2015年01月18日

贅沢言ってはいかんのですが(イラク戦完勝)

 日本は1対0と最少得点差ながら、イラクを圧倒。順調に2連勝。

 最後尾中央に引いてくる長谷部の展開から、麻也、森重の2人のCBが両翼に高精度のロングパスを出して押し込むのが攻撃の基盤。両翼に対するマークが厳しい、あるいはCBへのプレスが厳しい時は、サイドバックを使って丁寧にボールを回し、前進した長谷部が岡崎や本田に低く速いパスを通して局面打開を狙う。一度押し込んで、突破を狙った局面では、ボールを奪われた直後から厳しいプレスを仕掛ける。「経験豊富な選手が多いから」と言ってしまえばそれまでだが、個人能力の高い選手達が整然と組織的に戦うのだから、若いイラクとしてはどうしようもなかっただろう。
 ただし、これだけの展開を90分間継続するのは難しい。しかも現地は真夏で気温が相当高いと言う。実際、後半の序盤は、長友と酒井高徳が前半ほど前線進出できなくなり、イラクの攻勢を許す時間帯となった。特にマハムードのタイミング、強さ、正確さ全てが格段の落としが素晴らしい。岡崎は現在アジア最高のFWだと思っているが、この落としの見事さだけは、マハムードが上だな。
 しかし、50分にマハムードがピッチを去った事で、イラクの攻めは鋭さを失った(マハムードは現在所属なしとの事だが、よいトレーニングが積めていないのだろう、その事そのものがアジアのサッカーレベル向上を阻害しているのかと思うと口惜しい)。それでも、若いイラクは幾度か日本DFラインの裏を突こうとしてきた。しかし、60分、アギーレ氏は的確な交代劇でイラクの攻勢を止める事に成功した。遠藤に代えて今野を起用して中盤のボール奪取力を増強し、さらに清武を乾に代え、前線の流動性を加えたのだ。4-3-3(あるいは長谷部を最終ラインと考えれば3-6-1)から、4-2-3-1(岡崎の流動性を加味すれば4-2-4と呼ぶ方が妥当か)に切り替えたのだ。以降の時間帯は、再度日本が圧倒的な攻勢をとり、危うい場面はほとんどなかった。

 しかし、あれだけ攻勢をとり、危ない場面も少なかったにもかかわらず、スコアは1対0。強豪イラクとは言え、今回のチームは平均年齢が低く従来大会ほど「精強」とは言えなかった。1次ラウンドで内容のある試合ができたのだから結構な事だが、検討の余地があるのも確か。

 問題は2点目が取れなかった事。
 まず本田が、ゴールエリア内で全くフリーのシュートを2本ポストに当てたのがあり得ない事態。いずれも、敵のマークは全くなかったのだから、言い訳の余地はない。まあ、それでも大事なPKをしっかりと決め、終盤交代するまで攻撃はもちろん、守備も粘り強く行っていたのだから、さすがと言えばさすがなのだが。ともあれ、「何故あれをポストに当ててしまったか」は猛省して欲しい。
 香川のシュートが入らなくなっているのも悩ましい。10分過ぎだったか、本田のスルーパスを受けDFラインの裏に抜け出しながら、ファーサイドを狙った一撃は枠を捉えられず。さらにPK獲得の直前に乾のクロスからのシュートをGKにぶつけてしまった。2010年から12年にかけてドルトムントで猛威をふるってきた香川の狭い地域でのシュートの巧さは、失われてしまったのだろうか。
 しかし、このアジアカップに関しては、この問題の解決策はそれほど難しいとは思っていない。全選手が、まず「岡崎に点を取らせる」と考えればよい。そうすればそうするほど、敵のDFはみな岡崎に集中する。たとえば、終盤に香川が右サイドから岡崎にクロスを合わせた場面が典型だが、あんなダイビングヘッドはDFにとっては悪夢としか言いようがない。そこで、変化をつけて他の選手に合わせれば、それはそれで決定機となる。序盤の本田のポスト弾はその典型だった、要はあのような攻撃頻度を増やせばよいのだ。

 遠藤と今野を代える事で守備を固めるやり方は確かに有効だ。しかし、長谷部と今野のバックアップが不在なのはとても気になる。今野が(香川と清武の軽率のボールロストが要因だったが)つまらないイエローを食らってしまったが、この2人は大会を通してフルに戦い続ける事ができるのだろうか。幾度も幾度も語ってきたが、細貝なり田口をメンバに加えておけばとの思いは消えない。
 また、イラクが攻勢をとってきた時間帯、上記したようにマハムードの受けの巧さから、脚力と技巧を持つ選手が再三日本長友と酒井の裏を狙ってきた。2人とも丁寧のその攻撃をつぶしてくれたが、本当であればCBが両翼をしっかりとカバーして、火がつかないうちにさっさと止めてしまいたいところなのだが。麻也にそれを期待するのはもう無理なのはわかっているが、森重はそろそろそのような感覚を見せてくれないだろうか。いつまでも、井原や中澤を懐かしがるのは、そろそろ卒業したいのだが。

 まあ贅沢を言ってはいかんな。大会は長い、決勝戦でベストに到達すればよいのだ。
posted by 武藤文雄 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック