2009年05月26日

平山相太の現在と未来

 昨日語ったFC東京−フロンターレ戦。久々にじっくりと平山相太を見る事ができた。

 2−0となるまでは、FC東京が圧倒的な攻勢を取っていた。そして、その攻勢の軸となっていたのが、平山の見事なターンだった。
 後方から低く精度の高いボールが平山に打ち込まれる。この「低いボール」と言うのが非常に重要だ。平山はボール扱いが非常によくて足が長いから、後方からの低いボールを受けるのが非常に巧いのは高校時代からよくわかっていた事。一方で打点の高いヘディングはあるが、体重が必ずしも重くなく上半身が強いタイプでもないので、後方からの高いボールを敵ストッパに身体を当てて制するタイプの選手ではない(むしろ、平山のヘディングシュートは横に長い距離を走って決めるパタンが多い)。
 そして、その低いボールを受けるや、少々スローながら(平山が長身だからスローに見えるだけかもしれないが)的確にターンし前を向いてしまう。この日平山に付いていた井川あるいは菊地はかなり激しいマークをしようとしていたが、ほとんどの場面で平山に前を向かれていた。平山の身体の向きが非常によいのでインタセプトの機会はほとんどなかったし、最初のタッチが正確なのでターン中も狙えない。
 しかも、平山は事前によく周りを見ているので、その後のプレイが円滑。たとえば左サイドの長友に高精度でタイミングもよいスルーパスを通したり、左方向に斜行するドリブルから敵DFの逆をついて左足で角度のある強いパスをカボレに通すなど、再三再四最前線で起点となって好機を演出。そして、この平山の好プレイを軸に後半途中までFC東京はフロンターレを圧倒した。

 そ れ が ど う し た と 言 う の だ。

 この見事な平山の展開振りを見るたびに、私は悲しくてしかたがなかった。
 どうしてこの逸材はこんな選手になってしまったのだ。ターンするまではいいよ。すばらしい。でも、そこから点を取ってくれよ。取れずとも狙ってくれよ。
 平山がターンする場所は敵陣から約30m程度の事が多い、強シュートがある選手ならば十分シュートレンジではないか、敵DFが一番怖れるのはそこからまずシュートを狙われる事だ。次に嫌なのはゴールに向かって強引に仕掛けてくる事だ。いずれを狙われても、身体を投げ出すなり、無理にしても止めに行くなりが必要になる。1つタイミングを間違えれば、ゴールを直接脅かされる、あるいはFK、最悪はPKの提供になる。
 けれども、平山はターン直後、ほとんどの場面でパスを狙う。上記のように周りを見ていて技術精度も高いので多くの場合はそこから好機が生まれる。しかし、自分から敵陣を目指そうとはしない。パスを出さずにドリブルをするにしても、敵陣を直接目指すではなく、敵DFを避けるかのように、外に向かって斜めの方向に進むのだ。だから、敵DFは一息つくことができる。あるいは他の選手が戻る時間も確保できる。
 繰り返すが、平山の能力、素質があるならば、振り向いて展開するところで満足されては困るのだ。振り向いてからが、平山のサッカーの始まりではないのか。そこから強引にでもいいし、技巧を活かしてでもいいし、意表を突いてもいいから、得点を直接狙ってくれよ。人を使うならば使うで、リターンを受けるために敵陣に襲い掛かってくれよ。

 さらに、平山を起点として石川直宏や長友がサイドをえぐりクロスを上げても、不思議に平山に合う場面がほとんどなかった。もちろん、平山には位置取りの細かな修正を行う筋力がまだついていない問題もあるだろう。
 しかし、それ以上に(上記のターン直後の選択と同様に)平山がチームメートに対して、「俺が点を取る」と言う要求をしていないからではないかと思えてならない。確かに平山は手を上げて呼んでいる。しかし、チームメートがクロスを上げる時にまず「平山はどこだ?」と探しているようには見えなかった。つまり、チーム全体で「平山が点を取る」と言う共通認識がないのだ。それは、チームメートにそう思わせるだけの、あるいは期待させるだけの、要求や努力や挑戦を、平山が行っていないからではないのか。

 平山には得点を狙って欲しいのだ。平山はもうすぐ24歳になる。もう若くはない。平山が日本代表の大エースになる事を期待する人など、もうほとんどいなくなっているかもしれない。
 ただ、断片的に垣間見える抜群の「個」の素材を見ると、私はあきらめきれないのだ。
posted by 武藤文雄 at 23:00| Comment(21) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は平山を代表のエースの座に座らせるべきだと思います。成績に関わらず、半強引にでも。そのようにして国家的負荷を背負わせて追い込まなければ、彼の個人意識が覚醒することはないのではないでしょうか。
イラン戦のあのヘディングゴールの時に感じた興奮と期待、「俺は今大エース誕生の瞬間を目にしている!!06年は間に合わないかもだけど、10年はきっと!!」…あれから早5年です。
しかしまだ諦めることは出来ません。20代半を過ぎても尚ストライカとして成長できることは日本人ではゴンが、今ではマルキーニョスが証明してくれてます。ただ平山には彼等のような“ガツガツ”な意識は乏しく映るけど。ならばこそ国を挙げての圧力を、「お前みたいな才能は今までいなかったしこれからもそう出ては来ないんだ。頼むよ!!」て熱意を、彼の心に打ち込むべきです。
Posted by 木村カズ at 2009年05月27日 05:27
平山は高校時代、自分のプレーなど、
ノートを取ってるニュースを見ました。
筑波大進学も自分の理想像を追ってるのだと
思ってました。
オランダでの活躍もさすがだと思いました。

FC東京に来てから、彼の言動、行動に、
・・・・。

彼を頭の良い選手と勝手に想像してた
自分って・・・^^;
Posted by N at 2009年05月27日 08:45
ほんと見るだけ言うだけの輩はラクでいいよな。好き勝手言いやがる。
平山並みの努力や要求や挑戦してから言いなよ。素材とか才能とか阿呆なことぬかしてないでさ。
挑戦してみたら案外手前が日本の大エースになれるかもしれないよ。
やる人より見る人のが圧倒的に偉そうなのは何でかね。
だからスポーツ観戦者は嫌われるのかね。
そのスポーツ自体を嫌いにならないで欲しいね。
競技人口で勝る国との差をどうやって埋める積りかね。いつ追いつけるのかね。
まあ、そんなこと考えるよりサッカーしようぜ。
Posted by 肉 at 2009年05月27日 11:05
あーでもないこーでもないとエアー監督するのはスポーツ観戦の楽しみかたですよ
ただ中傷するのはともかく意見したり茶々入れたりできない世の中はつまらない
というかプロスポーツだとそれがなきゃ成り立たない(笑)
Posted by あお at 2009年05月27日 12:42
>平山並みの努力や要求や挑戦してから言いなよ。

じゃあお前も、武藤氏並の日本サッカー界への貢献を果たしてから言おうな。
Posted by 774 at 2009年05月27日 20:26
>じゃあお前も、武藤氏並の日本サッカー界への貢献を果たしてから言おうな。

正論だw
ああだこうだ言っちゃいけない
なら黙ってなさい>肉
Posted by あつ at 2009年05月28日 00:13
平山には芸人として期待している。
彼は日本サッカー界きっての爆笑王になれる逸材
Posted by 臭間ぽすと at 2009年05月28日 00:17
武藤さん、味スタいらしたんですか?

>平山が長身だからスローに見えるだけかもしれないが
私も平山だけ動きがスローモーションに見えます。
(横浜FC戦での5人抜き(?)ゴールの時もでした)

Posted by at 2009年05月28日 09:21
身体能力が低いだけでなく精神的な甘さが問題
もともと練習はさぼり癖があり、オランダ時代は語学学校より運転免許を優先する向上心のなさ、アウェー戦ではスタッフにBMWを持ってこさせ試合後合コンに出かける

サイズで勝てるほどプロは甘くない
ハーフナーと同レベルの選手
Posted by at 2009年05月28日 23:18
多摩シコの相手側のチームのファンの者です。
我々にとって、平山と似たような者でしたよ、我那覇は。
もちろん平山よりはるかに何もできない若者でした。
でも、強い体幹と見た目以上の懐の深さという、親からもらった素質の片鱗をごくタマに見せてくれる。
スパッとターンして、予備動作の小さい蹴り方で目を見張るような弾道のキックを放つ。
それを、サイドでごくタマにやるのではなく、いつかゴールに向かってやってくれるようになるのではないか、
淡い期待をもって、圧倒的にガッカリさせられてばかり。
2003年から少しずつプレーが向上してきて、代表に選ばれた年の約半年間の驚異的な成長。
しかーし、オフを経て、翌シーズンが開幕してみたら、
半年分の憑きものが落ちたのならまだわかるのですが、一気に3年前ぐらいのプレーレベルに。
決して、ドーピング問題のせいではありません。その前からおかしかった。
そして、サポによるドーピング疑惑反論訴訟費用の募金や、神戸への移籍という、
精神的刺激になりそうなことあっても、彼のプレーはその後変わりません。

確かに人間の意識は変わりうるけれども、精神面もやはり素質の部分が大きいんでしょうね。
当時同じJ2にいたので、パク・チソンの成長ぶりを見て比べてみると、ホントそう思います。
彼からは、最初に1試合のプレーを見ただけなのに、なぜか「向上心」を感じましたもの。
Posted by T−ONO at 2009年05月29日 06:51
DFにコンバートするべきだと私は思います。

平山が伸びることが出来ない理由の一つは、ゴール近くで相手を押さえると、ことごとくファールをとられることにあると思います。
それは、他のJ選手と比較して、あまりに体格差があるために、審判も「そういう」見方になってしまうのだと私は理解しています。
それを変えることは、不可能です。
そして、たとえそれが出来たとして、当たりの強さが生かせなくなり、国際試合で通用するFWにはなれないというジレンマがあると思います。

それならば、DFで体の強さを生かした方がいいのではないか?キックの強さや精度を生かした方が良いのではないか?と考えます。
そして、セットプレーの時にのみゴール前に出てきて、相手のミスマッチをさそう。
この方が、得点数も増加すると考えます。

要因は本人以外の他にあるというのは、甚だ滑稽な論かもしれません。
しかし、彼が得点が取れないことよりも、生まれ持ったフィジカルをフルに生かして、のびのびとプレー出来ていないことの方が問題なのでは?思っています。
Posted by kuma at 2009年05月29日 17:41
FWの仕事は点を取ること。
それが日本サッカーに浸透していない証左。



Posted by よしお at 2009年05月31日 09:51
監督から要求されてるタスクがああいう感じのことなんじゃないかな?
体はかなり絞れてきて動きが良くなってきてますね。

シュートに関しては意識よりも筋力の問題な気がします。
シュートを打ってるシーンを見るとバランスが悪い。
今はロングシュートを打っても枠に飛ばない感じです。
1回大学に行って崩してしまったボディバランスを回復するのに
時間がかかりすぎてる気はしますがw 良くはなってきてます。
東京に来たときのプレーを見て、これは体作りに2年はかかると失望してましたが
その2年も経って、そろそろ!と期待してます。
Posted by at 2009年06月02日 15:01
>平山が伸びることが出来ない理由の一つは、ゴール近くで相手を押さえると、ことごとくファールをとられることにあると思います。
 それは、他のJ選手と比較して、あまりに体格差があるために、審判も「そういう」見方になってしまうのだと私は理解しています。

平山がファールを取られるのは「手の使い方が下手」だからです。

私がレフェーリーとして判定する場合でも
手の使い方が上手いプレイヤーは
相手が体を寄せて来る前に手を伸ばしているので
ファールが取れません。

平山は相手が寄せて来てから手を伸ばすので
「プッシング」と判定せざるを得ませんし
しかも背が高い分伸ばした手が相手の顔に入ることもあり
さらにレフェーリーの心証を悪くするのではないでしょうか?

Posted by たかはし at 2009年06月02日 23:01
ひらやまの最近のパフォーマンスは非常に良いですよ。武藤さんも仰るように。
そりゃ我々が彼に見た夢はこんなもんじゃない。その気持ちは良くわかる。またそのうち調子を落として失望するかもしれない。その気持ちも良くわかる。
だがコメント入れている人の一部は最近のプレーぶりを見ないで言っていませんか?諦めきれないという武藤さんの言葉に頷くものです。これで満足されちゃあ困る。
Posted by ケンヂ at 2009年06月05日 02:13
武藤って人、誰よ?
まあ、どうでもいいけどw
Posted by 何者 at 2010年01月06日 23:47
彼の(だけじゃないけど)不幸は少々の身体能力と多少のボール扱いの上手さで、学生時代に本気で苦労する必要がなかったんじゃないかと思う。
マスコミも取り上げ過ぎなんだと思う。
日本なんて大した事ないんだから、ドメスティックな段階で必要以上に取り上げる必要がない!
「天才少年20才過ぎればただの人」
もう同じことを繰り返さないで欲しい。
Posted by 旅人 at 2010年02月27日 00:36
システムなんて関係ない
平山の得点力は、本物
ピッチでいるだけで、それだけで、得点のチャンスが生まれる。
背が高いだけで、DFにするなら、バレーボール選手つれてきて、そこにいれたらいいだけ
これ効果的かも。
そもそもスポーツに垣根なんかねぇかも。
ある程度運動神経あれば、DFは、つともるんじゃねぇか
Posted by at 2010年06月06日 18:52
ひらやま?くそだね
Posted by あ at 2011年10月18日 01:56
なんというかこう・・・前に出ることに躊躇する
性質が見え隠れしますので一度コンバートさせてみては?
それで奮起出来れば本物だし、腐ればそこまでの選手ということです。

DFやボランチで何かを学んで適正に生かせれば
それでいいし、FWへの向上心を上げられて奮起できれば尚良し。
素養はあるのに勿体無いですよ・・・本当に。

Posted by at 2011年12月11日 23:57
平山はもう30歳か
Posted by at 2015年10月01日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック