2006年06月16日

クロアチアにいかに勝つか

 連日のエントリにすごい量のコメントをいただきビックリ。とくに「とにかく、クロアチアに勝つのだ」に対する、多くの方々の直情的なコメントには感動しました。その通り、とにかくクロアチアに勝つのだ。

 一方で、「もう少し冷静な議論を行うべきではないか」と言う落ち着いた意見もいくつか。これはこれで貴重な考え、そのようなコメントを下さった方々へも多謝。ただ、私はワールドカップと言う人類最高のイベントを存分に愉しみたい。愉しみたいから、日本の勝利を祈りたいと思う。先回も述べたが、サッカー、ワールドカップの勝利は総合力だ。たとえ、協会首脳や監督の能力に問題があろうとも、選手の能力や代表チームを支える周囲のスタッフ、さらにはその外殻を司る我々サポータを含む全総合力(むろん足を引っ張るマスコミのマイナスを含めて)で勝負が決まる。だからこそ、私は吠えたいのだ。吠えたのだ。



 とは言え、ちょっと頭を冷やすためにも、自分なりにリアルな対クロアチア戦の作戦を考えてみた。



 まずクロアチアの心理状況を考えよう。ブラジルには「覚悟、織り込み済み」の1敗。内容も悪くなく、それなりに抵抗できた。元々、日本と豪州から勝ち点6か4を取る自信はあるのだろうし(もっとも、監督や主力選手のコメントを見る限り、「単に自分たちは欧州の代表だからアジアやオセアニアには負けるわけない」と言ったあまり論拠のない自信にも思えるが...もちろん単純な戦闘能力比較では彼らが上回っている事は否定しないけれど)。そう考えれば、日本戦で最重要な事はまず負けない事。しかも試合半ば過ぎまで同点で進めば、初戦敗れてブラジル戦を残す日本は相当無理攻めをしかけてくるから、逆に逆襲で勝利を掴める可能性が高まる。

 とすれば、序盤は結構引いてくる可能性が高いのではないか。そして、無失点で試合を進め、焦る日本から逆襲で得点を奪う。



 と考えた上で日本はどう戦うか。

 日本は勝ちたい。それもできれば2点差以上で。とすれば、日本の良さ、技巧的で賢く素早い選手が複数で敵陣近くでプレイする事が重要になる。と言う事で4−4−2で行く。そして、適陣に比較的狭いところに選手3人くらいで、短く速いパスを回して崩しにいきたい。そして、月並みだがラインを上げる事でボールを奪われてからの逆襲を防ぎたい。

 まず左サイドバック。常識的には中田浩二だろうが、駒野をここに起用する。駒野は左足でもそこそこのクロスが蹴れるし、このチームの中では1対1の守備の粘り強さは随一。さらに駒野がオープンに飛び出した時に、中村たちが適切にフォローして左サイドで駒野を孤立させない事が肝心。そして、中田浩二をベンチに置く事で、最後の守備固めの要員も確保できる。逆サイドは復帰した加地に戦に出られなかったウップンを驚異的な上下動で晴らしていただく。センタバックは中澤と宮本。

 中盤は常識的に、福西と中田をボランチ。前に中村と小笠原。そして、試合前に中村を説得する。「70分間走り抜いてくれ、その間に3点取って勝負を決めてくれ。そして小野と交代だ。」と。小野には「勝負ところで君の力が必ず必要になる、最後の20分間で試合を決めてくれ」と。この采配により、後半の勝負どころに無傷の小野と中田浩二を残せる。

 2トップは柳沢と巻。巻は持つところまでひたすらに走ってもらう。また、守備ラインが全体に小柄であると言う弱点を補うために、自陣でのセットプレイに巻は役に立つ。柳沢はとにかく、シュートを打ってくれ。終盤敵DFの疲労が自明になったところで大黒のカードを切る事もできよう。



 不安は、予想が外れ逆にクロアチアが序盤からプレスをかけて前掛りにくる事。その場合は、とにかく小笠原を後方に下げ、いわゆるトレスボランチで対抗すれば、大丈夫なはずだ。



 どのような展開になろうとも、日本らしい技巧的で賢く素早いサッカーを前面に押したて、ヒタヒタと敵を圧倒する事を意識すればよい。そして、時には中村を軸に落ち着いたタメを作り、敵DFを揺さぶる。これを90分間、愚直に続ける努力を続ければ、必ず勝てる。

 そして、我々サポータはその選手たちの愚直な努力を、必死に支えるのだ。とにかくクロアチアに勝つのだ。
posted by 武藤文雄 at 03:13| Comment(36) | TrackBack(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どのチームも相手の弱点をつくという戦術が当たり前ですが、我らジーコジャパンはブラジル代表と同じような「攻撃は最大の防御なり」といった戦術に。プラス思考の戦術でリードされた・やられた後の修正はひたすら攻撃ですから。決定力不足と言われる代表では計算すらできない得点を勘定に入れてはいけません。計算できる守備と攻撃を考える戦術がベストですね。クラニチャルだって馬鹿ではないのですから。
Posted by だんでる at 2006年06月16日 03:58
武藤さんのシミュレーション堪能しました。クロアチアの作戦については全く同感です。日本は引いた相手が苦手ですよね。クロアチアは完調ではないとはいえブラジルをあれだけ押さえていたわけですから、そう簡単にはゴールを許してくれないでしょう。閉じた閂をこじ開けるには、月並みですがミドルレンジからのシュートが有効であると思います。武藤さんの選んだメンツだと小笠原の役目でしょうか。私なら稲本を使ってみたいと思います。攻撃的すぎるって?その通り。もう失うものはないんですから、勝ち点3を狙うのみ。
Posted by なお at 2006年06月16日 06:01
クロアチア戦は4バックでいくそうですね。<br />
クロアチアの記者はクレージーだと、笑っていました。<br />
私も、今のこの時期にシステムを変えるのは、クレージーだと思います。<br />
<br />
でも、負けてやっとジーコの本音が出たのでは?と思います。<br />
良くも悪くも、あと2試合で本当のジーコ采配が見られるのでは、と興味深く見ております。<br />
<br />
Posted by Unknown at 2006年06月16日 08:09
中村俊輔→小野伸二 の交替大賛成です。中村はあの激しさの中、90分できる体力ないですね。前半中村、後半小野でもいいかとも思います。小野−小笠原ホットラインもぜひ使いたい一つの手です。FWも2枚とも交替させるぐらいの勢いで行って欲しいですね。終盤は戦術うんぬんよりも単純に体力的な問題が大きいですよね。どうせ負けてる方はパワープレー必至ですし。そこで弾き返せる体力がないと。スポーツですからね、頭であれこれコマを動かすことはできても、実際は体と体のぶつかり合い。最後には体力がものを言う。その体力勝負で負けない為にも交替枠は絶対3枚とも比較的早い目に使い切ってもらいたい。
Posted by hiro at 2006年06月16日 08:28
ジーコ監督も正解でしたね^^。<br />
武藤さんが、あえて触れなかった選手を、言葉でボカスカぶん殴りたいのですが、<br />
いやいや、やめておきます。<br />
武藤さんさえやらないのだから(笑)。<br />
<br />
とにかくとにかくとにかく、クロアチアに勝つのだ!!!!!
Posted by ベガルタファン at 2006年06月16日 09:01
サントス外したらリアルじゃないよ。<br />
巻と柳沢じゃあリードして終盤を迎えられそうな気がしないよ・・・。<br />
<br />
個人的にはオージー戦スタメンを坪井→稲本がいい。
Posted by 闘将 at 2006年06月16日 09:10
確かに武藤さんのいうような<br />
選手起用なら勝てる可能性は高まる<br />
というか常識的に考えれば<br />
今の手持ちの選手ではそれが<br />
最善に近いのはわかるんですが<br />
ジーコは結局『4バックにしただけ』で終わりそうな気がする。<br />
サントスも高原も普通に使うでしょう。<br />
正直加地をここで使うのは怖いです。<br />
僕が監督なら右駒野・左中田浩二ですが・・・
Posted by トラマ at 2006年06月16日 09:16
武藤さんのゲームプラン最高です。<br />
<br />
ただ”自分なりにリアルな対クロアチア戦の作戦を考えてみた”なので、リアルに左サイドバック(?)は彼でプランを立ててください。<br />
<br />
彼を左で使って、最高のゲームプランを作ってください。これは悲鳴に近いお願いです。<br />
<br />
Posted by サントス命 at 2006年06月16日 09:27
終わってしまったものが仕方がない。私たちも気持ちを切換えるしかないと思います。オーストラリア戦について、識者の方々が選手や監督、システムや戦術についてあれこれ言っていますが、それはワールドカップが終わってからにしましょう。<br />
<br />
私たちは応援するしかないんですもん。<br />
<br />
ということで、「全くもってその通り!」という記事を見つけました。<br />
<br />
・サッカーファンの皆さんはもう諦めてるわけ?<br />
http://d.hatena.ne.jp/tragedy/20060615/p1<br />
<br />
まだ何も終わっていませんからね。肉は切られたけど、骨は断たれてません。
Posted by ジレス at 2006年06月16日 09:53
4バックにしても、ジーコがサントスをはずすのは考えにくいですよね。彼のディフェンスは、オージー戦の2点目でもわかるように、そこにいるだけ。となると、相手の2トップにCBが2枚でもろにぶつかるわけですよね。<br />
ガンバですら4バックに宮本は使われてないし、宮本で大丈夫なんでしょうか?かといって他にいないけど。。<br />
<br />
松田とか闘莉王がいればなぁ。。。<br />
もしくは井原か。いや、KAZUも欲しい。。
Posted by ズレータ at 2006年06月16日 10:25
<br />
HP楽しく拝見させていただきました。<br />
私はeアフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。<br />
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?<br />
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。<br />
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。<br />
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいます。<br />
お客様のサイトはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。<br />
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。<br />
詳細は<br />
http://eaf.net/?nhs3<br />
Posted by e-アフィリ at 2006年06月16日 12:50
>>まず左サイドバック。常識的には中田浩二だろうが、駒野をここに起用する<br />
<br />
 ここで既にありえないw。ジーコがサントスを外すことは絶対にないでしょう。<br />
 オーストラリア戦では、プレーどころか、通訳としても満足仕事してなかったようですけどもね。
Posted by むむ at 2006年06月16日 13:13
クロアチアにいかに勝つかをシュミレートされている中で、駒野の左サイドは全然OKですよ。<br />
確か西村さんの時に駒野は左サイドで世界(WY)と戦ってきた実績も有りましたもんね。<br />
粘り強い守備と正確なクロス(OG戦では意図有るクロスだったけど、点には結びつかなかったけど・・・)でバランスの良い形になるのではと私も思います。
Posted by 勝ちたい at 2006年06月16日 13:22
 以前セルジオさんだったかが4バックを右から松田、闘莉王、宮本、中澤にしろと仰っていたと言うのを聞いた事があります。ああ、それもいいなと思いました。3枚高くて強いのがいて宮本がそれを操ると。闘莉王、中澤で攻撃力もある。見てみたいなと思いました。ま、今言ってもしょうがない事ですけどね。<br />
 クロアチア戦は加地みたいですね。駒野は先日のエクアドルの3点目みたいなクロスを入れ続けられていたら次の起用もあったのかもしれませんが。とにかく次は加地にいいクロスを期待したいと思います。<br />
 三都主は出るでしょうが出る以上期待しています。三都主の遠目からのグラウンダの強シュートに巻が足を出してコースを変えてゴール、と言うのに期待。
Posted by AZ at 2006年06月16日 13:32
星勘定、暑い昼間の試合という条件から98年のクロアチア戦と同じような展開になるんだろうなと推測してます。<br />
PKでもキーパーチャージでも何でもいいから先取点を取りたいですね。
Posted by Unknown at 2006年06月16日 13:48
やはり選考からおかしかったんだよ<br />
もう駄目だ・・・
Posted by Unknown at 2006年06月16日 14:03
小野ー小笠原のコールドラインは、<br />
あまりにも冷えすぎて<br />
暑いドイツの気温を下げる効果ぐらいなら<br />
もしかしたらあるのかもしれませんが<br />
<br />
ナイジェリア時代の本山のようなドリブラーが一人いるといいですね。<br />
(松井はいまどこでOFFしているんだろう?大久保と一緒に観戦しててほしいね笑)<br />
<br />
巻は出るならクロアチア戦だけになると思っていました。<br />
セットプレイ時の守備も、起点つぶしも普段やっている事です。<br />
あとは同点ゴールも決めてくれることでしょう!<br />
(どうしても先制されるイメージしかわかない……笑)<br />
<br />
そして逆転ゴールは日本の真のヒーローにまかせるのだ。
Posted by KKK at 2006年06月16日 14:59
申し訳ないけど、クロアチアは、ドイツ戦、マルタ戦、オーストラリア戦を見ているのだから、日本が出だし鈍いのを知っているわけだし、中田と、中村にマークをつけて、前半でガンガン放り込みやって、2点以上取ったら引いて守るって作戦を取らないですか?<br />
私が、監督ならやりますけどね。<br />
考えただけで、涙目・・・・。<br />
Posted by kirin at 2006年06月16日 16:57
武藤さんいつも素晴らしい文章と分析をありがとうございます。<br />
そろそろ冷静に考えてみたいのですが、まず、クロアチアに何としても勝ちます。で、その後のブラジルオーストラリア戦で、もし、もしもオーストラリアが勝っちゃったらどうしましょう。<br />
ヒディンクのことだからあり得ない話ではないです。<br />
目の色変えた世界最高の注目チームをグループリーグでたたき落とさねばならんでしょう。<br />
日本は勝点3を失ったと同時に、オーストラリアに勝点3を与えたという事実をもう少し考慮して分析してみてもいいのでは。<br />
それはその時、考えりゃいい、どんな方法でも2回勝てば、とアツクなるのもいいですが。
Posted by マツイ at 2006年06月16日 17:41
あんな本番ですら全く戦えないと判ってしまった選手を起用する意味があるんでしょうか。<br />
攻撃すべき展開でも守備すべき展開でも必要ないでしょう。<br />
ジーコも既に見切りをつけているようですが。
Posted by Unknown at 2006年06月16日 18:05
武藤さんの作戦と俺の考えはほぼ一致でうれしいけど、ジーコはサントス外さないだろうな〜<br />
絶対駒野を左のほうがベターだ!
Posted by Unknown at 2006年06月16日 19:42
中村に「70分間走り抜いてくれ」って言うのが一番現実的な策ですね。<br />
本人ができるかどうかは微妙ですが。<br />
<br />
でも、中村が70分間走り抜いて前線に絡みまくるってのは日本のためもそうだし、中村自身のキャリアのためにも必要なことですね。<br />
<br />
このまんまじゃ「うまいけど走れないから使えない」とかいう烙印を押されかねないですから。ネガティブな評価を覆して欲しいです。<br />
そうすることで日本の勝利につながるし、来シーズン、より高いレベルでのプレーが可能になりますから(本人がそういう計算でプレーするのは勘弁して欲しいですが)。それも日本の先につながります。<br />
<br />
ただ「あと数年で日本に戻る」みたいな記事が朝日新聞に載ってましたけど・・・(笑)
Posted by ヤマ at 2006年06月16日 20:20
もはや、過去のビックネーム。<br />
ヘラヘラ笑っているだけ。<br />
走れない。走らない。動けない。<br />
もはや地蔵の大御所。<br />
小野より遠藤の方が、絶対に期待できる。<br />
日本に必要な、強力なミドルが打てる稲本と遠藤は中盤の構成に絶対必要ではないだろうか。
Posted by 天邪鬼 at 2006年06月16日 20:27
はじめまして。魂のブログに日本から呼応させていただきます。<br />
ドイツ代表は初選出のオドンコルと最終選考で異論もあったと聞くノイビルが結果を出してグループリーグ突破を決めました。<br />
日本で言えばここは巻。<br />
ただしご指摘のようなスタメンではなく途中出場が現実的なのではないでしょうか。オシムに走るサッカーを伝授されている巻は、足の止まったクロアチアDFに対してチェイシングをかけられる唯一の選手でありキーマンだと思っています。<br />
(でも日本の本当の敵は得失点差かもしれません。)
Posted by 草薙の剣 at 2006年06月16日 23:12
>悲観的で・・・<br />
<br />
なんすか、そのリアルすぎる予想は(笑<br />
<br />
中村は足の指の爪が割れてるらしいですね。<br />
サブに回した方が効果的だと思います。<br />
<br />
ジーコの選考として、走れる選手>技術のある選手 なので<br />
巻は一番どうでもいい場面での投入になるでしょう。<br />
稲本は使いたいんだけど、出場試合数が少ないから<br />
空回りになる可能性があって使い難い。<br />
サブがキャバクラに行くくらい、まとまりのないチームなんで<br />
サブの選手の試合でのフィットを望むのが元々難しいんだけど。
Posted by Unknown at 2006年06月17日 00:45
走れる選手<技術のある選手だ(汗<br />
<br />
高原も太腿痛があって走り難いらしい。<br />
サブの選手は元気なのになー。
Posted by Unknown at 2006年06月17日 00:58
武藤さんたちが戦術を練っています。<br />
しかしリアルを突き詰めれば突き詰める程、<br />
それがリアライズされる可能性が下がるという矛盾。
Posted by 酩酊 at 2006年06月17日 01:58
そんな中でもチャックしないといけない事もあるので多少自分なりの意見を言わせてもらって。すべてがマイナス思考ではいけないです。皆日本代表に勝ってもらいたいわけですよ!そんな中で様々な意見なり要望を言っているわけで負けを想定とした意見は聞きたくない等言う事です。武藤さんも悲観的な事なんてたくさんあるのに気丈にも!?じゃない!4年に一度しかない我らが代表にがんばって欲しいというつらい気持ちそのものであると!!民放のアナウサーの「日本がんばれ!!」なんて心に響かないが武藤さんのとにかくクロアチアに勝つのだ!<br />
すばらしい言葉ではないか!!
Posted by だんでる at 2006年06月17日 03:10
どうこの名文を読んでもジーコに対する皮肉と代表に対する愛しか読み取れない。・・・
Posted by Unknown at 2006年06月17日 10:55
巻は体の強さや走力も魅力ですが、クロアチアにとって脅威となるのはむしろ、前に抜け出る速さではないでしょうか。<br />
<br />
高速クロスに合わせるセンスと恐れを知らない度胸は必ず武器になるはず。頭はもちろん爪先でも腹でも押し込む力がある。<br />
<br />
「ラーションのダイビングヘッド」ほど美しくなくていいから、彼らしく、ダイナミックに攻めきってほしい。
Posted by Unknown at 2006年06月17日 12:34
中村は最大の武器だが、万全でない状態で彼に期待することは出来ない。繊細なタッチや正確なキックが出来ないなら負担になる。<br />
<br />
しかし絶望することはない。<br />
<br />
宮本がプジョルのごとくラインを押し上げ、小笠原と玉田が戦う男に化け、巻がやってくれる。
Posted by Unknown at 2006年06月17日 13:00
スタメン<br />
GK 川口<br />
CB 宮本 中澤<br />
SB 加持 中田こ<br />
DMF 中田 福西<br />
OMF 中村 小笠原<br />
FW 高原 柳沢<br />
<br />
中村に必死にやってもらって<br />
<br />
後半20分で<br />
日本クロアチア02<br />
    中村or小笠原→玉田<br />
日本クロアチア01 12<br />
  高原→大黒<br />
日本クロアチア00<br />
    中村→小野<br />
日本クロアチア10 21<br />
 中村→稲本(中田が前)<br />
日本クロアチア20<br />
    中村→稲本or遠藤(中田が前) 高原→巻<br />
<br />
<br />
ジーコは試合展開に対する交代戦術が希薄なような気がする
Posted by 仙サポ at 2006年06月17日 13:09
クロアチアの戦術は、@俊介に厳しくいって仕事をさせないようにすると、A中田英が前に出てくるから(もちろんSBも中途半端にあがっているから)、BDFが手薄になった中央を基点にしてサイドと連携をとってガツンとやる。このとき、小野と違って小笠原はバランスをみるので、中田英の代わりに下がってDFをケアするために本来の攻撃ができず日本のFWが孤立する。<br />
<br />
そこで対策。@FWの柳沢と大黒はクロアチアDFの裏を狙い続け、ラインを下げるようする。バイタルエリアには殆ど侵入できないため、ラインが下がったところで小笠原と中村でミドルを打つ。A人数が揃うとクロアチアDFは崩せないので、中田英は上がらないで、ひたすら速攻パスを裏へ抜けたFWへ繰り出す。<br />
クロアチアに対しては中盤での玉回しは一切通用しないことや、巻のような中央に張り付くFWはミドルのシュートコースを塞ぐため有効でないことを念頭に置き、@の遅攻では日本のFWがクロアチアDFをサイドに引き連れたところのミドル。Aの速攻では少ない人数でキーパーと1対1を狙うしかないような・・・。
Posted by Unknown at 2006年06月17日 14:09
ヒデを前で使ってほしい。<br />
ボランチは福西、小野で。<br />
前からのプレスで、高い位置でボールをとる動きをヒデにしてももらいたいな。<br />
ヒデならアタリ負けせずに、ボールを取れるイメージが出来るんだけどな〜<br />
同じ感じで前でイナって言うのも有りだと思う。<br />
<br />
サイドは・・・・アツがいてくれたら<br />
トップは・・・・平山がいてくれたら<br />
あ〜〜〜いろいろ考えるのはやめようと、毎日思います。
Posted by Bob at 2006年06月17日 14:24
サントスout→駒野を左に、なんて素人考えか…、と思ってたら、似た考えの人がいて、ちょっとうれしくなりました。駒野を左、と夢見たついでに、もう一つ無茶なプランを…。<br />
不思議とシュートを打たないFWはお引取り願って、巻の1トップでおしまい。中盤は厚く、小笠原、中村、小野、中田、福西or稲本の総動員体制なんて見てみたいなあ。
Posted by Unknown at 2006年06月17日 19:31
FWはカズ、三浦カズ!<br />
今の代表の面子は、なんかちゃらくせー。<br />
カズや都並みたいに、足に魂込めろや!
Posted by ほっ at 2006年06月18日 02:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

オーストラリア
Excerpt: 代表チームの強化を4年サイクルで考えるとすると、その手腕は協会と監督に懸かってい
Weblog: マタログ
Tracked: 2005-01-01 00:00

#96 日本代表 『グループリーグ突破する方法』
Excerpt: 巷では、クロアチアに勝利して、ブラジルに引き分けの「勝ち点4」という風潮がある?ようだが、私は、2連勝しなければならないと思っている。それは、予選リーグを突破するだけではなく、今後の日本サッカー界を考..
Weblog: ◆ Football Kingdom ◆
Tracked: 2005-01-01 00:00

ワールドカップvs.クロアチア(3)
Excerpt: 中田の意気込みについての記事がありました。中田のコメントはもっともだ。可能性は低いと思うが、ブラジルに勝てる可能性だってある。もう後がないんだ。開き直るしかない。とりあえ
Weblog: 紫熊blog
Tracked: 2005-01-01 00:00