2012年05月10日

提案するならば、せめて考えてからやってくれ

 おかげさまで、ここのところ本業がどうも忙しい。今日も遅くに帰宅して、一杯やりながら最近一番愛読しているブログを冷やかそうとしたら、ガッカリ。本来であれば、1日で一番愉しい時間が、一番疲れる時間になってしまった。弊コメント欄にも書いて下さった方がいたが、またもゾンビのように、実行不可能提案が出されたようだ。
 田嶋幸三さんが提案したらしいが、提案するのは構わないが、頼むから少しは考えてから行ってもらいたいものだ。ここまで言語技術以前の思考技術が低くて、恥ずかしくないのだろうか。

 いくら理屈をこねても「秋春制」は実行できないのだ。それらについては、以前から再三再四講釈垂れてきたので、興味ある方は、これらをお読みください。
 上記のリンクを読んでいただければ、常識的な方ならば、簡単に理解いただけるだろうが、要約しよう。日本代表、J1、天皇杯、ナビスコ、ACLなどの公式戦は、(ナビスコのグループリーグとACLのように)同日開催可能なケースを除き、年間のべ約70試合ある。それらに重要な代表戦の準備期間などを加えると、現状の日本のシーズンは約44週が必要なのだ。つまり、休めるのは約2ヶ月のみ。そして、この44週で70試合をこなすのだから、70マイナス44で、約26週は週中平日に試合を行う必要がある。もし「秋春制」をとろうとすると(夏場をオフにしようとすると)、どうやっても11月から3月にかけての厳寒期に、週中の試合を相当数入れなければならなくなる。つまり、その厳寒期にナイトゲームを大量にこなす必要が出てくるのだ。
 我々好事家ならば、どんな寒くても、どんな雪が降っても、たとえ来るなと言われても、厳寒期ナイトゲームでも試合を観に行くだろう。しかし、大変残念ながら、我々のような物好きは少ないのだよ。
 つまり、「秋春制」を実行しようとしたら、「厳冬期に大量にナイトゲームを入れ込む」か、8月開幕7月閉幕のように「夏夏制、シーズンオフほとんどなし」でやるかしか、方法がない。つまり札幌、山形、新潟と言った豪雪地域でなくても、全く現実的ではない事なのだ。
 そんな事は少し考えればわかる。「他人に『言語技術がどうこう』言う前に、自分の『思考技術』を磨いたらどうだ」と言いたくなるではないか。

 誤解しないで欲しいが、私は現状の盛夏期に平日ナイトゲームが繰り入れられる日程は何とかすべきだと思っている。だから、上記リンク先の文章でも常々述べているが、
(1)J1のチーム数を減らす
(2)天皇杯の日程改革、特に元日の決勝をやめる
をずっと提案してきた。これらの改革を実施した上で、3月から12月までのシーズンをじっくりと皆が愉しむのがベストだと、確信している。北海道から沖縄まで、皆がたっぷり質の高いサッカーを堪能する事が何より重要だから。そして、その継続が、最短で「いつかワールドカップに優勝する道」だとも。

 もっとも、今回の記事を読んでいると、
日程改革検討委員で、Jリーグの中野幸夫専務理事は「来年はコンフェデ杯、東アジア選手権もあり、日程づくりが大変なので、ひとつの案として提示した」と提案理由を説明。検討委の提案は、2015年の完全移行を目標に、来季は6、7月に試合を開催せず、14年春まで18カ月かけてリーグ戦を行うことや、降雪地に配慮して1月、2月は試合を行わないとする内容だった。
18ヶ月かけて1シーズンをこなそうとしている模様。田嶋幸三さんが、「2013年以降も、毎シーズン1年半かけて実行しようと考えている」ならば話は別だ。これならば、厳冬期と盛夏期を避けてシーズンをこなす事ができるのは間違いない。

 私は不思議なのだよ。
 できない事が立証されている事を、幾度も幾度も持ち出す神経が理解できないのだ。本当に不思議なのだ。どうして、そんなにできない事をやりたがるのですか?
posted by 武藤文雄 at 01:52| Comment(21) | TrackBack(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同意です。
田嶋さん達が得をする利権構造があるんでしょうか?
Posted by at 2012年05月10日 02:30
多分、その時の思いつき>田嶋さn
8人制もそう。PDCAがない
Posted by naname at 2012年05月10日 13:00
J1枠削減の理念や意義は理解しますが、自分は賛同しかねます。というか、クラブ側は絶対飲めないでしょう。試合数減により、ただでさえ少ないクラブの収入が、さらに減ることになりますから。それを補てんするには、スポンサーを増やすか、入場料を上げるかしかないわけですが、このご時世でスポンサー増は望み薄ですし、入場料値上げはさらなる客離れにつながるでしょう。

収入を増やす手立てがなければ、クラブは人件費を削る方向に動くしかない。よって現状で試合数鵜を削減した場合、一部の選手以外の年俸がさらに抑えられることになると思うんですよね。

なので、自分は秋春反対論者ではありますが、結局のところ現状維持以外の手はないと思います。観客増などでリーグの価値が上がって放映権料がアップするなど、Jリーグをめぐる状況が変わらない限り難しいのではないかと。もしくは、海外資本(オイルマネーなど)の参入を許すとか。いずれにせよ、クラブの収入を担保できなきゃ、自滅の道を歩むことになるんじゃないでしょうか。
Posted by at 2012年05月10日 19:37
夕方の報道を見ると、「1月2月は空けて降雪地域に配慮した」などとのうのうと語っていらっしゃったそうで。
なら12月はどうすると?札幌なんて去年最終節前から練習場に困ってなかったっけ?ブレイク期間はずっとキャンプに出てろってこと?12月にリーグ戦やって、観客動員の見込みは?そもそも夜とはいえ猛暑の時期にサッカーは馴染まないとか言っておいて、8月開幕?
なんか矛盾だらけで開いた口が塞がりません。武藤さんご指摘のとおり移行のために18ヶ月やって、その後の計画は聞こえてこないけど、どうなってるんですかね?
夏場の過密日程を解消するのは賛成ですが、代案がお粗末すぎです。

選手会を交えて労使協議会を設けるということなんで、この件も話し合いをするでしょうが、選手会の見解が知りたいですね。よっぽど建設的な案が出て来そうです。
Posted by at 2012年05月10日 23:26
教会の収支っていう視点で見ると、Jリーグサイドから見たら全く不可解な秋春制が何度も提案される理由が見えて来るとかなんとか聞いた記憶。
@Jの放映権料アップ(マスコミサイドとして都合の良いシーズンスケジュールとは?)
A代表戦の収入アップ(マッチメイクに関する都合→ホームに人気国、海外有名選手を呼び易くするには?)

ここあたりベースに考えると秋春制に至る理由が不可解では無くなった記憶。

でもねえ、教会とかマスコミ側の問題をJクラブにすげ替えてるだけだと思うんだよねえ…
Posted by at 2012年05月11日 02:31
冬の寒い時期に試合をやれば、スタジアム観戦が減って、テレビ観戦が増える
→Jの放映料アップ
とでも考えてるんですかね。
でもJの放映料はJリーグに入るわけで、この理由も根拠にならない。
Posted by at 2012年05月11日 08:51
確か放映権料の価格維持での契約更新にあたって、『野球とバッティングしないように改革します。そうすれば視聴率はもっと上がります』がマスコミ側への殺し文句になりえるとかなんとか…
まあ、数年前に読んだ話なんで(数年毎に提案されるのも契約更新の時期だからとか)…
Posted by at 2012年05月11日 12:21
さすがに実現できないのはわかってるでしょう。
「やる気を見せる」とこに目的があるのでは?
誰に見せたいのかは謎ですけど。
Posted by TV観戦者 at 2012年05月11日 13:02
野球中継と幾らかぶろうが、代表戦は高視聴率をたたき出しているわけで、
野球とバッティングするのは関係ないですよね。
(というか、最近は野球中継が減りまくっていて、野球の方が避けてるみたいですけど。)

「やる気を見せる」というなら、12月開催中に現地観戦へ足を運べばいいのに、それを全くしないのは謎ですね。
おそらくやる気を見せる相手がクラブ以外の何か別物なんでしょけど。
Posted by at 2012年05月11日 15:42
放映権料といえばアジアでもJリーグを放送するらしいですね
どうやら売り込みに成功した様子
プレミアリーグを放送してる国もありますし、その兼ね合いもあるのかな?

とりあえずJ1クラブ数削減不可の理由に各クラブの放映権料が減ることを挙げてる方がいますが
アジアから放映権料を得ることができるならその増収分とクラブ削減による減収分は相殺できると思います
というか、どのクラブも収入が増えればその収入をベースに予算を組むでしょうから
このタイミングを逃すとクラブ削減はムリでしょうね…

なんだかんだ言って正月休みの天皇杯は好きですしクラブ数削減が一番の解決策だと思うんですけどね
Posted by たむ at 2012年05月11日 17:35
コメント3番目の方

>試合数減により、ただでさえ少ないクラブの収入が、さらに減ることになりますから。

単純にホーム2試合分の減収になりますが、全30節だと平日開催が確実に減るので、
プラマイゼロ、もしくは許容できる程度の減収で済むんじゃないかと思います。
特に夏場の連戦をゼロに近づける絶大ではないでしょうか?
Posted by やまぐち at 2012年05月12日 09:04
そもそもサッカー選手はサッカーが職業です。
となると削減は、ありえないでしょう。
仕事が無いよりマシでしょ?
4試合の削減で済むならターンオーバーすれば解決だしね。
武藤さんが繰り返す16チーム化も咄嗟としか言いようが無い。
Posted by ウンスタン at 2012年05月13日 01:06
北に配慮するのなら、将来的に可能性のある南のチームのJ1参入も考慮すべきですね。おそらく南の真夏をご存知ないでしょうけれども。まさか早い者勝ちなんて仰いませんよね?
Posted by 安里屋 at 2012年05月13日 17:18
>安里屋さん

南こそ一年を通して気温の変動が少な目で
ピーク時で言えば関東・関西・日本海側のフェーン現象の方が
よっぽど暑いですよ。
現にJリーグには南には九州に5チーム
四国に2チームあるでしょ?
これらの地域が暑くてサッカー出来ないって仰いましたでしょうか?
JFLにもロック・琉球がありますね。
これらのチームが暑くて出来ないと言ったのですか?
Posted by ウンスタン at 2012年05月13日 19:19
3月や11・12月の試合なんて
大阪ですら手袋・ひざ掛け必須で
魔法瓶に沸かしたてのお茶を持参しなければ
とても観戦に耐えられるような代物ではありません。
俺のような廃人級のJヲタならともかく
観客の9割以上はカップルや家族連れなどのライト層、
そういう客層が離れていくのはやらなくても分かること。
協会の馬鹿連中は代表さえ良ければ他はどうなろうがお構いなしなのだろう。
Posted by at 2012年05月15日 21:49
ロシアでできることが日本でできない訳はないと思うけど。人工芝が膝に悪いと言っても、寒冷地のほとんどはそうですし。

このまま平行線の話を繰り返すと、リーグ分裂の話が現実味を帯びそうですね。個人的にはそちらのほうが心配です。
Posted by at 2012年05月24日 18:06
「開催したくても出来ない」「行きたくても行けない」は問題ですけど、「寒いから行かない」は共感しにくいですね。「弱いから行かない」「つまらないから行かない」と異口同音でしょう。
協会主導で冬でも寒くないスタジアムを作ってみれば?とも思いますけど。
Posted by ナガミネ at 2012年05月27日 22:08
>Posted by ナガミネ at 2012年05月27日 22:08

日本は放っておいても集客できる
素晴らしいサッカー文化(爆)の国じゃない
ことくらい理解できるだろ?
小学生じゃないなら。


秋冬制なんかあきらめろ。
空中楼閣を建てることだって気がつかないのか?
Posted by at 2012年05月28日 12:23
そんな金があるなら夏に暑くないスタジアムを建てるのが急務だし
それが可能なら移行する意義も無くなるし
日本の競技場は高温多湿だからこそ欧州みたいに
体感温度を下げる風をブロックするために風通しの悪い構造にする事も不可能だから
「欧州のドコの国が出来てるんだから」
とか言っても無意味だよ
Posted by ののれ at 2012年05月28日 12:54
サッカー協会が秋春制の導入の理由に「日本代表の強化」という看板を掲げている以上、
移行の話は何度も出てくるはず。

だったら、「協会がスポンサー集めて自治体を説得して政治を味方にして、スタジアム及び練習設備を各県に作れ!」くらいの要求をしないと、いずれゴリ押しされかねないのでは?

G大阪はどんなスタジアムを作るんでしょうね。
Posted by ナガミネ at 2012年05月28日 20:37
プレミアはボクシングデーとかいって、一番寒そうな時期に1日おきに試合したりしてますよ。
お客さんも普通に入ってるし、やればできない事は無い。ベストメンバー規定とかいう意味不明のルールを消せばだけどもね。
日本では不可能?イヤだイヤだって文句言ってるだけだろうに。

不可能などはないのですよ。
それは君の頭が不可能だと思いこんでいるだけ。

メリットデメリットを考えず、デメリットだけを誇張して無理だイヤだ不可能だと言い出す。
まあ日本人の悪いクセだけども、少し思考が硬直しすぎてやしませんか?
Posted by at 2013年02月12日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【サッカー/Jリーグ】Jリーグ、臨時実行委員会を開き、秋春制への移行は最短でも15‐16年シーズンからになることを確認!
Excerpt: 1 :お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/05/29(火) 18:28:37.04 ID:???0  Jリーグは29日、臨時実行委員会を開き、秋春制への移行は最短でも15‐16年シーズンからにな..
Weblog: 芸能スポまとめっくす
Tracked: 2012-05-31 14:01