2010年11月25日

選手達に多額のボーナスを

 88分、ここまでメンバを一切代えていなかった関塚氏が動いた。東に代えて富山を起用。東は大観衆のブーイングをあざ笑うように(実際ニヤニヤしていたな)時間を稼ぎながらゆっくりとフィールドを去った。あの見え見えの時間稼ぎを見て、UAEのサポータ達の腹は煮えくり返っていたに違いない。しかし、UAE関係者には申し訳ないが、勝負と言うものは強い方が勝つものなのだ。

 中1日と言う、本格的な国際大会とはとても言えないような、滅茶苦茶な日程。選手達の体調は相当悪そうで、一歩目の出足が遅い。それでも、一人一人が落ち着いて球際で粘り、そうは敵ペースを許さない。しかし、イラン戦で完全に裏を突かれたトラウマか、UAEの逆襲速攻をケアし過ぎたか、4DFのラインが、やや低過ぎた分、敵に攻め込みを許し危ない場面もあった。しかし、前半の終盤には、うまく敵をいなせるようになり、むしろ有効な攻め込みは日本の方が多くなる。皆さん、何となく、何となくだが、このあたりから「後半1点取って勝ち切る」雰囲気と言うか、匂いと言うかを感じ始めませんでしたか?
 後半立ち上がりに1度サイドを破られた、入りの悪さ。このあたりは若さだな(もっとも、この場面、シュートをバーに当てた瞬間にUAEの9番は天を仰いでしまっていた、あそこで集中を切らさずに詰めを狙わなければ...そしてその姿勢の差が勝負を分けたような気もするのだが)。しかし、後の時間帯はUAEがボールを回すものの、そう危ない場面は作られない。次第に先方の疲労も顕著になっていき、上記の「匂い」はますます濃くなっていく。
 そして、決勝点。水沼が視野の広さと強いボールを蹴れる能力を発揮して深いクロス、敵DFが1枚のみで薗田と實藤がファーサイドで余っているところにピタリ。薗田は冷静に敵DFを引きつけてスルー、フリーの大外の實藤は落ち着いて正確なトラップ後、強烈に逆サイドネットに叩き込んでくれた。
 本来であれば、後はボールを回したり、前線でキープしたりして、UAEの焦りを誘うだけでよかったのだが、そこまでの経験を積んでいない選手達。割とまともに受けてしまった。しかし、この時間帯になると、敵の攻撃選手達も疲弊しており、日本の最終ラインを脅かすには至らなかった。いや、フロンターレ関係者は嬉しかろうね。
 終盤、UAEがコーナキックにGKを上げて来た時は、ほとんどのベガルタサポータは「あの場面」を思い起こした事だろう。実際、うまくこぼれ球を拾った日本は、最後山村が決定機を掴んだのだが、必死に全力疾走したGKの正面に蹴ってしまった(おお、そう言えば、あの得点を決められてしまった大前も、この世代の選手ではないか)。

 見事な金メダルである。
 やや押され気味ながら、最終ラインの組織が崩れない。最前線に個人能力の高いエースを置いて、そこを起点に逆襲速攻。セットプレイによる少ないチャンスを活かす。残り時間はうまく時計を進める。イタリアの強豪チームを思い起こさせる勝ち方ではないか。
 さらに、視点を変えれば日本の完勝振りがわかろうと言うもの。決勝点があの時間帯に入った瞬間、明らかにUAEの選手達には「やはり勝てないのか」的な空気が流れていた。それでもメンバを代えて押し込んだり、最後はGKを上げたり、諦めなかったUAEの頑張りが、決勝を一層価値の高いものにしてくれた事は確かだ。しかし、今日は「格下のチームが果敢に攻め込んで幾度か好機を掴んだものの、格上のチームが冷静にいなし、セットプレイを活かしてキッチリと勝った試合」だったのだ。
 今回のメンバは、U21と言っても、ベストとは言い難い事は以前も述べた。そのようなメンバで、ここまで見事な試合をしてくれて、しかもタイトルを取ったのだから、その価値は計り知れない。いずれの選手も、この経験を活かしてくれる事だろう。よく「このチームから五輪代表に選ばれる選手は少ない」と語られるが、そんな事は今からわかる訳がないではないか。確かに国内には(ドイツにも1人いるか)、Jで戦った実績が格段の選手が多数いる。けれども、勝負はこれからなのだ、少なくとも今回のメンバ達は、この金メダルで経験を積み、大いに自信をつけた事は間違いない。皆がロンドンの定位置争いに割って入ってくる事は間違いないだろう。

 だからこそ、日本協会にお願いしたい。彼らに多額のボーナスを。
 彼らは今後、Jでの厳しい定位置争い、そしてロンドンに向けての五輪代表の定位置争いを向かえる。それらは、今回の優勝以上に厳しくタフな戦いとなるかもしれない。
 だからこそ、今回のアジア大会初金メダルと言う快挙については、彼らに対し、日本協会も「結果」で応えるべきではないかと思うのだ。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(8) | TrackBack(2) | 五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選手が3軍であることも、関塚さんの功績が大きいことも確かだと思います。でも、3軍(それもアマチュア)でもこういう成績を残せるほど日本のサッカーの層が厚くなっているわけです。トップの選手だけに限れば、アジアでも4強の一角という位置づけで、大差は見られません。しかし、トップの下の層が充実してくるのは、進歩する組織に観られる現象です。こういう層の上に香川のような選手が生まれたのでしょうし、これからも生まれて来ると思いました。そういう意味では、一軍を連れて行ってファンタスティックなサッカーで優勝するより、日本の現状を教えてくれたのかもしれません。
Posted by ひき at 2010年11月26日 06:59
選手たちにお金をあげろというのは面白い視点ですね。
Posted by あ at 2010年11月26日 07:24
厳しいプロリーグで実績を上げた監督を世代別代表監督に送り込むべきである事がハッキリしましたね。
いくら選手に才能が有っても、国際試合の競ったゲームで結果を出すには監督の手腕は絶対必要です。優勝したことはもちろん、選手たちにアジアの中で経験できる最高のゲームを何試合もさせてあげる事ができたのが、実績ある監督の力だったわけですから。
誰でしたっけ、あの無様なコーチは?
Posted by くまおま at 2010年11月26日 09:39
はい、うれしいです。
でも胴上げされる関塚さんを見ながら、あれを川崎でやってあげたかったという少々複雑な気持ちもちょっぴりあります。
Posted by at 2010年11月26日 09:50
これからが本番ですね。五輪予選のレギュレーション(アジア枠3.5)を詳しくみたら全く油断などできない状況。運が悪ければ6月のたった二試合で「ジエンド」の可能性だってありますし

個人的には七転八倒、再来年のアジア第四代表決定戦からアフリカとの大陸間プレーオフまでもつれて決まって欲しいです。
「完全AWAYのカイロ決戦」なんか下手したらロンドン本番より熱いじゃないですか
Posted by kimio_ido at 2010年11月26日 10:31
> この場面、シュートをバーに当てた瞬間にUAEの9番は天を仰いでしまっていた、あそこで集中を切らさずに詰めを狙わなければ...そしてその姿勢の差が勝負を分けたような気もするのだが

まったく同じことを考えていました。
いや、正確には「『その姿勢の差が勝負を分け』るはずだ!」と終了までずっと念じていただけ、ですが。
Posted by か at 2010年11月26日 12:41
我等が日本サッカー協会は、南米選手権にA代表を送り込もうとはしていなかった。


この事が非常にショックです。


会長が変わって心機一転!!と思ってたのに…。
がっくりきた。



ネタ違いのレスで申し訳ありません。
ただ、それほどに、アジア大会優勝の喜びが吹っ飛ぶほどに残念なのです。
Posted by 木村カズ at 2010年11月27日 00:34
日本金メダル!
選手達はよくがんばってくれました!

UAEは素晴らしいチームでした。
あの韓国、北朝鮮をいずれも延長で振り切って決勝まで堂々と駒を進め粘り強いたチームです。試合でも中盤を支配し、ゲームの主導権を握っていました。決して相手が「格下」で我が代表チームが「格上だ」などとは言えない素晴らしいチームでしたね。その素晴らしいUAEチームに我が代表チームは(監督の指導も含めた)選手の頑張りで競り勝った試合でした。

実際、バーに当たったボールがキーパーの足に当たり、それが再びバーに当たってキーパーの腕の中に収まるなどと言う幸運が日本にはありましたね。その運と選手の頑張りによる勝利という典型的な試合でした。

サッカーを含めたゲームを経験し、それを長年見ていれば、勝負とは強いものが勝つのではなく、勝った者が強者と呼ばれるものであることは、常識の一部でしょう。

(↑こんなことを書くから嫌われるw。しかし、「勝負と言うものは強い方が勝つものなのだ。(キリリッ)」などと、したり顔で言われたら、そりゃあ違うだろうと突っ込みは必要でそ?でそ???w)

ちなみに、UAEのFW9番はよく頑張りましたよ。シュートを打っても打っても韓国DFに跳ね返されながら、延長の最後の最後に見事なシュートを決めて見せました。UAEのエースストライカーとして立派な選手だと思います。

そんな素晴らしいUAEに、見事に勝利した我が代表チームを、心から誇りに思います。
Posted by qbk at 2010年11月27日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

U−21、アジア大会初優勝!
Excerpt: 広州で行われているアジア大会。日本は女子に続き、男子もUAEを破って初の優勝を決めた。   U−21日本、UAEを1−0で下し初の金メダル!(スポーツナビ)日本のメンバ...
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2010-11-26 10:48

関塚JAPANが広州アジア大会で金メダル!
Excerpt: 中国・広州から嬉しい知らせが届きました!広州アジア大会の男子サッカーに出場しているU-21日本代表(関塚ジャパン)が、25日に行われた決勝戦で、アラブ首長国連邦(UAE)を1−0で下して優勝を飾..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2010-11-26 14:07