2008年08月07日

とにかくFWは要求を突きつけろ!

 色々な切り口がある試合だとは思う。

 確かに森重と本田圭のシュートミスは酷いものだったが、入らない時はああ言うものだ(もっとも、我が代表では、「ああ言うものだ」が他国に比べて多いような気もするが)。そうはわかっているのだが、愚痴を言いたくなる。森重だが、あれは完全な練習したトリックプレイのはずなので、どうしてあのように慌てたキックをしてしまったのか。また、本田圭は自分でオフサイドだと思って(懸念して)ヘディングに入ってしまったのだろうか。
 後半の立ち上がりは注意すべき時間帯なのだが、単純に縦を抜かれた長友も、カバーに入らなかった本田圭も水本も残念だったが、そのような危機感覚を持てと言うのは、少々厳し過ぎる要求なのだろうか(とは言え、3人ともA代表経験があるのだから、何とかして欲しかったが)。そしてブラインドだったのだろうが、西川には何とか止めて欲しかったところだ。あの場面を除けば、4DFが崩される時間帯はほとんどなかったのだが。
 主審の判定だが、これはもう基準の違いだろう。ただし、転倒させられてすぐに主審の顔を見ると、ダイビングだと判定するのは明らかだったのだから、谷口も豊田も倒された後とにかく敵陣に向かってもがき前進すればよかったのではないか(長友が日本のペナルティエリア内で敵を倒したかのように見えた場面や、本田拓が警告を食らった場面も同様)。
 上記のヘディングだけではなかった。本田圭が、あそこまで右足を全く使えないのには失望した。しかし、だったら名波のようにラボーナを使えるようにするとか、俊輔のように少ないポイントでは右も使えるようにするとか、何か対応を考えて欲しい(って、五輪終了までは無理かな)。グラウンドとの相性もあるのだろうか、敵陣に近づくほど、プレイが雑になっていくように見えるのはどうした事か。梅崎も柏木もいないのだ。代わりはいないのだから、もっと自覚を(って随分長く言い続けているな)。
 いくら負けてはいけない試合だからと言って、梶山と本田拓がほとんど前進しないのも残念だった。特に前半は無理をしないと言う判断なり指示だったのかもしれないから、敵陣前まで進出しろとは言わない(でも、「行ける」と思ったら行って欲しかったが)。しかし、パスをさばいた後、ちょっとでいいから前進して香川や本田圭のパスコースを増やしてもバチは当たらないと思うのだが。アルゼンチン戦の梶山はとてもよかったのだが...この日の出来ならば、細貝を使うか、吉田を入れて森重を上げるか、谷口を下げて忠成をアタマから使うか、と言う事になってしまう。奮起して欲しい。

 ただ最大の問題は、チーム全体として「どうやって点を取るか」が曖昧な事だろう。
 前半確かに押し込んではいたが、掴んだ決定機は案外と少なかった。内田の攻撃参加は非常に効果的だったが、パスワークで崩したのは香川のカーブがかかったパスで抜け出し、谷口が触る直前に敵DFが奇跡的なクリアに成功した場面くらいか。セットプレイにしても、上記のトリックプレイは鮮やかだったが、以降はあまり有効ではなかった。
 本田圭のサポートを受けた香川の仕掛けから、内田なり長友が突破を狙うまではよく出来上がっている。しかし、そこからがサッカーなのだ。それなのに、そこからは何か、内田と長友に全てを任してしまっていているように見える。
 これは上記した梶山と本田拓の消極性のためもあるが、FWの個性がチームに浸透していないからに思えた。この日4人のFWが使われたが、皆よく頑張っていたと思う。しかし、終盤豊田が見事な高さを披露し後方からのロングボールを巧く流して好機を演出した以外は、いずれのFWも「『どこでどうやって俺を活かせ』と周囲の選手に理解してもらっていない」ように見えたのだ。
 豪州戦の終盤の決勝点は、谷口が意図的に低いボールを入れて岡崎のダイビングヘッドを呼び込んだ。そのような意思疎通が、この試合では全く見受けられなかったと言っては言い過ぎだろうか。
 中2日のとても短い期間だが、4人は「俺はこうやって点を取りたいから、ここに寄こせ」と残り14人に主張しまくって欲しい。

 幸い終盤に、忠成、岡崎、豊田の3人が並び、3人共よく走り、敵陣を目指した。その強引さと、香川や本田圭や内田の妙技のバランスは決して悪くなかった。そして、あの蒸し暑く苦しい時間帯も、3人に引っ張られて皆があきらめずに最後まで戦った。だから、もっと要求するのだ。

 苦しい状況なのは確かだ。しかし、我々は何も失ってはいない。とにかく...と、どこかで聞いた事のあるフレーズを思い出すのだが、2年前とは少々状況が異なる。それは明日に。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(47) | TrackBack(2) | 五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
香川のできは今日はよくなかった。
梶山はいつものようにサボってた。
シュートミスなんていつものこと。
米国以上のガッツを見せる男がいなかった。

 まあ、負けるのも当然。
  闘う男がいないのだから。
Posted by at 2008年08月08日 02:08
失点のシーンを見るにつけ、どのくらい意思疎通ができてるんですかね?
Jクラブの練習を見てても、声かけはうるさいくらいにやっているし
あの場合は本田と誰かですが2人がマークを外してたら
見えてる人が「本田!マーク!」と叫んでやれば
さすがにボールウォッチャーにはなってないはずなんだけど。
相手が本田の後ろを上手く動いていたので本田には見えてなかったでしょうね。
Posted by at 2008年08月08日 02:37
日本だけじゃなく、アメリカもかなり酷い出来でした。暑さにやられていた。十分勝てる試合だったと思います。

反町さんが遠藤と大久保が欲しかったのは何か分かる気がしました。今更ですが・・・
Posted by at 2008年08月08日 03:33
トリックプレーでの森重は、クロスをキーパーが触ってコースが変わっているので、QBKではないです。
Posted by at 2008年08月08日 07:37
あれだけパスが通らなければ(中盤でミスをくりかえしては)、あがりたいところでも腰が引けてあがれなかった、という部分もあるのでは? 芝の問題なのかなんなのか。全体が金縛りにあったようでした。終盤、ロングボールを放りこむようになって、急に生き生きとして見えはじめたのは、追いつきたい気持ちのあらわれや選手交替によるもの、というだけではないような。
Posted by 空き缶 at 2008年08月08日 08:41
何より、中盤(ボランチ)でボールが収まらないし、ミスキック、トラップミス等が多すぎる。
これではSBも上がるに上がれないし、本田圭、香川もいいポジションが取れないのでは?
アテネ予選の鈴木啓といい、この年代で守備ができて足元もそこそこという中盤の底の選手がいないですねぇ…
Posted by at 2008年08月08日 09:13
リスクをかけずに点を取ろうなんて甘すぎる。
何様のつもりなんだ。

代表でもJでもユースレベルでもいつも遭遇する光景。
いい加減うんざりしてしまう
Posted by D at 2008年08月08日 09:56
負け方が負け方だったので、サッカーとは関係ないところの議論が横行しそうです。
それはそれでうんざり。
Posted by マイナーツーリング at 2008年08月08日 10:04
>>アテネ予選の鈴木啓といい、この年代で守備ができて足元もそこそこという中盤の底の選手がいないですねぇ…

この世代の守備ができて足元そこそこなボランチは青山敏弘ですよ。

彼を落選させた段階でボランチには攻撃と守備両方を求めず攻撃用と守備用に分けるのは分かってたけど見事に失敗しましたね。
展開力も守備力もない梶山をボランチとして試合に出したのが敗因です。
最低限の守備力を持ってない奴に中盤の底ができるわけないと分かってないやつが監督をやってることが何よりやばい。
Posted by sp at 2008年08月08日 10:50
本田の左足や梶山のサボりとか、監督の技量とかはいまさら感もありますし、すぐどうにはできないのでまあしょうがない。僕がわからないのは、前半のロスタイムにコーナーをとりましたよね。時間もないのに、しかも全然優位に立っているとは思えないのに、なんでニヤニヤちんたらやってんでしょうか。あそこは、あれでよい場面だったんですかね。あの緊張感のなさ、後半の立ちあがりで点を取られたのも当然のような気がしますが。
Posted by わし at 2008年08月08日 11:04
ゲーム前の準備不足。
ピッチの状況に対応出来ない。
相手のゲームプランにお付き合い。
その他、諸々…

不足していたのは「決定づける力」では無く、
「サッカーをする力」ではないかと。
Posted by kun at 2008年08月08日 11:45
「どうやって点を取るか?」というのは、新潟時代から弱い所でした。
岡田さんも弱いのでセットプレー頼みですね。
大木さんが期待できるのは崩しのメソッドを持っているからですが
そういうタイプの監督を欲しがるチームは少ないです。
西野さんも結果ばかり求められて、なかなかやりたいようにできなかったから
ガンバでも3年目までDFラインを上げれなかったと言っています。

ミスをやたらと取り上げて良いところを見ていかない
普段の日本人の考え方が出ているので、そこから変えていかないと
本当の意味での攻撃性は出ないでしょう。
裏を取られてもラインを上げろと言い続けたトルシエみたいなメンタリティが
監督に育つ土壌がないと選手が出来ないことを嘆いても
解決にはならないでしょうね。
Posted by at 2008年08月08日 12:25
武藤さん流に言うと「こういう愉しみ」のために
サッカーなんていう曖昧な要素を多分に含むスポーツを見ているのかもしれませんね・・・

「落胆も快感であり愉しみである」
これもサッカーの大きな醍醐味であると教えてくれた武藤さんには陰ながら感謝しております。

しかし歓喜での快感は02以来アテネ、ドイツとしばらく堪能してませんね・・・
この段階で「今回も」とは言いたくないですが・・・
腹に力込めて最後まで見るつもりですが・・・


トルコやルーマニアやブルガリアと同じように我々も待つサイクルに入ったんでしょうか・・・

Posted by GK20 at 2008年08月08日 12:26
なんつーか....球際に弱いよね。
もう少し競り合いに強くならんかな。
Posted by カレー丼 at 2008年08月08日 15:08
あらゆる世代の日本で、1トップが成功したのを見た記憶が無いです。システムのせいでは無いとしてもあれだけ中盤で持たせてもらえるなら攻撃的にいけば前半で3得点もありえたと思います。
柏木、梅崎のような崩しのセンスを持つ選手の不在も本当に痛い。
無能なのに聞く耳を持たない監督のせいで負けたのは確かです。
何が「日本はもっとやれる。」だ。ふざけるなと言いたい。
反町が帰国すれば「もっとやれる」でしょうが。
Posted by at 2008年08月08日 18:48
ここ一番で本当にダメなのが水本。
基本的にコイツはアルネカと同じように「負のオーラ」が全開なのに(苦笑)
クロスを中に中途半端にクリアするなんて、笑わしてくれる。
そして、何故評価されているのか解らない勘違い男の本田。
シュートを決めた選手のマークについていたのがコイツ。
パスを出された後、簡単にマークを外す。
しっかりマークしていれば、失点は簡単に防げた。
そして、最悪にダメだったのが、反町。
ナメック星人の1トップはありえんだろう。
ポストプレイができないのだから・・・・・。
普通、豊田と李の2トップで勝負しなければアメリカ様に勝利するなんて無理。
まぁ、水本を選択した時点で、日本の勝利なんてありえないのだから・・・。
気の毒なのは水本の相方(今回は森重)、危険なところは全部、水本から振られる。
森重は、個人的には良くやったと思うよ。
あの決定機も上でも言っているように、直前でコースが変わったので
DFの森重では、難しかったと思うよ。
単純に批判する人は何処見てるんだろう(笑)

しかし、この身長詐称DFをありがたがる人は、
サッカーの何処を見てるのだろう。
小倉を潰した大嫌いな、某ガンバ監督の正しさが良く解るよ。

オレは水本のネガティブキャンペーン貼るから水本ファンはどっからでもかかってこいや(大久保風に)
Posted by 天邪鬼 at 2008年08月09日 09:26
自分のブログでどうぞ。
Posted by at 2008年08月09日 11:20
>天邪鬼さん
ご自分のブログでどうぞ。
Posted by at 2008年08月09日 15:32
どんなチームでも、勝つときもあれば負けるときもある。
と、わかってはいても割り切れない……

ただ、プレーの批評を超えて選手・監督の人格まで否定するのは控えていただきたいと思います。
Posted by at 2008年08月09日 17:30
人様の褌に汚物を垂れ流す無様
赤ん坊ですら自分のオムツを使うというに
あ、これに足らないのはオツムか
Posted by at 2008年08月10日 01:36
お久しぶりです。ただ今滞米中、五輪は見れないかな...と思っていたところ、NBCのオンライン中継でいつでも試合をみることができ、今の時代は便利だなぁと(ARG前より落ちるもののすごいっすね)。
森本を前、その後ろに谷口というアイデアそのものは米相手には悪くなかったものの(ボールを前線に収めないで勢いで行っちゃおうという?)、上手くいかないところでベンチが交代で失敗した感じですね。それでもチュンソンが得意のゴール前混戦でなんとか追いついちゃえばこんな批判もされなかったんでしょうが。
まだ1試合目なのでやりようもあると思います。いろんな意味で若者が多いチーム、ここはベンチが上手く盛り上げたり落ち着かせたりしていってほしいです。
Posted by sillywalk at 2008年08月10日 01:44
五輪に出ている選手はいつも通りのプレーをした。本来の実力は発揮したのだ。
問題はJリーグの質が低いことであり
これはチーム数が多すぎることにも関係がある。
もっと辿れば日本人の教育、文化がサッカーに
不向きであるとも言える。
とにかく根本から見直さないと永久に改善しない。
Posted by hanauta at 2008年08月10日 14:10
残り2試合。
相手は遙か格上の強さ。
盛り上がってきました!

可能性は0ではない。
Posted by にょろにょろ at 2008年08月10日 17:27
予定通り、予選敗退。
反町の無能さが顕著に現れた試合だった。
アメリカ戦の敗因の分析がまったくされていなかった。
さて、協会はテクニカルレポートでオリンピックの敗因をどう分析するか楽しみです。
Posted by 天邪鬼 at 2008年08月10日 20:41
「どう分析するか楽しみ」って、なんだか負けて嬉しそうですね。

>アメリカ戦の敗因の分析がまったくされていなかった

そうですか。どうやらアメリカ戦の再放送を見ていたようですね。
Posted by 千の風になれ at 2008年08月11日 00:37
残念な結果でした。しかし...
こちら(アジア)が進歩する以上に他所は進歩してるんですね。ナイジェリアの1点目、狙っていたとはいえあんなハーフカウンターは正直驚きです。前がかりになっている状態であれを防ぐ方法としては、ひたすらボールを奪われないことに尽きるわけで。

なんかネット見てると悲観論ばっかなんですが、でも本当のところ、結構やれそうな気がしませんか?わたしがおっさんだからですかね?昔感じた絶望感(決定的にプレーが軽い、とか)ではなく、進歩競争にいったんは敗れたが次は、っていう感じで。
この選手たちまだまだやれますよ(反さんも海外で挑戦しましょう、なんだかんだいって看板があると楽ですよ)。
Posted by sillywalk at 2008年08月11日 01:31
そうですね、昔と比べたら明らかに明らかに世界との差は詰まってきてると思います。
2年前のようなもっと力を出せたはずだという敗退ではなく、選手も監督も精一杯やれることはやった結果なので清清しさがあります。
現在の日本サッカーがそのまま表現できたと思います。
しかし、だからこそ、勝てなかったことに対する悔しさが高まります。
Jリーグで必要とされるプレーと、現在の世界のスタンダードなプレーが違うのです。
レベル云々よりも、そのことに非常に危機感を覚えます。
Posted by at 2008年08月11日 04:36
監督のレベルがねw
選手は国際試合経験を積めてるけど監督はまだまだ。
特に年代代表は実績のある人がなってないので選手の方がよく分かってたりw
反町さんはJでの経験があるから多少マシかと思ったけど
あんまり変わんなかったですね、むしろ余計な事ばかりして。
WYは吉田さんが選手の自主性にまかせたから上手くいったようなので同じ日本人監督でも
もうちょっと選手の経験を重く見てくれる監督が良いかもしれませんね。
Posted by at 2008年08月11日 14:30
>「どう分析するか楽しみ」って、なんだか負けて嬉しそうですね。

めっちゃ嬉しいです。
この監督、このメンバーで勝てるわけがないからです。
ここが解らない方が多いから、日本のサッカーがトルシエ時代以後、後退しているのです。

>アメリカ戦の敗因の分析がまったくされていなかった

そうですか。どうやらアメリカ戦の再放送を見ていたようですね

ほう、アメリカ戦の敗因は、水本と1トップですね。
どう変化したのでしょう。
長友→安田、梶山→細貝、ピッコロ→李の変更が
分析された結果とは笑止。
勝ちにいかなければならない試合でしょ。
豊田と李の2トップが普通でしょ。
吉田・森重のCBが青山のいない場合、当たり前です。

まぁ、谷底世代というより、素材は本田圭と水本・香川以外は一流。
料理人の監督が6流だったということでしょう。

選手の育成プロジェクトより、監督の育成や指導者の育成に力をいれるべきでしょう。
技術は一流のフィジカルの前では、何の役にもたたない。
所詮は、一流のフィジカルがあってこその技術なのである。

Posted by 天邪鬼 at 2008年08月11日 19:16
私も監督と無責任極まりない協会のせいで負けたと思います。
オーバーエイジを使わなかった国は日本だけ。
どれだけ世界をナメ切っているんでしょうか。
しかし・・・

>技術は一流のフィジカルの前では、何の役にもたたない。

あまりに雑で乱暴。中学生でももう少しマシなまとめをしますよ。
ボディコンタクト、スタミナ、筋力など細分化された要素を“フィジカル”と言ってしまうことでさえ雑なのに。
そもそも一流のフィジカルって何?EURO優勝のスペインはほとんどの国より“フィジカル”(苦笑)は劣っていました。
アジア随一の“フィジカル”の中国はどうしてあんなに勝てないの?
日本は監督が問題なのか体力が問題なのか?

今回の敗因は無責任極まりない組織に選ばれた国際経験の足りない傲慢で無能な監督に尽きます。

ボヤけたアジテーションは腐ったJFAをフォローするだけですよ。
Posted by at 2008年08月11日 21:40
>勝ちにいかなければならない試合でしょ。

シュート数及び枠内シュート、CKでナイジェリアを上回ってるみたいですよ。これは勝ちにいってないんですか?
http://beijing.yahoo.co.jp/event/result/FB?i=400&ph=B&s=M&u=03#0


>素材は本田圭と水本・香川以外は一流。

この評価もかなり凄いですけど、あの2試合を見て梶山を一流と評価するのですか・・・。


>>「どう分析するか楽しみ」って、なんだか負けて嬉しそうですね。

>めっちゃ嬉しいです。


・・・そうですか。
Posted by 本当に千の風になれ at 2008年08月11日 23:00
天邪鬼は煽りに来てるだけだから、まともに取り合わない方がw
Posted by at 2008年08月12日 14:35
>そもそも一流のフィジカルって何?EURO優勝のスペインはほとんどの国より“フィジカル”(苦笑)は劣っていました。

フィジィカルって身体能力のことだよ。
身体のスピード、身体の強さ、があるから判断の早さやパススピードの速さに繋がるんだよ。
つまり、頭の回転の速さもフィジカルのひとつなんだよ。
急にボールがきても対処できるのは、技術じゃなく、フィジカルの強さなんだよ。
日本選手の技術は、マンマークされると殆ど何もできないレベルなんだよ。
つまり、オープンスキルが低いんだよ。
でも、クローズドスキルは凄いんだな。
ここが、日本の育成の誤りなんだよな。
U-16ぐらいまでは、結構世界でも日本選手は勝てる。
でもそこからが勝てない。何故?
そこが(U-16年代)、いっぱいいっぱいの選手を選択しているからなんだよ。
つまり、それ以上伸びない選手達に投資しているわけ。
スカウトや監督たちの見る目のなさが問題なのです。
まぁ、協会はコネ社会だから、選手選考もコネ優先となっているかね(苦笑)

>シュート数及び枠内シュート、CKでナイジェリアを上回ってるみたいですよ。これは勝ちにいってないんですか

シュート数なんてたいして意味がない。
マリノスなんて常にシュート数は相手より上回っているのにあの順位ですよ(笑)
大切なのは「決定機」の数でしょ。
日本の決定機はさて、何回あったのでしょう。
「決定機」ってのは、観戦していて、「あっくる」って感覚がある攻めのことだからね(苦笑)
Posted by 天邪鬼 at 2008年08月12日 22:04
↑勉強になります。
反面としてだけど。
Posted by スヴェト at 2008年08月12日 22:20
少なくとも、アメリカ戦を観戦していて
決定機が大してなかったと感じる人は普通の人とは見ている試合が違うのでしょう
Posted by at 2008年08月12日 23:05
なにを求めるかによりますよね。
U-23の経験を積めればよしとするのか、それとも本気でメダルを狙いにいくのか。
日本は前者の態度で臨んでいるんですよね。「俺は違う」なんて反論は
許しません。本気でメダルが欲しけりゃ2年前のアジア大会で反町さんの好きなように
選手選考させたはずだし、その後も練習試合や合宿に
協力してたし、大久保召集を拒否ったヴィッセルの事務所は
爆弾テロで焼かれている(←それはやり過ぎ)はずです。
要は協会もサポーターも経験つめれば良しとしていて
本気で勝ってほしいわけじゃない。それで勝てるほど
五輪は甘くないし日本は強くない。もはや五輪はW杯に
比べて格下の大会ではない(からロナウジーニョやメッシが
参加しているのです)のですから。

ここで批判されたところで「そんなに勝ちたきゃ俺に協力してよ」と
反町さんにぼやかれるだけだと思いますよ。ただまぁ、
本気で勝ちにいかなきゃ経験積むこともできないとは
言えるでしょうね。結局力が拮抗してれば「勝ちたい」と強く願っているほうに
女神は微笑むんで。「経験積めればいい」という態度で作られた
チームに与えられた当然の報いです。今日の女子の試合見りゃ分かるでしょ?
Posted by masuda at 2008年08月12日 23:12
私が返す場でもないでしが。
そうですね。だいたいmasudaさんの仰る通りなんだと思います。ただ、それでも、「勝ちたい」と願いつつチームは作られているし、送り出されてもいるとは思うんですが。要は、「勝つために合理的に必要とされるような準備を怠らせるような環境」しか「まわり」が与えなかった、ってことですよね。残念ながら、私達の社会では割と散見されるところではあります。
ところで、上のコメントを見ていて気になったのですが、世界のスタンダードって何かな、と。現在GL首位のUS代表とここのところ実見しているMLSとを比較してみると技術も体力もゲーム観もそんなに違いはないな、と。南米とはかけ離れているし、ヨーロッパからも遠い。いろんな意味で「サッカー」ではない。それで「世界」っていってもねぇ、なんてね(もちろんUSを「世界」に入れてるつもりはないんでしょうけどね)。
長文失礼しました。
Posted by sillywalk at 2008年08月13日 06:06
あまり相手にしてもしょうがないけど・・・
天邪鬼ちゃん・・・年はいくつなの?

>つまり、頭の回転の速さもフィジカルのひとつなんだよ。

判断スピードやボールテクニックまでも“フィジカル”と言い切ってしまうのは地球上であなた一人だけです。

逆にあなたの定義する“フィジカル”以外の要素って何ですか?

身体能力真理教もいいけど、身体能力世界一のアフリカ勢がW杯で4強にすらなったことが無いのは?
そんな単純なものではないでしょ。
ここは小学生レベルの雑な論理を垂れ流す場ではありません。
やはりご自分のブログでどうぞ。
私は絶対に見ませんが。

あと[physical]を辞書で引くのもお忘れなく。


Posted by at 2008年08月13日 18:49
↑又、馬鹿がひとり沸いてきましたね。
馬鹿は、HNさえもてないからね。カス、ごくろうさん。

身体能力(フィジカル)がベース(基本)なんだよ。
身体能力たけですべてのスポーツが1になれるなんて誰も思ってないでしょう。
しかし、高い身体能力を兼ね備えてなければ絶対に1にはなれないんだよ。
とりあえず、HNをもたないカスにいっても仕方ないんだけどね(苦笑)

ところで、オランダ戦は良く頑張っていたね。
カス認定した本田圭は相変わらず爆笑だったけどね。
PKの反則も手を使うのは良いけど、最後にユニ引っ張ったらあかんやろ。
今日の主審はユニ引っ張ったほうにファールをだしていたんだから・・。
だいたい右足が蹴れないカス(中坊以下)が何故プロになっているのだろう。
ナイ戦もオラ戦も右足が蹴れたら普通にゴールにボールは飛んだけどね。
カス本田じゃなければ、2勝してたかもね(苦笑)

あと、オーバーエイジの問題だけど、中盤に明神と小笠原を連れて行っていたら
多分1勝2分ぐらいはできたかな。
大久保クンを連れて行っても得点は出来なかったと思うよ。
だって、反町は馬鹿な1トップに固執したからね。

反町五輪代表が、1点差だったので、世界と善戦したなんて論評されたら
日本のサッカーはますます弱くなっていくと思う。
それでなくても、トルシエ→ジーコ→オシム→岡田と
フル代表監督も選手も劣化しているのだから。





Posted by 天邪鬼 at 2008年08月13日 20:39
>身体能力(フィジカル)がベース(基本)なんだよ。

あれ???
判断スピードやボールテクニックも“フィジカル”と宣言したのはもう変えたんですか?

>つまり、頭の回転の速さもフィジカルのひとつなんだよ。
急にボールがきても対処できるのは、技術じゃなく、フィジカルの強さなんだよ。

“フィジカル”をこう定義してしまえば、蹴球に必要な要素はほとんどその言葉に入ってしまう。
だから質問したんです。

>逆にあなたの定義する“フィジカル”以外の要素って何ですか?

これにもまったく答えていない・・・。
恥の上塗りはやめなさい。
あなたを育てた人は悲しみますよ。

>馬鹿は、HNさえもてないからね。

しょうもない芸名を名乗ることで何故か優越感を感じているのも情けない・・・。
胸を張りたいなら、本名、年齢、住所を書きなさい。あなたのしょうもない芸名と、無記名の違いを述べなさい。
まあ私は大人ですから、名乗ってあげますよ。
そのかわり、あなたは間違いを認めるか、永遠に消えるか選びなさい。

本田を>中坊以下
と語るあなたの書き込みは小学生以下です。
Posted by 天邪鬼は恥さらし at 2008年08月13日 22:22
武藤さん、毎回読み応えのあるテキストありがとうございます。

ところで、天邪鬼さん、大丈夫ですか?

天邪鬼さんの試合に関する分析の思考過程はともかく(フィジカルという単語の使い方には疑問を感じますが、大筋では素人の分析としてはこんな所かなと思います、もちろん私も素人)、どのような心境でコメントされているのか大変気になります。

日本のサッカーが好きなのか嫌いなのか、よくなって欲しいのか悪くなって欲しいのか、はたまたただ単にメンタルに問題を抱えているのか、あるいは複雑な要因が絡み合った結果一連のコメントがなされているのか。気になります。

ところでHNは気に入って頂けましたか?ま、完全にウイイレのパクリですから、カスですよね。

これからも熱心な日本サッカーウォッチャーとして、その批評眼を日々研鑽していって下さい。

私のコメントは以上です、皆さんありがとうございました。
Posted by ロベウトバッソ at 2008年08月13日 23:56
色々な意見があるのはわかりますが、少なくとも私たちは選手の人格を否定するのだけはよしましょうよ。
ネットはサークルの内輪向けノートではなく万人が目にする可能性があるわけで、万一にも批判を目にすれば誰だって悲しみますし落ち込みます。
ここ最近のサッカーサイトのコメントの荒れようには多くの人が心を痛めていると思います。特にサポティスタなどはそういう傾向が顕著ですよね。

そんな意見の奴はもう見るなと言われるのかもしれませんが、それはサッカーを愛する者としてとても無理です。
Posted by ikari at 2008年08月14日 18:35
>つまり、頭の回転の速さもフィジカルのひとつなんだよ。
急にボールがきても対処できるのは、技術じゃなく、フィジカルの強さなんだよ。

“フィジカル”をこう定義してしまえば、蹴球に必要な要素はほとんどその言葉に入ってしまう。
だから質問したんです。

だから、フィジカルがサッカーのすべての基本だといっているのですよ。
ろくに身体もはれない、すぐにコロコロ転げる選手はサッカーする資格がないとね(笑)

>逆にあなたの定義する“フィジカル”以外の要素って何ですか?

あるとすれば、止ったボールを蹴る「技術」ですね。
これは、フィジカル「ゼロ」の選手でも努力すれば自由にボールをコントロールできる。
FKやCK、PKには使えるでしょう。

つまり、日本の選手育成の方向性はまず「技術」に傾倒していった。
フィジカルの裏づけのない、世界のリフティング王を養成するようにね。
その結果が、今の予選、全敗状況になっているんですよ。
馬鹿監督が、香川をありがたがっているような状況ですよ。

>しょうもない芸名を名乗ることで何故か優越感を感じているのも情けない・・・。
胸を張りたいなら、本名、年齢、住所を書きなさい。あなたのしょうもない芸名と、無記名の違いを述べなさい。
まあ私は大人ですから、名乗ってあげますよ。
そのかわり、あなたは間違いを認めるか、永遠に消えるか選びなさい。

本当に馬鹿ですね。
オレがHNを強要しているのは、意見の整合性を求めるため。
あんたのように、無記名やその都度HNを変更する人間は、
主張に一貫性が無くなるから「カス」といっているんですよ。
今回、素晴らしいHNをつけたようだから、武藤さんの掲示板に来る時は
必ず「天邪鬼は恥さらし」でお願いしますね。
もちろん、「大人」だからHNを変更するような卑怯なことはしないですよね(爆笑)

>本田を>中坊以下
と語るあなたの書き込みは小学生以下です。

いちど「メニコンカップ」を観戦してください。
中坊の右足と本田の右足、どちらが凄いかわかりますよ。
Posted by 天邪鬼 at 2008年08月15日 21:44
>日本のサッカーが好きなのか嫌いなのか、よくなって欲しいのか悪くなって欲しいのか、はたまたただ単にメンタルに問題を抱えているのか、あるいは複雑な要因が絡み合った結果一連のコメントがなされているのか。気になります。

ご心配ありがとうゴザイマス。
オレはかなり日本のサッカー好きですよ。
自慢じゃないが、釜本・杉山の時代から観てますから・・・。
トルシエ時代から後退していくサッカーを憂れいているのです。

>ところでHNは気に入って頂けましたか?ま、完全にウイイレのパクリですから、カスですよね。

いいえ、このHNを続けて書き込んでください。
オレは、無記名での投稿、捨てHNで書き込む人間が「カス」だと考えていますので・・・
Posted by 天邪鬼 at 2008年08月15日 21:52
なるほど、天邪鬼さんの日本のサッカーに対するスタンスを了解しました。また、20代前半の私のような者とは、そのサッカー観戦暦は比べるべくもないことも分かりました。素人などと表現してしまったことに対し、お詫び申し上げます、失礼いたしました。

また、行き過ぎたと思われる表現も、日本のサッカーを思うが故になされているのだろう、と理解しました。

ただこのHNに関しては、今回のコメント欄でのみ使用するだけに留めます。特に気に入ってるわけではないですし、特定の個人や団体、あるいは何がしかの対象を批判あるいは非難しないのであれば文責を負う必要は必ずしもないでしょうから、そのような場合に限り、匿名性を保つためにこれからも臨機応変にその時に思いついた名前で書き込みます。

前回の私のコメントが批判や非難に相当する、とお感じになりましたら、その点は私の至らぬところで、申し訳なく思います。ただ、人格を否定するような表現は用いなかったつもりです。

結局この書き込みも匿名で行っていながら己を省みずに申しますが、いずれにしろ、価値判断を伴う批評活動を行う場合は、武藤さんのように実名あるいは個人を特定することができる名前でもって行う方が絶対ベターだとは思います。

って、なぜか熱く苦しく書いてしまいました。

これからも武藤さんのサッカー講釈は読み続けるとは思いますが、もう特別何かコメントすることはないと思います。このようなインターネットの掲示板で、行き過ぎてるかな、と思わせる表現でもって書き込みを行ってる方がどのような人なのか、少し知りたかっただけです。思ったとおり少ししか分かりませんでしたが、でも少しは顔を覗けたような気がしないでもありません。

それでは失礼します。
Posted by ロベウトバッソ at 2008年08月15日 23:37
いつまで人様のブログで恥を垂れ流し続けるのか・・・。
あなたが何と言おうと私はこれでもう最後にしますよ。

>主張に一貫性が無くなる

>意見の整合性を求める

“フィジカル”の定義ひとつとってもコロコロ変わる自分にまずそれを求めなさい。

>HNを強要している

人様のブログでそんなことする権利あるワケ無いでしょう。
匿名性のことを揶揄していることもまったく理解出来ていない。

>止ったボールを蹴る「技術」

小学生以下の送り仮名間違い、ご苦労様。
何度言っても理解することが出来ないようだけど、“フィジカル”+止った(失笑)ボールを蹴る「技術」=サッカーの要素なんてことを言っているのは宇宙であなたひとりだけなんです。

嘘だと思うならあなたの周りのサッカー知識のある人に聞いてみなさい。
類は・・・というから無駄かもしれないけどね。

>本当に馬鹿ですね。

まさに長いこと色々なブログを読んできて正直あなたほどの馬鹿は見たことがない。
馬鹿の上にずうずうしく、聞く耳を持たず、間違いを認めない。
繰り返させてもらいますが、あなたを育てた人が今のあなたの文章を読んだら間違いなくひどく悲しみますよ。おそらく自分を責めるでしょうね。生きているか死んでいるかは別として。

>自慢じゃないが、釜本・杉山の時代から

あなたは結構なお年のようなので。自慢じゃない?ハァーお気の毒に・・・。

もう一度コメント欄を読んでみなさい。反感、批判は多々あれど共感はゼロ。

誰か指摘していたけどもしかしてけなされて喜ぶタイプですか?哀れな人ですね・・・。

同情はするけど人様のブログを利用してもうこれ以上恥を垂れ流すのはおやめなさい。
今後あなた何かコメントしていても読まないし一切無視します。
それでもあなたは救いがたい大馬鹿だから
必死に何か書くでしょう。
さあ親を悲しませましょう。
はりきってどうぞ!
↓↓↓
Posted by 天邪鬼は恥さらし at 2008年08月16日 00:15
Posted by 天邪鬼 at 2008年08月13日 20:39

Posted by 天邪鬼は恥さらし at 2008年08月13日 22:22
Posted by ロベウトバッソ at 2008年08月13日 23:56

Posted by 天邪鬼 at 2008年08月15日 21:44
        ↓
Posted by ロベウトバッソ at 2008年08月15日 23:37
Posted by 天邪鬼は恥さらし at 2008年08月16日 00:15

機敏な対応ありがとうございました。
両ファンともご退場のようなので感謝の意を・・・(苦笑)
また、別のHNか無記名でご登場されると思いますので
その節はヨロシクね。

Posted by at 2008年08月16日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北京サッカー男子、米国に惜敗!
Excerpt: 北京五輪、男子サッカーの初戦はアメリカと対戦。後半始まってすぐの失点で日本は0−1と負けた。試合終了 日本、初戦を0−1で落とす(スポーツナビ)      日本の先発メンバーは以下の通り。GK 西川D..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2008-08-08 08:48

[サッカー][五輪] 昨日の女子サッカーの五輪初戦、今日の男子の五輪初戦
Excerpt: 開会式前から試合が始まるサッカー、まずは昨日の女子からです。 スポーツナビ|試合速報/詳細|日本女子 対 ニュージーランド女子 −北京五輪 女子サッカー− 2点差追いついた!..
Weblog: 昨日の風はどんなのだっけ?
Tracked: 2008-08-23 23:36