッズ−FC東京戦。一時は連勝を重ね首位を独走するかの雰囲気を漂わせていたレッズだが、例のガンバ戦に敗れたあたりから、また調子を崩していた。リーグ再開の前節は、石崎氏が鍛えぬいたレイソルに猛攻を許し、最後は復活したフランサの芸術に崩され苦杯。何かしら怪しくなってきた雰囲気で、ホームにFC東京を迎えた。
 野次馬としても、このままレッズがズルズル下がるのか非常に興味深い試合だった。

 しかし、そうはならなかった。開始早々の3分、久々に登場した田中達也が素晴らしいフリーランで抜け出し、見事なプルバックでエジミウソンにアシスト、レッズが先制してしまったのだ。その後の達也の調子は素晴らしく、私が記憶しているだけでも以降の20分間次々と好機に絡んだ。
6分  後方からのクサビを正確なヒールで落としエジミウソンを抜け出させる
11分 クサビを巧く受け、ポンテの決定機を作る
13分 右に流れて強シュートをサイドネットに
16分 好キープからポンテが狙うも枠を外す
18分 胸で落してGK塩田の頭上を狙う巧みなシュート
 豊富な運動量と、引き出しの質の良さ、正確なボール扱い、前半半ばくらいにようやくFC東京守備陣も達也の動きに対応できるようになり、猛攻は終結した。しかし、以降も打ってよし、受けてよし、さばいてよし、と達也の脅威は継続。リードすると、引き気味でしっかり守るレッズだが、達也の運動量と引き出しはFC東京の押し込みを許さないと言う意味でも重要だった。
 まだ体調が十分ではないのだろう、後半に交代してしまったが、以降レッズの攻撃に冴えがなくなった。この事を含め、改めて自らの存在感を見せつけた復帰戦と言えるだろう。
 特に相変わらず、長い距離を走ってたり、切れ味鋭いドリブル突破の直後でも、強いシュートを打てたり、技巧的な細工ができる持久力(正確には、「疲労状態でも大きい瞬発力が発揮できる」と言う日本語が正しいのかな)が往時のままで、さらに経験を積んで引き出しが向上したかに見えたのが嬉しかった。

 達也の復帰は、ACL連覇を目指すレッズにとっても、秋から始まる4次予選に臨む日本代表にとっても非常に重要だ。特に現在の日本代表は、FWの候補選手が皆負傷がちで非常に苦しいメンバ構成。達也の復活は、未だ性格が不安定な大久保と、未だシュートが不安定な玉田に、頼らざるを得なかった岡田氏にとっても福音だろう。

 達也の嬉しい復活は、一方で新しいチームメートの高原の不振を際立たせてしまう。確かに好不調の波、というか振り幅が極端に大きいのが高原の特徴だが、ここまで浮上しないとは。1月に代表チームで始動して、早くも半年経った。半年間体調が戻らず、本調子(正確には昨年アジアカップでの好調時)を取り戻せないと言う現状は、やはり異常かつ深刻な状態だ。
 別に好調なFWはいくらいても構わないのだから、達也が復活したからと言って、高原が復活する必要がなくなた訳でも何でもない。と言う事で高原の復調も多いに期待したいところなのだが。

 まずはともあれ、達也の復活を素直に喜びたい。
posted by 武藤文雄 at 13:00| Comment(3) | TrackBack(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はベガルタのサポーターです。
最近チームが不調でスタジアムでは
ブーイングが起こり今のサッカーへの
批判や監督解任の声も一部から出始めています。
武藤さんの目からみて今のベガルタは
どのように思いますか?
Posted by ぼるさん at 2008年07月08日 06:05
>別に好調なFWはいくらいても構わないのだから、達也が復活したからと言って、高原が復活する必要がなくなた訳でも何でもない。と言う事で高原の復調も多いに期待したいところなのだが。

チビ太FWはいくらでもいるから、
空中戦をも制するFWが欲しい・・・。


Posted by at 2008年07月09日 00:06
大宮のことも書いてください。
Posted by at 2008年07月10日 14:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

岡田監督、浦和・田中達也視察へ
Excerpt: 日本代表・岡田武史監督が 今日の浦和−神戸戦で 田中達也を視察するそうです連 自分も田中達也のプレー好きなんで 代表戦で見たいです烈 ダイエット 成功..
Weblog: kazukiの日記
Tracked: 2008-10-18 19:32