2015年01月13日

無難な初戦、アジアカップ始まる

 アジアカップ初戦、日本はパレスチナを4対0で破り、無難なスタートを切る事に成功した。

 前半立ち上がりから、長谷部が後方に引き、森重、麻也の3人が高精度のロングボールを入れ、パレスチナ守備ラインを押し下げる。右サイドは本田と酒井、左サイドは長友と乾が開き、4-3-3と言うよりは3-6-1と言う配置。思惑通り、パレスチナが引き過ぎたため、日本は個人能力の差をそのまま出す事ができた。
 遠藤爺の一撃はその典型、日本の揺さ振りにより、この大ベテランは全くのフリーとなっていた。2点目も長友に森重(だと思った)が長いボールを通した時点で、香川が飛び込むバイタルは無人状態。それにしても、遠藤と岡崎のシュートは凄かったけれども。
 パレスチナの経験不足も大きかった。PK時の香川押しつぶし等は日本のトップレベルのユース選手でも絶対にやらないミス、さらにそのPKで本田が蹴る前にあれだけGKが前に出てしまっては。4点目にしても、香川の技巧は鮮やかだったが、あれだけで最長身の麻也を見失ってしまっていた。その後も、武藤や香川に一発レッドが妥当なファウルを連発、意欲の空回りとでも言おうか。

 ともあれ、難しい初戦で50分で4対0としたのだから、大変よろしかった。ただ、遠藤爺が退いた以降は感心しない展開。
 香川も清武も2人の連係に個人技突破を交え、局面を打開しようとするが、もう一つ機能し切れなかった。この日香川は後方から30〜40mのサイドチェンジにトライしていたが、もう一つ精度を欠いていた。20代半ばとなったのだから、このような中盤の展開を身に着けて欲しいところ、この大会での成功をその転身のきっかけにして欲しいのだが。一方の清武は、自分で仕掛けるのとパスを狙うのと、敵に読まれない工夫が欲しい。バイタルでフリーでミドルシュートを狙い枠に行かなかった場面は猛省が必要。あと、本田に遠慮せず、ゴール狙えるFKは蹴れよ、どうせ本田のは滅多に枠に飛ばないのだから(笑)。香川、清武と来れば乾なのだが。早々に清武と交代させられた事に危機感を持ってほしいのだが。前半の猛攻時にも、ボールに触る頻度が少なかった。あの独特のキープを活かすためには、もっともっと局面局面に参加してくれなくては。
 後半の停滞については、残念ながら武藤への失望も語らなければならない。何かしら消極的だったのが気にいらない。強引にドリブルでシュートに持ち込むのが持ち味の若者が、その一番得意なプレイを狙わないのは残念だった。勘違いしていなければよいのだが。宇佐美も原口も大前も、そしてエヒメッシもいるのだよ。
 こうなると外からの展開に期待したくなるが、結果的に内田不在の不安を感じる事になってしまった。酒井高徳はよく前進してクロスを狙うが、タイミング、コースの選択、精度それぞれに課題を露呈、さらに中に切り込んでのミドルも枠に飛ばず。ただし、かつての軽率さは相当改善され、敵エースのヌーマンにも慎重に対処し丁寧に守ってくれた。岡崎、豊田と言う秀でた点取り屋と共にプレイできるこのアジアカップで化けて欲しいところだ。
 流れが悪いと把握した長谷部が前進して、変化をつけようとするのだが、もう一つ機能しなかった。点差が開いた夏の試合と言う事もあり、岡崎も本田も前半ほど無理をしなくなっていたため、効果が中々でなかったのだ。しかし、大会後半に入れば、岡崎も本田も真剣にフリーランを繰り返す事となる。その時に、遠藤爺の展開とは異なるリズムの、長谷部の変化が機能すれば嬉しいのだが。うん、これはこれで愉しみ。

 と、のんびり文句を言えるのは悪くない。初戦完勝のおかげだな。
 次はイラク。アジアにおいて、ボールキープや変化と言うサッカーの本質において、(ウズベキスタンと並び)日本と同等に戦い得る数少ない難敵だ。イラクは今日もヨルダンと火が噴くような試合で競り勝った、見事な試合だった。
 そして、アジア制覇が目的の我々としては、非常にありがたい試合順だと思う。まずは経験不足のパレスティナから勝ち点3を獲得、続いて優勝候補のライバルのイラクと戦う事で現状把握が可能になるはず。決勝での再戦まで意識した丁寧な試合を期待したい。

 パレスティナも、試合半ばまでは経験不足を露呈していた。しかし、終盤には日本のテクニックや変化にだいぶ慣れたようで、身体を張ってよく守ってきた。最後の5分間の我々の猛攻を防いだパレスティナの守備は見事だったではないか。
 我々との戦いの経験を活かし?イラク、ヨルダンを悩ましてください。
posted by 武藤文雄 at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この試合かなり強風だったのでサイドチェンジは皆苦労してましたね。
単純なミスは減らさないといけませんが、香川は視野が広くて判断が速い選手なのでまだ良くなると思います。
ホンジュラス戦で何度も見せていたように、利き足に持ち替えずにすぐ展開できるのも強みですね。
Posted by たらこ at 2015年01月21日 15:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック