2012年01月03日

FC東京の「格」

(TwitterでFC東京2点目時の間違いを指摘されたので、若干修正しました。2012年1月3日)

 2011-12年シーズン、天皇杯決勝。4-2でFC東京が京都サンガに快勝した。

 試合はおよそ決勝戦らしからぬ落ち着かぬ展開となった。東京が立ち上がりに、ルーカス、石川直宏の突破から好機を掴んだのに乗じ、一気に攻勢に出る。それに対して、サンガも攻め合いを受ける形となった。そして、いきなりサンガが先制。落ち着かぬ東京の隙を突いたサンガのショートカウンタ、今野が鋭い寄せを見せたが、不運にも今野に当たったボールがフリーの中山の前にこぼれたところで勝負ありだった。この失点直後も、東京は何を焦った無理攻めを継続、サンガの逆襲を食らうなど、非常に不安定だった。
 その不安定の危機を救ったのは、石川直宏と今野だった。強引な攻め込みからつかんだCK、石川がショートコーナからファーサイドにゴールに向かって巻くボールを上げると、今野がやや後方に下がりながら見事に叩き込んだ。

 同点になっても、試合は落ち着かぬ雰囲気が続く。そして、サンガペナルティエリア外で東京が獲得したFK。石川がボールが僅かにボールを流し、森重は逆サイドにクロスを上げる体勢から(しっかりと腰が入っていた)アウトフロント(インステップの外側と言うべきか)で強いボールでシュートを狙う。森重の体勢からクロスと読んだGK水谷は逆モーションとなり、反応が遅れ、ボールは見事にネットを揺らした。水谷の強気の性格が災いした場面、森重の判断力の勝利とも言えるだろう。
 この逆転弾の少し前の時間帯から、サンガは独特の短いパスでペースを掴みつつあった。一方の東京は相変わらずバタバタした試合を続けていたので、サンガの選手たちは「行けるぞ」的な感覚を持ち始めていたのではなかろうか。そういう意味では、この森重の才気による得点は、サンガの選手たちに相当ショックを与えたのかもしれない。すぐに入った東京の3点目は、信じられない程無様なものだった。サンガのゴールキックを、東京の高橋がヘディングではね返すと、そのままルーカスがGKと1対1となり決めてしまったのだ。この試合はとてもよい試合だったのだが、この失点だけは残念だった。東京の勢いは続き、悄然としながら短いパスをつなぐサンガのボールを拾い、左サイドでボールを受けたルーカスが、右サイドフリーの石川に展開、切り込んだ石川のシュートがバーを叩く逸機があり前半終了。
 
 後半、2点差にした東京はすっかり落ち着いた試合展開に転じる。ルーカスをトップに残し、逆襲を狙う布陣とする。一方のサンガも落ち着きを取り戻し、短いパスで丹念な攻撃を狙う。この状況下で、東京はサンガに圧倒的な「格」の差を見せる事になる。
 まずサンガのCBがルーカスを全く止められないのだ。後方からのフィードを受けるルーカスに対し、簡単にキープを許すのみならず、タイミングによっては裏もとられてしまう。基本的には安藤がマークしていたのだが、まともに止める事ができた場面は記憶にないくらいだ。このクラスの試合で、ここまでストッパがストライカを止められないのは珍しい。サンガとしては出場停止の秋本不在が非常に痛かった事になる。ルーカスが自在に前線でキープなり、突破できるから、後方から飛び出してくる石川、羽生らが変化を付ける事で、東京は再三逆襲速攻から決定機を掴める。
 サンガは、丁寧な攻め込みを続ける。東京が引いているだけに、遅攻に活路を見出すしかないが、そうなると攻撃の最後で、誰かが無理をする必要が出てくる。そして、サンガは突破が最も期待できる宮吉に、前に向いた状態でボールを持たせるところまでは成功した。しかし、この若く意欲的なストライカだが、今野を全く突破できなかった。子供扱い、手玉にとる、と言った表現をとりたくなるくらい、今野は宮吉を圧倒した。

 結果的には、後半1点ずつを取り合い、試合は4-2で終了。
 せわしない攻め合いが続いた前半半ばまでは、十二分にサンガにも勝機はあった。しかし、森重の一撃以降は、今野、ルーカス、石川と言ったFC東京の経験豊富な選手が、サンガに対し「格」の違いを見せつける試合となった。
 FC東京と言うクラブは、今野を筆頭に多数のスタア選手を抱えながら、何かしらそれらのスタア選手が力を発揮しきれない傾向(と言うか伝統と言うか)があった。そもそも、この戦闘能力で2部落ちした事そのものが異常事態だったのだ。けれども、このような「格」を見せてタイトルを獲得した「クラブとしての経験」は、このクラブにとってもとても重要な事に思える。あるいは、この試合(もっと言うと、森重が才気を見せた瞬間)は将来FC東京が「化けた」試合(瞬間)として記憶される事になるのではないか。
posted by 武藤文雄 at 12:30| Comment(3) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、少し浅い講釈のような気が。
お屠蘇の飲み過ぎ?
Posted by at 2012年01月03日 21:29
http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=11w15820120109
ドーハは悲劇ではなかった〜日本サッカー 絶望からの18年〜
ハンス・オフトの日本での最後の旅
その旅から、日本サッカーの未来を見つめるドキュメンタリー
1月9日(月)放送[BS1]後10:00〜10:50


https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20120109-11-26974
ドーハは悲劇ではなかった〜日本サッカー あの日からの18年〜
チャンネル:BS1
放送日: 2012年1月9日(月)
放送時間:午後10:00〜午後10:50(50分)

1993年のドーハで、日本代表をW杯初出場にあと一歩まで導いたハンス・オフト氏。監督業からの引退にあたり、日本へ挨拶の旅に訪れた。柱谷哲二や三浦知良、なでしこジャパンの佐々木則夫監督や現役の日本代表・遠藤保仁とも会った。ドーハとは日本にとって何だったのか、思索しつつ旅を見つめたのは作家・島田雅彦。指導者として30年を日本にささげ、歴史を変えたオフト。日本サッカーへのラストメッセージとは…。
Posted by at 2012年01月06日 11:16
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20120109-11-26952

伝説の名勝負「不屈の闘志激突!’85ラグビー日本選手権 新日鉄釜石×同志社」
チャンネル:BS1
放送日: 2012年1月9日(月)
放送時間:午後3:00〜午後5:50(170分)

番組HP: http://www.nhk.or.jp/bs/densetsu/

1985年1月、ラグビー日本選手権7連覇をかけた新日鉄釜石と、同志社大学が激突。松尾雄治と平尾誠二がかつての名勝負をフルタイムで見つめながら秘話を語り尽くす。

1985年1月15日、ラグビー日本選手権7連覇をかけた松尾雄治率いる新日鉄釜石と、平尾誠二率いる大学選手権3連覇の学生史上最強の同志社大学が東京・国立競技場で戦った。今も多くのラグビーファンが最も心に残る試合として掲げる試合だ。松尾氏と平尾氏が初めてフルタイムで試合を見ながら、今だからこそ明かすことのできる真実を語り尽くし、勝負の裏で何が起きていたのか、知られざる葛藤や駆け引きを明らかにしていく。

松尾雄治, 平尾誠二, 村上晃一
Posted by at 2012年01月06日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック