2015年06月13日

評価のしようがない試合が続く

 イラク戦。格段に素晴らしい試合でもなかったが、特別に悪い試合でもなかった。
 岡崎と本田の調子がよければ、どのようなチームから得点を奪う事は可能な事はわかっている事。長谷部のサポートを受けた柴崎が再三早いタイミングでよい縦パスを出した事、宇佐美が再三よい突破を見せた事、原口の得点も相応に見事だった事、よい事はたくさんあった。地味ながら、槇野が無茶な攻撃参加を控え冷静な守備を継続したと言う、嬉しい誤算もあった。後述するが、イラクの悪さを差し引かなかければならないのだが。
 しかし、守備はもう少し安定感が欲しかった。川島と麻也のドタバタを愉しんだ事は否定しないが、いつになったらこの2人は落ち着くのか。前半、酒井宏樹と本田の右サイドの守備に軽さも気になった。序盤に2点差としてしまい攻撃のペースが落ちたのは仕方がないが、それを活性化する采配をハリルホジッチ氏を採らなかったのも不満、攻撃ライン総とっかえをしては攻撃は機能しない。そのため、蛍によるクローズを除くと、メンバの組み合わせを広げるテストは、ほとんどできなかった。例えば、清武が離脱してしまっているのだし、後半総とっかえなどせずに、今一歩の出来だった香川のところに他選手を入れるテストをするのが常識と言うものだろう。
 巷で言われる「縦の意識の向上」だが、イラクが比較的ノーガードだったのだから、評価のしようがない。敵を自在に引出し、狙い澄まして素早い速攻を連発でもしてくれれば別だが。単にコンディションのよくないイラクに対し、立ち上がりにうまく点をとり、その後低調ながら押し切った試合に過ぎなかった。
 可もなし、不可もなし、評価のしようがない試合だったのだ。

 イラクは確かに残念な出来だった。キリンチャレンジにアジアの代表チームを招聘すると、どうしてもコンディショニングの差が出てしまい、一方的な試合となる傾向がある。とは言え、シンガポールとの初戦を前にしたA代表マッチデー。スポンサとの約束している国内での有料準備試合を行うには適切な日だし、その相手としてアジア最強(あるいはそれに準ずる)クラスのイラクを選考したのは、有効な選択だろう。本番のシンガポール戦を前に、ウルグアイやらベルギーを呼んでしまっては、何が本番かわからなくなってしまうではないか(もちろん、コパアメリカやら、ワールドカップ予選で、これらの列強を呼ぶことは不可能だったのだが)。
 もちろん、イラクには国内情勢から安定した長期の強化が難しい事情もある。ために、2007年のアジアカップ制覇、2004年のアテネ五輪ベスト4など、短期集中大会では見事な成績を収めるが、長期のホーム&アウェイには今一歩と言う傾向なのも確か。その上、イラクは16日のインドネシアとのアウェイゲームが、インドネシア協会の不祥事によりキャンセルになっていた。そう考えると、選手のモチベーションや準備を含め、イラクが残念な出来だったのは仕方がない事なのだ。

 シンガポールを軽視する気は毛頭ないが、日本での試合ならば10回試合して1回引き分けまで持ち込めるかどうかだろう。当然シンガポールは「その1回」を目指す事になる。しかし、今の日本は岡崎と本田を筆頭に、宇佐美、原口、武藤ら、得点能力の高い選手が前線に多く、リスクはほとんどないと考える。
 一方でこの2次予選グループの対戦相手は、その他にはシリア、カンボジア、アフガニスタン。シンガポールより歯応えがありそうなのはシリアくらい。来年春先(2018年への折り返し点あたり)まで、貴重なA代表試合日をこう言ったチームとの試合が続く訳で、、「強化」と言う視点からは感心しない状況が続く。しかし、アジア各国にとっては日本との公式試合は、単に代表チームに止まらず、その国のサッカー界の総合強化にも、最高の経験となる事だろう。だから、「困った事だ」と言ってはいけないし、長期的にはアジア全体の底上げがなければ、日本のワールドカップ制覇もない。ゆったりと、慌てず、進んでいく事が肝要なのだ。

 ハリルホジッチ氏はわかりやすい人だ。まずは過去を徹底的に否定し、うまく行った事を針小棒大に語り、自慢し、自分の実績と語る。このような外国人監督は、トルシェ氏、アギーレ氏と同じ系列で、安心して任せる事ができる1つのタイプだ。就任前から絶大な信頼をおけたオシム爺さんは別格として、何も考えていないジーコ氏、決して失言しないオフト氏よりは、その自慢話から状況を正確に推定する事が可能だからだ(ザッケローニ氏はオフト氏と同じく寡黙系だったが、就任早々のアジア制覇とアルゼンチンへの勝利と言う実績で、我々を納得させてしまったが)。また、そのハリルホジッチ氏の自慢話、景気のよい勝利、日本のサッカーマスコミの報道姿勢、いずれのマッチングのよさも中々だ。
 現実は現実ととらえ、じっくりとサポートしていきたい。3年後の歓喜を信じて。
posted by 武藤文雄 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420636840

この記事へのトラックバック