2009年05月27日

結構な試合でした

 雑感を。

 1点目の組立はすごかった。駒野がはね返したボールを長谷部が拾い、本田圭佑が後方に引く事でできたスペースに入った憲剛が好ターンからロングボールを岡崎に合わせる。2CBにはさまれながら岡崎が見事なスクリーンで受けて、丁寧に本田圭につなぐ。そして、本田圭の強烈なロングシュート、GKがこぼしたところを岡崎が詰めた。
 岡崎の確立が嬉しい。最前線で柱となるタレントとしての確立を期待したい。当たり前のシュートをしっかり決められるストライカがいかにありがたい事か。
 本田圭が本領を発揮したのが嬉しい。過去起用された代表戦では、集中を欠いた感もあったが、もう少し無理をするところの取捨選択ができれば相当機能するだろう。

 2点目は長谷部の持ち味の速い展開から。その直前の中盤選手達の高速展開もよかったし。テレビ桟敷では、長谷部が誰を狙ったのかはカメラが前線に流れるまでわからなかった。現地で中澤の挙動開始から堪能した方々に羨望。
 しかし、中澤のトラップとラストパスすごかったね。そして、GKと1対1になった岡崎の冷静な事。繰り返すが、当たり前のシュートをしっかり決められるストライカがいかにありがたい事か。

 この日は日本にとっては珍しい体験。組織力があり、よくプレスをかけ、運動量も豊富だが、極端に得点力が欠乏しているチームとの対戦だった。駒野が15番に苦戦していたのを筆頭に、かなりの好機を作られてしまった。あれだけ好機を作られて無失点に押さえた事を、最終ラインの強さと評価すべきか(やはり中澤と楢崎はすばらしかったな)、チリの詰めの甘さに感謝すべきか。前線の選手が外してばかりいる時の日本と試合する国は同じ感想を持つのだろうか。
 ちなみに今日は再三、楢崎の好フィードが見られたのも、チームとしての進歩だと思う。

 3点目は、しっかりと阿部の得意のコースに蹴り込んだ遠藤。阿部もあの形になった時の強さはさすが。この日CBに入りカバーリングと球出しで機能した阿部もよかったが、左DFに入った今野もアグレッシブな押し上げとボール奪取で活躍。トップ下で八面六臂の活躍をした憲剛(あの楢崎のフィードから抜け出した場面は決めろよ、外し方は面白かったけれど)と合わせ、このチームでレギュラではなかったJのトップスターが抜群に機能した事は大きい。

 ちなみに、周りが調子がよい遠藤は、実にのんびりと攻守を堪能するようなプレイ振り。この男が暇そうにプレイする時は、当方が余裕がある時なわけで、これはこれで結構な事だ。このまま周囲の選手が機能し、この6月シーズンに遠藤が目立たないくらいだと楽なのだけれども。遠藤が目立つのは来年の本大会だけでいいのかもしれないな。
 また遠藤と交代後の橋本は悠然と中盤をリード。橋本が代表の中盤でこのようなプレイをするのを見るのは、何とも嬉しい。
 そして、山口。若くしてJに登場したこのタレントが、30歳を過ぎてとうとうの代表デビュー。当面CBナンバー3を争う事になるのだろうが、期待したい。
 と、ガンバのベテラン達を堪能できたのだが、ガンバ後方のベテランが3人活躍しているのだから、ドサクサにまぎれて、4人目のベテランも代表に復帰させると言うのはどうでしょうか、岡田さん。

 4点目の矢野貴章、特異の強引前身仕掛けで、見事に山田直樹にボールを通した。矢野の強引がこの相手に通用したのは大きいな。そして、山田直が鮮やかなラストパスを本田圭へ。本田圭が締めくくりの一撃。代表初得点か。
 で、山田直樹。このラストパスは、ちょうどシーズン序盤のFC東京戦で、ポンテに通したラストパスと同じやり方。縦に出るぞ、打つぞと見せての柔らかいパスだった。この若者の心臓は相当なのだろう。レッズでの最近のプレイ振りも堂々たるものだが、代表でも全くいつもの通りにフェイントをかけ、敵の意表を突き、何ともいやらしいプレイの数々。後半立ち上がりに、右サイドで遠藤がキープをしていた場面で、敵DFをスクリーンして押さえた知性にはあきれた(解説の金田氏が大笑いしていたので記憶されている向きも多かろう)。

 早寝するつもりが、つい興奮して作文しちゃった。さあ寝よう。
posted by 武藤文雄 at 23:15| Comment(10) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×山田直樹
○山田直輝
Posted by at 2009年05月28日 00:25
相手がはずしまくってくれたんで勝てたんだ、なんて
口がさけても言いたくないぐらいの快勝でしたね(笑)。
なにか見ていてすごく嬉しくなる試合でした。
Posted by ベガルタファン at 2009年05月28日 09:14
相手が外してくれたから無失点ではあったのはそうかもしれないが
だとしても日本も同じぐらい外してましたよね。
どちらにしても完勝
日本の方が決定機はるかにおおかった
チリのパフォーマンスも悪かったとは思わない
(うまいけどボール回しが古くさいかな
大きな動きや大きなパスが少ないな
でもこれが南米)
日本が単純にチリを上回ってた
Posted by あつ at 2009年05月28日 10:17
4人目のベテラン、俺も見たいです
Posted by bt at 2009年05月28日 12:18
4人目のベテラン

1. 宮本恒靖 (現;神戸)
2. 加地 亮(現在故障中)
3. 高木和道(現:ガンバでもベンチ)
4. 明神智和

さて誰でしょう?(笑)
Posted by 湘南蹴鞠屋 at 2009年05月28日 19:12
> 4人目のベテラン

武藤さんファンなら簡単ですね。
湘南蹴鞠屋さんが提示した4人を
左の検索窓からそれぞれ検索すれば正解が得られます。
Posted by いつも読んでいます at 2009年05月28日 23:38
いやいや、播戸でしょう
Posted by 二川君のこともたまには思い出してあげてください at 2009年05月29日 02:37
大明神に1000円
Posted by NYより愛をこめて at 2009年05月29日 20:24
相変わらず勝つとコメントが少ないですね(笑)
Posted by at 2009年05月31日 17:27
中澤はプレーゾーンが広くなりましたね。
マリノスでもボランチが安定しない時は積極的にボランチの位置で守備しますし。
アシストのシーンはTVでやってましたが最終ラインでボールを捌いて
そのまま斜めに走り抜けてボールを受けてます。
あの歳でもプレーの幅を広げてるってすごいな。

遠藤は普通に疲れ気味なんだと思います、FKふかしすぎ。
山田の前後世代はひさびさにタレントが豊富なので
他の選手の奮起にも期待します、惜しくらむはU20。
Posted by at 2009年06月02日 15:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本、チリに4−0!岡崎2得点!
Excerpt: ワールドカップ最終予選を控えた27日、日本代表は長居でチリと対戦。岡崎(清水)が2得点と活躍、4−0と快勝した。日本が4−0でチリに快勝 岡崎が2得点の活躍(スポーツナビ)   日本の先発は以下のとお..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2009-05-28 10:25