2005年05月16日

イチローのフェイント

 たまには野球の話。

 

 スポーツニュースで、イチローの活躍をボーッと眺めていた。

 相も変わらず、プラティニかルイ・コスタか小野かを彷彿させる、絶妙に敵守備陣の間を突く正確なバッティング。フォクツかカンナバーロか大森を思い出させる、スタンドギリギリでボールをキャッチする守備の妙技。全く巧いものだなあと、本当に感心する。日本でプレイしているうちに、1回くらいは、この選手のプレイ振りを生観戦すべきだったな、と反省したりして。



 とは言えここまでは、まあよく観る光景だ。しかし、今日のイチローのゴール前じゃなかった、本塁前でのプレイには、ビックリした。イチローは一塁走者。味方の長打に長躯し一塁から本塁を狙う。しかし、敵外野の返球も素晴らしく、イチローがホームに到達する前に返球が捕手に届いてしまった。このような状況で、大リーグだと走者は正面から捕手に激突して落球を狙うイングランドの二流ストライカのようなプレイを選択する場合が多い。一方、日本のプロ野球だと無理を承知で迂回したコースで、捕手のタッチをかいくぐろうとする不調時の高原のようなプレイを選択する場合が多い。

 けれども、この日のイチローの選択は、全く意表を突くものだった。捕手と正対して一旦静止。そして迂回するような素振りを見せた直後、突然ジャンプして捕手の上を、走り幅跳びのベリーロールのようにかわそうとしたのだ。残念ながら、あとちょっとでホームベースを触ろうとする刹那に、バーに触れてしまい、じゃなかった捕手にタッチを許し、アウトにはなったのだが。あたかも、敵DFのラフタックルをジャンプして抜き去る、ヨハン・クライフ、ディエゴ・マラドーナ、好調時の中村俊輔を思い出させるアイデアだった。

 とは言え、サッカーならばそのようなアイデアはよく見る光景だが、野球であのようなアイデアと言うのは、全く見た事はないように思う。そう言う意味では、物凄いプレイだと思うのだが、スポーツニュースではそれほど大騒ぎではなかった。私にとって珍しいプレイ程度なのだろうか。誰か、そのあたり野球に詳しい方がいたら教えてください。



 とは言え、あの瞬間、イチローは瞬時の判断で、激突でもなく迂回でもなく、ベリーロールを選択したのだろうか。こんなプレイを事前に練習していたとは思えない。捕手と向き合った時に、そのアイデアがヒラメいたのか。もしそうだとしたら何と言う想像力だろうか。本当に凄いアスリートだと思う。

 改めて、彼がサッカーを選択しなかった事を残念に思おう。
posted by 武藤文雄 at 23:10| Comment(10) | TrackBack(1) | サッカー外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのプレイはドカベンで見たようなマンガレベルのスーパープレイだと思います。<br />
クライフ、マラドーナ、中村もマンガみたいですけど。<br />
アメリカではホームでのクロスプレイといえば肉弾戦なので?受けがよろしくなかったのでしょうか。<br />
イチローのプレイスタイル(バッティング)にも賛否ありますしね。<br />
ちなみに彼は野球以外ならバスケットボールを選んでいたに違いないと思います。
Posted by コービーブライアンチョ at 2005年05月17日 11:26
あれがセーフになっていたなら・・・残念!舞の海の相撲を髣髴とさせると思いながら見てました。
Posted by もりなが at 2005年05月18日 07:33
>ドカベンで見たような<br />
 これは、あながち外れた感想ではないような。<br />
 山田太郎率いる明訓高校唯一の負け試合、弁慶高校戦で、「義経」という選手が八艘飛びで山田太郎の上を越えホームインしたシーンは、一度読んだ者なら忘れ得ない場面であります。<br />
 73年生まれのイチローがドカベンを読んだであろう確率は低いものではないし、メジャーの試合のスピードの中でそんなことを振り返る余裕があるとは考えにくいですが、ヒラメキのきっかけにはなりうるのでは。<br />
 ビバ水島新司!
Posted by とんちゃん at 2005年05月18日 08:20
「一球さん」にもありましたね。<br />
水島新司は自作をパクったのか。
Posted by ちきーた at 2005年05月18日 12:59
昔、一塁牽制の場面で似たようなプレイを見たことがあります。滑り込みで手を使ってのプレイでした。<br />
誰がやったかは忘れましたが、広島市民球場だったと思います。
Posted by Unknown at 2005年05月18日 18:47
「幅跳び」でなくて「高飛び」ですね。いつも重箱の隅ですいません。
Posted by ザッキ at 2005年05月18日 23:15
実際写真を見ると、空タッチに見えるのでセーフだったんじゃないですかね。<br />
野球経験者ですが、あんなプレーはほとんど見ませんねぇ
Posted by Unknown at 2005年05月18日 23:52
本能でやってるみたいですね。<br />
<br />
写真見るとセーフ。。。
Posted by foo at 2005年05月19日 02:23
>このような状況で、<br />
>大リーグだと走者は正面から捕手に激突して落球を狙うイングランドの二流ストライカのようなプレイを選択する場合が多い。<br />
>一方、日本のプロ野球だと無理を承知で迂回したコースで、捕手のタッチをかいくぐろうとする不調時の高原のようなプレイを選択する場合が多い。<br />
<br />
こういう見方が出来るのが、サッカーファンだと思います。<br />
一部の野球ジャーナリズムでは、未だにアメリカと違うことを「絶対悪」とする風潮がありますので。
Posted by 五反田西口 at 2005年05月20日 00:04
イチローはパワーのみにこだわる最近の野球スタイルに異を唱えてますよね。<br />
既成概念にとらわれずに自由に発想、そして実績として残してきたまさに「異端」であり「革命」者なのかもしれません。<br />
<br />
確実に歴史に名を連ねる稀代のプレーヤーである事には違いないですね。<br />
<br />
今度、野球でも世界一決定戦みたいな事をやろうとしているようですが、野球ももっとワールドワイドな競技であれば、彼もより世界的なプレーヤーになるのでしょうけども…<br />
<br />
野球はちと世界が狭いですからね。
Posted by ゴールド・フラッグ at 2005年05月20日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イチローのフェイント
Excerpt: イチローがホームでフェイントプレーをしました。(イチローのフェイント) イチロー...
Weblog: さいとうくんのニュース速報!?
Tracked: 2005-01-01 00:00