2005年01月24日

続日本、欧州間の移籍金問題

 昨日の拙稿に関して、様々なコメントをいただいた。また、たまたまほぼ同じタイミングで、本件に関して全く異なる解釈をされていた方のWEBサイトで拙稿を含め、FIFAの規約の分析を行っていただいているようだ。

 結論から言えば、昨日述べた私の理解は誤りだったようだ。私はボスマン判決の影響は、EU内限定だと考えていたが、それに則ってFIFAが国際移籍規定を変更しているとの事。抜粋するとコメント欄で指摘いただいたこちらになるみたい。勉強不足でした、ごめんなさい。



 ただ、往生際が悪いが、正直言って、このFIFAの規定は驚き。これは異なる国同士の為替差(言い換えると物価差あるいは人件費差)を全く意識していない。同国間(あるいはEU間)だったら、契約で拘束する期間が終了すれば、他のクラブのオファーを自由に受ける事ができるのは納得できない事ではない。けれども、この規則を文面通りに理解すれば、例えば日本なりUSAなり西欧諸国なり比較的物価及び人件費が高い国は、そうでない国のサッカー選手が所属クラブとの契約を終えた時に、為替差を利用してその国では得られようも無い収入を提示すれば、簡単にその選手が入手できる事になってしまうではないか。

 南米や中米などの各国、あるいは各クラブは、この規則に従い、なすがままに欧州(もしからしたら日本も)のクラブに選手を供出しているのだろうか。それとも、この規則を遵守するために、押さえたい選手には皆複数年契約をしているのだろうか。もっとも、複数年契約を拒絶されたら、止めようはないのだけれども。

 このような不平等な規定を、FIFAが規定して構わないのだろうか。



 もっとも、FIFAの規定がどこまで拘束力を持つかも議論の対象となろう。EUにおいては司法判決が出ているのだろうが、他の国ではそのような判決が出ていないとしたら、各国協会はFIFA規則に殉ずる順ずる必要はない。例えば、現状のJリーグ移籍規定は日本の法律では違法判定が出ていない。したがって、アントラーズサイドから言えば「FIFA規定そのものが無効」と強弁する事も可能かもしれない。あるいは、「日本国内においては移籍金の支払いがなければ、契約終了にはならない」などの屁理屈も可能かもしれない。

 もちろん、そのような屁理屈をこねたところで、失うコストは小さくないから、どこかで落しどころが模索されるのだろう。



 とは言え皆様、貴重なご意見多数ありがとうございました。
posted by 武藤文雄 at 23:57| Comment(8) | TrackBack(1) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・であるからこそ、トヨタカップは存在意義を失った訳で
Posted by Unknown<br> at 2005年01月25日 10:51
差益差を利用してハイパフォーマンスな製品を輸入するのは普通の行為ではないかと思います。<br />
少なくと私の所属する業界は海外から多くの優秀な外国人が入ってきていますが、これらはひとへに日本人よりもコストパフォーマンスが良いからです。<br />
なぜサッカー選手と言うだけでこの原則が適用されないのでしょうか?<br />
契約期間は終わっているのですよね?
Posted by 楽しく読ませてもらってます at 2005年01月25日 12:25
↑<br />
周りで普通に行われてるからといって是非の論議が済んでいるというわけではありませんよ。<br />
よってそんなものを「原則」と言い切るのは危険でしょう。<br />
それはサッカー以外の業界でも然り。<br />
保護主義にも一定の意義はあるもので大切なのはバランスでしょうし、バランス調整が本道なために、この手のテーマはわかりやすい答えがなくて厄介なんですが。<br />
さらに重要なのはそのバランスに配慮し続ける意志なんですが、強権的なFIFAにはそんな発想なさそうですね。<br />
Posted by Unknown<br> at 2005年01月25日 18:10
南米はブラジルにもボスマン判決と似たような法律があります。要は欧州でも南米でもサッカー先進国では、クラブの影響力が強すぎるので、選手にもっと自由な権利を与えようという動きがあったのです。それを受けてのFIFAの規約改定です。選手はクラブの奴隷ではない、そういうことでした。それが今、別の問題を産んでいるのも確かです。故郷に誇りを持ち、地元クラブに誇りを持つ南米の選手達は、自分達で契約を延長し、移籍金を残していくことが多いようですが。
Posted by Unknown<br> at 2005年01月25日 23:47
南米の話が出ていたので、最近の契約手法の一例を書かせていただきます。<br />
最近は、クラブと選手が契約する更新する際、<br />
「その契約を破棄するときの違約金(移籍金ですね)の(例えば)30%を選手の取り分とする」<br />
といった条項をいれるケースが増えてます。<br />
これだと、移籍金が高くなることによって、選手にもメリットがあるわけで、なかなかよろしいアイディアかもしれません。<br />
ロビーニョやマスチェラーノもこういった契約を所属クラブと結んでいます。<br />
<br />
日本でこういった手法をそのまま適用できるかはわかりませんが、契約をいろいろ工夫することは必要でしょうね。<br />
Posted by ひろーり at 2005年01月26日 16:59
是非の議論は行う必要もないぐらいに、はっきりと終わっていると思いますが。<br />
契約期間が過ぎているのに拘束力があるというのは雇用者側の都合でしかありません。保護主義に一定の価値が有るのは、それが利益につながる人間側か、その産業を保護する為の理屈でしかありません。<br />
そして、それらは輸入の問題です。<br />
今回のケースは輸出の話しでしょう。<br />
保護する事によって誰が利益を得るか?<br />
それが国内産業にとって有意義か?<br />
考えてみれば答えは出ていると思いますが。<br />
私の考えは過激すぎますでしょうか?
Posted by 楽しく読ませてもらってます at 2005年01月27日 00:24
↑<br />
過激というより単純かな
Posted by こめんと at 2005年01月27日 01:41
資源の「流出」という形での輸出にはどこの政府も神経を尖らせてますよ…。人的資源に関してもね。<br />
なんせ元手がかかってますから。
Posted by ごくふつうに at 2005年01月28日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中田(浩)選手移籍続報
Excerpt: 中田浩二選手の移籍に関しては、新たな記事が出てきました。 鹿島側は中田(浩)選手
Weblog: KET SEE BLOG
Tracked: 2005-01-01 00:00