2011年09月22日

史上最強だが、このままでは将来性を感じない五輪代表

 五輪代表はマレーシアに2−0で快勝。戦闘能力差は明らかではあるが、難しいタイトルマッチの初戦。勝ち点3を確保した事は評価されるだろう。
 また戦闘能力面から見ても、過去の五輪代表と比較しても史上最強ではないかと思わせる陣容。唯一CBがタレント不足を取りざたされる今回のチームだが、ボランチやサイドバックからのコンバート、長身選手に拘泥しないなどにより、存分に対応可能な選手層を持っていると見る。関塚氏が、レッズでほとんど出場経験がない濱田に拘泥する意図は不明だが、酒井宏樹、山村、扇原、村松ら、少なくともアジア予選を突破するのに必要なセンタバックはそろっているのだから。もちろん、ロンドンでは闘莉王、麻也、今野など。中澤と言う手もあるし。
 試合のねらいも各論的には悪くない。3ラインを維持し、組織的に守るマレーシアの守備は中々強かった。それに対し、山村と扇原が素早くボールを散らし、守備ラインを分散させる。両サイドでボールを収めると、両酒井のサイドバックが押し上げ、数的優位を作る。そこから、速いボールを軸に中央の崩しを狙う。クロスが上げられないと見るや、高速パスをつないで中央突破も狙う。ボールを奪われるや、すぐに守備に切り替えてボール奪取を目指す。正に教科書通りの策を、執拗に繰り返した。サボる選手もいないし、全員が集中して戦い続けた。

 けれども、少なくともこのマレーシア戦を見た限り、得点の匂いが薄いのみならず、チームとしての将来的な伸びしろを、あまり感じなかった。全員の努力はすばらしいが、走りすぎ、戦いすぎ、急ぎすぎているのだ。そして、結果として生じる問題点を、具体的に3つ指摘する。
 1つには、「守備の堅い相手を崩すためには、早くかつ速く攻める事が必要」なのだが、その手段(早くかつ速く攻める事)が目的化してしまっているように思えたのだ。たとえば、典型的なのは開始早々の決定機。左サイドを人数をかけて崩し、酒井高が高速のセンタリング、大迫がトラップし損ねたボールを、トップスピードで走りこんだ清武が抜け出すが飛び込むスピードを制御しきれずシュートがミートできずに、GKに防がれた。速いボール回しで敵DFも崩せたが、自分たちもそのスピードを制御し切れなかった攻撃だった。以降も、このような高速攻撃ばかり狙い、結果的に己のスピードを制御しきれずに、崩しきれない場面が頻出した。そんな、しゃかりきになって、急がなくてよいのだが。
 2つ目。お互いがそれぞれのの特長を活かそうとしていない。たとえば、このチームには、酒井宏樹の高精度クロスとか、原口の強引なサイド突破からのシュートとか、永井の縦に出る速さとか、Jリーグでも猛威を振るっている「ずば抜けた武器」が多数ある。たとえばレイソルならば、全ての選手は酒井宏に右足で狙い澄ましたクロスをいかに蹴らせるかを常に考えている。グランパスならば、一部の選手は永井の縦の速さを活かす長いボールを常に狙っている。レッズならば、山田直輝と平川と田中達也は、原口の爆発的ドリブルが活かせるような動きを常に意識している。けれども、この五輪代表はそのような、チームメートの長所を活かそうとする配慮が、およそ感じられない。厳しい言い方をすれば、知的ではない戦い方。
 そして3つ目。よい意味でのチーム内の上下関係がなさすぎる。よいチームと言うものは、一種の上下関係があり、中核を担う選手と、彼らに献身する選手とのバランスが必要。ところが、このチームは主将を大学生の山村が務めていたり、エース格の永井も大学出立てでグランパスでは地位を獲得していなかったり、チームの背骨となるCBがJでの出場経験が浅かったり、本来であれば大黒柱の香川は既に大出世してはるか彼方に行ってしまっていたり。要は、「この人が大黒柱!」と言う存在がいないのだ。結果、何か全員がチマチマ動きまわる試合となっている。もちろん、この試合の清武は「自覚と自惚れ」十分で、本人は仕切る気持ち十分だったが、何せ大迫も原口も東も永井も山崎も「何くそ、清武には負けるものか」状態だったし...

 まあ、それもこれも、みなA代表のプレゼンスが上がった事、同時にA代表の中核が欧州で活躍している事など、日本のサッカー界のレベルが上がったからなのだろう。ために、選手たちは五輪代表に選ばれたくらいでは全く満足していない。目標は果てなき上である事が、正確に日本サッカーのトップレベルに定着してきたという事だろう。15年前のように、五輪代表のエースになった事で天狗になって、自らを見失うタレントが出るような悲しい事態を観る事はもうないのだろう。しかも、代わりとなる同世代のタレントが無数にいるし。
 だから、彼らは皆必死にまじめに戦ったいるのだ。そして、そのまじめさが、変化を奪い、試合を苦しいものにする。いや、難しいものだ。
 関塚氏の悩みも深いな。まじめにがんばれば、よいサッカーになる訳ではないと言う現実。しかも、技巧も皆問題ないのだから。いかにチームに知性を織り込むのか。日本サッカー界も、こんな高級な悩みを味わえるようになったのかと思うと感慨深い。
 うがった見方もできる。ザッケローニ氏と関塚氏は、確信犯としてこのような単調な試合をしているのではないかと。喉から手が出る想いで探している、前線にフィードができる180cm後半の高さのあるディフェンダ。逆襲速攻時に、強引に少人数で突破しきれる前線のタレント。この五輪代表には、完成度はまだまだだが今のA代表には少ないタレントになり得る素材が多数いるのだ。そう考えると、この2人が確信犯で、五輪代表をA代表の人材開発機関と捉えているようにも思えるではないですか。
 言うまでもなく、現状から脱却する方法も無数にある。大前や水沼倅や青木のようにクソ頑張りできるタレントを起用する事で、よい意味でのチーム内の献身者が生まれ、バランスをとる事ができる。指宿のように酒井宏のクロスをたたき込むスペシャリストになりそうな人材もいる。もちろん、茨田のように高精度のパスを操れる選手、山田直輝のように緩をうまく使って急を活かせる選手、小島秀仁や柴崎岳のようにパスの感覚が非常に高いタレントもいる。

 まあ、このマレーシア戦のチームには、不満が多かった訳です。そして「関塚氏が何を狙っているか」もよくわからない現状もあります。だから、これ以上はどうこう語れません。このチームが五輪出場権を獲得し、ロンドンで相応の成績を残すのは、間違いないでしょう。だからこそ、関塚氏の評価は「ブラジルでロンドン世代の選手がいかに世界を席巻するか」と言う事になるのでしょうね。
 だからこそ、でかくて速いのだけでなく、頑張れて精度高くて狡猾なのも、試合に出すべきだと思うのですが。陳腐な締めですみません。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「急ぎすぎ」なところは、あの悪名高き「○秒ルール」っぽい感じもしたりして

でも、あの「早く早く速く速く」って、ある種のサッカーファンの願望を実行したカタチのような気もします(「日本のサッカーは“世界”に比べて遅いから〜」みたいなことをいう人)

でも、それだと、頑張って守る相手にはノッキングしちゃう。目に見えてますね

あと1つ気になったのは、東がゴロゴロゴロゴロ転がりまくっていたこと。痛くもないのにあんなに転がって「お前はちょっといい選手で終りたいのか!」と思ってしまいました。
後で関さんに絞られたかな?
Posted by Dortmund06 at 2011年09月24日 09:23
〉頑張れて精度高くて狡猾なのも

この世代で真っ先に思い浮かんだのが小野裕二でした。
Posted by at 2011年09月24日 14:27
私は、すぐ転ぶ東が髪の毛ばっかり
気にしていることが嫌でした。。。
Posted by at 2011年09月25日 08:28
シュートをはずして寝っ転がっている大迫や清武が、笑顔なのが疑問だし嫌でした。
あと、このチームって戦略というものがあったんでしょうか。
Posted by mimi at 2011年09月25日 12:52
中村・稲本がキラキラ輝いてた時を思い出しました
でもあの頃と違って真ん中が微妙ですが
Posted by ウルフ at 2011年09月25日 23:15
>東がゴロゴロゴロゴロ転がりまくっていたこと。

自分もそこが気になっていました。
主審は『世界ではそれくらいのプレーは普通だよ』って感じで流す場面が多かったですが、概ね主審の判断は正しかったと思います。

今の五輪代表ってフィジカル面はどうなんでしょうか?
詳しい選手名と時間帯は忘れましたが試合後半、
日本陣内でマレーシア選手が中央から右へドリブルを仕掛けたとき、DFが横から正統なコンタクトのタックルを仕掛けましたが、相手は微動だにせず逆に有利なはずのDFが簡単に弾き飛ばされてました。

アジア勢同士でこれではたとえ勝ち上がって五輪本戦へ出ても、欧州・南米・アフリカ勢との競り合いではいい様にやられるのではないかと不安になりました。
Posted by at 2011年09月28日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック