2010年10月09日

アルゼンチンに勝った

 幸せな2時間だった。
 日本のほぼ完璧な組織守備、豪華絢爛な中盤選手達の競演、鮮やかな先制弾、腕章を巻く長谷部の信じ難いランクアップ、アルゼンチンの遠藤、本田、香川への慎重な対応振り、このランクにも通用するようになった岡崎の確立、ザッケローニ氏の理詰めの采配、やはりすごいマスケラーノ、何よりもとうとうアルゼンチンを仕留められた事、そして...この90分間だけで、いくらでも講釈を垂れられる。本当に幸せな幸せな2時間だった。

 本田圭佑と香川真二に対する厳重な守り方を見れば、この日のアルゼンチンの「本気度」はすぐに理解できた。ワールドカップですっかりと高名になりロシアのトップ選手として機能する本田、ブンデスリーガで絶好調の香川。この2人が前向きでボールを持つと執拗に複数選手がまとわりつく。さらには、バチスタ氏はワールドカップの映像をしっかり研究したのだろう。己の現役時代の展開力を彷彿させる遠藤にも厳しい守備を指示、特に遠藤の縦にいやらしく狙ってくるボールをマスケラーノとカンビアッソがしっかり読んでくるのには感動すら覚えた、マスケラーノとカンビアッソが、遠藤をリスペクトし真剣に警戒しているのだ!常にベストメンバで戦ってくれるアルゼンチンは、真摯に当方をつぶそうとしたのだ。
 一方で厳しく対応されている選手たちの創意工夫も嬉しい。
 本田は敵を自らに引き付ける事で、周りの選手を活かそうとする。序盤、本田が右サイドのスローインから敵を引きつけ、やや中央に進出した内田に流すと、内田は抜群の加速で敵DFを振り切り、低いクロス。見事な位置取りから飛び出した岡崎が合わせるも、GKロメロが好捕。前半終了間際に敵ボールを奪った今野が左オープンに進出後、一番右大外に開いた本田へ展開、本田はエインセ?を外した後カバーに来るCBが寄せるより早くタイミングを外したシュート(ロメロの正面で逸機)。この素早いシュート狙いは、正に学習、修正の賜物だった。もちろん、ロメロに好捕された得意の直接FKの曲がり方もすばらしかった。すっかりと風格も付いて来たようだし。
 香川は香川で、分厚いマークを大きくボールを動かす事で打開しようとした。後半序盤、逆襲速攻での岡崎の右サイド突破からのグラウンダのセンタリングを、大外で受けた時の内側への大きなトラップ。惜しくも打ち切れなかったが、よいアイデアだった。ここの所の香川の覚醒振りのポイントは正確なトラップにあった。ここでの大きな持ち出しは、言わばその正確なトラップの延長線上の技術と言えるだろう。うん、正に伸び盛りだな。その他の香川の進歩については後述しよう。
 老獪な遠藤は言う事なし。序盤、マスケラーノらに「読まれている」事を察知した以降は、無理に自分で一発を狙うような下品な判断は一切しない。内田なり長友なりを一拍使い、自らは引いて長谷部を長駆前進させ、この南米の超大国の名手達と展開で互角に渡り合う。

 日本の組織守備が冴える。
 岡崎と本田が中盤で忠実に守備できるのは当然だが、この日は香川の守備がよかった。時にメッシを長友と挟み込み、ブルディッソの進出を押さえ、堂々と前進して押し込む。ドルトムントで活躍できるのは、決して攻撃面での覚醒のみからではなく、守備面の忠実性が増したからなのだ。ほんの1年前までJ2でさえ90分の仕事が継続し切れず、ほんの数ヶ月前まで代表でチャンスが与えられても不甲斐ないプレイしかできなかった若者が、恐るべきスピードで世界に近づいている。それをリアルタイムで愉しむ事ができるのが、いかに幸せな事か。
 そして、この試合この3人の攻撃的MFと(評価は後述するが)ワントップの森本の切り替えの早い忠実な守備が、アルゼンチンの強力な中盤の名手達の自由な展開を許さなかった事が勝敗を分けた最大要因と見る。一方のアルゼンチン、少なくともメッシ、テベス、ダレサンドロは体調が悪いのか、日本にボールを奪われた直後の反応が鈍かった。まあ、このあたりは遠方での親善試合、仕方がない事だろうが、今この国に勝利するとしたら、忠実さで勝ちに行くべきであり、素直にストロングポイントが上回った事を喜びたい。
 そして、4DFとドイスボランチの6枚の距離間が絶妙。さすがにメッシやテベスの加速、例のアルゼンチン独特の高速空中パス交換に危ない場面も多かったが、最後人数が足りなくなる事はなかった。
 試合前から最大の不安は、中沢、闘莉王不在のCBにあった訳だが、今野は足下の強さと冷静な判断に加えて勇気ある押し上げで浅いラインを保ち最終ラインに君臨。過去代表戦で幾度もチャンスをもらいながら集中に欠けよいプレイがなかった栗原も、(開始直後の目を覆うようなミスを除き)落ち着いた位置取りが90分継続した。特にミリートが引いてボールを受けに行った時に付いて行くか行かないかの判断も上々だった。高さと言う武器があるだけに生き残れる可能性がでてきたか。
 長友は予想通り守備力の強さ、押し上げの速さを存分に発揮。本人もどうやら「俺は世界トップレベル」とのよい意味での自惚れがでてきたようで、プレイ振りに自信が満ち溢れている。まずは当面この自惚れのまま、行ける所まで行って欲しい。色々と取り沙汰される内田だが、上記した序盤の岡崎へのセンタリング直前の加速、前半終盤のニアサイドを狙った強シュートなど、並々ならぬ「素材」を見せつけた。まあ、もうよい年齢なのだから「素材」で終わられては困る訳だが、ドイツのトップクラブでの定位置確保も近そうで、大化けを期待したい。
(中沢、闘莉王不在にもかかわらず)南アフリカの組織守備に上積みに成功。強みを一層強くする事に成功しているのだから、ザッケローニ氏の手腕、やはり相当なものだ。

 トップの森本は相変わらず微妙なでき。早い動き出しは見事なのだが、このクラスのCBとなると最初の位置取り争いで優位に立たれるためか、ほとんどよい体勢でボールを受けられない。ただ、若い頃に比べれば格段に上達した引きながらの受けは、強力CBにはそこそこ通用した。そして、ザッケローニ氏は母国で苦闘する若者に期待しているのだろう。65分まで森本を引っ張ったのだが。この選手の場合、とにかく試合に出ない事には話にならないのではないか。シーズンが始まった直後であるが、イタリア外を含めた移籍を真剣に考えるべきではないだろうか(とは言え、向こう数ヶ月は「帰国」と言う選択肢がないのがつらいところだが)。
 森本に代って起用された前田遼一は、いつになく強引で意欲的なプレイを見せた。この選手はジュビロでも落ち着いたキープと冷静な球さばきと正確なシュートが持ち味。ところが、この日は起用されるや再三強引な突破とシュートを繰り返した。終了間際の逆襲で、左サイドで憲剛が全くフリーだったにもかかわらず、強引に抜け出して左足で強シュートを放ったのはその典型だった。優雅なタレントに強引さが加わるとすれば、これは嬉しい驚き、何か思うところがあったのだろうか。終盤、チーム全体が組織的かつ集約的に守りを固めたい時間帯、押し上げ切れなくなった後方を考えると、もう少し持ち味の「冷静さ」を発揮して欲しかったところもあるが、そんな事は4年後のブラジルで考えればよい、今はあの「強引さ」を素直に喜ぶべきだろう。韓国戦は当然先発が予想されるが大いに期待したい。

 川島は無難な内容。パラグアイ戦は何かしら不安定で、中々勝ち点が伸ばせないチームの不振を引きずった印象があったが、メッシのFKを防いだ場面を含め上々だった。ただし負傷交代にはビックリ、あの場面アルゼンチンのボラッティが突然に負傷で倒れ、日本がタッチに切ってドクターが治療に入っていた場面だった(親善試合とは言え、果たして日本があの場面ボールを切る必要があったは疑問、ボラッティの負傷そのものは気の毒だったが、完全に日本は逆襲速攻できる状況でボールを保持できていたのだから)。ところが、そのボラッティの治療中に、川島まで負傷してしまったやに見えた。大事でなければよいのだけれども。
 いきなりの登場となり気の毒だった西川だが、いかにもこの選手らしい落ち着いたプレイで終盤を締めてくれた。おそらく韓国戦はスタメンとなるのだろう。難しい試合となろうが、よい成果を期待しよう。

 そして、この日最高だったのは、やはり岡崎と長谷部だろう。
 得点場面、敵のロングボールをうまく拾った岡崎は右サイドを前身、中央に走り込んだ本田に正確に合わせるボールを入れる。厳重にマークされている本田のシュートはブロックされたが、そのこぼれ球をフリーで受けた長谷部のシュートをロメロが止め切れず。センタリングを上げていた岡崎は中央に的確に修正しており、こぼれ球を冷静に浮かしてロメロを破った。
 岡崎は上記した序盤に内田のセンタリングに合わせた場面での位置取りの巧さは絶妙で、完全にアルゼンチンDFは岡崎を見失っていた。この動きは正にストライカのもの。そして得点場面は、詰めていた動きも見事だったが(この詰めの時、ワントップの森本は岡崎の出足に出遅れていた、ストライカとしての差がこのような場面に出る、あくまでも現状の差に過ぎないが)、シュートが実に見事。シュート後、ロメロに接触され転倒されるくらいギリギリのタイミングだったにもかかわらず、冷静にインサイドキックで浮いたボールを蹴り、ロメロに届かないコースに蹴り込んだ。また、得点場面の右サイドをえぐった場面と上記後半香川のシュートにつなげた場面。見事なドリブルと丁寧なルックアップと正確で強いキックとでのチャンスメーク、これを複数回成功させたのだから、これはすばらしい。決して技巧に優れたドリブルを持つ訳ではないし、足の速さにも恵まれていないが、この難しい相手にしっかりと逆襲の起点となるのに成功していた。上記した守備面でのしつこさは言うまでもない。守備もうまく(それも自陣ゴールラインまで再三引いてスライディングで敵からボールを奪い)、逆襲の起点となる事もできて、しかも敵陣前の位置取りとシュートが相応に巧いストライカ。正に現代サッカー、日本サッカーに期待されるストライカとなりつつあるタレントだ。
 そして長谷部。この日の最優秀選手投票があるのならば、私は迷わず長谷部に票を投ずる。「地位が人を作る」と言うが、「ワールドカップ上位進出国のキャプテン」であり「西欧のトップクラブの中心選手」と言う自覚があるのだろう。「アルゼンチン何ものか」と言う風情で、堂々とマスケラーノに対抗した。守っては的確な読みと厳しい守備、攻めては丁寧なフィードと豊富な運動量と長駆後の高精度なパスを見せる。あのスタア軍団相手に、幾度未然に危機を救ってくれた事か。そして、決勝点の場面も、こぼれ球を強烈なグラウンダのシュートを枠に飛ばしたもの、正確な技術は高く評価されるべし。その少し前に長友のミドルシュートが枠を捉えられなかったのと、好対照だった。中盤後方から、美しく正確な技巧で世界で覇を競ったタレントならば過去にも結構いた。南アフリカでの遠藤は最高だったし(この日もすばらしかったけれど)、フランスやレバノンでの名波浩は忘れ難いし、もちろん全盛期絶好調時の小野伸二と中田英寿も相当だった。しかし、中盤後方でここまで戦い全軍を支える世界レベルの守備的MFは初めてだ(本来であれば、明神智和がそのような存在になるはずだったのだが)。キャプテンと言う意味でも、若いながら加藤久、井原正己、中澤佑二の系譜を次ぐ、歴史的主将の感を呈してきた(中盤の選手で長期に渡り腕章を託されるのは前田秀樹以来だな)。長谷部が敵地の韓国戦に臨むのは初めてのはず、この若き我らのキャプテンにとっては大きな試練になろうが、必ずやそれを乗り越えて我々に歓喜を提供してくれる事だろう。
 
 アルゼンチンに勝った。とうとうアルゼンチンに勝てたのだ、あのアルゼンチンに。実はつい先日、四捨五入すると100歳になる年齢になった。トシをとるとよい事もあるものだ、と改めて思う。数日遅れの最高の誕生祝いだった。
posted by 武藤文雄 at 22:18| Comment(22) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関口に一言も言及してないのが以外ですw
Posted by at 2010年10月09日 23:05
>関口について
そして……の部分に万感の思いを感じました。
後半25分過ぎでしたか、思わずテレビの前で叫んでしまった
同じベガルタサポーターとして、すごく共感します。
講釈は韓国戦での関口の活躍を終えて、
改めて、ですよね?
Posted by at 2010年10月09日 23:55
講釈師、95歳のお祝いを申し上げます。
Posted by at 2010年10月10日 01:20
95歳万歳!

>ザッケローニ氏の理詰めの采配、

長年、アホ監督の「勘」だか「思いつき」だかの采配、無茶苦茶な選手交代を見せられつづけ、それに対する見苦しい「言い訳」を四捨五入もできない老人から聞かされ続けました。

ああ、今、その霧が晴れていく。(笑)
Posted by at 2010年10月10日 08:22
四捨五入って求めたい桁数の次の端数を切り捨て切り上げるものなので、講釈師さんは間違って無いのでは?
Posted by イケ at 2010年10月10日 11:36
おめでとうございます。
Posted by ミソカン at 2010年10月10日 11:53
>イケさん

そのとおりです。
95歳万歳くんは思いつきと根拠なき罵倒しかできないアホってことです。
Posted by 99.5歳 at 2010年10月10日 12:49
えっ? 95歳じゃないんですか?
いずれにせよ、おめでとうございます。

ところで、前監督の総括って、まだですよね?
前々監督の総括ってものまだでしたよね?

すごく楽しみにしてますので、戸籍上だけの人になる前に是非お願いします。

そうしないと、弁護士に相談しますよ。(笑)
Posted by at 2010年10月10日 12:57
>前監督の総括って、まだですよね?

過去ログみろカス


>前々監督の総括ってものまだでしたよね?

不慮の事態により途中での退任なんだから総括不可能ってことぐらい常識働かせればわかるだろ
Posted by at 2010年10月10日 14:09
まあ、そう興奮しないでください。

大の大人が「ボク誕生日なの♪」とか、
四捨五入ができないとか、
まるで小学生レベルじゃないですか。

まあ、小学生相手にお山の大将やってればレベルは下がって当然でしょうけど。

ジーコの総括ってのもまだですよね。w
Posted by at 2010年10月10日 16:54
ここで荒らしてる人は何が面白いんだろうか。有名人ならまだしも、一般人のサッカーブロガーにすぎない講釈師にここまで粘着するとはよっぽど暇なのか?
Posted by 名無し△ at 2010年10月10日 17:50
>一般人のサッカーブロガーにすぎない講釈師

ほんとそうですよね。
いい歳になっても、未だに東南アジアに出張にやられるなんて、中小企業のしがないサラリーマンって大変ですよね。

そんな惨めな中年オヤジの話は置いておいて、未来ある我らが代表チームの話をしましょうよ。

まず、岡崎選手について。
彼の動きが良くなったという評価はどうでしょうか。
私には未だにFWというより、香車の動きに見えます。
もちろん、その役割、ポジション(右サイドアタッカー)では十分ですが、CFとしてはやはり物足りない。突っ込むタイミング、DFから見えなくなる動き、反転、そんなところが前田と比較してやはり香車だと感じています。

その前田選手。やはり動きがCFです。素晴らしい。これで例のシーンでゴール決めていれば最高ですが、まあ言わないお約束で。w DFを背にしての反転能力の高さは、森本より上でしたね。さすがはJの得点王。W杯で見れなかったのが残念でたまりません。あの監督のせいですね、Jの得点王がいない代表チームを組むなんて、未だに信じられない人選、采配です。

で、森本選手。
うーん・・・。
悪くはない。しかし、良くもない。ゴール前でスルーして、後ろに誰もいなかったシーンとか、試合勘が鈍っていることは確実でしょう。是非、移籍して試合に出られる環境に身を置いて欲しい。


Posted by at 2010年10月10日 18:26
長谷部は本当に良かったですよ。

前田は先発で見たい。
Posted by 空 at 2010年10月10日 19:51
内田選手。
うーん。不満です。
どフリーであげるクロスが、味方4枚(相手3枚)という絶対優位の地域をはるかに越えていくなぞ、とても見るに耐えません。
せっかく攻撃を買われての出場なのですから(守備はお勉強するとしても・・・、ってほんともういくつになった?もんちっち)簡単なクロスくらい真面目にあげてください。不満です。

長友選手。
あははは。
試合開始直後のバタバタ(栗原ゴラァ!←すいません、ご迷惑おかけしております)でも、長友選手がボール持てば安心♪。
あははは。

今野選手。
このくらいはちゃんとやる子です。
あはは。

栗原選手。
・・・・。(中澤選手に後で殴られるでしょうから、勘弁してやってください。)
Posted by at 2010年10月10日 22:16
家族で観ていて「うそ…勝っちゃったよ」と口あんぐり。
何よりもチーム全体の自信に満ちたプレー振りが嬉しく、頼もしかったです。
個人的にはケンゴがわずか10分の思い出出場になったのがちょっと寂しかったですが。
Posted by at 2010年10月10日 22:41
11番は真二ではなく、真司。
Posted by サダ at 2010年10月11日 00:25
武藤さんの言うように岡崎は素晴らしかったですね。
浦和戦では華麗な個人技で点をもぎ取っていたし、いよいよ課題の決定力も開花しつつありますね。パラグアイ戦のように香川の得点を陰でアシストする動きもできるので、岡田政権に続きザック政権でもポジションを確立する可能性は高いと思います。
そもそもアルゼンチンが後半前田にスペースを与えてしまうぐらい総攻撃を仕掛けなければならなくなったのは岡崎の得点によるものですから。


前田はあれだけスペースがあるんだから、打つなら仕留めないと。
昨年のオランダ遠征でもJでの活躍では考えられないほど慌てて決定機を
逸してしまう場面が多く、海外選手との間合いに対する経験の少なさが露呈しています。
これでは海外経験値の高い森本や本田の後塵を拝するのは致し方ありません、はい。
かといって今の年齢からだと獲得に動く海外クラブはないだろうし…。
ただ、森本が迷走している間に国際親善試合で少しずつ経験を積んでいければ
潜在能力は海外組にも劣らないので、なんとかブラジルまでには間に合う可能性も、あるはず。

Posted by tanaka at 2010年10月11日 02:13
岡崎については、やはりCFではなく、香車として使った方が良いでしょうね。

岡田監督も、さんざん1トップとして偏用したあげくに、直前になって同じ結論で簡単にポイッとしたわけです。ちょっと常識では考えられない重用とポイ捨てでしたねあれは。

韓国戦では、岡崎のポジションに誰が入るのでしょうか。怪我が治っていれば松井か。松井が無理なら関口か。森本を入れてみたりして。w 前田1TOPとのコンビもおもしろいかもしれません。
Posted by at 2010年10月11日 13:01
Posted by at 2010年10月11日 13:01

事実誤認。数字並べしか見えておらず、サッカーが分かっていない人の典型。
センターに入っていってストライカー的に動かないと、
内田のセンタリングに合わせたり得点時のような仕事はできませんよ。
エスパルスでもそうやって11得点挙げてるわけで。

まあ、横浜パラグアイ戦で香川の得点を導いたときなんかは
森本の位置に代わって堂々CFとして入っていたんですけどね・・・何を見ていたんだろうか。
Posted by at 2010年10月11日 18:45
前田の最後のはウノゼロの国の監督って事で。(笑)
ルーレットぽく抜いたやつとかガツガツドリブルする姿とかジュビロよりよかった気がする。

岡崎はTVで見てると、どフリーを外してごっちゃんゴールを決めるだけの感じだけど、選手コメントを読むと守備で頑張ってるみたい。9番じゃなくて13番だとしっくりくるんだけど。
Posted by 秋 at 2010年10月12日 02:07
秋さんへ

岡崎が何でフリーになってたり最後に押し込む事が出来たりするのか、一度考えてみたら?
今だにまぐれみたいな言い方するなんてあきれる。
TV観戦でも充分わかる事なんだけど。


Posted by vldmr at 2010年10月12日 07:39
>ルーレットぽく抜いたやつとかガツガツドリブルする姿とかジュビロよりよかった気がする。

ジュビロの試合はあんなにスペースが空かないからねえ。
(失礼ながらリードされてる試合が多いから)

前田は、海外組を抜かないとポジションはないかな。
逆に岡崎は海外組をうまく活かせます。

それにしても、日本は野球やゴルフだと
4番バッターやドライバーだけでは勝てないということがほぼ全員理解できてるのに
なぜサッカーになると「得点王を並べておけば点が入る」(笑)と思ってるんでしょうかね。
やっぱりちょっと歴史が浅いのかな…。
Posted by at 2010年10月12日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ザック日本、アルゼンチンに勝つ!
Excerpt: 8日、埼玉スタジアムで行われたアルゼンチン戦。ザッケローニ監督初采配の試合で日本は1−0で勝った。アディダス(adidas)日本代表ホームTシャツKF935[分類:サッカーレプリカ]価格:3,39....
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2010-10-11 10:39