2005年06月21日

4DFの勝利

 技巧で圧倒する勝利は気持ちよい。



 ボランチ中田のパスの強さと精度、中田、福西コンビの評価、柳沢と玉田のシュート、そして何より大黒の右足にピタリとボールを置きに行く中村の芸術、さらにそれに加えてフェイントでGKの逆を突いた大黒のシュート能力など、語りたい事は無数にある試合だった。しかしながら、とにもかくにも時間がない。と言う事で、この日のポイントとなったフォーメーション変更に対して講釈を垂れたい。



 川淵会長と言う方は凄い人だ。試合終了後、「これまでシステムについて、4バックとか3バックとかみなさんおしゃったけれど、それがナンセンスだとわかっていただけたと思う。」と語ったと言う。この日のギリシャ戦の勝因は、言うまでも無く日本の技巧がギリシャのそれを上回った事だが、ここまで内容が圧倒的になったのは、ジーコ氏が採用した4DFが奏功した事は間違いない。川淵氏が自ら選考したと言うお気に入りの代表監督が見事な采配を見せてくれた素晴らしい日に、その采配を褒めないのだから面白い。権謀術策渦巻くサッカー界のトップは大変である。

 

 欧州チャンピオンを、「欧州の2番手国」と呼ばせていただくのがは、いささか失礼かもしれない。しかし、現状のギリシャの戦闘能力は「欧州のトップ」と呼ぶのは危険だろう。何はともあれ、欧州の2番手国に対し、選手のボールテクニックで圧倒できる事は、過去も再三見てきたこと。ただし、技巧で敵を圧倒できても、簡単に勝てないのがサッカーの面白いところで、フィジカルとか駆け引きで苦戦を強いられる事が、過去も再三あった。

 ところが、このギリシャ戦に関しては、そう言った苦戦となる要因を、フォーメーションの切替で解決した見事な試合となった。つまり、ジーコ采配ズバリ!と言う試合だったのだ。



  先日のメキシコ戦の完敗の敗因はいくつか挙げられる。まあ、敵の戦闘能力が当方より高かったと言う身も蓋もない要因が最大かもしれないが。とは言え、先日のエントリでも述べたが、メキシコ戦で大問題となったDFの空中戦対策とアレックスの存在の両方が、4DFにする事で相当改善したのが面白かった。



 4DFのゾーンで守ろうとすると、多くの守備場面で余ってカバーリングする専従守備者が不在となる。したがって試合中に再三敵FWマークの受け渡しを行い、4DFそれぞれが責任を持って自分の領域を押さえる事が必要になる。

 この日の日本は、4人のDF全てが、受け渡しを整然と行い、自分が敵FWを見るときはしっかりとマークに成功。いくらギリシャに巨漢が多くても、しっかりとDFがポジションを取ってマークするプレイを継続すれば、そう簡単にヘディングは取れない。責任感の強い宮本、田中誠が、このような大一番で頑張るのは当然としても、イラン戦で肝心のところで出し抜かれた加地(しかし、この2試合の加地は凄いね、持ち味の思い切りのよい前進に加え、守備面でもミスが非常に少なくなってきた、もしかしたらあのイラン戦の「失敗経験」がここに来て生きてきたのか)、過去再三手抜き守備でジーコ氏を悩ませてきたアレックスも(いつもと比較してではあるが)集中した守備を継続した。

 その上、MFの選手の速いパス回しがギリシャを圧倒、思うようにボールキープができないギリシャは、深く切り込んだ位置まで押し上げる事ができず、単調なアーリークロスやロングボールを前線にぶつける形になり、よく集中した日本の4DFの餌食となった。



 さらに、4DFにした事は、アレックスの問題も解決した。私の持論だが3DFのサイドプレイヤに要求される戦術的判断能力は、4DFに要求されるそれよりもレベルが高い。3DFのサイドプレイヤは、挙動開始点から前進のみならず後退する必要がしばしば出てくる。前に出過ぎればそこを狙われるし、下がり過ぎれば中盤が空いてしまう。つまり、位置取りの判断がとても難しいポジションだ。ところが、4DFのサイドバックは、基本的には後方から前進すればよい。もちろん、前進した際に自分なり見方なりがボールを奪われると、DFの数が少ないだけに3DF以上に危険が大きくなる事は間違いない。そして何より、押され気味の試合でサイドDFの守備能力が低いと悲惨だが。

 この日の日本MF陣の圧倒的なボールキープ、パス交換の見事さにも助けられ、両サイドDFは、いつも以上に迷うことのない前進判断ができたようだ。さらに敵MFも押し込まれていたので、アレックスに対するプレッシャもゆるい。上がる判断をそう間違えず、比較的フリーの状態ならば、今のアレックスでもそれなりに役に立つ。たまに、軽率にボールを奪われたり簡単にクロスを上げさせたりしたのはご愛嬌だが、メキシコ戦よりは、格段にましなプレイを見せてくれた。



 準決勝進出を賭けてブラジルと対決できるとは。堂々たるFIFA公式戦である。このような「場」を愉しむ事ができる喜びは大きい。

 ジーコ氏の母国への意地、アレックスの生誕国への想いなど、様々な見方ができる試合。全ての選手たちにはこの「場」を自らの力で勝ち得た事に誇りを持って、必勝を期して戦ってもらいたい。ブラジルに我々が勝つ事ができるのは、10試合に1試合程度かもしれないが、その1回をここで掴む事は本当に重要だ(来年のワールドカップでまた当ったらと言う野暮な突っ込みはやめにして)。

 そして、川口よ、9年前、君はジーダより巧かったのだ。9年前の再来を期待して、テレビ桟敷から念を送ろう。
posted by 武藤文雄 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MFの四人のボックスが戦術の基礎になっているみたいですね。遠藤を前でつかったことからも、MFはトップ下でもボランチでも使えるような選手がジーコ好きみたいですねぇ。<br />
1トップだとクサビを受けれるのが柳沢だけでしたけど、2トップにしたことで前への推進力も上がったような気がします。これがジーコのいう世界仕様なんでしょうか。<br />
後はFWにセンターフォワードタイプがいれば……。
Posted by 牧 at 2005年06月22日 01:26
W杯予選の負けられない試合と違って<br />
なんと選手がのびのび持てる力を発揮していたことか。<br />
チョコ戦以上の上質!!なサッカーを見せてもらった気がします。<br />
久々にドキドキじゃなくワクワク、爽快な気分で試合終了まで楽しめました。<br />
それにしても、FWの不甲斐なさ。<br />
柳沢にはシュートに対する精神的なトラウマの存在を感じます。<br />
(時間的に余裕のある時に、それが発動してしまう orz)<br />
大黒や久保は、若い頃から代表経験もあまりなく、超エリート教育を受けていないお陰でしょうかね。<br />
かえって、力が抜けて、自由で意表をつく動きができる。<br />
大黒と久保の2トップが見たい!<br />
武藤さん、お忙しいでしょうが、もっと今回の試合の講釈を聞かせて下さい。<br />
待ってます。
Posted by U−60 at 2005年06月22日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コンフェデ杯「日本代表VSブラジル代表」プレビュー?  ジーコ日本代表の「4−4−2」を再考
Excerpt: ジーコ監督「ブラジル戦も4バック」日本はギリシャ戦に続き、ブラジル戦も4−4−2の布陣で臨む。ジーコ監督は「けがなどがなければこの前(ギリシャ戦)と同じ。先発も変えない」と述べた。MF中田(フィオレン..
Weblog: doroguba〜football column〜
Tracked: 2005-01-01 00:00