2008年09月09日

帰国しました −小さい問題への拘泥を重視したい−

 マナマの昼間の暑さと湿度には辟易させられたが、試合は夜21時半キックオフだったため、僅かながら風も通り、極端に悪いコンディションではなかった。「中東での試合は、夜遅い時間帯に行えばよい」と言う当たり前の事が再確認された試合だった。
 
 試合内容については、別途まとめるつもり。
 不在時にも多数のコメントを賜り多謝。特に多くの方々がコメントを寄せて下さった、私の岡田氏への思いについては、近いうちにまとめる所存なのでお待ちいただきたい。

 ただ、帰国後、一連の報道を見直して違和感を感じずにはいられない。それは、多くの論評が最後の2点のみを問題にしている事。
 確かに2失点とも情けなかった。1失点目は、憲剛の論外位置取り、今野の役立たず、内田の間抜けと、あきれかえるミスの連発による失点。2失点目も、闘莉王の軽率さには呆れ帰るばかり。いずれも猛省すべきものなのは間違いない。

 だけどね、結果的に終盤に至る前の反省事項は忘れてはいけないと思う。
 たとえば、先制後に押し込まれた場面。特に楢崎の好セーブで難を逃れたあたりの、内田の怠慢。(敵が前にでてきた事もあるが)軽率に縦パスを出しては敵にボールを提供した闘莉王の急ぎ過ぎなどは、やはり猛省事項だろう。ここは中村俊輔が、遠藤に多目にボールを回す事でペースを取り戻すことに成功したのだが。
 あるいは後半立ち上がり。2点差となったバーレーンが、何とか1点差と、無理にプレスをかけてきた場面。中盤のミスパスから、再三CKを許すなどバーレーンの連続攻撃を許した。俊輔や松井までが、キープすべき場面で無理してボールを奪われたのだから、非常に拙かった。中澤と楢崎を軸にこの難しい時間帯をしっかり我慢して、後半半ば以降は疲労困憊したバーレーンを圧倒したのはよかったのだが。目指すべきものは、中盤で敵の攻撃をしっかり刈り取る事なのだから。

 贅沢を言えばきりがない事はわかっているが、本大会で好成績を収めようとするならば、小さな問題点に拘るべきだと思う。終盤の連続失点を気に病むばかりに、試合途中の課題を忘れてはいけない。
posted by 武藤文雄 at 23:45| Comment(17) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「内田の怠慢」ではなく、
「内田の限界」ですね。

守備のできないDF!
が代表になってるのが現状。

「急にボールが来たんで」とヘタレFWと同じコメントを残してたのが印象的。
Posted by at 2008年09月10日 05:24
結局は,マチャラの作戦どおりで2点取られたわけです。

逆サイドへの斜めのパス。
縦へ,早く,DFの裏へのパス。

結局,向こうの作戦どおりの2点じゃないですか。

得に日本の右サイドを狙われてるし。w




青メガネのアホ。
Posted by at 2008年09月10日 05:26
おかえりなさいませ。
私用で旅立てなかった自分は武藤さんがうらやましいです。

エントリ本文は「問題点の指摘」
上の2人のコメントは「非難」
他人のブログのコメ欄に非難や罵詈雑言を書き捨てても意味ないじゃん
…と思いました。
武藤さんは心が広いようなのでこれらもOKなんでしょうけど。

Posted by p at 2008年09月10日 09:13
確かにうらやましい
でもマナマでは最終予選は終りませんでしたね

>ここは中村俊輔が、遠藤に多目にボールを回す事でペースを取り戻すことに成功したのだが。
>中澤と楢崎を軸にこの難しい時間帯をしっかり我慢して、後半半ば以降は疲労困憊したバーレーンを圧倒したのはよかったのだが。

結局こういうポイントが重要なんでしょうね。点を取ったあと、ハーフタイムの前後とか相手がガツガツ来たときにどうするか。相手がワーワー押せ押せで来たときに、それをうまく受けながら、中村俊輔─遠藤のラインでボールを落ち着けていき、徐々にポゼッションをとっていく。そういうゲームの「大局観」を持てているのは、今のところ俊輔、遠藤、中澤というところでしょうか。そこらへんで、ほとんどの選手がバタバタせずにやれるようになると、安定した戦いができるのだと思います
Posted by Dortmund06 at 2008年09月10日 16:14
>上の2人のコメントは「非難」

「相手の作戦どうりの得点をされた」
と指摘するのがどうして「非難」なんでしょねえ。w

「交代選手が悪い」
と交代させた監督自身がコメントするのは「非難」だと思いますがね。w
Posted by at 2008年09月10日 16:38
前の親善試合で呼びもしない選手を急遽呼びつけて
試合当日のベンチにも入れず
交代させた自分を差し置いて
交代した選手が悪いと言い出す監督。

あんたの采配ミスだろう。

Posted by 青メガネはちょっと at 2008年09月10日 18:45
お疲れ様でした。超早朝のテレビ観戦だったせいでしょうか、私は2点リードした後の、若干バーレーンに押し込まれた時間帯には大きな問題を感じませんでした。おそらく現地でピッチを俯瞰して見れば、そこにこそ今後の問題点が現れていたのかもしれません。ウズベク戦は国内ですから、必ずスタジアムで観戦したいと思います。
Posted by 湘南蹴鞠屋 at 2008年09月10日 20:45
――戦略を変えて2ゴールを与えてしまったのでは?(バーレーン記者)

 戦略を変えたのでなく、メンバーを代えただけです。特に戦略の問題ではなく、先ほど言いましたようにメンタルな面、それから交代選手の役割、そういったものが問題だったと思っています。

(以上はスポナビ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/200809070001-spnavi.html より引用)

私にはこれが「交代選手が悪い」という意味で発言されたようには思えないのですが。



他人のブログへのコメで「青メガネのアホ」とか「あんたの采配ミスだろう」とか言い捨てるのは「非難」じゃないかと私も思います。
そもそもここで「あんた」と代表監督を二人称で呼んで文句を言ってること自体、単なる憂さ晴らしの書き込みをされているとしか思えません。そんなことしても何の意味もなさないのは明白ですし。
Posted by at 2008年09月10日 23:11
>私にはこれが「交代選手が悪い」という意味で発言されたようには思えないのですが。

ああっ!この部分を曲解してたのか。素で分かりませんでした。
解説ありがとうございますm(_ _)m

まぁ、この手の輩はどこにでもいますし邪魔になるほど
コメントされてるわけでもないので、適当にスルーでよろしいのでは?
Posted by masuda at 2008年09月11日 00:35
>そんなことしても何の意味もなさないのは明白ですし。

すると,反町やら川渕やらジー子やらを
「非難」するのは馬鹿ですよね? ね?w

「許さん」とかまで言ってるし。w
Posted by at 2008年09月11日 04:30
武藤が川渕を「許せん!」と非難するのはOK.

岡田の似合わない「青メガネ」を「センスない」
というのは「非難」で禁止。

単純なルールを理解すべし。
Posted by at 2008年09月11日 04:34
>すると,反町やら川渕やらジー子やらを
>「非難」するのは馬鹿ですよね? ね?w

何言ってるのか理解できない。
主語は武藤さん?コメントする人?

文意も取れない、それへの反論(?)を意味不明の文でしか書き表せないあなたが馬鹿なんじゃないですか。
Posted by at 2008年09月11日 07:55
言いたいなら自分のサイトなりblogなりでやれってことですよ
Posted by at 2008年09月11日 09:53
まあ,そう興奮しなさんな。

川渕,反町,ジーコをあれだけ「非難」「罵り」「罵倒」しておいて,
自分だけ安泰なわけがないだろう。(笑)
Posted by at 2008年09月11日 12:50
>主語は武藤さん?コメントする人?

へっ? 理解できないの?
それでどっちだと思う?

「反町」を「非難」している人は誰だと思う?
Posted by at 2008年09月11日 12:52

ハハハ、興奮しての2連投乙
隠しても隠し切れないご立腹ぶりですな
あーおもしれえ

>言いたいなら自分のサイトなりblogなりでやれってことですよ
しかもコーフンのあまり脊髄反射しちゃったものだから、このコメントも読みとばしちゃってるようだな
「他人のブログへのコメントで」って上のほうの人も書いてるのも読んでないようだし
あ、読解力がないだけか

そもそも、ブログ主がなにを書こうが自由、それを読む読まないはアンタを含む読者の自由、だろ
そんなことさえ理解してないのか?
「自分だけ安泰なわけがないだろう。(笑)」って(失笑

「,」←こんな句読点を使うのは自分の端末でだけにしといてくれや
Posted by o at 2008年09月11日 14:46
文化省の通達や、学習指導要綱では横書きの句読点は「,」や「.」を使うようになっている事を知らない人もいるようだ。
Posted by at 2008年09月15日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック