2014年12月31日

2014年ベストイレブン

毎年恒例のいい加減なベストイレブンです。ワールドカップが残念だっただけに、「該当者なし」にする事も考えたのですが、それではあまりに芸がないので、普通に選んでみました。肝心なワールドカップ総決算まだ未完成なのですが、それはそれで頑張っています。

GK 東口順昭
 ガンバの3冠はこのGK獲得なしにはあり得なかった。GKとしての実力は西川と甲乙つけ難いが、両クラブの今年の成績を鑑みて東口を選考。代表の正GKもこの2人のいずれかがよいのではないかと思うのだが。

DF 内田篤人
 ワールドカップで最も輝いた日本人選手。我慢を重ねここぞと言う所で見舞う鋭いタックル、タイミングを見極めた的確な攻撃参加。正にインテリジェンスの高さを見せてくれた。内田不在のアジアカップに不安は高まるばかりである。

DF 塩谷司
 縦を狙ってくる敵への応対が格段に向上。日本を代表するセンタバックに成長した。攻撃参加も巧みなのは正に現代的なセンタバックと言うところか。どこまで成長してくれるかは、日本代表の近い将来を大きく左右しそう。

DF 阿部勇樹
 レッズの守備を支えた相変わらずの知性。MFから下がってきて、守備のバランスをとり、美しいサイドチェンジを繰り出す。往時のプレイに一層の彩りが加わってきた。

DF 石川直樹
 今年のベガルタのJ1残留の最大の立役者。梁と野沢のベテランが奏でる芸術的パスワークを後方から支えてくれた。長友が不振だった今年、ドサクサまぎれに選考しました。

MF 細貝萌
 たとえばコートジボワール戦の終盤に各選手の足が止まった時に、細貝を起用し中盤でボール保持時間を増やす事で状況を打開できた可能性がある。守備的な選手にはこのような使い方もできるのだ。ワールドカップに続きアジアカップもメンバ外。本当にそれでよいのだろうか。

MF 遠藤保仁
 コートジボワール戦、遠藤起用後にようやくボールが回り出した。あの場面、ドログバを恐れずに日本がラインを上げる事ができたならば。相変わらずお元気に3冠に貢献。

MF 田口泰士
 明神や細貝とは異なる意味で、非常に有用な中盤選手。あと少し身体が強くなり守備力が強化されれば、大変なタレントに化ける可能性がある。アジアカップで見たかった。

MF 本田圭佑
 コートジボワール戦の先制点。本当に素晴らしかった。あの一撃だけで選ばない訳にいかない。ただ、それ以降のワールドカップのプレイはあまりに残念だったのだけれども。

FW 岡崎慎司
 あのコロンビア戦のダイビングヘッド。反対側のゴール裏から見ていた私は、本田がクロスを入れた瞬間、ゴールを確信した。祈、ブンデスリーガの得点王。

FW 豊田陽平
 わかりやすい強さと高さは、正に鍛錬の賜物。さらにテレビに登場した際の、わかりやすい解説は、それらの特徴が格段の知性に支えられている事を証明した。
posted by 武藤文雄 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411593711

この記事へのトラックバック