2011年12月24日

さようならACL

「baron」さん、「あら」さん、それぞれご指摘のように、グランパスはリーグ優勝してないですね。すみません、ガッカリしていたのですよ。反省の意を含めて、字消し線での修正とします。(12月28日、武藤)

 リーグ優勝2位のグランパスが、天皇杯準々決勝でマリノスにPK戦で敗れた。結果、リーグで4位になったベガルタのACL出場が消えた。

 悔しい。悲しい。

 2009年シーズン、J1昇格を決めたベガルタが天皇杯で準決勝まで進出した時に、私はACL出場確率4%と盛り上がった。まあ、はっきり言って、今期J終了時点での確率は、当時よりは高かったと思う。わずか2年で、ここまでベガルタが「サッカー能力」のレベルを上げる事ができるなど、想像もしていなかった。
 
 正直に言おう。
 私は弱気な人間なのだ。
 来期以降もJの4位以上に、ベガルタが入れるなどど、大それた事を想像はできない。だからこそ、来期ACLに出たかった。
 いや、もっとはっきり言おう。来期以降、このような機会が、我々に訪れるだろうか。などと了見の狭い事を考えるから、サッカーは最高なのだ。
 だからこそ、獲得できなかったACL。まあ、仕方がないよね。弱いクラブにはそのような権利は来ないのだ。

 だからこそ、悔しいし悲しい。
 実力の世界。そう言う事だな。
posted by 武藤文雄 at 21:47| Comment(8) | TrackBack(0) | サッカー一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現在の規定ではJ2の京都が優勝した場合は
ACL出場資格が剥奪されるはずです。
その場合は仙台が繰り上げ当選じゃないですか?

J2だからといってACLに出場出来ない規定も
疑問ですし、そもそもACL出場資格所有クラブが
優勝した場合には天皇杯準優勝クラブに与えられるべきじゃ
ないかとも思いますが、可能性は潰えてないかと。
Posted by masuda at 2011年12月24日 22:25
仙台は強いです。
今回は駄目でも、十年以内に、チャンスは必ず来ます。
Posted by arowu at 2011年12月24日 22:47
代表にはあんなに楽観的だったのに!!
でもなんとなくその気持ち分かります。

また一つサッカーの面白さを教わりました。
Posted by at 2011年12月25日 01:15
 自分も、本心を言えば、ベガルタは良くて中位、現実を直視したなら、残留争いに巻き込まれる可能性のあるチームだと思います。どちらにしても、今年1年、闘志あふれるよいサッカーを見せていただきました。感謝に堪えません。
Posted by vegakuma at 2011年12月25日 11:51
いろいろありすぎたけど...今年の俺たちは頑張ったじゃぁないですか!
武藤さんが吼えなくてどうすんのさ。
先のことなんて、どうせ分かんないし。
そのときに上がったり下がったりすりゃあいいだけのこと。
今はどーんと構えて、ガッツリ威張っときましょうよ!
Posted by ンなこたぁないっ!! at 2011年12月25日 14:04
名古屋、リーグ優勝してませんよ。
Posted by baron at 2011年12月26日 00:55
名古屋はリーグ優勝してませんね、リーグ2位でACL出場権を獲得しているだけです。
武藤さんには珍しい誤記ですが、そんなことはどっちでもいいほど仙台がACL出場を逃したことがショックなのが垣間見えますねw(失礼)

しかしものは考えようでは?

体力がない時は、二兎を追うよりは一兎。

一兎でも4位以上を想像できないのなら二兎を追うべきではないのでは?
来期の目標が一兎だけというのが幸運なことだと頭を切り替えたらいいと思いますが・・・
Posted by あら at 2011年12月27日 11:27
というか、masudaさんの仰るとおり、京都が天皇杯を獲ったらベガルタが繰り上げじゃないんですかね。4着だった時点で他力本願だったわけだし、あきらめるのはまだ早いような。どうなんだろう。
Posted by かわうそさん at 2011年12月29日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242378465

この記事へのトラックバック