2004年04月15日

お2人に問いたい

 最初に言い訳、ここ最近本業に多忙で、掲示板への書き込みや、blogへのコメントやトラックバックをいただきながら、返答もせずに申し訳ありません。週末には何とかと思っております。ついでに今日も疲労気味なので、だいぶ強引な事を書きます(笑)。


 メンバ発表するジーコ氏と共に記者会見に臨んだ平田氏と田嶋氏に伺いたい。本当にこれでよろしいのですか。
 平田さん、今回の東欧遠征をはじめとする強豪との交流は、貴兄を筆頭とする日本協会の事務部門の素晴らしい仕事の成果だと思います。せっかくの貴兄たちのアレンジが、このような準備のチームに消化されてよいのですか。
 田嶋さん、ここ十年来の日本サッカーの世界での好成績は、貴兄を筆頭とする日本協会の技術部門の素晴らしい仕事の成果だと思います。せっかくの積み上げられたノウハウが、肝心のA代表チームで全く活かされていない現状を耐えられるのですか。


 先日来再三疑問を呈している事をまた述べるのは何ともむなしい。しかし、いくらシツコイと言われようが、不思議でならないのだ。本当にA代表周辺の方々はこれでいいと思っているのだろうか。

 ただ、思い当たる要因がなくもない。大東亜戦争における日本軍の失敗を思い起こすのだ。特にあの戦争で最も悲惨な作戦と言われるインパール作戦においては、机上検討でも作戦の失敗は自明だったにも関わらず、陸軍内の人間関係による遠慮や、撤退を進言する事で勇気がないと非難される事への懸念のために、作戦が強行され、幾多の方々が生命を落としたと言う(戦争史分析の名著と言われる失敗の本質を参照しました)。
 「たかがサッカーに戦争と言う非常事態を喩えにするのはいかがか」と思われる方がいるかもしれないが、最近のA代表チーム周辺を見ると、どうにもこのような思いを持たずにはいられない。

 かくも優秀な平田氏にも田嶋氏にも、日本サッカーのために真の勇気を発揮していただけないものだろうか。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一
4122018331
posted by 武藤文雄 at 23:51| Comment(2) | TrackBack(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
犬飼氏の「秋冬制」は、インパール作戦に思えて仕方がない。
Posted by at 2008年08月08日 16:56
中西大介の「2ステージ&プレーオフ制」は、インパール作戦に思えて仕方がない。
Posted by at 2013年10月19日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32758856

この記事へのトラックバック

アビリーンの逆説
Excerpt: 昨日のジーコ監督による東欧遠征メンバー発表について、武藤文雄さんのBLOGに「お2人に問いたい」という平田GSと田嶋技術委員長へ向けて疑問を投げかけるコラムが書かれています。優秀かつそれぞれの分野で実..
Weblog: 湘南蹴鞠屋
Tracked: 2005-01-01 00:00

[サッカー] 監督の仕事とは
Excerpt: id:helgueraさんがJリーグの現在・過去の優秀な監督にあってジーコにないものを端的に指摘していますが、本当にこういう直感頼りという開き直りをされちゃあ、もうどうしようもないですよね。 ジーコが..
Weblog: 昨日の風はどんなのだっけ?
Tracked: 2005-01-01 00:00

もういいか、でも続いちゃう(苦笑)
Excerpt: ジーコ 私の采配が悪い。チームがどうしようもない。ネガティブなことばかり取り上げ
Weblog: KET SEE BLOG
Tracked: 2005-01-01 00:00