2006年07月08日

日本風ジャッジとワールドカップ

 本大会1次リーグでの敗退、敗戦後監督が無能であった事を自ら是認する発言を行った記者会見、協会会長自らが己を人物として超小物である事を示した次期監督招聘劇、(これらの小人物と同列には扱いたくないが)長きに渡り日本サッカーをリードしてきた選手の早過ぎる引退発表。あまりに残念なニュースが続く日本サッカー界に、久々に悪くないニュースが訪れた感もある。

 さらに言えば、このセットのもう1人の副審は、韓国の金大英氏。このような形態での日韓連携は大歓迎だ。このライバル国には、極めて複雑な思いがあるけれども、相互に強化を図って世界に近づいていかなければならないのは、歴然たる事実なのだし。

 広嶋氏については、副審としての技量、現役教師とのして活躍、悪い話を全く聞かない方だ。世界最高の副審として評価される事を期待しよう。

 で、上川氏なのだけれども、数年前のJリーグの表彰式で「最優秀審判」と発表された際に、会場に詰め掛けていたサポータたちに「えーーっ」と言う声援で迎えられたと言う実績の持ち主。やや杓子定規すぎる笛の吹き方に定評があり、日本国内ではあまり人気のない主審の1人だ。ただ、毎週毎週続くリーグ戦ではの過剰な杓子定規さは、ご免こうむりたいところだが、ビッグゲームでの杓子定規さも少しは大切でないかと、ポルトガル−オランダを見て思ったのだ。



 私はこの試合を、ケルンの大聖堂の裏手のパブリックビューで観戦した(あ、しばらくただの自慢話が続きます)。この大聖堂の写真を初めて見たのは、中学校の教科書だったと思うのだが、「あの馬鹿馬鹿しいほどの巨大な建物に1度登りたい」と言う夢を適えた訳。その巨大建造物をバックにワールドカップの映像を愉しむのは、なかなか快適だった。ちなみに16年前、ミラノのドゥモ横のパブリックビューで「ディエゴの一刺しでセレソン沈没」を観戦した。巨大歴史建造物横でのパブリックビューは最高なのだ。日本だと、姫路城か、平等院鳳凰堂か、奈良の大仏か(これはちょっと無理か)。



 ポルトガル−オランダに戻ります。観ていて面白い試合ではあった。だが、この試合は数え切れない警告が乱れ飛び、試合終了時点では9対9になってしまった(ワールドカップ史上初めてらしい)。主審は経験豊富なイワノフ氏だったのだが、開始早々にオランダのブラルーズが対面にあたるC・ロナウドを削った場面で警告を出した。明らかに意図的に敵エースを傷つける事をねらった大変危険なファウルであり、退場でもおかしくないところだったが、イワノフ氏は試合を壊したくなかったのだろう。ところが、このファウルで完全にC・ロナウドは負傷退場してしまった事もあり、ポルトガルの選手たちは「あのくらい汚いファウルをしても退場にはならないのだな」と言う態度で報復を始めてしまった。かくして、カードが連発される事になった。やはり、最初の場面でブラルーズを退場にすべきだったのではないか。トッププロの守備者たちは、審判の基準を読んで、どのレベルまでファウルをすべきかをコントロールしている。そのような意味では、やはりこの試合序盤ではある種の「杓子定規さ」が必要だったのではないかと感じた。このあたりの審判技術は永遠の課題なのかもしれない。

 もっとも、この試合の混乱を決定的にしたのは、75分過ぎのオランダのヘイティンガのプレイだった。ポルトガル選手が負傷したためのドロップボール、フィーゴとコクーがニコニコ笑いながら、ドロップボールに対応、そのボールを拾ったヘイティンガは、あろう事かそのままドリブルで攻撃に出る。当然、ルーズボールになると思っていたポルトガル選手は対応できない。やむを得ずヌノ・バレンテは、かなり危険なタックルで止める。これ以降はもうどうしようもなくなってしまった。

 この滅茶苦茶になってしまった唯一の救いは、既に退場処分を食らっていたデコとファン・ブロンクホルストが、ロスタイムに仲良く並んで座って観戦していた映像が映された事か。



 と話がずれて行ってしまったが、言いたい事は3氏がナイスジャッジをしてくれる事につきる。期待しよう。
posted by 武藤文雄 at 21:25| Comment(13) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヘイティンガを止めたのはデコ(イエロー1枚目)だったような記憶があります。
Posted by Unknown at 2006年07月08日 23:57
ヘイティンガを止めたのはデコ(イエロー1枚目)だったような記憶があります。
Posted by puyol at 2006年07月08日 23:58
もうこの醜いブログやめたらどうですか?
Posted by Unknown at 2006年07月09日 01:14
3位決定戦はどうしてもやる意味がわかりません。<br />
98年のオランダ<br />
Posted by 永久追放 at 2006年07月09日 07:20
↑失礼しました。<br />
<br />
3位決定戦はどうしてもやる意味がわかりません。<br />
98年、疲れきったオランダの無気力試合を見てから・・・準決勝で敗れたチームは両方とも3位が理想です。<br />
<br />
とは言え責任が重く、ある程度注目される試合を日本人がジャッジするのは意義あることなのでしょう。<br />
<br />
その二人がこんな発言をしているのを<br />
ご存知でしょうか?<br />
<br />
「日本は一番戦っていなかった」<br />
<br />
http://www.yomiuri.co.jp/wcup2006/news/20060704i411.htm?from=main4<br />
<br />
「弱かった」ではなく<br />
 「戦っていなかった」というのに<br />
大きな意味があると思います。<br />
この発言は、どんなメディアの総括よりも本質をとらえています。<br />
<br />
Posted by 永久追放 at 2006年07月09日 07:33
ドイツ対ポルトガル戦見ました。良い試合でしたよ。<br />
ドイツはやる気があって、若手の成長が期待できるないようでした。こんな試合なら3位決定戦があっても良いかなと思います。<br />
審判のジャッジも簡潔でしっかりとしていて好感が持てましたし、両国選手も異議をとなえるシーンなどないフェアなないようでした。<br />
日本人として誇りを持ちます。
Posted by ゲルトが好き at 2006年07月09日 08:17
トンデモなジャッジがありましたが<br />
(明らかにドイツのCKだったのを見逃した)<br />
それ以外は無難なジャッジだったと思います。<br />
<br />
しかしシュバインシュタイガー・・・<br />
気持ちはわかるがアレはカード間違いないだろうが(汗)
Posted by トラマ at 2006年07月09日 10:51
上川氏、とても良い笛でした。<br />
最初、ハンドの笛をふかなかったのは、ご愛嬌。<br />
ドイツが負けていたら・・・・(以下略)<br />
Jでもこれくらいスルーな笛を吹いて下さい。<br />
Posted by 天邪鬼 at 2006年07月09日 18:41
準々、準決ではつかわれなかった。<br />
<br />
3位戦では露骨に第3世界へ配慮。<br />
<br />
微妙。<br />
<br />
もちろん、その中で選ばれたのだから名誉ですよ。
Posted by 大崎東口 at 2006年07月10日 06:40
(98年のオランダというのはよく知らないのですけど)<br />
<br />
ドイツもこの試合で、カーンをはじめ第3GK以外のすべてのメンバーがW杯のピッチに立てたようですし、配慮、もしくは弱者へのフォロー(労り)として、この第3位決定戦はあるのね、と今回思いました。<br />
<br />
そこら辺をわきまえた上で試合が行なわれれば、今回のように後味が良いゲームが見られるのかもしれませんね。(特にドイツサポーターにとっては)
Posted by 大森西口 at 2006年07月10日 15:54
あきらかに両チームの温度差が違いましたね。 前回のトルコ−韓国のようなカードなら、国の威信もかかるだろうけど。 開催国のドイツは兎も角ポルトガルはモチベーション保つの困難だったと思いますよ。
Posted by Unknown at 2006年07月11日 09:39
この講釈のポイントは、上川氏ではないのはあきらか。<br />
キャプテンを自称する男に対し、今まで歯にものの挟まったような言い方しかしなかったのが、一刀両断にされましたね。<br />
喝采。<br />
今後のフォーカス、期待しております。
Posted by Unknown at 2006年07月12日 01:32
こんにちは。こんな古い記事にコメントがついてお読みになるか分かりませんが。

YouTubeでこの試合を見直して、なんでこんなむごい試合になったんだろうと改めてあきれ返ったのですが、そのあとこちらの記事を読ませていただいて、なるほどと。序盤のジャッジは大切ですね。

見直してみてもうひとつ気づいたのは、41分のロッベンが胸に食らった蹴り。あれはPK以外ありえない。この試合、本当はどっちが勝つべきだったか分からないなと。

今思うと、この試合の理不尽な敗戦が2010年のオランダ代表のダーティーな戦い方に影響したか、とも思いました。
Posted by がrrrrrrrふ at 2011年02月16日 05:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32759854

この記事へのトラックバック