2010年12月14日

FC東京のJ2陥落

 FC東京のJ2陥落について、いくつか講釈を垂れたい。

 まず、JSL時代を含め、日本に全国規模のリーグ戦ができてから45期目にあたる訳だが、これだけ戦闘能力の高いクラブが2部落ちしたのは初めてではないか。
 戦闘能力の高いクラブの2部落ちというと、05年のレイソル(明神、玉田、フランサらがいたがどうしても調子が上がらず、入替戦でヴァンフォーレに惨敗して陥落)、07年のサンフレッチェ(佐藤寿人、駒野、ストヤノフらがいたが、ペトロビッチ氏が森崎和をCBに使うなどの理想主義?采配に拘泥し、勝ち点を失い続け、入替戦でサンガに惜敗)などが記憶に新しい。しかし、今期のFC東京メンバの戦闘能力は、これらのチームを上回るものだったではないか。しいて言えば陥落ではないが、JSL78−79年シーズンの古河が、永井良知、前田秀樹、清雲栄純ら日本代表のレギュラクラスを並べながら、連敗を重ね最下位に終わったのが記憶に残るくらいか(当時は最下位でも自動入れ替えではなく、古河は入替戦で、本田技研をかろうじて破り、命からがら1部残留を決めている)。
 そういう意味では、今回のFC東京の陥落は、「クラブ層が厚くなった」と言う前向きな意味でも、「年間を通じてのリーグ戦で、このような事が起こるのだ」と言う経験的な意味でも、日本サッカーにとっては1つの歴史的事件と言えるのだろう。

 巷で色々な要因が取り沙汰されているが、おもしろいのは、番記者や熱心なサポータ(要は近くから見ている人々)の多くが、「フロントがダメ」と「危機感不足」と要因を挙げているようだ。しかし、遠くから見ている野次馬の私の意見は全く異なる。

 まず「フロントがダメ」について。FC東京よりも「フロントがダメ」で、FC東京ほど優秀な選手をかかえていないにもかかわらず、しっかりとJ1の地位を保持しているクラブが複数あるではないか。うまくいかなかった時に、トップなりフロントのせいにするのは簡単だし、現場を傷つけずにすむのは確かなのだが。やはり私は「フロントがダメ」だったのではなく「前監督の城福氏のヘマ」に要因があったと見る。
 ややこしいのは、城福氏は決して無能な監督ではなかった事だ、いや、無能なんてとんでもない、ある一面では相当優秀な監督だったのだ。
 言うまでもなく、昨期のナビスコ制覇は記憶に新しい。そして何より、多くの選手の成長に寄与している。中でも、米本の抜擢、長友の大成長、石川直宏の覚醒は、それぞれ日本サッカーへの寄与と言う意味でも、大きく評価されてよいだろう。しかも、元々このクラブは逸材を多数抱えるものの、その多くが伸び悩む事が大きな課題だった。にもかかわらず、城福氏は、FC東京でこれだけ見事な成果を複数件、それも1年間と言う短い期間に成功させたのだ。賞賛してし過ぎる事のない実績と言えるだろう。
 しかしだ。いわゆるチーム作りの面から見るといかがだっただろうか。氏は「ムービングフットボール」と言うキャッチフレーズを掲げていた。「ムービング」と言うからには、運動量豊富で連動性の高いサッカーをねらっていたのだと思うが、残念ながら(少なくとも私は)氏の監督時代に、FC東京にそのようなサッカーを見せてもらった記憶はほとんどない。チーム全体の連動と言うよりは、戦闘能力の高い選手がその能力を発揮するサッカーが、城福氏が率いた好調時のFC東京だったと思う。その典型例がナビスコの決勝。あの米本の執拗な中盤守備と信じ難いロングシュート。今野の精力的な守備、梶山の狡猾なボールキープ、権田の若さを前面に出した好セーブなど、個々のの選手の能力を前面に出した完全な守り勝ちだった。そして、このような個人能力に頼るサッカーは、好不調の波が大きく、結局今期はその底が続いた感があった。
 また「危機感不足」は私が見るところ逆だ。東京は「危機感過剰」で沈んで行ったと見ている。夏場を過ぎて、下位に沈んだあたりから、選手達のコメントも「一戦必勝」的な発言が目立ち出し、東京関連マスコミは「降格の危機」と煽り、WEB界隈のサポータの発言には悲壮感が漂い、城福監督は追い込まれて明らかに短期的視野の采配を見せる悪循環に陥って行った。こうなると、城福氏の個人能力を前面に出すサッカーは裏目裏目に出る。毎試合のように、各ポジションをクルクルと入れ替える事で、連携が不足するのみならず各選手が力を発揮できなくなってしまった。少々下位に沈んでも、ライバルよりは戦闘能力が高いのは明らかなのだから、焦らず丹念に勝ち点を重ねる戦いを継続すれば、問題なかったと思うのだが(ベガルタサポータとしては、おかげで助かったと言う想いも強いのだが)。
 まあ、野次馬の1つの見方と思っていただければ。ただ、城福氏の復讐戦には期待したい。妙なキャッチフレーズなど掲げず、少々の好不調に動じない姿勢を加えれば、あれだけ選手を覚醒した手腕は、間違いなく今後の日本サッカー界にとって貴重なものとなるはず。

 まあ、現実問題として、FC東京のJ1復帰はそう難しいものではないだろう。J2の他クラブとは、財政状況が違うのだ。しかも多くの選手の保持に成功している模様。圧倒的な強さでJ2を蹂躙した、08年のサンフレッチェ、今年のレイソルと比べても、戦闘能力は十分高そう。唯一の不安は、この2クラブは降格時点である程度チームができ上がっていたのに対し、東京はまだ不振に沈んでいる事くらいか(サンフレッチェは降格が決まった以降天皇杯で若き柏木を軸に完全に立て直しに成功し決勝進出、レイソルは降格決定前に就任したネルシーニョ氏が昨期から立て直しを始めていた)。そう言う意味では、FC東京にとって、天皇杯はとても重要なものになるのかもしれない。また、今期のジェフを例に「簡単には戻れない」的な論評が多いが、ジェフは降格前に中心選手の大量離脱などがあり相当選手層が薄くなっていたし、江尻監督も若さを露呈してしまった(江尻氏は、優秀な監督になり得る素材だと思うが、「降格直前のチーム立て直し」、「チーム作りをしながらの1部復帰」と言うおよそプロサッカーの監督としては最も難しい2課題の前に沈没してしまった。江尻氏にも捲土重来を期待したい)。それに比べれば、FC東京の状態は格段によいと言う事だ。

 ついでに野次馬の戯れ言。米本の去就について(FC東京フロントがさすがだと思うのは、まず今野、米本と言う他クラブから手が出そうなタレントとしっかり再契約を結ぼうとしているらしい事(報道によるとですがね))。FC東京は米本の保有権を確保するのは当然だろうが、来期J2の自クラブで米本をプレイさせるべきかどうかは、熟慮に値すると思う。既に米本はJ1屈指のボランチ(長期の負傷離脱後にもかかわらず、よいプレイなのだから、高卒2年目の若者とは思えない能力の高さだ)。米本は来期五輪代表の中核、さらには早期のA代表入りも期待される。そのような米本の成長には、J1トップクラブ(それもACL出場クラブ)へのレンタルが妥当なのではないか。よく香川を引き合いに「J2でも成長できる」と語る人がいるが、それは程度問題。香川も(08年シーズンまではさておき)09年シーズンにJ1でプレイしていれば、もっと早く成長できて、南アフリカを棒に振る事はなかったのではないか(そうなっていれば、「今の香川」よりもずっとよいプレイが...?!)。
 現実的にFC東京のJ1復帰は米本不在でもそれほど難しいとは思えない(いや、もちろん、目をつぶって復帰できるほどラクでもないですよ)。そうだとして、今の米本を本当にJ2でプレイさせるべきなのか。米本自身がどう考えるかを含めて、結構検討の余地はあると思うのだが。
 まあ、これもそのような考え方もあるよ、と言う事で。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(26) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更のコメントですが、改行が少なすぎて非常に非情に読み辛いです。改行増を強く希望します。
Posted by at 2010年12月15日 17:48
こんにちわ。
ブラジルからいつも読んでいます。
こちらでもビッグクラブが2部落ちするというのはもうサプライズではなくなってしまいました。

2000年以降、コリンチャンス、パルメイラス、ヴァスコ、グレミオなど次々と伝統あるクラブがセレソン級の選手をもちながら地獄を味わい舞い上がっては歴史を作っています。

今回のFC東京同様、「フロントがダメ」と「危機感不足」はこちらでも同じです(多分世界共通ではないのでしょうか?)。ま、どこも同じことの繰り返しだと思いますし、サッカーの面白いところですよね。
Posted by Mjunozaki at 2010年12月15日 20:37
まだまだ見方がアマアマだな
Posted by at 2010年12月15日 21:53
ネットは匿名性が保たれると思ってるような
↑のようなヤツの脳味噌はアマアマだな(笑)
というかスカスカだな(爆)
Posted by コメント欄、ログイン制にしたらどうでしょう? at 2010年12月15日 22:24
「フロントがダメ」といっても様々な見方があると思いますが、おそらく東京サポの大半がボランチを補強しなかったことへの不満がフロント批判につながったのではないかと思います。

確かに東京は各ポジションに優秀な選手を要していますが、ボランチに関しては米本が開幕前に怪我+梶山の離脱でボロボロでした。
それが他のポジションに波及し、貴方が仰るように複数の選手が本職のポジションに集中できない状況が続いてしました。
そんな状況でありなからも夏の移籍市場でボランチの選手を補強しなかったことがフロントに対する不満を導いたのではないでしょうか。
Posted by at 2010年12月15日 22:41
 今期の東京の試合はちょくちょく見ましたが、中盤が猫の目のように変わったのって、上の方がおっしゃる通り、ボランチが固定できなかったからなんですよね。確かにこの点は問題だったでしょう。
 加えて、外国人枠を有効に活用できなかったこと。赤嶺のレンタル移籍(しかも東京戦に出られる契約!)と、代わりに獲得したのが前田であったこと(どう考えても割りに合わない)などなど。どれも危機意識の欠如と言える気がするし、サポが不満を言いたくなるのも分かる。
 でもまあ、このレベルの問題って、どのクラブでも多かれ少なかれあることなんですよね。だから、自分もフロントのみに責任を押し付けるのは酷だと思います。
 ちなみに、自分も最大の要因は城福氏にあったと思います。この人、上手くいっているときはいいけど、試合展開が悪いとテンパってしまうのか、選手交代を急ぎすぎたりして、どんどんドツボにハマっていくんですよね。これが経験不足ゆえなのか、メンタルに問題があるのかは分かりませんが。
Posted by 長文すみません at 2010年12月16日 00:43
おおっ、そういえば米本は香川よりも年下なんですね。
プレースタイルも(顔も)ベテランのようだから盲点でした。

いや、それだけ米本が凄い選手なんだなということですよ。
Posted by inu at 2010年12月16日 01:11
一方向から見ただけで、こういう考え方もあると書かれても、説得力ありません。

広島降格も、ストヤノフを途中加入させたけど通訳いない…という経営的な問題も抱えていましたし。
Posted by at 2010年12月16日 01:19
米本の件とかぶるのは小林セレッソかな?
あれもファビーニョに逃げられて、代わりに取ったピンゴが
守備が下手で大外れで穴が埋まらず降格しました。
前年には優勝争いをしてますし、似てるんじゃないですか?
Posted by at 2010年12月16日 01:24
 確かに復帰後の米本はすごかったけど、最後の2戦を見て、意外と修羅場に弱いというか、メンタル強くないなあとも思いました。
 山形戦は明らかにビビって、縮こまったプレイに終始。京都戦は逆に入れ込みすぎて、無理にボール奪取を狙っては失敗してピンチを招くなど、ミスを連発してましたからね。
 もっとも年齢を考えれば仕方がないとも言えるし、経験を積めば、いずれ克服できるでしょう。というか、代表のことを考えるとしてもらわないと困る。むしろ、そんな米本をフォローしたり落ち着かせたりできる、「図太く」て「タフ」な選手が東京にいなかったことの方が、問題だったのかもしれないですね。
Posted by at 2010年12月16日 02:13
上の方が仰るボランチ補強の点に関して補足を。

まず、今シーズンのFC東京は今野森重のセンターバックコンビを最大の拠り所としていました(森重に頼る時点で…というのはありますが、それはまた別の話)。そして、ボランチは梶山米本。するとあら不思議。チームの残りメンバーを見渡すと、フルメンバーだとしてもボランチが他に誰もいないのですね。

しかも、梶山は昨年末に手術をしており「開幕は間に合わないだろう」という状況でした。つまり、ボランチは控えがいないどころか足りないことはチーム編成時点で既に明らかだったわけです。結局、FC東京は今シーズンの殆どを怪我の完治していない満身創痍の梶山+コンバートの不慣れなボランチで戦わざるを得ませんでした。

そして、コンバートによって事実上他のポジションもスタメンを欠いたのと同じ状況になり…後は混乱の一途です。

確かに、他のクラブに比べれば戦力は恵まれているかも知れません。しかし、「ルーキーまで見渡しても控えが一人もいないポジションがある」というのは、流石にフロントの責任と考えざるを得ない。これが我々東京サポのいう「フロントがダメ」です。

なお、米本の移籍云々に関しては全く聞く耳を持ちません。武藤様の講釈の中には時折、「代表」や「日本サッカー全体」という建前でクラブの事情を軽々しく踏みにじる発言が見受けられます(例:W杯直前の今野の怪我に際して「変えるかどうかは別にして徳永を帯同させよ」)。単純な願望なら致し方ありませんが、そこに正当性があるかのような物言いは極めて不快です。
Posted by Rev at 2010年12月16日 09:19
同じく東京サポです。

米本の移籍話。これ他人事としてだと
凄く同感なんですよ。モリシや寿人が
J2でもったいないって僕も思ったから。
代表をメインに物事を考えれば答えは
明らかなのかもしれません。

まだ去就を決めてない人が何人かいます。
彼らがステップアップを望めば僕らには
何もいえません。短いプロ人生ですし、
快くとはいきませんが、新しいチームで
頑張って欲しいです。

でも、仙台が一昨年昇格できなかった時、
武藤さんはみんな残って欲しいと提言した
でしょう?萬代や関口や梁にも。武藤さんの
言葉を借りるのであれば、本人のステップ
アップを考えれば関口や梁は1年早くJ1に
上げたほうが良かったのかもしれません。
言い方は悪いですが、他人事ならば
そういうもんなんですよ。

ただ、レンタルでもという言及には不快感を
覚えます。完全ならば移籍金が入るからまだしも
レンタルではクラブにはデメリットしかない。
代表や本人のためにクラブが犠牲を払って…的な
考えは浪花節じゃあるまいし古すぎます。

せっかく移籍制度が改定されて、対抗策として
クラブは複数年契約を行使するようになった。
それをレンタルでかいくぐろうとする行為が
常態化したら、それはあまりに貧乏くさいし、
夢のない話だと思うのですが。
Posted by at 2010年12月16日 10:54
どのクラブもボランチに人材を確保できないと沈んでしまいます
上の方がおっしゃっていたようにセレッソも超人的なスタミナと正確な視野とボールコントロールが出来たファビーニョを逃したので小林(今でも憎んでいます)が出鱈目な采配をして開幕から沈みました
今年のFC東京は前線とDFの間でしかボールが行き来しないサッカーでした
J2でイイかどうかは選手が決めるものですがチームは絶対にボランチは引き留めるでしょうね
それよりも大熊とフロントがどのようなチーム編成をしてサッカーをするのかが大事だと思います
全部残れなんて声も聞こえますが必要ない選手もいますよね
ホントは良くも悪くもJ2で苦労した方がいいんですがね、このチームもサポも
高みの見物でスイマセン
Posted by ロベルトヤマ at 2010年12月16日 11:00
同意できるかどうか(特に最後の段落に)、はさておき、たいへん興味深く読ませていただきました。


> これが我々東京サポのいう
勝手に一人称複数を主語にするのはどうかと思うよ。
> そこに正当性があるかのような物言いは極めて不快です。
それに続けてこう書かれるのもなぁ...
極めて不快で聞く耳を持たないんなら、アンタが読まなきゃイイだけの話。


> まだまだ見方がアマアマだな
コイツのアタマのスカスカっぷりは論外。
Posted by 自分も東京応援者ですが at 2010年12月16日 12:48
武藤氏のFC東京話、概ね同意です。
私も外野ながら不思議だったのは何故最初からCBとCHのサブに誰もいないのかという事。
あの二人の大ベテランを欠いてしまい、茂庭という日本屈指のCBを出してしまった事。
城福氏のFC東京でのサッカーはSBとSHはムーヴィングだがセンターラインは個人能力に頼っていた事。

素晴らしい選手と監督を揃えたチームとして期待していたのですが、開幕前からの当たり前の疑問がそのままになってしまったのかと残念でした。

逆にどうやって乗り切りるつもりだったのか、嫌味な意味ではなく聞きたいなと思っています。
Posted by yssk at 2010年12月16日 20:16
>12:48
失礼しました。それでは、「フロントがダメ」と指摘する東京サポが多いとされる中で、その一人である私の根拠、ということで(折角ですので、私の指摘についてどう思われるかお聞きしたいですが)。

最後の段落については撤回するつもりは毛頭ございません。野次馬からの戯れ言とまで仰るからには、それに対応する当事者の反発は甘受していただきたいものです。
Posted by Rev at 2010年12月17日 00:38
「遠くから見ている私の意見は異なる」って仰いますけど、だいたい余所で見たことのある意見でした。
Posted by 近くで見ている人 at 2010年12月17日 02:29
城福政権中は確かに「危機感過剰」でしたが、これは優勝または魅力的なサッカーの確立を目指していたから。

逆に監督交代後は勝ち点が取れていたこともあって妙に落ち着いてしまって「危機感不足」に陥ったのは確かだと思います。それが残留争いのライバル仙台に赤嶺を貸し与えて息を吹き返させてしまい、驚異的な神戸の巻き返しに対し精神的に後れをとってしまった印象。


J2のトップクラブとして、なにがなんでも上位3チームの中に入らなければいけないというプレッシャー、その中で現実的戦術を取ってくる相手に対峙するシーズンを戦うわけですから、これはこれで代表級の若手選手にとってもいい経験になると思います。
Posted by at 2010年12月17日 03:09
>>Rev
なるほど、自分を「当事者」だと思っているから
> 単純な願望なら 致 し 方 あ り ま せ ん が 、
てな物言いをするわけですね。
私は単にクラブを熱心に応援する者であって、当事者でもなんでもないので、武藤さんの論考も「ひとつの見方」として(同意しかねる部分も含めて)興味深く読んだだけです。
したがって、そういう上から見ているような感想は少しも湧いてこなかったし、自分には「撤回する/しない」とか「当事者の反発」とかはどうでもよく、そんなことよりも他にすることがある、という感じです。

あと、自分は「フロントがダメ」とは別に思ってないけど、そう思っているからといって、それをブログのコメントなんぞで主張したところで、何の意味も無いんじゃないでしょうか。(何か行動を起こす、ってんなら話は別だろうけど)


武藤さんがお書きになったのとまったく同じ考えで、自分も天皇杯の戦いっぷりが来年に向けてとても重要なものになると思っているので、少しでも彼らを鼓舞できるように応援したいと考えています。
Posted by 東京応援者(12月16日 12:48) at 2010年12月17日 09:54
セレサポなんでFC東京にもう一言
モニありがとうございました
私も廻りの方々も今年のMVPは茂庭だと結論しました
驚異的な対人能力はDFに金払って観にいきたいと初めて思った程です
キンスタでのFC東京戦でも完璧に封じ込めて古巣へ‘恩返し‘しました
それに明るいキャラで実質的なチームキャプテンでした
だからFC東京はフロントのチーム造りの失敗ではと思うのです
それとわかっていると思いますがセレッソもJ2に落ちた時に東京サポから「サヨナラセレッソ!グッバイセレッソ」と長居スタで声を揃えてコールされました
この思いは忘れられません
他のチームも同様の経験があるようです
だからFC東京サポの体質もJ2で変わるかなと少し期待しています
ていうかチームと一緒に苦労して上がってきて欲しいです
Posted by ロベルトヤマ at 2010年12月17日 11:04
今野や森重、移籍獲得の松下とかはボランチは出来ないんでしたっけ?

米本はともかく、梶山は帰ってくる予定だったと思うのでそんなに余剰人員を抱えられなかったと思いますが・・・。
Posted by at 2010年12月17日 17:50
シャムスカ監督の大分が急に勝てなくなったときよりはなんだか納得できる理由が見つかりやすい気がするなあ。
結局石川が個人能力を爆発させて点を取っていただけであって、彼が怪我をして点が取れなくなると同時にチームも殆ど点が取れなくなったし、大黒が入ってそこが改善するかと思えば、今度は長友移籍で守備が不安定に。
Posted by at 2010年12月17日 21:26
>まあ、現実問題として、FC東京のJ1復帰はそう難しいものではないだろう

誰もがそう思っていることが、きっと、とんでもないプレッシャーになるんだろうなあ
Posted by at 2010年12月18日 00:53
プレッシャー以前に能力差があるからね。
心の問題にしたがる人は現実を見ないな。
大熊監督もベテランだし、甲府や福岡よりはずっと手堅い。

監督がダメ監督な時が一番キツい。
あいつじゃ駄目だろ、っていう時はたいがい失敗してる。
Posted by at 2010年12月19日 23:38
>だからFC東京サポの体質も
>J2で変わるかなと少し期待しています

FC"東京"じゃなくてFC"府中"とかにせん限り、彼らの相手様を蔑む姿勢は治らんよ。
Posted by よしお at 2010年12月22日 11:06
能力差って言っても、点を取る手段が確立されてるわけじゃないからねぇ。大黒は移籍するんでしょ?
大熊監督は確かに悪くないと思うけど、甲府や福岡はJ2勢からすれば直接のライバルであり、
最初から勝ち点1を狙って戦う格上の柏や千葉とは違うと思うけどね・・・。
Posted by at 2010年12月22日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック