2010年08月30日

ザッケローニ氏、日本代表監督就任決定

 ザッケローニ氏の代表監督就任が決定したと言う。最近はあまり噂を聞く事がなかったが、少なくともウディネーゼと言う中堅クラブを上位進出させ、ミランでも優勝している男だ。弱いチームの引き上げと、強いチームでの成果と言う2種類の実績は、今の日本代表には相応しいと期待できる。最近の実績は少ないかもしれないが、まじめな勉強家と言う評判は、我が代表にはよく合うと思えるし。
 原技術委員長としては「西欧なり南米でトップクラスの実績を挙げた監督が、日本代表の質を引き上げてもらおう」と言う魂胆なのだろう。そのような狙いとしては、上々の人選ができたと思う。
 ただし、原氏のシゴトはこれからが本番である。詳細な契約条項は不明だが、以前講釈を垂れたように、原氏が代表チームの総責任者として、ザッケローニ氏がやりやすいような活動を全面的に行う事を期待したい。それがなければ、日本に縁が薄かった監督のよい活動は難しくなってしまう。今回の人選は、日本協会が自力で西欧の実績ある監督を招聘した事そのものを評価する声が大きいようだ。しかしそれ以上に私は、原博実氏と言う日本を代表するサッカー人が、総責任者として監督選考を行った事も多いに意味がある事だと思っている。だからこそ、原氏には代表チームの総責任者としての堂々たる活躍継続を期待するものである。

 言うまでもなく、我々が代表監督に期待するのは結果である。具体的には、2014年において「南アフリカを超える悔しさ」を味わう事である。しかし、我々は過去の外国人代表監督から、結果以外にも多くの事を学んできた。ザッケローニ氏と言う相当な実績を持つ監督から、何を学ぶ事ができるのかと想像するのも、また愉しい。
 過去を振り返ってみよう。
 (正式には監督ではなかったが)デッドマール・クラマー氏。幼少時から技術重視の育成が重要な事、そのために指導者の育成から始める事、そしてそれらの具体的な方法論を残してくれた。さらに、全国リーグの実現など日本サッカーを強化する組織面の具体的な方策の提示、加えてそれらを具現化する長沼健氏、岡野俊一郎氏と言う実務者コンビまで準備してくれた。氏からは、よくもまあ多くの事を学べたものだ。
 それから約30年後に、正式な初の外国人監督に就任したハンス・オフト氏。この人は代表のみならず多くの単独クラブでも活躍したが、監督としてチームに規律を植え付ける手段に秀でていた。また「アイコンタクト」とか「スモールフィールド」とか「スリーライン」とか、わかりやすい言葉でマスコミを指導する手腕も見事だった。彼が導入した言葉の多くは現在も日本サッカー界で広く使われている。
 トルシェ氏は、いわゆる「ラージグループ」の代表チームを作り上げる事に成功したのが重要だった。巧みに準備試合を重ね、多くの選手を試し、次第次第に分厚い選手層のチームを構成する。そして、本番、勝負どころに合わせてしっかりとチームをまとめてくる。逆説的だが、トルシェ氏にコーチとして仕えた山本昌邦氏が、後日五輪代表やジュビロで、トルシェ氏の「ラージグループ」方式を形式的に真似て、チームをまとめられずに大失敗した事は、トルシェ氏の技量を如実に示す実例にもなった。
 ジーコ氏は、結果的には代表監督としては失敗だったが、アントラーズの実質監督時代を含めて、「勝者のメンタリティ」を強調した。あの2004年アジアカップを典型に、「こちらが強いのだから、苦しい状況でも慌てず丁寧に攻める」と言う発想は、それまでの日本サッカーにはないものだった。アジアで戦う際に、あの姿勢は当面重要なものとなるかもしれない。
 そして、オシム爺さん。この人からは無数の事を学べたようにも思うし、本質を存分に理解する能力が当方に不足していたようにも思う。そんな中で、この人から一番学べた事は「サッカーへの愛情」ではなかろうか。得点が決まった時の嬉しそうな表情。得点そのものに対する純粋な喜びもあったし、そこに至るまでに選手達が積み上げた努力への喜びもあった。そして、これだけの人がサッカーを極めるために、日々真摯な努力を積んでいる事そのものが、我々に対する教材だったとも思う。あのデンマーク戦勝利後の涙は、その「サッカーへの愛情」が「日本サッカーへの愛情」となった場面であり、何とも嬉しかった。

 と、振り返って来ると、改めて未来が愉しみになってくる。この新しい監督から、多くの事を学び、4年後切歯扼腕してブラジルを去る日を期待して待ちたい。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(8) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
就任会見生で見ました
マスコミ記者質問の度に「さっき同じ質問あっただろ!」とかツッコミを入れたくなる
マスコミのレベル向上は一朝一夕ではいかないので、司会者がフィルターかけるなり、うまく捌いてくれればいいのにと思いました
先日の言及されてた広報担当の必要性を痛感しました
Posted by h.o. at 2010年08月31日 18:11
オシムに関しては、「オシムの采配は深すぎて俺達には理解できない」となるんですね、結局。アジアカップすらも灼熱の東南アジアでプレスサッカーで挑んでオーストラリアに引き分けたところで息切れしてしまうなど、現実的に勝ちきることすらできなかったし、サッカー通には受けはいいが、実績としては微妙だったとしか・・・。
Posted by あ at 2010年08月31日 20:38
>灼熱の東南アジアでプレスサッカー

どこがプレスサッカーなんだよ?
捏造してまで貶めようとするな。
Posted by あ at 2010年08月31日 20:44
攻撃屋さんか名監督屋さんキタ─(・∀・)!!
Posted by あ? at 2010年08月31日 21:44
>灼熱の東南アジアでプレスサッカー

あの試合を見て、こういうことを言っている人がいるのが今の日本のレベルなんだろう。

Posted by い at 2010年08月31日 22:45
>「勝者のメンタリティ」を強調した。
>あの2004年アジアカップを典型に、
>「こちらが強いのだから、苦しい状況でも
>慌てず丁寧に攻める」と言う発想は、
>それまでの日本サッカーにはないものだった。

これは意図してやったというよりは、ブラジルのスーパースターとしての染み付いた単なる体質ではないのか。

万事よきにはからえの殿様を何とか美しく語ろうとした大名家中が編纂した正史みたいだ。

手倉森氏をあれだけチクチクやっておいて、この様はなんなのだろう。
Posted by 五反田西口 at 2010年08月31日 23:09
五反田西口氏
あなたのコメントはエントリーの意図を理解していない。
長年出没しているわりに理解力が低いですね。
Posted by のり at 2010年08月31日 23:50
欧州のトップレベルの監督との交渉〜契約の難航なんて、8年前にとっくに経験しておくべきでした。
ジーコの評価なんて、「裸の王様のお召し物を褒める」ようなものだ。
Posted by 五反田西口 at 2010年09月04日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本代表監督はザッケローニ!
Excerpt: サッカーの日本代表監督に、イタリア人のザッケローニ氏が就任する。同氏は57歳。ユベントスの前監督だった。日本代表応援Tシャツサッカー日本代表Tシャツサッカー日本代表を愛す...
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2010-08-31 18:25