2005年06月04日

続 格の違い

 まだ日本は甘い。中村にせよ、中田にせよ、何故につまらない警告を受けてしまったのか(もっとも中村が何ゆえ警告を食らってしまったのかは、映像を観る限り全く理解できなかったが)。本当に強いチームと言うのは、そこまで見越しての戦いをしなければ。



 ともあれ、昨年の敵地オマーン戦同様、完全に格の違いを見せ付ける試合となった。開始早々に、中田がハーフウェイライン手前の右サイドから、左サイドのアレックスに見事なロングパスを通した場面。この時点で、選手の個人能力に決定的な差がある事が見て取れた。一体、日本中、バーレーンの何を怖れていたのだろうか。

 そして、中田と福西のボランチラインで、バーレーンの攻撃はほとんど止まる。2列目から遊弋する中村、小笠原を、バーレーン守備陣が捕まえられない。さらに、バーレーン全体が引いているために、ロングボールを入れられても、楽にこぼれ球を拾える。前半無理をせずに引いて、後半押し込んでくるのかとも思ったが、60分からの10分程度押し込まれたが、7人の守備ラインが崩れるものではなかった。 危ない場面も、アレックスのミスを拾われたロングシュートがポストを叩いた場面、後半終盤に左サイドのFKを川口が触れなかった場面くらい。

 主審もホーム&アウェイの原則をよく理解したホームタウンデシジョンの原則に則っており、散々何の事はない競り合いに対して、日本のファウルをよく取っていた。しかし、日本選手は冷静に戦い抜いた。

 バーレーンとしては、何がしかのゲームプランは持っていたのだろうが、全くそれが発揮できぬうちに90分が経過した。

 つまり、完璧に戦闘能力で敵を圧倒したと言う事だ。

 

 日本選手の緊張感が、画面から存分に伝わってくる実にタフで面白い、いかにもタイトルマッチと言う雰囲気の素晴らしい試合だった。そして、当たり前のように勝つ事ができた。



 マナマで歓喜した皆様に羨望。いいなあ。
posted by 武藤文雄 at 04:23| Comment(27) | TrackBack(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本来、このくらいはできるチームなんですよね。私達がそれを忘れ、過度な悲観主義に陥っていたことを思い知らされました。監督、選手、スタッフの皆さん、ごめんなさい、そして、ありがとう。<br />
意味不明のイエローをはじめ、ひどい審判に足を引っ張られはしましたが、落ち着いてプレーを続けた選手諸君、しばしば画面で大写しになった中田英のリーダーシップも良かった。川口の目測ミス?二度のポカはちょっと気になったけど。<br />
次もすっきり勝ってください。
Posted by 直 at 2005年06月04日 04:48
いつも武藤さんのコラムを読んで勉強させていただいてますが,今回ばかりは全く同意しかねますねぇ。<br />
前半に中盤〜DFラインで「たまたま」ポカが3人連続したシーン,あれこそ日本の現状だと思うのですが。そもそもポカが無ければ00で終わるこのスポーツ。ポカを犯さずポカを誘発するかの勝負です。<br />
僕は本戦とは違い,予選は結果だけが本質であると考えていますし,アジアの格下相手にはどんな形であれ3ポイント取れるチームは誇るべきだと思っていますが,W杯を考えてしまうと,32枠中の貴重な4.5枠がこのようなチームに割り振られることに,余りにも恥ずかしくなりました。
Posted by PIXY at 2005年06月04日 05:07
このチームがW杯に出るわけではないということでしょうね。
Posted by BOSE at 2005年06月04日 05:25
日本代表勝利の余韻もあるのでしょうがとても爽快な気分になりました!<br />
<br />
敵地で奮闘して勝利をもぎ取った代表イレブンの健闘を称えるどころか、<br />
まるで日本が勝ってしまったら今まで必死でジー小叩きをしていた<br />
自分たちの立場がまずくなる…とでも思ってるような半可通たちが、<br />
相変わらず「決定力が…」「采配が…」と重箱の隅をつつきまわしては<br />
難癖をつけていますが、自国代表チームの勝利でも素直に喜べない人たちは<br />
本当に可哀想だと思います。<br />
<br />
ともあれこれで予選突破に王手。引き分け以上で…なんて小さな事を言わずに<br />
愚痴るしか能のない口先だけのサポーターすら黙らせるくらいの活躍で、<br />
ぜひとも残り試合も完勝して欲しいですね。
Posted by FOZY at 2005年06月04日 05:51
たしかにタフで見ごたえのある試合でしたが、あまりにもミスが多く雑な試合で、また現監督がこれでW杯で指揮をとることが確実となったことで、暗鬱たる気持ちになりました。<br />
武藤さんの名言"安定して不安定な選手"三都主は今回もあまりにもヒドかった。相手をおびやかすプレーは皆無で、相手にボールを渡すことは幾度。ファウルをもらおうとセコ過ぎる演技をしてチャンスを潰す。小学生よりヘタに見えました。<br />
日本のセットプレーの脅威が減ったのは、彼があっさりと怖さのないボールを蹴ることと無関係では無いでしょう。<br />
勝ちさえすればOK?<br />
果たしてそうでしょうか?<br />
日本人にとってW杯ってのは出ることさえ出来ればいいものなんでしょうかね・・・?<br />
個人的には、94年W杯に優勝しても「守備的過ぎる」と不満を見せた多くのブラジル国民のようなメンタリティを持つことが理想です。<br />
Posted by 永久追放 at 2005年06月04日 07:58
このチームは本当に強いと思う。<br />
以前ジーコは「ベストメンバーで二週間あれば」と言ってたし、コンフェデが本当に楽しみ。欧州遠征や前回のコンフェデを超えるサッカーを見せてほしい。
Posted by もり at 2005年06月04日 08:39
内容も完璧ならそれに越したことはないけど、後々に惜しくも負けた、なんて記憶はその試合を見た人達のノスタルジーでしかない。<br />
ここ一番で結果を出すジーコ監督は指導者としては有能であるといっていい。本来はかれ好みの4バックを捨てていることからも、考えてる以上に自在性のある指導者であることを最近は感じる。<br />
<br />
我がベガルタの都並監督は自らの信じるべく戦術に固執しすぎて開幕以降全く希望の持てないようなチームにしてしまっている。<br />
「ゆったり守る」はいいけど、ハンドレッドという会社とサポーターはゆったり待っていられるほど余裕と余力は持ち合わせていないぞ。
Posted by ティー at 2005年06月04日 09:27
「結果がすべて」って言えばそれで終わりか?
Posted by カテナチオ at 2005年06月04日 09:52
やりましたね。<br />
まず,バーレーンの何を恐れていた訳ではなく,自分達のミスで自滅するのが怖かった。いわゆる「アジアの強豪」よりちょっと落ちるアジアのチームとやるときに起こりやすい感情で,昔からよくある。<br />
次に,確かに失点に直結する危ない場面はその二つくらい。10のエッジなゲームであれば,それも一つのスパイスとして振り返るのもよし。が,これが決まってしまえばシーンはがらっと変わる(実際決まってしまいそうな危険度ではあった)。そうなってしまったときに我がチームには反発力はあったのか(あったと信じたい)。<br />
最後に,このチームの戦い方はアジア杯の頃と比べて変質していると感じる(人が変わったことを差し引いても)。不可思議な勝ち方は今後なくなってくるのではないか。そういう意味では前回フランスでのコンフェデ杯に近づきつつあるような気もしている。
Posted by にし at 2005年06月04日 10:30
次の北朝鮮でW杯は決めてコンフェデはドイツでベスト8を狙えるメンバーにしてほしい。サントス、カジは当然バイバイね。
Posted by ヒデ at 2005年06月04日 10:39
まずは、「勝ち点3、メデタイ♪」<br />
W杯出場=スタートライン<br />
に着くことが目的なんスから、まあアジア予選の内容はとりあえずいいかな、<br />
と思っています個人的には。<br />
<br />
それにしても、人選、たしかに再考して欲しいっス。<br />
ジーコは散々Jの試合を見に行っているんですから。<br />
<br />
いまの代表には「ナカタ」が二人いますけど、Jの「タナカ」二人、<br />
達也(レッズ)と隼磨(マリノス)あたり、選ばれて良いと思います。<br />
大久保だってどうして呼ばないのかワカリマセン。<br />
(有能や人たち、の周辺の人たちも含めて、もっとアピールを!)<br />
<br />
って言い出したら個人の好みもあるでしょうし、ダメっすかね。<br />
<br />
んー<br />
三都主、日本人としてちょっぴり恥ずかしいぞっ。
Posted by がきんちょ at 2005年06月04日 10:55
皆さん意見いろいろお有りですね。<br />
私もこの試合を見て、日本チームの格の違いを感じました。そりゃ日本にミスもありバーレーンに惜しいシュートもありました。ボールは丸いから負けることもあるかもしれませんが、日本は丁寧にパスをつないでの組み立てができ時折ロングパスで速攻もできていた(シュートまで持ち込めないのは柳沢の仕様ですから...)のに対し、バーレーンはボールを持たされても何もできず奪っての速攻しかできないように見えました。バーレーンもベストメンバー(アラフバイル?)ならもう少し怖いチームな気もしますが、日本も小野や久保を欠き、サイドにはベストと思えない選手をおくというハンデ(?)を負っています。そういう選手層の厚さ、ゲームの構成力と言う点ですね。終盤にはホームのバーレーンの選手より日本選手のほうが全然動けていたのがその証左でしょう。(バーレーンのコンディショニング失敗もある?)<br />
それにしても小野のケガで凡人達(...いやあ、私も。)は「代わりに中田浩二か稲本を入れて守りを安定させるべき」なんて言っていましたが、そこでジーコが入れた小笠原が点を取ったのはやはりジーコの神通力でしょうかね....。
Posted by inmylife at 2005年06月04日 17:27
負けたらいくら内容が良くても何も残りません。<br />
そういう意味ではジーコジャパンはひとつ仕事をこなしたと思います。<br />
腹立たしいプレーばかりのアレックスや危なっかしい川口、<br />
そして少々意味不明な選手交代などツッコミどころは満載ですが<br />
素直に勝利を喜びたいと思います。<br />
<br />
人口・経済力などといった一見サッカーに関係ないと思える事項をも含めて<br />
バーレーンと日本とではまだ差があるのではないかと思ったりもしました。<br />
<br />
あと勝手ながらTBさせていただきました
Posted by トラマ at 2005年06月04日 18:22
アンチジーコ派にとっても昨日の試合は本当に重要な分岐点だったんだよな<br />
勝てばワールドカップ出場が確定的、負ければジーコ解任の気運が高まる。<br />
この3年のアンチジーコ活動は昨日敗戦しなければ報われなかった。<br />
<br />
日本が勝った今、もはやアンチジーコは腐臭漂う屍でしかないわけだ。<br />
バーレーン戦の勝利後、断末魔の叫びとも言うべき<br />
ジーコ否定論者の叫声がおぞましく響いている。<br />
まさに彼らの"最期"だ。見納めとして眺めておこうではないか。
Posted by 普通に応援 at 2005年06月04日 18:43
これが最終予選、当たり前のこと。<br />
勝って、ジーコ更迭がなくなって<br />
残念がる可哀相な人いるんだね〜<br />
振り上げた手のおさめどころがなんだね。面白くないだろな〜そんなんで試合見てても。さぞストレスたまるでしょ。<br />
同情いたします。ハイ・・・・<br />
<br />
まぁ、いろいろ突っ込みなくなる気持ちも分かりますが、勝利にはまずは素直に喜ぶサポーターでいましょうよ。<br />
<br />
<br />
ということで、武藤さんの講釈ですっきりした次第です。<br />
Posted by nanagon at 2005年06月04日 19:31
中田英は中盤の高い位置でも低い位置でも常にバランスを与えて、色々な所に顔を出せる名プレーヤーですね。<br />
後はやはり中澤でしょうか。あの人が居るだけで、DFが安定してしまうから不思議です。<br />
<br />
しかし…やはり面白いのは、なんだかんだいって勝ってしまうジーコ監督、という所なのでしょうか(笑)<br />
Posted by ゴールド・フラッグ at 2005年06月04日 21:16
私はどっちの立場でもないけど、上の人たちはジーコ更迭がなくなったことを残念がっているのではなく、もっと上質のサッカーが見られないことを残念がっているのではないでしょうか?<br />
それを揶揄したような言い方をするなんて、武藤さんのブログを読んでる割にはかなりレベルの低い人ですねー。<br />
思考停止、結果オーライの話なら、他にやる場所はいくらでもあるでしょ。
Posted by 不愉快 at 2005年06月04日 21:27
弾丸ツアーから帰国しました。<br />
<br />
内容は武藤さんの講釈通り日本のほぼ完勝。<br />
<br />
感じたことを順不同で。<br />
1.まず、バーレーンのサポーターが「決戦」という雰囲気までに至っておらず、当方のサポーターとの彼我の差は歴然。これで負ける訳はないと、試合前に相当自信が出た。<br />
<br />
2.バーレーンにゲームプランなし。どこで攻めてくるか、攻められるか、心配していたが、結局猛攻と言われるものはなし。もちろん代表の公式戦を終始冷静で見られるわけではないが、心臓が痛くなったのは前半のポストを叩いたシュートのみ。<br />
<br />
3.中村俊輔、中田はやはりものが違う。(これ以上の説明は不要。)<br />
<br />
4.両翼の二人:サントスと加地については武藤さんがいつもおっしゃられていることに賛成。<br />
ピンチを招いたサントスのミスは論外。イエローをもらったシュミレーションもお粗末。加地は余程傷めた右足首が悪いのか出来はいつもにも増してダメ。11の勝負はついに一度もトライしなかったのではないか?後半一度中に切れ込んだが、どうしてあの場面、シュートを打たないのか?元々弱気の虫が出てくる選手だが、今回の試合は本当にひどかった。<br />
<br />
5.急造のシステムでよくもあれだけ見事な試合ができたものだ。個々人の能力、判断力に相当な差があった。<br />
それにしても昨年のアジア杯の4−3の試合、先日の1−0の試合、この2試合の苦戦は何だったのだろう?<br />
・・・今からビデオで見直しです。<br />
<br />
さて、水曜で決められますかね。
Posted by ラスタマン at 2005年06月04日 22:16
誰だって上質なサッカーを見たいよ。あたり前だよ。そんなことわざわざ言わなくてもわかってるっつーの。でも、ジーコの解任なくなって残念がってるヤツがいつのも事実なんだな〜これが・・・<br />
「予選は結果が全て」であり、分析も批判も当然その上を目指すのに必要。だから、勝利を素直に喜び、ジーコがキライとしながら愛ある愉しいお言葉の武藤さんのファンなんだですよ〜これからも、ジーコの愉しい講釈期待してます。
Posted by nanagon at 2005年06月04日 23:10
上記のコメントのような書き方をするのであれば、この話題は別のところでやりませんか?武藤さんはいつも格調の高い文章で講釈をしていただいているわけですし、我々もそれに合わせたコメントをするのが礼儀だと思います。人をあざけるのは2chで十分です。<br />
<br />
それにしても、代表についてこれだけ毎回突っ込んだ記述がされているのに、解任派、指示派双方の指示を得る武藤さんの講釈は不思議な存在ですね。日本代表への愛情と分析の客観性のなせる技でしょうか。<br />
Posted by なお at 2005年06月04日 23:31
けして人をあざけているわけではありません。でも、少し皮肉めいて書いたのも事実ですので謝ります。スミマセン。まずは素直に勝利を喜ぼうよって言いたいわけですよ。それから、愛ある批判しましょうよ。ちなみに私は昨日のゲームはとても評価してるんですが・・・気持ちの伝わる試合でした。どうでうでしたか?<br />
でも、あれ、同じ人ですよね。
Posted by nanagon at 2005年06月05日 00:46
私は昨日の試合は見ていません。去年から海外に在住しているので、サッカーはネット中継を探して、それでも見つからなければどこかのライブスコアで我慢するしかありません。<br />
<br />
日本代表が勝ち、ワールドカップに向けて前進したことはもちろん嬉しいです。<br />
しかし、このままでは本大会での好成績は望めないと考えています。また、その原因がジーコ氏の選手選考と戦術指示のなさにあるとも思っています。<br />
そして、この勝利によっておそらく日本がワールドカップに進出することを前提に、それまでに日本協会がジーコ氏を解任する可能性がなくなったことも事実だと思います。<br />
だから、複雑な思いがあるのは確かですが、ワールドカップは出場してこそです。ジーコ解任と引き替えに出場を逸するリスクは、たとえ私が自由に試合結果を決められたとしても望みませんよ。<br />
<br />
Posted by なお at 2005年06月05日 01:06
現地応援組の皆様お疲れ様でした!皆様の熱い気持ちが選手に、ボールに伝わったものと感謝しております。<br />
<br />
さて、バーレーン選手の疲労(とくに後半)が日本選手に増して見えたのですが如何思われます?たしかに現地は相当暑かったそうですし、いつも以上の意気込みを持って試合に入ったためスタミナ配分を間違え途中でガス欠になったのかもしれませんが・・・。それとも前半のうちに何としてでも専制し、日本の焦りを引き出す戦略だったのでしょうか?<br />
<br />
両翼は・・・アレックスの勝負を挑む姿勢は嫌いじゃないんですけど、あぁも成功率が低いと問題ですね。2回に1回はパスを出すなりアーリークロスを上げるなりして、守備側の選択枝を増やさないとどうにもならないでしょ。1対1の勝負に勝てばチャンスが広がるわけですし、もっとそのための布石を打たなきゃダメですよね。いや、浦和でも同じことやってるから、あれが彼の資質なのかなぁ。加持はトラップがやたら大きいように感じました。FCでプレーしてるときも、あんな出来でしたっけ?
Posted by kobu at 2005年06月05日 06:17
戦闘能力で敵を圧倒した?<br />
本当にそうみえたのでしょうか。<br />
たかだか、小学生レベルのキックフェイントに引っかかったDFを抜いたシュートがたまたまゴールにはいっただけなのに。<br />
格の違いをみせつけるなら30ぐらいの試合をしてからでしょう。<br />
結局、結果オーライで勝利しただけの試合だと私は思います。<br />
内容からすると00の試合だと思います。決定的シュートチャンスもたいしてなかったし、まぁ相手にもなかったけど運が悪けりゃ1点とられていてもおかしくはなかったと思う。<br />
(誤解しないで下さい。私も勝利は大変嬉しいのですが・・)<br />
この程度で楽勝と浮かれているマスコミもサポも甘いような気がします。<br />
(かつて、チェコ戦やアジア杯に勝利して浮かれていた時のように)<br />
<br />
「ドーハを忘れるべからず」
Posted by 天邪鬼 at 2005年06月05日 08:47
ブログいつも拝見させてもらっています。<br />
今回の試合力の差は確かにあったと思います。圧倒的なほど・・・<br />
だからこそ、圧倒的な結果を期待したかった。<br />
<br />
柳沢の決定的チャンスが頭をよぎってしまいます。<br />
大黒だったら、大久保だったら・・・。
Posted by ショウ at 2005年06月05日 12:43
多分誰だって素直に勝利に酔いしれたい・・素直に喜びたい・・心から拍手をしたい我等の代表に 俺だって期待したさ2年間はけど?何が良くなったの何処が前の自慢したがり監督より良くなったのプロに成って10年如き贅沢言うな?戦う魂なら ドーハ組の方が遥かに感じる?何故?技術なんてフランス組より遥かに経験だて海外だって何人よ?選手層が薄いの?オフトに言わせたら?怒るぜ 予選は結果?解ってるワイ!何処の国も大変さ!解ってるワイ!ドーハのフランスのシドニーのあの仙台の悔しさを 忘れ物<オコガマシイ>?かも知れんけど・・・参加するだけ?ベスト16?もっと上に行くために このままで良いのか?て否定する人達は思ってんじゃないの?信じたい ファイトして欲しいだけ100%燃焼感じたら 負けたって拍手するさ心の底から・でも あの人は疑問が多すぎる 俺達も100%燃やして欲しい 只それだけ 我ままですか?こんなもんじゃない筈我等の日本代表は!!!!
Posted by ウンテル at 2005年06月06日 04:27
我彼の選手に圧倒的な差があるのは、ホームの試合でもついでに言えばアジアカップの試合でもわかっていましたけどね。もちろん北朝鮮に対しては天文学的な差があるし、選手だけ比べたら1次予選のオマーンなんてトラップもろくにできてなかった。<br />
<br />
でも、そんなチームにすら対戦前は恐怖を感じてしまうのが今の日本代表なんですな。スリル満点! 観客思いのジーコのことだから、次はまさかの負け――そう、例えば加地か福西のオウンゴールなんかで、最終予選をさらに面白くしてくれるんじゃないでしょうか(笑) <br />
<br />
ところで、中村のイエローは「ホームタウンデシジョン」に苛ついて、相手のボールを持ち去った非紳士的行為に対してですよ、武藤さん。彼はちょっと今回浮いていたね。<br />
<br />
Posted by 藤井 at 2005年06月06日 04:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドイツへの道を一気に引き寄せた
Excerpt: さすがジーコプレゼンツ 「宮本恒靖フューチャリングなんちゃって関東選抜」(爆)
Weblog: 自記公開書
Tracked: 2005-01-01 00:00

日本×バーレーン W杯出場に大手
Excerpt: 両チーム間に横たわる実力差がそのまま結果に洗われたゲームだった プレッシャーを受けるとパスが3本と繋がらないバーレーン それならばとロングボールを前線に蹴ってくるが、日本のDFに悠々跳ね返され、こぼ..
Weblog: ころちゃんねる
Tracked: 2005-01-01 00:00

ご、ごめん
Excerpt: バーレーンに勝ちました。 が、もっと点を取れるシーンがあったような気がする。 柳沢も、オーバヘッドとかやらなくていいから ペナルティエリアに1対1で持ち込んだら決めてよ。 キーパーが飛び出した場面もボ..
Weblog: ゴイゴイチア
Tracked: 2005-01-01 00:00

サッカーワールドカップ予選、日対バ1対0で勝利
Excerpt: サッカーワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア最終予選B組第4戦バーレーン対日本戦が日本時間4日午前1時30分ごろからマナマの国立競技場で行われ日本が1対0で勝利!前半の30分過ぎ中村からパスを受けた..
Weblog: いいかもねっと【 スポーツ 】
Tracked: 2005-01-01 00:00

W杯最終予選「バーレーンVS日本」雑感  バイタルエリアの攻防と国民のアイデンティティー
Excerpt: だが、むしろ私は、前線の3人と中田英、福西とのボランチが、攻守にわたって機能的に連動していたことを評価したい。前線からのプレスをかいくぐろうとする相手には、必ずボランチの2人が潰しに入っていたし、逆に..
Weblog: doroguba
Tracked: 2005-01-01 00:00