2004年04月24日

歓喜の夜をありがとう

 いや、本当に見事な勝利だった。確かに一昨日懸念した通り、ボールをキープする能力や競り合いでのフィジカルなど、戦闘能力と言う意味では劣勢だった。北朝鮮と10回試合を行えば、甘く見てもせいぜい2勝2分け6敗くらいの差があったのではないか。しかし、タイトルマッチは一発勝負。この場合、勝敗を分けるのは「周到な準備」。そしてこの日の日本はその「周到な準備」で、完全に北朝鮮を上回っていた。さらに、日本が上回っていた事がある。それは「攻撃における選手の想像力」。想像力と漢字を用いたが、サッカー言葉としては、イマジネーションあるいはヒラメキと言った方がわかりやすいかもしれない。つまり瞬間瞬間でのとっさの判断による即興的な変化の事。このサッカーの本質と言ってもよい分野で、日本は北朝鮮を圧倒した。以下詳説したい。



 まず「準備の周到さ」

 開始早々から日本の守備方式で疑問だったのは、左右の不対称。日本から見た左サイドは矢野、山本とサイドプレイヤ2枚を並べているのに対して、右サイドのMFは不在で、サイドバックの川上とボランチの酒井が流れての守備。最初は開始早々鮮やかな4人抜き?を演じた快足川上の攻撃参加を狙っての事かと思ったが、どうも北朝鮮は左サイドからのアーリークロスをほとんど狙わないようで、その事を熟知していた日本の策のようだった。実際この左サイド2枚守備は後半半ばまで北朝鮮に決定機を与えないのに奏効したのだから上田采配はズバリ。

 中央の3人、山郷、磯崎、下子鶴も、身長差を感じさせない粘りはもちろん見事だったが、敵FWなりアーリークロスに対する判断の良さが目立った。自分自身の最高打点の認識が適切だったのも大きいが、加えて敵の特長を事前に存分に理解していたのだろう。特に後方に引きつつ身体を張れる敵エースの10番へのマークなどは、引き過ぎず上がり過ぎず実に見事だった。

 さらにドイスボランチの酒井と宮本の分業の見事さにも恐れ入った。北朝鮮のチェックの強さを考えるとMF後方から前線に抜け出すためには、ボランチがよい体勢でボールを受ける事が肝要。そのための策としてだろう、酒井がとにかくつぶれて、展開を宮本に一任していた。酒井の献身振りも素晴らしかった(この試合のMVPは酒井と見る)が、宮本もよく我慢して展開に専念した。もし、宮本が味方の苦境を救おうとしてつぶれる仕事まで行っていたならば、日本はより猛攻にさらされ一層苦しい展開を余儀なくされただろう。

 3点目のCKの見事さも準備の賜物だろう。身長差で優位にあるためだろうか、北朝鮮は二アサイドに合わされるのを警戒していたようだ(2人の選手が壁に立っていたのその証左)。その北朝鮮の警戒に対してあえて逆をつき、宮本が敵DF陣の後方から進出し競り勝った。正確に合わせた山本の技術と合わせ、見事な得点だった。



 そして「攻撃における選手の想像力」

 とにかく2点目である。あの時間帯、日本サイドは「何とか1−0のままハーフタイムを」と必死に北朝鮮の猛攻に耐えていた。そして、逆襲から前線で澤がよい体制でボールを受け、「これで前半リードで終われる」とスタジアム中に安堵感が広がった瞬間だった。澤がヒラメいた。自らの技巧から大谷、荒川と見事な連携により、荒川をペナルティエリア近傍で前を向かせる事に成功。ここで荒川も想像力を見せ付ける。シザースを交えたドリブルで敢然と敵DFを打ち破り見事な低いセンタリング。結果的に自殺点となったが、後方に日本選手(大谷?)が詰めており、北朝鮮DFのミスがなくても日本の得点となった確率が高い。時間帯と言い、美しさと言い、アイデアと言い、形容し難い得点だった。

 1点目のDFミスの直後の荒川の冷静さ、開始早々の川上の傍若無人な突破振り、終盤の丸山の単身での強引な前進なども、とっさの判断の適切さを感じた。

 逆に北朝鮮は上記した通り日本の周到な準備の下の注文相撲に完全にはまり、試合終了まで力任せの強引な攻撃に終始し、変化をつける事ができなかった。そして、その差がこの大一番の勝負を分けた最大要因だった。そしてこの差は案外と大きいものに思える。

 さらに妄想を広げる。私は過去女子ワールドカップなり女子五輪をそう多数観戦した訳ではない。しかし、私が過去観戦したいくつかの試合では、この2点目のようなアイデアに富んだ得点はほとんどなく、展開の速さや中央での高さや混戦での強さによるものばかりだった。したがって、日本が国際試合でこのような得点を上げる事ができるとすれば、世界レベルにおいても近い将来の日本の女子サッカーはかなり期待できるのではないのか。



 素晴らしい試合だった。

 スタジアムの雰囲気も素晴らしかった。私もその歓喜の一員になれた事は大変嬉しい。ただし、間違えないないようにしよう。我々サポータが彼女たちを五輪に行かせたのではない。彼女たちが私たちに歓喜を提供してくれたのだ。

 最高のプレイと歓喜を提供してくれた、我らが大和撫子に改めて多謝。
posted by 武藤文雄 at 22:29| Comment(2) | TrackBack(2) | 女子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3点目の話とも少し関係するのですが、<br />
グループリーグでの戦いではボールを<br />
左右に大きく動かすプレーはほとんど<br />
見られませんでした。まぁ、これだけなら<br />
Lリーグではよく見られる光景なので、<br />
「あまりチーム状態良くないのかなぁ」と<br />
思っていたのですが、今にしてみると北朝鮮を<br />
騙すためにワザとそうしていたのかもしれません。<br />
<br />
「グループリーグでは不調そうに見えましたが」という質問に上田監督が「私はそうは思っていません」と答えたのは<br />
そういうことなのかも。「敵を騙すには<br />
まず味方から」と。恐れ入りました。<br />
<br />
ただいまテキストライブで観戦中。ええい、<br />
月曜はプロ野球ないのだから生中継せんかい!
Posted by masuda at 2004年04月26日 19:33
確かに。<br />
ここまで見事な注文相撲が決まったケースはあまり記憶にないですね。<br />
そして、それをあの異様な雰囲気の中で実現するのですから、すばらしい。
Posted by 武藤 at 2004年04月28日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32758871

この記事へのトラックバック

やったぁ! 女子サッカー!
Excerpt: 女子サッカー! やったね! 北朝鮮相手に3−0! 素晴らしい試合でした。 ここ
Weblog: at most countable
Tracked: 2005-01-01 00:00

歴史的試合!
Excerpt: これほど、感動する試合を見たのは本当に久しぶりだった。 91年以来一度も勝っていない、しかもアジア最強と言われる北朝鮮を相手に一歩も引かない断固たる決意を持ってこの試合に望んだ事がヒシヒシと感じられま..
Weblog: 親方の虹
Tracked: 2005-01-01 00:00