2014年06月14日

コートジボワール戦前夜2014

 まだ出発していません。
 トーナメントの最後の最後まで付き合うために、初戦は回避したのです。ギリシャ戦からの参戦となります。

 もう半月も前の事だが、キプロス戦翌日に、某有名新聞社会面に登場させていただいた。記事全体は「50過ぎのサッカー狂が、強くなった代表チームに目を細めるさま」を描写しており、実物よりも随分と上品なおじさんとなっていた。不満はない。実際、私はこんなに立派なおじさんではないし、もっと下品な男なのだが。ただ、
「攻撃に才能あふれた選手が多い今回は歴代最強。ベスト4も夢じゃない」と声を弾ませた
は、いかがなものか。記者さんが「巷では『ベスト4の可能性もあるのではないか』と言われてますが、どう思いますか?」とおっしゃるので、「1次リーグ突破確率は70%、1/16ファイナル勝利は30%、イングランドならばある程度いけそうだが、ウルグアイはちょっと厳しい、準々決勝はブラジル来るから5%くらいでしょうか。すると0.7×0.3×0.05、準決勝進出の確率は1%!大会前の時点でベスト4確率1%も持っている国は、そうはないはずです。」と申し上げたのだが。確かにそれと別に、「これだけ攻撃ラインにこれだけタレントが揃うとは、俊輔、憲剛、豊田、原口と言った選手達を選考しないで済むのですから。」とも言ったな。確かに合わせると「攻撃に才能あふれた選手が多い今回は歴代最強。ベスト4も夢じゃない」になるか。恐れ入りました。

 確率は変動する。
 2002年、アルゼンチン、フランス、ウルグアイが予想外の事態で早期敗退。その結果1次リーグ終了時に、日本はトルコ、セネガル、スウェーデンのブロックを勝ち抜けば、ベスト4に進出できる事になった。今思えば、丁寧に戦えば、トルコ戦もセネガル戦も60%以上の確率で勝つ事ができたように思う。つまり、ベスト4進出確率は36%以上だった事になる。残念な事にフィリップが舞い上がってしまい、トルコに対し自滅的敗戦。あれはあれで、12年前の実力だったんだ。
 ここからは夢想の世界。もし、今大会に全盛期の井原、そこまで行かずとも全盛期の中澤がいれば。今回のチームの守備の強さは格段に違うはず。そうなれば、1次リーグ突破確率は80%、1/16ファイナル勝利は50%、準々決勝はブラジルが来ても20%になる、つまりベスト4進出確率は8%になる。いや、井原と中澤の2人がいて、さらに最前線に往時の釜本がいれば、1次リーグ突破確率は95%、1/16ファイナル勝利は80%、準々決勝はブラジルが来ても45%、ベスト4進出確率は34%、いや、今のチームにこの3人が加われば、冗談抜きでワールドカップ戴冠は現実のものとなる事だろう。「今のチームに井原、釜本、中澤が加わる」と言った瞬間に、夢物語になるのは間違いないが、これは大変な進歩なのだ。南アフリカ大会前に、日本代表の歴代ベスト11でワールドカップに臨むと言う夢想をしても、「優勝できるかも」等とは誰も言えなかったはず。歴代ベスト11をぶつければ、ワールドカップ優勝できるのではないか、と妄想できる国の数はそう多くないはずだ。この4年間の進歩は、ものすごく大きいのだ。

 強いチームが完成しつつある。
 現実的に攻撃力(能動的な仕掛けで敵を崩す能力)と言う視点では、もはや我々は世界屈指に近いものを持っている。昨年のオランダ戦、ベルギー戦。先日のコスタリカ戦、ザンビア戦。課題もなくはない。しかし、攻撃力と言う視点から考えると、敵がどのような守備を行おうが、我々の攻撃力を的確に止められるとは思えない。

 もちろん不安がない訳ではない。
 守備の不安定さ。これにはいくつも要因がある。第一に井原や中澤のような「格段の危機管理能力」を持ったタレントがいない事。第二に麻也や酒井高徳に代表される「おバカ」を相当頻度で演じるタレントの存在。そして、第三にボール奪取の球際の強さの欠如、確かに、第一、第二についてはそう簡単に改善できるものではない。しかし、第三は各選手の体調が整えば存分に改善できるはず。特に山口蛍がベストコンディションで機能すれば、不安な守備は相当なレベルで向上するはずだ。だからこそ、蛍の警告累積が心配になり、細貝不在が心配になる。でも、そんな事はザッケローニ氏は十分に承知しているはず、それでもエヒメッシをメンバに残したのだから、どんな秘密兵器構想があるのかワクワクもするのだが。
 攻撃力のレベルに不安はないが、どうしても敵堅守をこじ開けたい時はどうするのだろうか。絶対的エースの岡崎、経験豊富な大久保、シャープな技巧がパオロ・ロッシを思わせる柿谷、万能型として釜本を彷彿させる大迫。彼らを並べるためには、香川か本田をベンチに、あるいは後方に、下げなければならない。しかし、本田の体調が上がらなかったために、そのテストができていないのだ。いや、さっさと点を取ってリードし続ければよいのだが。

 ワールドカップが開幕して、4試合を見た。ブラジルもオランダもチリもメキシコもクロアチアも、大敗したスペインも、皆素敵だ。でも、日本の攻撃力は、彼らと遜色ない。いや、我々の攻撃力は他国とは全く異なる美しい彩りがある。世界中どこの誰にも自慢できる技巧と連係の冴えがある。そして、全選手の圧倒的な献身がある。
 4年前、ワールドカップ終了後、こんな文章を書いた。当時と比較して日本代表が格段の進歩を遂げた今でも、「ワールドカップとは必ず負ける大会である」と言う思いは変わっていない。ただ、「必ず負ける」と言う思いに、ほんのちょっとだが「悔しい思い」を感じられるようになってきた。ブラジルも、アルゼンチンも、ドイツも、ウルグアイも、皆我々よりも戦闘能力が高い事は認めなければならないだろう。
 でも、我々は彼らの喉笛に食いつき、僅かな隙を逃さなければ打ち破り得る戦闘能力を身につけた。本当の勝負は2次トーナメントなのだ。

 だからこそ。
 我々は1次リーグを抜け出さなければならない。そして、その確率は決して低くないと思っている。上記したように、私の予想では70%の確率で抜け出せると思っている。たとえ、ドログバやヤヤ・トゥーレがいても、まとわりつくような組織力で彼らを完封する事を。そして、我々の美しい攻撃力を見せつける事を。
 「必ず負けるワールドカップ」を満喫するためにも、まずはドログバに絶望を味合せなければならない。
posted by 武藤文雄 at 23:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の場合、はるかに小さい記事ですが、すごくわかります。記事の自分が別人状態。
意図、真意、ニュアンスなんて伝わららず、伝言ゲームのアホな答え状態。
次があったら一番言いたいことだけ短く答えようと思ったんですが、次は無かったです。

自分は今回かなり心配です。前半20分までの圧力にたえられるか、後半の放り込みにたえられるか。
DF目線でみると、コートジボワール戦は引き分けでOKで、ギリシャ戦勝負じゃないかなあと。
Posted by at 2014年06月15日 00:35
ギリシャに勝つのだ!ってやつ、みたいなー
Posted by モノリス at 2014年06月15日 12:33
雨のせいか、緊張のせいなのかつなぎのパスでミスが多かったですね。ボールポゼッションを志向するチームなのにあれだけミスが多いと、チームとして何の見せ場もなくなるのは当然かなと思います。
次のギリシア戦では、改善されるといいです。
Posted by sora at 2014年06月15日 13:01
>ギリシャに勝つのだ!ってやつ、みたいなー
Posted by at 2014年06月15日 14:11
>ギリシャに勝つのだ!ってやつ、みたいなー

いい加減、飽きた。
Posted by at 2014年06月15日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック