2012年10月12日

フランス戦前夜2012

 フランス戦とブラジル戦。すばらしいマッチメークだ。まずは、このタイミングで、敵地及び中立地で、ワールドカップ優勝経験国と親善試合を戦える事、そのものを喜びたい。

 各方面でも報道されているが、サンドゥニのフランス戦と言えば2001年の大惨敗を思い出す。98年のワールドカップ、00年の欧州選手権を制していた、あの時のフランスは強かった。直前のアジアカップを制し、「ユーラシア決戦」などと息巻いていた試合前が懐かしい。
 今更ながら12年前のあの惨敗は残念だった。トルシェ氏が惨敗にショックを受け、せっかく丹念に作り上げてきた美しい攻撃的なチームを、自らバランバランにしてしまったからだ。
 あの00年アジアカップの日本、名波のボランチ、中村俊輔と明神の非対称サイドMF、最前線に飛び出す森島、すばらしいチームだった。「これに、中田英寿が加われば」と、誰もが想っていた。しかし...
 あの試合はフランスも強かったが、日本の自滅だった事も忘れてはいけない。開始早々、故松田直樹の軽率なファウルでPKを提供、さらにその直後にGK楢崎のあり得ないファンブルからの失点。グラウンドが重馬場でキープが叶わないとか、プレスを技巧でかわされるとか、そうこう議論する前に個人のミスからいきなり2失点してしまったのだ。また、アジアカップでバランスがとれていた布陣に、唐突に伊東を加え3ボランチにしてバランスを崩したトルシェ氏の采配ミスも痛かった。そのような不運(まあ、それも実力だが)が重なっての大惨敗だったのだ。だからこそ、せっかく築き上げてきたあれだけ魅力的なサッカーを、別な欧州南米の強豪に試して欲しかった。
 けれども、母国に対して惨敗してしまったトルシェ氏はよほどショックだったのだろう、翌月のスペイン戦に、極端な守備的な布陣で臨む。続く、コンフェデで、いくばくかの修正を加え、アジアカップよりは守備的だが、とてもバランスがとれたチームの原型が完成。あのチームは翌年に向けての進撃を再開した。
 歴史である。
 そして、2002年は快適だった。また、上記の2001年のコンフェデの日本もすばらしかった。特に代表デビューの鈴木隆行のいきなりの2得点で勝利したカメルーン戦は、日本サッカー史に残る快勝だった事は間違いない。でも...
 でも、私は名波が全権を把握し、森島を軸に両翼から中村と明神が仕掛けるあの美しいチームが、世界のトップレベルと戦う姿を見たかったのだ。もちろん、叶わなかった夢を思い起こすのは、それはそれでとても愉しいのだが。

 あれから12年。長いようで、あっと言う間だった。
 我々も相当な経験を積んだ。
 そもそも、フランス代表が圧倒的存在だったのは、過去40年を振り返っても案外短い。いわゆるプラティニ時代の70年代後半から80年台半ばまで。そして、いわゆるジダン時代の90年代後半から00年代前半まで。ある程度の期間、圧倒的で他国からも尊敬を集めていたのはこのくらいだろう。もちろん、パパンがすばらしかった90年代初頭も、準々決勝のブラジルを仕留めジダンの頭突きまでの06年の10日間足らずの間も、すばらしかった。ただ、これらの期間を除くと、フランス代表は「欧州のちょっと強い方の代表チーム」なのだ。ドイツやイタリアが、そしてもちろんブラジルやアルゼンチンが、常に「圧倒的存在」だったのとは状況が違う。
 そして、フランスは苦しんでいる。もちろん、デシャン氏だ。立て直しつつあるのだろう。
 アジアレベルから欧州南米のトップに近づこうとしている国が、切り札監督を就任させた欧州の1.5番手国との敵地戦を戦う。そう言う試合だ。

 岡崎がいない。さらに前田もいない。よりによってこの2人の「同時」離脱は痛い。また本田も負傷がちだと言う。しかし、憲剛がいるし、清武もいる。とうとうザッケローニ氏は寿人も呼んだ(寿人については、別にちゃんと講釈を垂れます)。
 難しい試合になるかもしれない。でも、勝ちたい。そのような状況下でも、しっかり勝つチームであって欲しい。我々の目標は、2014年での圧倒的好成績なのだから。
posted by 武藤文雄 at 01:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「欧州のサッカー界が崇高だ」と言う意見がいかに、適当で根拠ないかわかりますな。
>RT @tete_room: フランス代表の会見。キャプテンでGKのロリスに対し「キャプテン翼を見ていたか?」「あなたは若島津派か、若林派か?」という質問が、フランスのメディアから出ていました(笑)


それを、欧州遠征ラトビア戦の後で日本のテレビ局のインタビューでひと悶着を起こした中田英寿に言ってやれよ。

あのサンドニのフランス戦は、微妙にピークアウトしつつあった中田英寿(&次原悦子)が味を占めた試合だったな。

5年後のドイツワールドカップでも効いてきた。
Posted by at 2012年10月12日 10:22
>すばらしいチームだった。
>「これに、中田英寿が加われば」と、
>誰もが想っていた。しかし...

日本の勝利より、自分を際立たせることが儲になると
感づいたサンドニの試合だったのさ。
Posted by at 2012年10月13日 06:00
乾を永久追放、もう見たくもないっていったぐらいだから当然今日の乾の評価も書くんですよね武藤さん・・・
Posted by at 2012年10月13日 06:24
Twitterで一言も乾のこと発言しませんでしたねw
Posted by at 2012年10月13日 07:40
乾のことを無視しないであげて下さい。

彼は失敗もします。しかしそれ以上に努力をします。それで今まで這い上がって来ました。
辛い時期があってもサッカーを続ける彼の姿はとても一途で、他の代表選手、ボーダーラインの選手、Jの選手達にも希望を与えているはずです。

彼は実力で代表を掴み、そして実際献身的なプレーを見せてくれました。

今までの日本代表から更に違いを作ってザックJはレベルアップしたと思います。

日本代表である乾を認めないことはJリーグで頑張っている他選手達も否定することだと気付いて下さい。乾は日本のJリーグで育った選手です。
Posted by at 2012年10月13日 11:35
2001年のピッチよりマシだったとはいえ、あのピッチにしっかり対応できてる選手がほとんどだったのには驚きました。

2001年の試合後、日本の選手がデュガリーが固定式のスパイクでプレーしていたことに驚愕していたことを思い出します。

特にJの固いピッチで普段プレーしている遠藤と今野がしっかりプレーできていたのはうれしかったですねえ。
Posted by ガンバサポ at 2012年10月13日 14:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック