2014年06月15日

自滅だから立て直しは容易だ

 思うに任せないからサッカーはおもしろい。ただ、ここまで思うに任せないサッカーを見せられるとは思ってもいなかった。
 初戦で負けたと言う結果はとても残念だ。しかし、結果以上に残念だったのは、この4年間継続して強化してきた、素早いパスを回すサッカーを放棄してしまった事だ。対戦相手のコートジボワールがよさを消してきた訳でもない。ただ、日本の各選手が、押上げを怠り、パスコースを作る努力をせず、自分たちが得意なサッカーをしようとしなかった。
 逆転を許した後、今こそ粘り強くボールを回していやらしく攻め込まなければならないのに、淡泊な縦パス主体の攻撃しか狙わない。さらに驚いたのは、終盤吉田麻也を前線に上げ、パワープレイに出た事。チーム全体が、得意なプレイを意図的に放置してしまったのだから、残念だった。
 
 そのような試合ができなかったのには2つの要因があると思う。
 1つはあまりに慎重過ぎた事。前半立ち上がりから裏を取られないためだろう、いつも以上にチーム全体が引いて戦っていた。まあ、初戦の序盤なので、わからなくもないし、まずは安全に試合に入るのは悪い事ではない。問題は、本田の妙技で先制した以降だ。先制直後の時間帯だけは、内田の押上げと岡崎の動き出しで右サイドを幾度か破りかけたが、ここではよいボール回しができていた。ところが、前半の終盤からは再び引き過ぎる展開になってしまった。元々、このチームの守備の大きな課題は、相手ボールになった時に、守備の人数が揃っているにもかかわらず、安全に行こうとして引いてしまい攻め込みを許す事が多い事だった。この時間帯、この欠点が完全に出てしまい、イヤな雰囲気となってしまった。先制点を安全に守ろうと言う、過剰な慎重感が、どんどん状況を悪くしていた。
 2つ目は体調の悪さ。特にリードを許した後、明らかに多くの選手の足が止まってしまった。準備試合、コスタリカ、ザンビア戦では体調がベストには思えなかったが(身体の利きがまだ不十分に見えた)、各選手は終盤までよく走っていた。ところが、この日はこれから逆転を目指して戦わなければならないのに、運動量が激減してしまった。この大事な試合にベストコンディションに仕上げられなかったのは、ショックだった。そのような準備のうまさは、日本のストロングポイントのはずなのに(まさか決勝に合せて、序盤落としてはいった訳ではないよね)。

 本田の先制点はすばらしい個人技によるものだった。最初の右足のファーストタッチで、得意の左足で強くボールを捕える事ができる場所に置いたところで勝負あり。敵陣近くのスローインで、僅かに敵の守備が甘くなった隙を見逃さなかったのもよかった。それまでチーム全体が慎重になり過ぎていただけに、ありがたい先制点だった。そして上記の通り、その直後はよい時間帯もあった。
 ところが、上記の通り前半終盤また引き過ぎる展開になってしまった。これは、本田の意欲が空回りした事も要因だった。一度、強引なドリブルで中央を破りかけた場面があったが、そのイメージが強過ぎたのだろうか。ハーフウェイラインあたりで大迫がボールを受け、本田に落とすのだが、本田がそのあたりで無理に突破を狙おうとしてキープできずに攻め返される事が続いた。元々ブラックアフリカの選手はふところが深く、抜ききれない事も多い。だから、中盤あたりで無理をするのは、逆襲を許す事になりかねず危険なのだ。これは香川も同じで、この2人の中盤でのキープし損ねが状況を一層苦しいものにしてしまった。引き過ぎて押し込まれていたのだから、落ち着いてボールを回し、時間を稼ぎたかったのだが。
 それでも森重が上々の位置取りで、コートジボワールの強引なクロス攻撃をよく防ぎ前半終了。

 後半、一拍おいて遠藤を起用。ようやくボールが回り始める。慎重過ぎる流れを打開する的確な交代だった。一方、コートジボワールはドログバを起用、ここで日本はドログバにボールを出させないように遠藤を軸にプレスを強めなければならなかったが、ドログバを警戒してまた引いてしまった。結果、一番の弱点の香川の守備のところから、連続失点。ドログバ起用前にせっかく遠藤を投入し、ボールが回るようになりかけていたのだから、そのまま攻撃的な守備に切り替えればよかったのだ。
 前半の慎重過ぎる内容と言い、そもそも引いて守ろうとするオプションを選択していないはずのチームが、どうして引いてしまったのだろうか。相当経験を積んだはずのチームなのだが、大会のプレッシャに押しつぶされたのだろうか。
 それでも逆転された時点で、25分以上時間は残っていた。慌てる必要もないし、落ち着いて押上げボールを回す攻撃をすればよかったのだが。

 敗因は、自らの長所であるボール回しを放棄した事にある。ボール回しが止められたのではなく、自滅だったのだ。
 だから、立て直しは容易なはずだ。リスクを恐れず、ボールを回す事だ。そこで中盤に差し掛かったところで、このチームの特長である「縦」へのボールを入れる。昨年のオランダ戦やベルギー戦、先日のコスタリカ戦やザンビア戦で、当たり前にやれていた事をやればよい。もちろん、そのためには適切なコンディショニングが必要、中4日で的確な準備を行い、体調を整え直す事が必須なのだが。
 元々このチームの目標はベスト8以上を目指す事。得意のプレイを見せて、いたずらに守備的にならない方が、このチームは守備も安定するはずだ。そして、ギリシャとコロンビアに2連勝すればよい。
 事態は決して深刻ではない。
posted by 武藤文雄 at 15:57| Comment(31) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドログバには、前エントリーとは逆に、こちらが絶望を味合わされてしまいましたね。
ドログバ使用前、使用後で、ああも変わるものなのでしょうか。

しかし、残念な結果となってしまいました。
講釈師が書かれていますが(ツイートされていましたね)、
なぜパワープレイを選択したのか、そこが残念でなりません。
豊田は何を思ったのか…

後、気になったのは試合の最初からプレスがかからない、
終盤ボール奪取にまとわりつくようなしつこい守備をする選手が居なかったのが、気がかりです。
どこか他人事のような。

次節、延命できるか、絶望へと落とされるのか。
このチームを少しでも長く見られる事を願っています。
Posted by あんこしん at 2014年06月15日 16:17
仰る通り、深刻ではないと思います。

ポイントは、それに気づけるか否か。


岡田氏の、開き直るではないですが、
それくらいでもいいのかと思っています。

まだまだ始まったばかりだ!
Posted by ろく at 2014年06月15日 16:35
勝てばいいのだ!
Posted by とくしい at 2014年06月15日 16:53
NHK解説の岡田前監督があまりにも強調されていたせいか、
ドログバ一人にやられたと感じている人が多いようですけど、講釈師は冷静ですね。

同意します。彼の投入以前から今日の代表は問題ありありでした。
ドログバが入って変わったのは、コートジボワールよりもむしろ日本代表チームの側だったように思えます。

日本が勇気を持って前に出て、見る者を退屈させない試合をしていれば、
ドログバが入った時にも会場の雰囲気があそこまでコートジボワールに傾くことはなかったでしょうし、選手も呑まれることはなかったはずです。

引けば押し込まれ、弱気が悪い結果をもたらせば、さらに弱気になってしまうのがサッカーの厄介なところ。
なんとか断ち切ってギリシャ戦に臨んでほしいものです。
Posted by at 2014年06月15日 17:09
最後まで、驚くほど、パスが繋がりませんでしたね。
 
でも。
武藤さんのおっしゃるとおり。
こからの2試合、勝てばいいのだ。
Posted by かず at 2014年06月15日 18:04
雨が降っていたのも想定外かと。
Posted by ぬ at 2014年06月15日 19:03
先制点をあげながら、後半に瞬く間に連続失点。
まるで2006年の再現みたいです。
Posted by ポニョ at 2014年06月15日 19:42
試合のほとんどの時間で、腰が引けた戦いをしてしまいましたね。

1点を先制した後や、後半の開始10分くらいまでは、前にかける人数も増えたのですが、その時間帯で追加点を奪えないのが響きました。

また、チャンスのときにミスで簡単にボールを失うことが何回かあり、それによって後方の選手が前に行かなくなってしまいました。そこからは、「日本がボールを保持しても攻撃に掛ける人数が少ない→ボールを取られる→後方の選手が前にいかなくなる」という悪循環に陥ってしまったような気がします。

これで2連勝するしかなくなったので、開き直って本来のサッカーをやって欲しいです。日本にとっては、まだワールドカップは「いかに勝つか」の戦いではなく、まだ「いかに負けるか」の戦いですね。
Posted by orange at 2014年06月15日 20:47
今の段階で真っ先に手を着けなければならないのは日本の敗北を心から願い、それが叶った瞬間に歓喜のハイタッチで喜びを爆発させた渋谷の交差点あたりに棲息する誇らしげにユニフォームを纏った正真正銘の日本人達の粛清でしょう。

言うまでもなくあの醜い姿は全世界に配信されます。

日本人はサッカーなんかどうでもいい。ただ自分をカッコよくみせるための手段、使い捨ての小道具に過ぎない。

その事を全世界にむけて高らかに宣言したあの渋谷のクズどもの姿こそ日本人の本性。

こんな国民が作り出すサッカーなんぞに負けるわけがない。

今日、全世界の民族はその事をはっきりと心に刻みつけた。

今日をもって日本のサッカーは死んだのです。

ありがとう、渋谷に生きる正真正銘の日本人達よ。




Posted by トーリス・ガリー at 2014年06月15日 20:58
>1つはあまりに慎重過ぎた事。
>チーム全体が慎重になり過ぎていた・・・

やはり日本人はセロトニントランスポーター不安遺伝子が、欧米人やアフリカ人より多いのだろうか?


>さらに驚いたのは、終盤吉田麻也を前線に上げ、パワープレイに出た事。

ティーム権力の多重構造を邪推した人はどれくらいいたかな?
本当にザックのティームだったのか?
フランスのジャーナリストなら、この問題明らかにしてくれるんでしょうけどね。
Posted by ますたろうが、また変な物を引っ張り出さないか心配w at 2014年06月15日 20:58
弱点の矯正よりも、走り勝ち、ストロングポイントを押し出して戦う、というのが良くも悪くもこのチームの売りだったはず。

自分たちのスタイルをピッチで表現した上での負けなら受け入れられますが、自滅の形でほとんど表現できなかったのは本当に情けない。
肝心の本番でこんな腰の引けた試合しかできないなら、南アフリカ大会の時のような戦い方を追求すべきだったと言われても仕方がないように思います。

選手たちの志向に賛同していただけに失望も大きい。
終わったばかりで無理やり気味ですが、ギリシャ戦では見せて欲しい。
Posted by at 2014年06月15日 21:03
コートジボワール戦、必然の敗北。本田だけが見ていた現実 -text by 植田路生

やっぱりいるんだ。こういう人。立て直し出来るのかしら。2006のデジャヴを感じる・・・。
Posted by at 2014年06月15日 21:36
一番ショックだったのは、2点目取られた直後、テレビで見るかぎり、ピッチ上で声を出していた選手が一人もいなかったこと。ベンチにさがった長谷部だけが声を出して鼓舞していた。単にカメラが抜いていなかっただけかもしれませんが。そのとき、テレビの前で、あ、今日はだめかもな、とふと思ってしまいました。コンディションを整える、試合を立て直すリーダーシップ、ラインをあげる勇気、少なくともこの3つが次の試合に必要だ!
Posted by じょるjyu at 2014年06月15日 22:21
やっぱりこの監督はイタリア人。
最後は守備的に慎重サイドに傾く。

そのくせ攻撃的なサッカーが好きだなどと宣うし、
アクセルとブレーキを一緒に踏んでるようなもの。

日本人は言われたことを真面目にやるしかできないのだから、中途半端に<バランス>などという監督だと、こんな感じになるんじゃないかという気がした。

攻撃的なサッカーを目指すと言ってそういう監督に声を掛けてたのに、イタリア人を呼んできた原博実のブレが最大の敗因。

Posted by at 2014年06月15日 23:58
やれやれ、また文化論か。ここはサッカーブログだぜ。
Posted by at 2014年06月16日 04:40
じょるjyuさんと同意見です。本田も長友も普段偉そうなこと言ってるんだったら、逆転された後もっとチームを鼓舞しなきゃ。後はあれだけ走れなかったことがショック。
Posted by ラスタマン at 2014年06月16日 04:59
>一番ショックだったのは、2点目取られた直後、ピッチ上で声を出していた選手が一人もいなかったこと。

>日本人は言われたことを真面目にやるしかできないのだから、

監督より、キャプテンより偉い、権力を持った人がピッチにいるのでは・・・。
長友もその派閥だったかもしれないが。

ここにきてJFAのメディアチェック、出入り禁止をちらつかせて批判の筆を鈍らせる2006年の事例が再び取りざたされている。
でも、なんでそんな人物の増長にJFAが肩を持つのだろ。
Posted by Jスポコラムの更新はまだ? at 2014年06月16日 05:20
文化論ってほど深い話でもないだろ。
サッカーといっても人がやることだし、
遠藤だってそう言ってたんだから。
Posted by at 2014年06月16日 12:13
精神論のほうが意味不明。
声をあげればなんとかなるのかっていう。
テレビが顔を抜いてないだけだし。

声をあげるだけなら、本田は前半終了時に何か言ってたのがテレビに抜かれてた。
大迫と本田が前から守備に行ってるのに、中盤から後ろがついてこない問題は前半から続いてたこと。
Posted by at 2014年06月16日 12:22
ちょっと無理な思い込みではないですかね.
選手達を多大評価しているんじゃないですか?
香川も本田も,普段自分たちのチームでのプレーそのままで,キープも展開も難しいという状況だったと思いますよ.遠藤も,ボールを奪われるリスクが高すぎて,あのレベルでは使えない選手だと思います.
いくら日本代表へのサポートや準備がアフリカの国よりも遙かに優れていても,最後にはプレーヤーの力が出てしまうのではないですか?
欧州のチームの選手達には,代表よりも何よりも,まずは自分のチームを愛して,自分のチームでしっかり結果を出すように促すのが,今の日本代表を応援する人がするべき事だと思いますよ.
Posted by わかさま at 2014年06月16日 12:42
勝とうが負けようが、君たちの勝手かもしれないが、自分の力を出さないことだけは、他の選ばれかった代表候補の選手たちに失礼じゃないか。
君たちの力を信じて他の候補を落としたのだし、
落とされた選手たちは、
日本中の応援する者たちは、
さらには日本に敗れたアジアの出場できない国の人々は、
君たちの力を信じて納得したのだから。
その舞台で自分のすべてを出さない者は、ボールを蹴る世界中の人々に対する冒涜である。
出しきって負けたのなら、よくやったと国中で迎えよう。
ただし、己の力を出さずにプレイすることは、たとえ勝ったとしても許されない。
Posted by マツイ at 2014年06月16日 14:54
各々の選手の奮起を願うのはその通りなんですが、私が思ったのは、ザッケローニってここぞの勝負であんなゆるい感じでしたかね?

あの甘美な思い出の2011年アジアカップ、口をひん曲げながら遮二無二勝ちに行くギラギラした勝負師ザックの姿とは程遠い、何か試合中も達観したような眼差しではなかったですか?

アジアカップでは左サイドが押し込まれていると見るや、すぐに伊野波入れて長友を一列前に出したりしてましたよね。

コートジボワール戦のドログバ投入後のザックのリアクションのなさを見る限り、ザックはひょっとしてこのチームに対するモチベーションを失いつつあるんじゃないかとまで危惧するんですが…
囁かれているような、ピッチの選手と監督の方向性の対立まではないと思いますが…
心配性な戯れ言ですみません。

Posted by とし at 2014年06月16日 22:40
>Posted by at 2014年06月16日 12:13

>日本人は言われたことを真面目にやるしかできないのだから、中途半端に<バランス>などという監督だと、こんな感じになる・・・

こんな命題が、いつ、誰によって論理的・科学的に証明されたのか。きちんと説明していただけませんか?

そうでないと、30年前の日本サッカーを巡る議論から何の進歩もしていないことになる。
Posted by at 2014年06月16日 22:53
御講釈に全面的に同意し、己を奮い立たせます
ネガティブなグチは言い出せばきりがない
われらが代表を信じる、それだけです
うちらなら2連勝できるって!!
Posted by ぽぽ at 2014年06月17日 00:56
戦争の足音が迫っている!!
今、サッカー見てうかれている場合じゃないぞ。
【なぜ急ぐ?誰が得する?限定容認?】集団的自衛権行使容認の真実
http://sayuflatmound.com/?p=1655
お遊びの戦いではなく、ほんとうの戦争が近づいてます。
ジョセフ・ナイ「対日超党派報告書」 〜日本と中国との戦争を誘導せよ〜
http://blogs.yahoo.co.jp/kotyannomama/16036546.html

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201406/article_131.html
Posted by マスコミは嘘をつく1号 at 2014年06月17日 01:37
リアルタイムで観られなかったので、今夜やっと録画で確認した。
前半は、香川の不出来、大迫の不機能、内田の不如意(ポジションの低さ)が際立っていた。後半にメンバー変えずの判断が、ゲームを決めたと思われる。
ザックって、決断できる指揮官だと思っていたのだが・・・。
Posted by yoshida at 2014年06月17日 20:22
論点は
・個々の能力(コンデション含む)でかなわなかったのか
・個々の能力が発揮でなかったのか(慎重になりすぎたのか)

になると思うのですが、武藤さんは後者ですよね。自分もそう思います。でも、どうなんでしょうね。本当のところはわかりません。次のギリシャ戦で明らかになるのだと思います。

その点を自分もブログに書いています。
【【コートジボワール戦考察】あえて敗因をたった一つの要素に求めたい】http://kiyonagakeiji.info/rensai/2014/06/soc-col140616CIV01.html


良ければこちらも。
【遠藤のパスは数字だけではわからないんだよ】http://kiyonagakeiji.info/rensai/2014/06/soc-col140617huffpost.html
Posted by 清永 at 2014年06月18日 09:02
>この2人の中盤でのキープし損ねが状況を一層苦しいものにしてしまった。

私はこれが全てのような気がします。チームの中でもっともキープ力のある二人がキープできない。それを見たDF陣は下がらざるを得ない。そして悪循環。
Posted by ポール at 2014年06月18日 11:02
相手に簡単にシュートレンジまで運ばれすぎでしたね。シャドーとボランチが間合いをとってディレイばっかりしてるうちにキレイにパスを繋がれていました。中盤の選手はもっとボールに行かないと。入れ替わられても最終ラインは陣形が整ってるんだからそんな大きな問題じゃない。広島浦和にあんな守備やってたら5点くらい取られそうな内容だと思いました。
Posted by ウーパールーパー at 2014年06月18日 16:26
>Posted by at 2014年06月16日 22:53

仮説だよ。否定もされていない仮説。
代表歴代最多キャップの選手が、
就任当初の外国人監督にアドバイスするぐらいの位置にある程度には有力な仮説。
Posted by at 2014年06月20日 11:01
ブラジルには出発しません(笑)

前の記事ですが、

「本当の勝負は2次トーナメントなのだ。」

そうだと思います。

最後まで頑張りましょう。
Posted by Yan at 2014年06月20日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

悲観することは全くない より楽しみが増えたと言えるでしょ 2014年ブラジルW杯・コートジボワール戦
Excerpt: JUGEMテーマ:日本代表 いやー、特にこういう試合は、どこから湧いたのかわからないような人たちの論調ばかりが 取り上げられがちなので、流されないように自分の意見も残しておこうと思います。 ..
Weblog: 今日もいつもの帰り道
Tracked: 2014-06-15 17:17