2007年05月15日

香港戦を前にした疑問

 五輪予選敵地香港戦。既に最終予選進出を決めている反町氏だが、
今回のメンバー選考に関しては、前回アウェイでのシリア戦のいい流れがあるので、大きくメンバーを変える事はしない。最終予選に向けてしっかり戦いたい。組み合わせ抽選で有利になるためにも勝ち点3が必要な試合だ
との事で、シリア戦から控えGKの松井を山本に代えただけのメンバ編成で、香港に向かったようだ。

 揚げ足を取ります。
 「前回アウェイでのシリア戦のいい流れ」
 敵地シリア戦と言うのは、前半はよい試合だったが後半はすっかり敵ペースとなって散々苦労した試合だった。どこに「いい流れ」があったのか。それとも、最終予選出場を決めた嬉しさで内容を忘れてしまったのか。あるいは、あの後半の内容に満足していたのか。
 「組み合わせ抽選で有利になるためにも勝ち点3が必要な試合だ」
 確かに最終予選での組み合わせを少しでも有利にするためにグループリーグ1位になるのは重要だろう。しかし、現在2位シリアとの勝ち点差は6であり、残り試合は2。1位抜けするために必要な条件は勝ち点3ではなく、勝ち点1である。だからと言って、香港からは勝ち点3を取ってもらわなければ困るけれど(一方香港はホームで日本に勝てば2位になる可能性を残しており、相当ファイトしてくるだろうが)。

 それにしても、反町氏の意図はさっぱりわからない。昨年は最も強化に有効と考えられた韓国のアウェイゲームを「2軍」で対応。アジア大会は不可解な「(サンフレッチェ以外は)各クラブから1人しか選考しない自主規制」。ところが、予選の年である今年に入ってからは、メンバはほぼ完全固定。しいてオプションと言えば以下3点。1つ目は平山の横に置く選手、カレン、李、増田と複数の選択肢があり、先日から菅沼も候補に加わった。2つ目は「守備の軽さ」があまりに目立つ梶山に代えて上田を起用する事。そして3つ目はボランチの青山敏に代えて、大学生本田拓。反町氏が持っているオプションはこれだけなのだ。それとも4年前の前任者の失態を思い起こし、オプションを増やすのを自粛しているのか。
 今のJリーグにはいくらでも試してみたい選手がいる。谷口と枝村については語るのも疲れた。内田と柏木に関しては、ワールドユース以降と考えているのだろうか。腕章を巻いている伊野波だがFC東京ではまだ地位を獲得しているとは言い難い、ヴィッセルで高さを発揮している河本あたりを試す事は考えないのか。そして、ほとんど試合に出ていない平山(個人的には、この選手への期待は半端なものではないのだが)よりは、モンテディオのJ2上位躍進に寄与する豊田に機会を与えるべきではないか。等々。

 まあ例えばだが。今回の香港遠征。平山を外し豊田をメンバに入れるだけで色々なメリットがあったはず。スポーツ誌は大騒ぎして五輪代表そのものに耳目が集まっただろうし、山形県内の騒ぎは普通でなかっただろうし、平山にも「このままではいけない」と強く反省しただろうし、何より豊田にも経験を積ませる事ができただろうし。
 チームの軸線を維持しながら、新しい選手を試すのは、若年層代表チームの責務だろうし、そのような挑戦に最適な香港戦だと思うのだが
posted by 武藤文雄 at 23:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メンバー選考について。

おっしゃる通り、U−20組はやはりカナダ大会終了後でしょうね。

J2の選手は、表向きはともかく、本当は招集が困難な事情が存在するのかもしれませんね。
昨年某新聞(失念いたしました、すみません)で、J2各クラブからのかねてからの要望により、2003年に「J2からは出来る限り代表に選出しない」という協会での不文律が出来たため、オシム監督がJ2の選手をサプライズ選出しようとしても、実現できないだろう・・・という記事がありました。
事実、古い話ですが、当時日本代表の正GKだった松永成立が監督との確執でマリノスを去り、J2鳥栖に移籍した際、「今後日本代表には出ない」という条件で契約しました。
更に、川崎で活躍していた森川拓巳に目をつけたトルシエは、シドニー本大会へのアジア最終予選を控えた五輪代表に呼ぼうとしたものの、川崎サイドが、彼が柏からのレンタル選手であり、J1昇格争いのまっしぐらという理由で断ったことがあります。
(武藤さんの文中で取り上げられている豊田選手も、後者と同様の状況ですよね)
まあクラブにもよるでしょうが、そういう風な事情が、今でもないとは言い切れないのでは・・と考えてしまうのは自分だけでしょうか?
Posted by at 2007年05月17日 21:44
今回は全体的に中盤の選手が目立ちませんでしたが
その代わりサイドの萌や圭がよく攻撃にからみました。
6点は取れるだろうな、と思っていたけれど
意外と相手のGKが頑張っていて取れませんでした。
萌のクロスが丁寧で感心しました、これは使える。
伊野波は4バックのCBはヤバいですね、使えない。
次回は出れない選手がけっこういるので試すんじゃないですかね。
李と実のセットとか梶山と水野を使わない布陣とかを試してみて欲しいです。
Posted by at 2007年05月17日 23:46
↑内容に異論はないのですが、好きな選手を愛称で、そうでない選手を苗字で呼ぶ方でしょうか。
Posted by at 2007年05月18日 00:43
枝村と谷口のどこが気に食わないのでしょうかね?自分も不思議で仕方ありません。Jでの二人のパフォーマンスは、チームにとってもはや欠かすことのできない存在になっています。これ以上何をすれば彼らは代表のスタメンになれるのか、反町さんに是非お聞きしたいですね。
このチームはサイドの人材が素晴らしいだけに、この二人がセンターに加われば世界を相手に良い勝負ができると思うんですが…残念です。
Posted by at 2007年05月18日 11:50
愛称はふざけてるだけなので気にしないでください。

枝村はグループに入ってますよね、サイドの選手として。
谷口は気に食わないのかも、お互いに。もったいない・・・。
豊田はでかいけどスピード系だから、このチームでは使いにくそう。
苔口や辻尾みたいな扱いになりそうな気がします。
Posted by at 2007年05月18日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41953037

この記事へのトラックバック