2011年11月30日

しつこく五輪代表について

 少ししつこく、五輪代表について考察を続けます。講釈師流邪推の連発ですよ、あくまでも。
 
 エルゴラとダイジェストの五輪代表記事は、このシリア戦に相応の高い評価を与えている。その論調は、同点にされた後に勝ち越した事を「成長」「収穫」と捉えている。しかし、戦闘能力がより高いチームが、後半半ばに追いつかれ、そこから突き放すのは、サッカーでは当たり前の事。さらに言えば、この五輪代表は昨年のアジア大会制覇と言う実績が証明するように、元々勝負強いチームなのだ。ヘマな試合展開で突き放し損ねた、あるいは同点にされたのを、戦闘能力差で勝ち切った事を、今さら誉めるのは、かえって彼らに失礼ではないのか。
 もう1つ、ダイジェストは「清武、原口をA代表に取られ、主将の山村を負傷で失いながら」と書いていたが、これもなあ。関塚氏は自ら敢えて、大前、茨田、青木、金崎、小野、柴崎と言ったタレントを選考外にしているのだ。やや人材に欠ける感のある最終ラインならさておき、中盤より前については「人材不足」は禁句だろう(もちろん、前任の反町氏と異なり、関塚氏は一切、自らの人材には不満を発言していない模様だが)。

 とにかく、五輪代表がおよそ知性に欠ける試合を続けているのは確かだが、では各選手が知的でないか、となると、そうは思えないのだ。扇原にしても山口蛍にしても鈴木大輔にしても酒井宏樹にしても、少なくとも私が見たJの試合では、格段に知的なプレイをしている。
 だから、多くの人が「若いから仕方がない」と語っているのにも、賛同しかねるのだ。試合の短い局面で、「カッと」頭に血が上って、知的ではないプレイをするなら、「若さ」かもしれない(まあ30歳になっても、そう言う選手も結構いるけれどね)。けれども、普段のJでよほど創意工夫あるプレイをしている選手なのだから、単に「若さ」で片付けてよい議論とは違うのではないかとも言いたくなる。
 そう考えると、五輪代表のあの急ぎ過ぎのプレイは、やはり関塚氏の責任ではないか、と思えてくる。もっと、いやらしい言い方をすると、各選手に「とにかく早く前に速いボールを入れろ」と指示をして、各選手はとにかくそれに従っているのではないかと。
 さらに邪推を発展させると、関塚氏が上記のJで実績あるタレント達を敢えて選考していない理由は、「自分の言う事を聞かないからではないか」と。拙ブログのコメント欄を含め「柴崎を選べば改善」との意見も多いが、その柴崎にしても、関塚氏は合宿に呼んでいるのだよね。それでも選考してない。つまり、「柴崎がいない方が強い」と、関塚氏が考えているのではないかと。

 まあ、「憲剛とジュニーニョがいない関塚さんは只の人」と言う向きも昔から多いのだが。

 いや、逆の見方もある。
 関塚氏は何と言っても「憲剛を育てた」男なのだ。私が憲剛を初めて見たのはこの試合だったが、この時でさえ、憲剛は24歳、大学を出て2年目だった。つまり、今の扇原や山口よりも年齢が上だった。前向きに考えれば、関塚氏は信念を持って「第2の憲剛」を育てていると。
 さらに言えば、関塚氏の背後には、ザッケローニ氏も原氏もいるのだ。彼ら2人が、この悲しい五輪代表を見て、「それでよし」と考えているとは、とても思えない。
 そう考えると、この情けないシリア戦の内容は、実は我々凡人には計り知れない何か壮大な仕掛けが隠されていたのではないかとも思えて来たりして。来ないか。

 ともあれ、敵地シリア戦は2月5日との事。
 厳しい日程だ。このチームのほとんどの選手は、今年ようやくシーズンを通して戦い抜く経験ができ始めた若手選手。若いから肉体的疲労の影響は少ないかもしれないが、精神的には相当な疲労が溜まっているはず。しっかりとした長期休暇を取らせるべき。したがい、この敵地シリア戦は、現実的にチーム強化の時間はほとんどなく、各選手の体調を揃えるのが精一杯だろう。
 バーレーン戦のように「安全第一」風のロングボール戦法だが、これはシリアの思う壷。不正確なロングボールならば、容易に2番は止めてくるだろうし、日本の押し上げがほんのちょっとバランスを崩せば、その奪われたところから、ロングボールで例の10番が突破を狙ってくるだろう。そうこう考えると、次のシリア戦は苦しい展開が予想される。
 いや何、簡単な事なのだ。この国立の試合を反省して、中盤で急ぎ過ぎず、つなぐ所はちゃんとつないでくれれば、何も問題ないのだけれどももね。
posted by 武藤文雄 at 23:30| Comment(11) | TrackBack(0) | 五輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん。みんな指摘してる部分は結構似てるような気がします。私なんかは単純なんで小澤一郎さんの五輪代表のコラム読む限り、「安心かな」と思っちゃってますが。関塚さんはまず守備ありきで、とにかく手堅くても勝利を重ねる事で二大会連続でU-20W杯出場を逃しているこの世代の選手たちに自信を植え付けたいのかなと感じます。

エルゴラ、ダイジェストの記事は別におかしいものではないと思います。クウェートとの二連戦から比べたら良い成長をしてるんじゃないかな。単純に武藤さんと評価の視点が違うだけじゃないですかね。ちょっと現時点での五輪代表に対する期待や過大評価が過ぎるかなと心配です。

あと失礼ですがやっぱ武藤さんは意地悪な文章を書きますね。
Posted by at 2011年12月01日 01:50
関塚さんは本当に「現在のケンゴ」を育てたのでしょうか。
遠藤も本当に「現在の遠藤」に育ったのはオシムさんに出会ってからだと思います。
決して西野さんが育てたというわけじゃないと思う。
(それぞれ西野さんや関塚さんに会う前にも良い選手だったとかそういうことじゃなくて、ね。)

やっぱり奪ってから速く攻めるというのが関塚さんの哲学なのでしょうか。
まあ、アジアで格下の国と戦うと情けない試合…に見えても、
本選で同格以上の国と戦うときには見事な試合!に見えるかもしれませんけどね。
Posted by gotze at 2011年12月01日 02:04
×山口蛍
○山口螢

です。
重箱の隅をつつくようで大変恐縮なのですが、いつも間違えておられるようなので…
Posted by とーん at 2011年12月01日 10:37
書かれていることに同意いたします。
知性がないというか、戦略が感じられない。若いというより青い。たとえが適切かどうか分かりませんが、小笠原とか稲本とかはこの年代でももっと成熟したサッカーをやっていたと思います。
このままではサッカー偏差値の高い相手とやったら手も脚もでない可能性がありますよね。

もっと、どうしたらチームメイトのストロングポイントを活かせるか、それによって勝利をもぎとるか、ということを考えなければ。いまは自己アピールしか考えていないように思います。
でも世間では、とにかく前へボールを運んで、枠外だろうがばんばんシュートするのが、積極的=攻撃的でいいこと、という認識で大歓迎ですよね。

柴崎に関しても同じ理由で宇佐美をはずしてのかな、と思ったりします。フィールドの上で監督に言われたことより最適な答えがあったら実行するタイプの選手という意味では同じなので。
いまのチームは良くも悪くも優等生的ないい選手で、それが雰囲気の良さになっているのでしょうが、下手くそなパスを出したり守備のポイントがずれたりしても、怒ったりする選手がいない、仲良しグループなところが気になります。

遠藤選手についてコメントされている方がいらっしゃいますが、彼が現場監督と言われるように自由にふるまえる立場に居たからこそ磨かれた戦術眼というものや、ショートパスをつなぐチームだったからこそより成長したテクニック、その土台をつくったのは日々のクラブチームでの時間ですから、他の監督の下であったらオシムに出会っても成長できる余地がなかったかもしれません。圧倒的にクラブで過ごす時間が長いのですから、やはり監督が育てたという言い方で間違いないと思います。
ケンゴも、ストロングポイントを使う戦術の監督だったから成長できたわけで、あわない戦術に選手をはめるような監督だったら潰れていたかもしれません。

長文コメント失礼いたしました。
Posted by よし at 2011年12月01日 11:16
真夏の炎天下,90分もつグータラサッカーを経験させるといいんではないでしょうか.あたしのイメージにある古典的ブラジルサッカー.
>鈴木大輔にしても(中略)知的なプレイをしている
ありがとう.
Posted by KI at 2011年12月01日 11:48
権限が弱くて呼びたい選手も呼べないのに、選手を見る目がないかのように言われる五輪監督ってかわいそうだわー。
西野さんや反町さんみたいにハ…いやなんでもないです
Posted by at 2011年12月01日 20:48
扇原が遠藤の後継者という記事をいくつか読み、がっくりきていたんですが、武藤さんのブログを読んでほっとしました。

Posted by 通りすがりの代表サポ at 2011年12月02日 00:07
扇原を見ていると、ポジションを変えた平山のように見えてきます。背格好と器用さの面で。タテに入れるパスのセンスは悪くないと思いますけど、みなさんの見立てではあんまりなのかな?
 
茨田にしても柴崎にしても、扇原と似たり寄ったりで突き抜けてるようにはとても思えません。私はサイズがある分(今のところ)扇原押しです。あと半年で彼らがどれだけ成長するのか期待。
Posted by サンガサンガ at 2011年12月09日 18:10
柴崎なんて同僚の梅鉢よりもキックセンスもなく才能の欠片も無い。サイドで出場しようが徹底的にミスをしないプレーに徹する(悪い意味で)。アリバイプレーに徹しているアイドル選手だって誰だって知ってる事です。柴崎を触れるのはマスコミぐらいのもの。貴方はどのマスコミ関係者の裏アカウントなのでしょうか?気になりますね
Posted by at 2012年04月11日 01:36
ザッケローニのほうは残念ながらJリーグの宣伝広告的な試合が見受けられます。
選定されているJリーガーの全てが残念という意味ではないですが、提灯記事的な試合が選手選定が存在うるという点です。
その点五輪代表というのは比較的実力や期待感で選ばれていて自分は楽しみに感じています。
特にロンドン世代は呼ばれていない海外在住の選手も含め大変期待値の高い世代と思っています。

柴崎岳選手を押す時点で貴方のスタンスというかポジションが見え隠れしますね。貴方は五輪後〜ブラジル辺りで筆を叩き折る事をお勧めします。
サッカーの試合に限った話ではないですがスポーツはあまり観戦するようなものじゃない。人生の無駄です。それでもついつい偶に見たくなる才能あふれる選手を見たいなって欲望です。
柴崎のようなアイドル枠の本来ならば代表どころかプロになれるのもおかしい選手の話を出す時点で貴方の程度が知れますよ(まあにわかファンを印象操作する為の存在があなたなのでしょうけど
Posted by at 2012年04月11日 01:43
>拙ブログのコメント欄を含め「柴崎を選べば改善」との意見も多いが、
他人に責任転換ですか。
あくまで自分は柴崎をそこまで推してないという逃げ道

>その柴崎にしても、関塚氏は合宿に呼んでいるのだよね。
>それでも選考してない。つまり、「柴崎がいない方が強い」と、関塚氏が考えているのではないかと。

 >まあ、「憲剛とジュニーニョがいない関塚さんは只の人」と言う向きも昔から多いのだが。

関塚さんを印象操作して
柴崎を選ばない事を見抜けない人って操作ですか?
Jリーグでの柴崎には触れない点は素晴らしいと思います。これも印象操作で貴方の唯一の善良性柴崎をJリーグでも評価していないのだからw

知性溢れるってのも皮肉なのでしょう?
数字だけのプレー精度でまともな数字が出るようにプレーの制限を掛けている
そういうアリバイプレーに終始してもクラブは常に柴崎の味方で使う

柴崎も鹿島もプレー的な意味とは別に知性がある。鹿島は今の戦力ならば降格さえなければ良い
スポンサーのほうが大切。柴崎は色々と疑惑がある選手だと思います。
その最大の理由は柴崎の能力不足と断罪される試合内容で批判が内外で噴出しにくい点ですが

とても残念な傾向です。
鹿島の山村、西、柴崎の三人は少しおかしいですよ。育成枠だとしても基本的な技術における才能が不足しており。山村西はまだ骨格面の有利さやビルドアップした努力の経過が伺えますから溜飲が収まります。
あのキックセンスに欠けた痩せっぽちのレジスタはなんなんでしょうね?疑問です
観客動員でも人気でも伸び悩み好き勝手している印象です
Posted by at 2012年04月11日 02:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237975118

この記事へのトラックバック