2006年10月18日

事務連絡061018+近況

 ベガルタはホームで痛恨の引き分けの模様。せっかくレイソルが負けたのに。もう四の五の言っても始まらない。淡々と残り試合全てで勝ち点3を確保し、最終勝ち点を86にする事のみを考えるべきだろう。それだけの戦闘能力は持っているのだ。順位は結果として捉えればよい。



 ともあれ、諸事多忙ですっかり更新をサボっていしまい、申し訳ありません。



 書きたい事はたくさんある。

 ベガルタについてはもちろん、オシム氏のメンバ選考に対する邪推、ユース代表や五輪代表のメンバ問題、野球の面白さ(あの「ファイターズの優勝の決め方の凄さ」にはちょっと感動した、まるでサッカーみたいではないか(笑))、レッズとガンバの微妙な差、阿部のハットトリック、中村のハットトリック(ベンフィカ戦もよかったようだね、3−0は凄い)、愛読書サッカーマガジンの現況。書きたいのだが、まとめる時間がないのだ。

 あと、書きたくはないし触れたくもないが腹立つ事もあるけれど。



 それと別に、「書く」と約束してサボっている事が結構あるのだよね。例えば、「ジーコのひみつ」とか(笑)。もっとも、私の雑文に対して、「福田正博」についてちゃんと書け、とか、「フィリップ総決算」はまだか、と暖かい言葉をかけてくださる方もいるのだから、「ジーコのひみつ」が未完でも勘弁してもらえるかな。



 何とか、巧く時間を作って、少しでもまとめていきたい。



 と言いつつ、エルゴラッソ。本日発売号のサッカー講釈今昔、今号はついに加藤久先生について書かせていただいた。しかし、この尊敬してやまない郷土の英雄については、書きたい事が多過ぎて、前代未聞の前後編2回に渡っての作品となった。どうしても2000字にはまとまりそうもなく、先週末は随分悩んだのだけれど(笑)。ご興味あれば、是非お読みいただきたい。

 考えてみれば、先々週、現アビスパ監督の川勝氏について書いた事を、BLOGで伝えるのを忘れていた。どうも、10月に入ってから、多忙にかまけて、抜けが多くなっているようだ。



 何はともあれ、もうしばらくしたら、従来のペースで雑文を再開できるはず。しばらくお待ちいただきたい。
posted by 武藤文雄 at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファイターズVSソフトバンク第2戦<br />
<br />
9回裏の小笠原の走塁は見事でした。<br />
ルール上、守備妨害にならない走塁。<br />
まさにプロとして今何をすべきか分かっているプレーでした。<br />
<br />
ベガルタは。。<br />
明らかに偏差値低す(ry
Posted by 仙さぽ at 2006年10月22日 13:04
ジーコのひみつ については是非書いてください。楽しみにしてますw
Posted by よろこびサッカー at 2006年10月23日 12:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック