2006年01月16日

Jリーグが育てたストライカ

 高校選手権と言うかユース強化と言うかについて、続きを書こうとしていたら、書きたい事が多くて整理がつかなくなってしまった。ちょっと頭を冷やすために違う話題を行きます。



 と言う事で、今日は佐藤寿人の代表入りについて。

 今回の代表入りやベストイレブン入りはもちろんだが、それ以前の昨シーズンの寿人の充実振りを見る度に、つくづく想う事があった。当たり前過ぎて陳腐だし、(狭量なベガルタサポータとしては)とても悔しい事なのだけれども、「本当に寿人はJ1のサンフレッチェに移籍してよかったなあ」と言わざるを得ないではないか。

 寿人の特長とその成長振りについては、ちょうど1年前に彼を失う時の愚痴とた。ユース時代から定評のあった「すり抜け」とその直後のボール扱いの巧さ。その能力を存分に発揮し成長するためには、本人を軸に攻撃を展開する、当時のベガルタのようなチームに所属する必要があった事。そして、その能力を存分に磨きトップレベルのストライカになった以上は、一介のJ2クラブには止まる存在ではなかった事、さらに寿人と同年代のFWは既に多数日本のトップレベルで活躍しており、(日本代表を目指そうと言うならば)寿人としては急いで国内トップクラスのFWとして評価される必要があった事。

 そして、寿人はサンフレッチェに移籍後、序盤戦こそ思うように得点を上げる事ができずに苦しんだ。しかし、本人がJ1の守備者たちの強さ、巧みさに慣れ、チームメートに特長を理解されるうちに、次々と得点を重ねるに至った。

 今シーズン、寿人がさらに一段上がったのはセンタリングへの対応の巧さ。駒野と服部公太のリーグ屈指の両サイドが上げる低くて球足の速いセンタリングに飛び込み、見事に合わせて得点を重ねた。考えてみれば、すり抜け後のボール扱いにしても、センタリングに飛び込んでしっかりシュートを決める事も、「トップスピードでのボール扱いの良さ」と言う意味では共通の技術。寿人は、その才能を存分に応用し活かす能力を身に付けたトップストライカに成長したのだ。



 寿人はジェフユースからジェフに加入し、6シーズン4クラブを転々とし、少しずつ経歴を積み上げ、ここまで成長してきた。自ら課題を把握し、適切なクラブを選択する事で這い上がってきた、正にJリーグそのものが育ててきたストライカなのだ。



 だからこそ、ジーコ氏には寿人をしっかり試合で試して欲しい。Jリーグで各クラブのCBを悩ませた「トップスピードでのボール扱いの良さ」が、インタナショナルマッチで通用するのか。いつもジーコ氏は「最後のシュートが課題」と繰り返して発言している。そう思うならば、少なくてもJリーグで、その特長を存分に活かして得点を重ねているストライカを、中田、中村、小野、松井の前方に試すのは適切な判断と言うものだろう。(ジーコ氏が大好きな)アレックスのカーブがかかったクロスもお手のもの、横に久保がいても、寿人は生きる。



 4年前の森島に寿人を重ねて考えるのは私だけだろうか。
posted by 武藤文雄 at 23:56| Comment(3) | TrackBack(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寿人に点を取らせる!という方向性を見てみたいですね。そうなれば森島のような存在になれるかもしれません。<br />
<br />
「誰がシュートを打つのがチームとしての理想なのか」ってのがなかなか見えてこない試合が多いので心配です。<br />
<br />
チャンスメイクってのは誰がどんな形でシュートを打つのかまでイメージできてやらないと実を結ばないような気がしますし。<br />
<br />
ジーコがシュートのうまい選手として本山や小野を挙げてた時期がありましたが、その二人が出た試合にしてもチームとして彼らにいい形でシュートを打たせようって方向性は見えなかったような。
Posted by スレイヴ at 2006年01月20日 15:54
武藤さん、寿人について書いてくれてありがとうございます。<br />
ジーコ監督はできるだけ長い時間試してくれたらうれしい。<br />
寿人は移籍してよかった、と誰からも思われるように是非代表に定着してほしい。<br />
<br />
寿人を失ったときの喪失感を思い出しながら読みました。
Posted by 仙サポ at 2006年01月21日 21:38
寿人はどういう事に対しても直向きな姿勢を持っている選手だと思います。人間性においても非常に好感持てますし、ほんとできれば仙台から代表召集になってほしかったです(笑)<br />
<br />
最後の久保の隣の寿人という情景についてですけど、一瞬、仙台時代のマルコスの隣の寿人という情景を思い出してました。<br />
あの時は第3の男だった訳ですが、マルコスの存在を活かして点を取り、そのままエースとして成長していったのを見ると、久保の隣の寿人もいいなーと純粋に期待してしまいます(笑)<br />
<br />
ジーコ氏、是非使ってちょうだい(笑)
Posted by ゴールド・フラッグ at 2006年01月22日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

他チームのエースだというのに
Excerpt:  帰宅後に掃除などをしつつNHK-BSで放映されていた名古屋×新潟を見ていました。両チーム降格を免れてテスト起用も多い状況でしたから、第三者的に見るとなんとも寂しい気もする内容でした。まだ見たことの..
Weblog: 館長星月譚blog版(通称せろぐ)
Tracked: 2005-01-01 00:00

FWのタイプ分類
Excerpt: 1、楔を受けるための移動を繰り返しスペースを作るタイプ 2、1が作ったスペースを有効活用するタイプ 3、その他のタイプ 前回僕が示した理想形ではFWの役割を1と2に限定して書きました。 ..
Weblog: スレイヴの現場尊重型ブログ
Tracked: 2005-01-01 00:00