2008年12月07日

続「最後の入れ替わり戦」に向けて

 入れ替わり戦についての講釈がしばらく続く事になると思います。さっそく、今日は磐田での試合のチケット争奪戦(私も友人のおかげで何とか確保できました、ありがとうございました)が行われた模様で、いよいよ盛り上がってきたな。

 30数年間サッカーで遊んでいる訳だが、自分が直接関与する入れ替わり戦の経験と言うのは案外と少ないものだ。学生時分に2度ほど、四十雀の大会で1度ほどくらいだな。
 ちょうど入れ替わり戦が、Jリーグに導入されたのが、ベガルタがJ2に陥落した2004年シーズンだった。以降、毎年毎年、羨望していた入れ替わり戦にいよいよ出場できると思うと、改めて何とも言えない思いを感じる。しかも、昨日からのエントリの題名でも述べた通り、来期以降は廃止されると言うのだから(いや、もちろん2位に入って自動昇格するのも「悪くなかった」ですよ)、一層感慨深い。生きるか死ぬかと言う死闘をホーム&アウェイで2試合愉しんだ上で、狂喜乱舞を味わえるのだから、生涯でも忘れ難い経験になる事だろう。
 と、あまりに入れ替わり戦の存在そのものを愉しみにして、すっかり躁状態になっているのだが落ち着こう。五輪じゃないのから、参加するだけでは意味がない。勝たなければいけないのだ。

 で、まずホームが先なのと後なのとどちらが有利かを考えた。
 一般論として、ホームが後の方が有利とよく言われる。同点で延長になった場合に少しでも多くホームで戦える事、初戦で少々失敗しても「とにかく地元で第2戦」と立て直せる事、初戦は引き分ければよいので無理をする必要がない事(言い換えると、初戦ホームのチームは初戦終盤に無理をすべきかどうか選択に迷う事)などがその理由だ。
 対して、アウェイゴールルールを考えると、初戦お互いが無理をせずに0−0で終わった場合は2試合目敵地のチームが有利になるので、いちがいにホームが後の方が有利ではないと言う見方もある。上記した延長入りにしても、敵地の得点が有利な分、むしろホーム前が有利と言う意見もある。
 いずれにしても、お互いにあまりに重い試合ゆえ、無理がしづらい90分ハーフの試合の前半終盤、つまり初戦の終盤に、アウェイゴールルールを頭に入れながら、どのような策を採るか、採れるかが、判断の分かれ目になると言う事。

 ただし、Jの入れ替わり戦の場合、圧倒的に初戦ホームが有利になる状況がある。それは初戦が水曜日、第2戦が土曜日と言う日程だ。水曜日は当然ナイトゲームになるが、敵地のサポータが平日のナイトゲームに参戦するのは、かなり厄介なのだ。
 現実的に、磐田近郊に居住している通常の勤労者のサポータが10日のユアテックに来臨するためには、少なくとも当日の午後と翌日の午前休暇を取る必要がある。前もってわかっていた試合ならば休暇の準備もできようが、6日に試合日程が決まっただけに、ジュビロサポータの方々には厳しい段取りだろう。
 一方13日のヤマハスタジアムは土曜日だから、仙台の勤労者が行く事はそれほど難しくない。しかもキックオフが16時だから、試合終了後少し急げば(歓喜の余韻に浸る時間は短いが)その日のうちに仙台に帰ろうとすれば帰れる。仙台を早朝に出れば自動車(バス)でも問題なく到着できる。またベガルタには関東在住のサポータも結構多い(私のような宮城県出身、関東在住と言う人間は結構多いのだ)。したがい相当数のベガルタサポータがヤマハに参戦可能なのだ。
 今日の午前中に13日のチケットは発売されたが、地域限定などもなかった事もあり、相当数のチケットをベガルタサポータが購入できたようだ。一方、10日のチケットは明日発売との事だが、この短期間でどれだけジュビロサポータの方々が休暇を獲得できた事か。
 結果的に、ベガルタはユアテックでは圧倒的多数のサポータに支えられるのはもちろんだが、敵地でもかなりの応援が期待できそうな状態にある。
 少なくとも、サポータ動員に関しては、ベガルタが有利に立てた事は間違いないと思う。

 ではピッチ上の戦いはどうなるかについては、また改めて述べたい。
posted by 武藤文雄 at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見&勉強させてもらってます。
40代のサッカー大好きオヤヂです。

ここ何回かの武藤さんのあまりの幸せさぶりに
ついついコメントさせて頂きました。

入替戦出場、本当にオメデトーございます。
エスパサポな私ですので、ジュビロがどーなろうと知ったことではないのですが、
やっぱりジュビロは強いですよ。

オフトの戦術が「まず守り」となっているので、人数を掛けた攻撃はしてないので、初戦にある程度の得点差をつけることが全てだと思います。

1点差くらいでジュビロのホーム、ってパターンだと、さすがのオフトも攻撃的に来るでしょうから、2.3点は取られる覚悟が必要かと思われます
(まあその分、守備がボロボロになるので、ベガルタも点を取る確立も高くなるかとは思いますが)

入替戦後の武藤さんの大喜びの記事orがっかりの記事、
どちらになったとしても楽しみにしております(笑)
Posted by ぐちやにべ at 2008年12月08日 10:05
いかに精神的に優位に立てるかって部分も大切に
なってきそうな気がします。
それほど重圧が凄いんでしょうが、それは多分
ジュビロの方が失うものが多い分重圧あるのかな
と思います。

アウェー側だけでは無く、フリーゾーンにも
多々ベガサポがチケを買ってるようで…
もしかすると半分くらいベガサポになっちゃって
しまっている可能性もあるかも…
Posted by きんかい at 2008年12月08日 12:11
武藤さんが一度は見限った
「川口の馬鹿当たり」が発揮される予感が...
Posted by baron at 2008年12月08日 18:08
「神がかった川口」に挑めるなんて、これ以上無い幸福ですよね?
Posted by 仙台四郎 at 2008年12月09日 00:00
仕事の都合上磐田に行けないので、10日の仕事を半休し仙台弾丸ツアーを計画しています(チケは取れました!!)。

翌日朝早く仕事あり、新幹線最終か夜行バスか、検討中...

カツノハベガナノダ!!
Posted by 在京ベガサポ at 2008年12月09日 02:23
いつも楽しく拝見させていただいておりますが。
楽しみは来年まで我慢していただきます。




水曜休みがとれたジュビロサポより。
Posted by pep at 2008年12月09日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック