2008年09月22日

ベルマーレ−ベガルタ戦前夜

 ご承知のように、私はベルマーレのホームタウンの一角に居住している。平塚競技場でのベルマーレ−ベガルタ戦は、ほとんど生観戦しない不良サポータの私にとって、愛するベガルタ仙台を最も(経済的に)楽にサポートできる絶好機である。しかも明日は、両クラブともJ1昇格戦線に残っている状態での直接対決。少年団のコーチ仲間のベルマーレサポータとの舌戦もいよいよ盛り上がり、何とも愉しい雰囲気での対決となる。

 1位のサンフレッチェはこう言った愉しい雰囲気とは無縁。せいぜいこの1年間、J1でプレイできなかった寂しさを味わってください(棒読み)。
 2位は隣県のライバル、モンテディオ。日本人監督としては、岡田氏に次ぐ、いや匹敵すると言っても過言ではない実績を残している小林伸二氏が何故モンテディオの監督を引き受けるのかとの突っ込みはシーズン当初から、モンテディオの他のJ2クラブサポータ全てが危惧していた事。そして、その危惧どおり、モンテディオは見事な強さで、一時期は2位独走態勢に入りかけた。ここに来て、いささかJ2のトップとしては選手層が薄い点から、差が詰まってきた感もある。是非、このまま落ちていって欲しいところだ。
 そして、1試合消化の多いモンテディオに続き、ベルマーレが勝ち点差3、ベガルタが4差、セレッソが6差で続く。そのベルマーレとの直接対決なのだから、これは盛り上がる。何としてでも勝ちたい。何としてでも。

 ただし一方で終盤を見据えた冷徹な星勘定の気持ちがなくもない。
 ベルマーレ戦を含めて、あと9試合。どう考えても、本当の勝負は最後の5節以降。しかも、今節だけは週中の連戦になるが、以降は完全に週1試合のペースとなる。つまり、変則日程は今期この試合が最後。そうこう考えると、勝ち点3を目指すのではなく、引き分け狙いもあるのではないかと。
 もちろん逆の想いもある。明日は出場停止のために、あの忌々しいジャーンがいない。前節の岐阜戦の内容は今一歩だったし、中2日の日程は少々厳しいが、疲労は相手も同じ。しっかりとボールを回すサッカーで一気に押し切り、勝ち点3を確保し一気に3位浮上したいと言う気持ちだ。

 夢のような2年間だったJ1生活から、再びJ2に舞い戻り早くも5年の月日が経とうとしている。毎年のように、秋口までJ1昇格ラインにありながら、各年ごとに全く異なるパタンでの失敗を繰り返して、今日のベガルタがある。今年こそと思いつつ、今年もかとの危惧もある。
 そして、情けない事に、「今年も」間抜けなフロントが、またやってくれた。しかし、今年の「噂」は、GMとして、あるいは監督として、それぞれ日本中のサッカー好きから「物笑いの種」となっている2人がノミネートされたのだから、脱力感はかつてないほど。大体、五輪代表でもジュビロでも、選手を集めるだけ集めて、選択できなかった男が、やりくり厳しい(愉しいとも言うが)J2の監督を務めると言うだけで、十分なブラックジョークだろう。選手層が薄ければ「迷わないから」巧くやれると言う冗談は上質だ。
 しかし、チームの消息通から聞いた話では、結果論としてその脱力感が、現場あるいはサポータの結束を高める事になっているようだ。手倉森監督には色々な批判があるのは事実だ。私は少々ベテランに頼り過ぎる点は不満だが、ここまでの氏の手腕はそう悪くないと見ている。時に明らかな失敗もあるが、ボール保持と展開と言うシーズン当初、あるいは前監督時代からのコンセプトはぶれていないからだ。今回の間抜けた噂で、選手達にも「そうなったら地獄だ」とよい意味で緊張感が再度走ったのかもしれない。
 もしかしたら、フロントのそこまで考えての深謀遠慮だったのかもしれない(そんな訳ないか)。

 あまり昔話をすると笑われるのだが、地元のクラブが、東洋工業には圧倒的なリードを許しているが、フジタとヤンマーと激しい昇格争いをしていると考えるだけで、愉しくなってくる。そう考えると、やはり2位での自動昇格を何としてでも目指したいな。入替戦で、古河やヤマハや日産や読売とはやりたくないし。
 と、馬鹿を言って、終盤戦に思いをはせるのは愉しい。残り9節、毎年恒例の七転八倒が始まるのだ。そして、今年こそは例年と異なり...
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(5) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよですね!!
ベルマーレとしては、ジャーン・トュット・斉藤がいないのは痛いですが、武藤さん、我が軍の若武者菊池大介を見てやってください。近い将来日本代表を背負える選手だと思いますよ!!

後、得点シーンがあったらメールに気をつけておいてください。それでは次回の練習時笑って会えますように(笑)
Posted by 少年団仲間 at 2008年09月23日 07:35
いよいよですね!!
ベルマーレとしてはジャーン・トュット・アジエル・斉藤などが出場できないのは痛いですが、若武者菊池大介がいます。武藤さんこの選手は目を凝らして見ておいてください。

まあ、得点シーン後メールがすぐ開けるようにしておいてください。今度の練習の時、笑ってお会いできることを期待してます(笑)
Posted by 少年団コーチ仲間 at 2008年09月23日 07:45
出張中で無ければ家内と参戦することにしていたのですが。。。まあ武藤さんを始め、ベガルタサポには悪いですが、今回はベルマーレが勝たせていただきます。(笑)
Posted by 湘南蹴鞠屋 at 2008年09月23日 07:46
今日は参りました。
けどベルマーレはまだいけまっせ〜。
Posted by 若頭。 at 2008年09月23日 19:38
久々の劇的勝利でしたね!観戦記をお待ちしてます、現地参戦羨ましい限りです。
Posted by KHOJI at 2008年09月23日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック