2004年10月14日

格の違い

 立ち上がりこそ、敵の前掛りに守備陣が若干混乱したが、そこは個人能力で守りきり、次第に攻め返す。小野の正確なフィードから中村がヒールで流し、高原が抜け出しかけた決定機場面は圧巻。前半の終盤はオマーンがボールをキープしても、何ら脅威が感じられなくなったところで終了。

 先制ゴール、小野のFKが起点となり中村が鮮やかな動き出しで抜け出し、美しいフェイントで突破、完璧なセンタリング、鈴木のアプローチとヘディングも言う事なし。(それにしても、小野と中村2人の連係による得点は、初めてではなかろうか、今後何回も何回も何回も見る事ができるだろうが)。後は川口の飛び出しミスによるピンチ以外は、ただ時計を進ませるだけの試合となった。

 格の違いを如実に見せつけた、つまらない試合だったな。

 確かにオマーンは日本に近づいた。しかし、一方で埋めようの無い差を明確に見せ付ける事ができた試合となった。中田と久保抜きで、これだけの試合。2次予選に向けて、他国のショックも大きかろう。

 

 それにしても、この日の中村は凄かった。中盤でボールをキープして奪われたのは、ただ1度。そして完璧なアシスト。彼の経歴の中でも最高の試合と言えるだろう。そして、上記した小野との連係。この日の出来を見せられると、中田、小野、久保のランクに入ってきたと言っても、褒め過ぎではないだろう。

 小野自身は相当守備に軸足を置いたプレイだったが、それでも前方に進出すれば、圧倒的な存在感。鈴木に通したロングパス(直後鈴木がペナルティエリアで倒されるも、審判がPKを取らなかった場面)の美しさ。

 中澤の対応力も相変わらず完璧。中澤の存在が、交通事故のリスクを最小限にしてしまう。ここを破るのは相当難しい。中澤も中田たちのランクに近づいてきているな。

 決勝ゴールの鈴木も、彼自身の歴史で最高のプレイではないか。上記のPKもどきの場面の倒れ方を除けば、前線でのボールの引き出し、キープ、守備など期待されるプレイは100点満点。さらに得点を決めた事で、120点の出来と言ってよいだろう。

 福西も代表ゲームで、ようやく働き場を見つけた感がある。落ち着いて守備を固め、小野と中村に献身し、時に前進する。

 その他の選手も、しっかりとこの試合に合わせてきた。過去、重要な試合の度に体調を合わせ損ねたスタッフワークも、さすがに今回は完璧だったと言えよう。

 

 やれやれ。



 ところで、韓国が苦戦しているみたいだね。頑張ってね、一緒にワールドカップ出ようね。
posted by 武藤文雄 at 01:45| Comment(11) | TrackBack(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スコア以上の圧勝でしたね。<br />
大人と子供の差があったような試合内容でした。<br />
<br />
韓国のことを心配しているようですが次戦ホームでモルジブに勝てば自力突破決定なので九分九厘二次進出決定していますよ。<br />
<br />
なお韓国とは同組になる事は無いのでよっぽどのことが無い限りドイツ行きが現実的になりました。<br />
<br />
あとは3ー5ー2での俊輔と中田の共存問題くらいでしょうか。
Posted by ATS at 2004年10月14日 05:14
2002年のワールドカップを代表するような泥臭いゴールというイメージがあるのですが、あのヘディングはそれとはまったく逆の見事なものだったと考えます。<br />
<br />
彼自身が望むなら、再びベルギーでやらせても良いように思うのです。<br />
セレーゾ体制で彼をやらせるのは可哀想に思う次第です。<br />
<br />
恐らく2002年後も日本でプレーさせていればあの進歩は無かったと考えています。<br />
お金がらみのベルギー行きでしたが、それを上手く活かし自らをよく高めたと思う次第です。<br />
彼は芽が出ない時期は長かったですが、そこからはゆっくりではありますが、着実に伸びている事に素直に喜んでいます。<br />
<br />
<br />
Posted by 弥七郎 at 2004年10月14日 06:31
軽くいなした、という感じですね。<br />
でも武藤さん、中村は試合終盤は<br />
無理やり相手選手が密集しているとこに突っ込んで何度かボールを<br />
奪われてますよ(笑)<br />
まあ致命傷にならなかったので<br />
良かったんですけど。<br />
<br />
選手一人一人が自分の果たすべきミッションを遂行できた結果でしょうか。<br />
MONは中澤だと思います
Posted by トラマ at 2004年10月14日 08:51
先日筆者と一緒に行った審判講習会のえらい先生が、「とにかく点がたくさん入った方がいいのでそういうレフリングを」と断言してましたが、簡単にそうは言えないと私は思ってました。<br />
武藤さんもそう思っていたはずです。<br />
<br />
胃が痛くなるような昨日のような試合は観戦者は疲れますが、これもサッカーの楽しみだと思います。<br />
<br />
勝ってほんとうに良かった。
Posted by 少年団の同僚 at 2004年10月14日 14:22
これでやっとオマーンの呪縛から解放されましたね。<br />
皆さんお疲れさまでした。自分も・・<br />
長い8ヶ月でしたね。<br />
結果としては過去2回の対戦でオマーンは手の内を証してしまった気がするんですよ。<br />
2月の対戦だけだったら、前半の猛攻に落ち着いて対応できたかどうか・・・<br />
まぁ、これで来年もワクワクドキドキの痺れる試合が味わえるってもんです。<br />
サヨナラ、オマーン。
Posted by ナナゴン at 2004年10月14日 22:28
モルジブもまだアジアトップの域にはありませんが<br />
ホームでベトナムに30と勝てるのはなかなかのものになってきているようです。アジアカップ出場国の次のレベルくらいには来ているのではないかと。
Posted by Unknown<br> at 2004年10月14日 22:42
後半は前半と違った意味で楽しめました。10人の相手に3点差追いつかれるかねぇ。オマーン戦は前半25分くらいから見始めたのですが、エンタテイメントとしてはナビスコ杯のほうが上。<br />
<br />
いや、ナビ杯みたいに違う意味で盛りあげられても困るのですが(笑)。<br />
<br />
それにしても、中村は体強くなったねぇ。嫁さんもらうと変わるのか?嫁さんのデビュービデオ(当時14歳)持ってるけど、かわいい人だよん。
Posted by masuda at 2004年10月14日 23:36
さあ、武藤さんのシンガポール戦のメンバーへの講釈が楽しみです。
Posted by 赤星 at 2004年10月14日 23:58
>ところで、韓国が苦戦しているみたいだね。頑張ってね、一緒にワールドカップ出ようね。<br />
武藤さんのこういう投げやり(ですよね?)な所好きです。笑いました。
Posted by Unknown<br> at 2004年10月15日 12:25
これだけ対戦して、辛苦を(TV画面を通して)オマーンに愛着がわいてしまい、ああ、あいつら終わったんだな・・・(最終予選でたところで突破できなかっただろうケド)と妙な感傷に浸ってしまいます。講釈と関係なくてスイマセン ばいばいオマーン マチャラ、オシムの後任にどうかなぁ
Posted by とんちゃん at 2004年10月15日 12:52
今回のゲームは最近では一番安心してみれたゲームでした。やはり小野が入った中盤は中村が活きる時間が増えると思います。私は試合の結果からの意見は分析だと思ってますから。もちろん代表が勝つことがすべてですが。安心してみれたゲームの一つです。
Posted by だんでる at 2004年10月16日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【速報】ジーコのあるアイディア
Excerpt: 一次予選を突破したことには拍手。だが, ジーコ監督「あるアイデアがある」−最終シンガポール戦 いいのか?これで!消化試合になったとはいえ,W杯の「予選」を「引退試合」扱いして!これは調子に乗りすぎでは..
Weblog: 魚類の人
Tracked: 2005-01-01 00:00

ドイツW杯 一次予選 日本vsオマーン (第2戦)
Excerpt: 負けはないだろう、試合前からそうは思っていたんだけど、1戦目の終了直前でのやっとの勝ち越しや アジアカップでの防戦一方の試合を思い出すと、やっぱり不安はあった。 試合開始からしばらくはその不安を拭い去..
Weblog: big flag 〜友人Sの長征 学習塾経営編〜
Tracked: 2005-01-01 00:00