2003年11月23日

映像を堪能できなかった一日

 実は、トリニータ−ジェフ戦(トリニータが引き分けベガルタとのJ1残留争いは最終節の直接対決に持ち込まれた)にしても、アルビレックス−アルディージャ戦(アルビレックスがJ1昇格を決定)にしても、全く映像を見ていない。いずれにせよ、結果は私にとって最高のものだった。もし映像をリアルタイムで見る事ができたら、その興奮たるや凄かっただろう。その興奮を味わえなかったのは少し寂しい。
 しかし、今日は朝から夕刻遅くまで、少年団の大会があり、監督だ審判だと大忙しだったから仕方がない。今日一日を過ごしたグラウンドには、少なくとも私を必要としていた人たちがいたのだ。昨日は最高の贅沢な体験をしたのだから、今日は最高の結果のみに満足すべきなのだろう。

 ともあれ、いよいよ最終節での直接対決にまでこぎつけたベガルタ。何回も死にそうになり、何回も絶望の淵に落ちかけ、何とか踏みとどまりつつ、昨日また叩き落された。しかし、最後の最後、最終節で徳俵に残った。ここまで残れたと言う事は、サッカーの神がベガルタのJ1残留を要請していると言う事なのだ。
 敵方のトリニータ。貧乏度合の地方の雄と言う意味では類似性の高いチームだ。トリニータ関係者は、今日決められなかった事を悔やんでも悔やみきれない思いの晩を過ごしているに違いない。サンドロ、吉田、三木、寺川と言ったJリーグの申し子のようなタレントを丁寧にまとめ、堅固な守備を軸にしたとてもいいチーム、尊敬に値するチームだ。しかも、梅田、高松のような優秀な人材を着実に成長させてきた。ホンネを言えば、このチーム共々残留したかった。来シーズンは同じ仲間のアルビレックスも来るのだし。
 でも仕方がない。来節勝つのは我々なのだ。

 とは言え、各種報道で見た反町氏の笑顔には本当に感動した。妻が「生涯最高の笑顔ではないか」と言ったが、私は即座に否定した。「反町には、日本代表監督としてもっといい笑顔を見せてもらわなければいけない」と。
 と、日記を書いていたら、先日触れた例のHから電話がかかってきた。「ここまで、追い詰められて、上がれたのは天の配剤だ」と涙ぐみながら語ってくれた。おめでとう、H、そして反町。

 来節、我々も続くのだ。そして、来シーズン仙台でも新潟でも、アルビレックスを打ち破るのだ。

(5年近く経ち、内容が不明確になってしまった部分やリンクを修正しました 2008年8月15日)
posted by 武藤文雄 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック