2006年06月01日

田中誠の無念

 田中誠が負傷により代表チームを離脱、茂庭が召集された。

 カズ、北澤、中村、久保と、メンバ枠から外れた選手の悲劇は、今までも再三議論されてきた。けれども、1度メンバに選ばれながら、負傷により離脱を余儀なくされる選手の悲劇を、我々が実体験するのは初めてだ。

 しかも、本人のコメントを読む限り、負傷の状態はどうしようもない程ではなかった模様。田中誠自身は、適切な調整を行えば開幕に合わせる事ができると思っていたらしい。さらに言えば、田中誠にとっては初めてのワールドカップ。加えて年齢を考慮すれば、次回大会出場の可能性は決して大きくないのみならず、大会後に代表選手に選考されるかどうかも微妙なところ。

 そう考えると、この時点での帰国、田中誠の無念さはいかばかりか。

 

 この選手は、典型的な代表チーム運のない選手。アトランタ五輪で中心選手として見事な活躍を見せ、あの時点ではフランス大会の代表も有力候補ではないかと思われた。常に冷静で、読みがよく、敵FWへの寄せの独特の巧さを持つ。「マイアミの奇跡」において、リバウド、ベベット、若きロナウドなどに対して存分に通用していた。けれども、当時の代表監督加茂氏に代表に召集された際に負傷で辞退、その後声がかける事はなかった。さらにフランス本大会に向けて、岡田監督は準備段階で(田中誠とはジュビロでもアトランタでもチームメートにあたる)服部を、フォーリベロの位置に使うフォーメーションを狙った事があった。「そこに服部を使うならば、田中誠を」と思ったりしたものだ。若い頃にそう言う使い方を試してみたかった。

 その後も田中誠はジュビロで国内屈指のCBとして活躍を継続する。トルシェ氏は、何回か田中誠を召集したが、起用する事はなかった。

 そして、ジーコ政権になり、完全に代表に定着。3DFの際は本来のセンタではないが、独特のスペースカバー力を活かしレギュラとして活躍してきた。1次予選マスカットオマーン戦で、リードした直後の川口ミス直後の冷静なゴールカバーは1つの名場面だった(この2人は清水商の同級生、それにしても当時の清水商は、いったい何人の代表選手を輩出したのか、凄い)。

 坪井が復調したため、控えに回る事が多くなったが、宮本のバックアップを含め、色々な使い方ができる貴重な守備者として、ドイツ本大会に臨む事が期待されていた。



 それにしても、負傷に泣く事の多い選手だ。そもそも、95年ワールドユース、日本の全ての年代の代表チームにおいて、メキシコ五輪以来27年ぶりにアジア予選を勝ち抜いて世界大会に出た大会。守備の中核だった田中誠は負傷で本大会を棒に振った。

 アトランタ五輪でも、第2戦のナイジェリア戦で負傷退場。田中誠がピッチを去った後日本は失点し敗れる。そして、上記したように、アトランタ直後の代表入りの好機を負傷で棒に振る。

 そして今回。

 

 代わりに召集された茂庭。身体能力の強さを前面に押し出しながらも、ここ2シーズンで対応の柔軟性もついてきて、非常に優秀なCBと評価されるに至った男だ。アテネ五輪ではジラルディーノに完敗するなど、課題も多かったが、その経験を見事に活かした言えるだろう。一昨年のナビスコカップ決勝で、ジャーン退場後10人になりながら、レッズの猛攻を激しくも柔軟に押さえ切ったプレイは実に見事、以降日本屈指のCBとして、活躍し続けている。

 この人気あるCBは何とも言えぬ華?がある。マスコミに対する愛想の良さも一因だろうが、再三我々に興味深い材料を提供してくれる男だ。代表デビュー戦となった03年のチュニジア戦(この時点ではアテネ五輪チームでも必ずしもレギュラとは言えなかったのだが)では、柳沢に完璧なスルーパスを通してアシスト。あのパスが偶然なのか狙ったもののかは、当時実に愉しい議論だった。アテネ予選の埼玉バーレーン戦、圧倒的攻勢を取りながらセットプレイから先制され0−1とリードを許した苦しい状況で、敵陣前で直接FKを獲得した日本。蹴るのはもちろん阿部、そして阿部の狙い済ましたシュートを見事に!ブロックしたのが茂庭だった。それもわざわざ敵の壁に割り込んで、阿部が蹴った瞬間に移動してシュートコースを塞いだもの。そして今回の召集劇。



 まだ我々が予選を勝ち抜く経験がほとんどなかった96年、シャーラムでのアトランタ予選、サウジアラビア戦。1点差に追い上げられサウジの猛攻に耐えていた試合終盤。ベンチで西野監督は凍りつき、日本DF陣も落ち着かずただクリアするのが精一杯の時間帯。ゴール前でボールが田中誠の前にこぼれる。周囲のチームメートの「蹴っとけ!」と言うそぶりに対して、田中誠は冷静に浮き球で敵FWを外して正確なフィードを味方につないだ。

 あの冷静さをドイツで観る事は叶わない。
posted by 武藤文雄 at 22:50| Comment(17) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マコさんは、W杯とケガが一緒になってしまうんですね・・・<br />
今回は活躍が期待できただけに、悔しいです。<br />
<br />
国内合宿のときから足をいためてたけど、特に気にするほどの怪我ではないだろうと思ってた。<br />
「ジーコの判断」ということですが・・・<br />
なんか微妙です。<br />
<br />
ドイツまで行って離脱って、一番悔しいんじゃないかな?<br />
<br />
Jでの活躍、期待します!!
Posted by さわこ at 2006年06月02日 13:16
マコさんは、W杯とケガが一緒になってしまうんですね・・・<br />
今回は活躍が期待できただけに、悔しいです。<br />
<br />
国内合宿のときから足をいためてたけど、特に気にするほどの怪我ではないだろうと思ってた。<br />
「ジーコの判断」ということですが・・・<br />
なんか微妙です。<br />
<br />
ドイツまで行って離脱って、一番悔しいんじゃないかな?<br />
<br />
Jでの活躍、期待します!!
Posted by さわこ at 2006年06月02日 13:16
シーコ氏はDFを集めてみたらやっぱり高さが足りないと再認識して、田中の負傷にかこつけて茂庭を召集した...と勝手に思っています。<br />
ま、監督も人間ですから間違いもあります。(間違い多すぎだけど。)
Posted by 邪推 at 2006年06月02日 13:35
勝手に思い過ぎでは。<br />
怪我がなければ入れ替えもできないのに。
Posted by ははあ at 2006年06月02日 14:46
茂庭が見事なシュートブロックしたのは(笑)。
Posted by sonodam at 2006年06月02日 17:05
田中誠と川口能活は同学年ですよね?
Posted by Unknown at 2006年06月02日 17:12
〜「昨年のナビスコカップ決勝で、ジャーン退場後"109人"なりながら」〜109人!それでもPKにで持ち込んだレッズスゴイ(笑)。訂正したほうがいいっすよ。
Posted by 訂正 at 2006年06月02日 17:48
茂庭のくだりのシドニー→アテネでは?
Posted by Unknown at 2006年06月02日 17:52
同級生、まこ
Posted by Unknown at 2006年06月02日 21:52
能活と田中誠は同級生。<br />
一年下が佐藤由紀彦と安永・・・
Posted by Unknown at 2006年06月02日 22:51
セットプレーによる1失点目はある程度仕方ないにしても直後のバタバタぶりは良くないね。<br />
しかしドイツは酷い有様だった。<br />
奪ったボールを何も考えず前へ運ぶだけ。<br />
連動性も皆無なのでそれに呼応する選手もいない。<br />
攻撃に変化を付けるアイデアも無いので日本の守備陣形が揃ってしまえば意味の無いボール回し。<br />
思い通りにいかなければラフプレー。<br />
まるで中国でも相手にしてるかのような試合だった。<br />
そんなショボイ相手だったからこそ勝てなかったのが悔しい。<br />
強豪ドイツに引き分け?日本のマスコミはアホが多いね。
Posted by Unknown at 2006年06月03日 05:24
詳しい事情は全く分からないけど、こんなの誠ちゃんがかわいそうだよ〜!ジーコまじ信じらんないんだけど〜!!っていう女子高生的講釈ということでよろしいですか?
Posted by Unknown at 2006年06月03日 10:39
柳沢の目を見張る復調ぶり(=久保断念)に自信を強めたところもあったのでしょうか?<br />
<br />
代えのきかない先発予定の中心選手ならともかく、控えには万全な体調の選手を置きたい。23人で闘うとはそういうことでしょう。<br />
<br />
シビアですが、茂庭に期待したいですね。彼も高さに自信はないようですが、DFとして成長するチャンスにもなるはず!
Posted by Unknown at 2006年06月03日 17:04
皆様<br />
ご指摘ありがとうございます。<br />
さすがに109人は単なる間抜けですね。<br />
シドニーとアテネは執拗に3箇所で間違ってました。このあたりの固有名詞の勘違いは、最近年齢のせいか、だいぶ多くなってきました。<br />
川口と田中誠は完全に記憶違いです。2人がユース代表で世代が異なっていたので、完全に間違って記憶していました。<br />
今後気をつけます。
Posted by 武藤 at 2006年06月03日 18:17
日韓大会の時も召集されかけて、怪我でおじゃんになったと。山本さんの本に書いてあったような気が。<br />
Posted by 日産ファン at 2006年06月03日 19:11
って何人くらい?
Posted by Unknown at 2006年06月03日 22:59
なんとなくジュビロ勢ってW杯に見放されている気がします。<br />
01年ぐらいが皆ピークだったんですかね。<br />
茂庭の飄々さが南米のDFっぽいとも思うのですが。
Posted by gacha at 2006年06月04日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

さあ、いよいよ今日の夜だ!行け、サッカー日本代表諸君
Excerpt: さあ、いよいよ今夜、 大事なグループリーグの緒戦、 オーストラリア戦だ。 行け!
Weblog: 余は如何にして道楽達人になりしか
Tracked: 2005-01-01 00:00