2014年10月14日

セレソン戦を前に2014

 ユース代表の日韓戦勝利については別途。本当によく闘った選手諸兄の奮闘に感謝すると共に、(本人たちもよくわかっているだろうが)「次に勝たなければこの勝利は何の意味もなくなってしまう」と言う当たり前の事を書き留めておく。
 今を去る事37年前、金田喜稔、木村和司、山本昌邦らを擁する日本ユース代表は、アジアユース大会準々決勝で韓国と対戦。0対0で延長を終えたPK戦で、GK柳楽雅幸(現台湾女子代表監督)の活躍で韓国を振り切った。しかし、続く準決勝、地元イランと対戦、木村が先制ゴールを決めたものの、PKで同点とされ、終了間際に決勝点を奪われて敗退。FIFA主催の第1回ワールドユースの出場権を逸している。全ては次戦にかかっている。ドーハの悲劇よりは、こっちを引用するのがよいかな、と思って。

 と言う事で、日本代表。
 ジャマイカ戦は何とも微妙な試合となった。
 確かに相応に皆がよかった。岡崎は相変わらず凄い。本田も(あのループシュート外しは感心しなかったが)精力的に戦った。香川は(試合中の接触で脳震盪との事だったが)ボールを持てば好パスを出していた。柴崎はすばらしい展開を演出。武藤は相変わらず強引に持ち出した。細貝は広範囲に動きアンカーとして機能。森重は無難に中央を固めた。塩谷はA代表デビューとしては出色の内容。長友は相変わらず能力の高さを発揮。酒井高徳も(少なくともこの試合ではおバカを見せず)良好なオーバラップを見せた。西川は活躍の機会はほとんどなかったが無難なプレイ。
 しかし、何かスッキリしない内容だった。単にシュートが決まらなかったと言う事だけには思えかった。大体、幾度も好機をつかみながら、中々点が入らないのは日本代表のスタンダード。それは見慣れた光景だ。だから、シュートが入らないからスッキリしなかった、と言う事ではないと思う。

 おそらく、アギーレ氏が「何をしたいのか、わからないから」なのだと思う。

 代表監督の意図を忖度するのはとても愉しい娯楽だ。オフト氏は固定メンバで丁寧に戦い、我々に明確な意図を示し、USAワールドカップに後一歩に迫った。ファルカン氏は、何をしたいかわからないままに去って行った。加茂氏は明言している「やろうとしている事」とピッチ上の具現が異なりながら、よいチームを作ったものの、ワールドカップ予選の重圧につぶれた。フィリップは序盤は「一体何をしたいのか?」と疑問を抱かせながら、任期中途には明確な意図を持ったチームを作り、2002年1次ラウンドを抜けてくれた。ジーコは「何も考えていないのではないか」と思わせながら、実際何も考えていなかった。オシム爺さんは...完成形を見たかった。岡田氏は、1回目、2回目、いずれも、やろうとした事は明らかで、実際本大会で「やれる事はほとんどやり尽くして」くれた。ザッケローニ氏は...これば近々別途述べます。
 ではアギーレ氏は何をしたいのか。今のところ、さっぱりわからない。

 皆川と坂井を起用したウルグアイ戦は、(少なくともアジアカップで優勝するための準備としては)全くの無駄だった。まあ、これもご愛嬌だろう。新任の外国人監督が率いるチームが、己の選考眼に自惚れすぎる事はよくある事だ。
 (ブラジルで日本選手の中で最高級の知性を発揮してくれた)内田の不選考も不思議だ。右サイドバックの候補としては、(先日致命的なミスをしたが)酒井宏樹も、(アギーレ氏選考以降はおバカをしていないが)酒井高徳も、(私から見れば)とてもではないが内田のレベルに到達していない。負傷上がりを考慮しているのだろうか。
 もし選手の現在の状況を考慮して選考しているとしたら、移籍したスペインのクラブで定位置を確保できず苦悩しているハーフナーを、このタイミングで呼んだのもよくわからない。豊富な攻撃陣のタレントを抱えているのだから、大迫や宇佐美を呼ぶのが普通と言うものだろう。

 まあ、アジアカップがワールドカップ直後にある事そのものがおかしいのであって、新任監督に文句を言う事は筋違いなような気もする。雇われている方ではなく、雇っている我々がおかしいのだ。

 そうこう考えながら、セレソンとの戦いに思いをはせる。このタイミングとしては相手が悪いな。手探りをしたい監督と、何のかの言って世界最強国。しかも、先般の失態を取り戻すべく呼ばれたのがドゥンガのオッサン。あまりチーム作りを推察する材料とはなりそうもない。ここは、我らのスタア選手たちが、いかほどの個人能力を見せて対抗してくれるかどうかを愉しみにすべきなのだろうな。
 でも、ザッケローニ氏はいきなりアルゼンチンに...
posted by 武藤文雄 at 08:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内田の選考漏れは、単に招集レターを送った時点ではまだシャルケでも復帰してしなかったからだと思われます。
Posted by at 2014年10月14日 08:26
U19についても是非!
昨日の韓国戦は大感動でした。17日にカタールのようですね。ベトナムや中国をみても、この年代だと全く油断できませんね。


アギーレさん、今日はかなりメンバーをいぢってくるとの予告ですが。さてはて。

試合後の講釈も楽しみにしております。
Posted by at 2014年10月14日 10:19
> おそらく、アギーレ氏が「何をしたいのか、わからないから」なのだと思う。
>ファルカン氏は、何をしたいかわからないままに去って行った。


あーなんか似てますねそう言えばw
状況のせいかなとも思うけど
Posted by あ at 2014年10月14日 13:57
>オシム爺さんは...完成形を見たかった

この三点リーダーの間に、涙を誘われました。
(´;ω;`)ブワッ
Posted by at 2014年10月14日 17:01
武藤さんのこのエントリを読みながら、こんなショボいのがアギーレ代表の初勝利になっちゃったのか…と思い、くっっっだらないミスで初勝利をフイにした川島への怒りがあらためてこみあげております。
さっきのネイマール3点目も「それ、弾く方向はどうなのよ?」と思うし。もう呼ばなくてイイと思います。
Posted by at 2014年10月14日 21:29
戦後のレビューが読めないのが辛い
Posted by at 2014年10月16日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック