2006年03月20日

エル・ゴラッソで連載開始

先日、高校大学を通じてのY先輩と飲む機会があった。仙台で20年来少年サッカーを指導してきた経歴をお持ちのY先輩は、自称加藤久のライバル。たしかに、我が高校と加藤氏の高校とは、色々な面でライバルと言われるているし、加藤氏もY先輩も同年の主将だったのだから、そう間違った情報(記憶?主張?)ではないかもしれない。もっとも、加藤氏がY先輩の事を記憶しているかどうかは、定かではないが。



 ともあれ、そのY先輩。拙BLOGを愛読して下さっていて、厳しい批評者でもある。で、Y先輩と飲んだ際に2つ宿題を受け取った。



 1つ目。

 「一体、いつ西野への謝罪を行うのだ。」

 そうなんですよ。今シーズンに入る前にも散々言い訳したのだけど、諸事情あってサボっているうちに、色々書いていない宿題がたくさん溜まってしまった。ようやくシーズン入りに前後して、ベガルタの評論については書く事ができたが、とてもではないが他のチームまでは言及できなかった。

 中でも、今まで酷評の限りを尽くしてきた、私の大嫌いな西野氏がリーグ制覇をしたのに対して、何か書いておかないとみっともない事は確かだな。



 2つ目。

 「エルゴラッソに書くなら、早くBLOGで告知せよ。事前にわかってなきゃ、買いそびれてしまう。」

 すかさず武藤は「そこで定期購読ですよ。」と拡販に努力したのだが、Y先輩は「毎回買ったとしても、どこにお前の文章があるかわからん。」と実に鋭いご指摘。確かに毎号熟読していたとしても、いちいち書き手の名前まで誰も追いかけはしないな。と言う事で、今後はちゃんと事前に告知しよう。



 と言うY先輩からの宿題に、一気にお答えすることができた。

 今後水曜日に隔週で「サッカー講釈今昔」と銘打った連載を持つ事になったがゆえ。具体的には、現在監督やコーチや解説者をしているかつての名プレイヤの現役時代の想い出を語るもの。

 そして、その第1回が「西野朗氏」なんですねえ。編集の方と幾度か打ち合わせを行ったのだが、どうしても第1回は西野氏でなければならないそうだ。おそらく、彼女もY先輩同様1つ目の宿題を待っていたのかもしれない。

 と言う事で22日発売のエルゴラから連載開始。さすがに、字数にも限りがあるし、BLOGほど自由闊達に何でも書くわけにはいかないので、まっとうに選手西野の想い出を語らせていただいつもり。ご興味ある方は是非お読みいただければ。
posted by 武藤文雄 at 23:05| Comment(8) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
武藤さんの書かれる、かって名選手たちの講釈が好きな私としては楽しみな企画です(私はJ以降のにわかサッカーファン)。過去の講釈はエルゴラで、最新のトピックの講釈はブログで読むことができますね。
Posted by ザッキ at 2006年03月21日 12:01
これでますます水曜エルゴラを読むのが楽しみに!!<br />
…と書いてから不安になったんですが、まさか同時にとうこくさんが隔週連載に減る(武藤さんと交互に登場)、なんてことはないですよね?<br />
あるいは「U−31」が、とか。
Posted by pleo at 2006年03月21日 12:11
>私の大嫌いな西野氏<br />
<br />
みっともない。他人を評論する資格無いよ
Posted by Unknown at 2006年03月21日 17:56
私は武藤さんが何故西野氏にそこまで感情的になられるのかに、大変興味があります。<br />
本当は…、西野さんの事を好きに「なりたかった」んではないですかね?<br />
<br />
いやいや、勝手な憶測をば。<br />
失礼。<br />
Posted by 綱島 at 2006年03月21日 20:08
>みっともない。他人を評論する資格無いよ<br />
<br />
武藤氏は文面的に確かに「嫌い」とか直截に言いますが、まぁ全体を見ていれば「裏切られるのがサッカーの愉悦」旨の発言も多いので、好悪、賛否まで含めてのサッカー文化なのだという姿勢が伝わり、僕は嫌な感じはしません。<br />
<br />
お金とって書く文章では武藤氏もこうした書き方はしないでしょうし。<br />
<br />
>>武藤さん<br />
僕はジーコ好きですが楽しく読んでますよ。
Posted by Unknown at 2006年03月22日 03:38
好き嫌いと善悪の違いが分からない人間が最近やたらと多いが、武藤文雄もその一人。
Posted by wbc at 2006年03月22日 16:10
残念ながら自分はエルゴラッソを購入できる地域には居ませんが、<br />
素敵な連載になる事を期待しています。<br />
Posted by gab at 2006年03月22日 19:37
久しぶりに(すみません)購読しました。<br />
Jシーズン中に購入すると...はまりますねえ。「隔週水曜に買えばいいか」と考えていたのですが、う〜む。武藤氏の拡販努力に、心ならずも(?)呼応してしまうかも。<br />
<br />
読後感想3点です。<br />
<br />
1.あの2ショットいいねえ。当時のサッカーマガジン誌を溜め込んでいながら、引越しのドサクサで紛失してしまった身としては、なつかしい限りです。<br />
しかも、「西野って、うまいけどゴール前の仕事は少なかったよなあ」などと、極めてあいまいな記憶を、確かなものにしてくれてありがとう。<br />
<br />
2.(私の)失われた70年代の記憶を呼び起こしてくれてありがとう。<br />
この時代を語ることは、おそらく後世になにかを残してくれますね。<br />
<br />
3.史実訂正。加藤久君(いや「さん」か?)は、当時の高校チームの主将ではなかった。利府出身の彼は、同じ塩釜FC出の鈴木武一君(元ベガルタ監督)にキャプテンを譲り(鈴木選手のキャラクターに敬意を表し?)、実質ゲームキャプテンとして君臨していました。<br />
(一部で)有名なエピソードとしては、当時の「王ボール」(これは、WBC監督の王貞治氏が、選手当時きわどいコースを見送ると、アンパイアが気圧されて、ついついボールと判定してしまった)になぞらえて、「加藤ファウル」が存在したという事実がある。<br />
<br />
なんにせよ、事前告知は効果あり。「西野への謝罪」は、なんとなく煙に巻かれたかな(笑)。<br />
<br />
今後の健筆を祈ります。
Posted by Yです at 2006年03月22日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32759770

この記事へのトラックバック